CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
テーマはこんな感じ
最新の記事です
プロフィール

みえきた市民活動センターさんの画像
RSS取得
http://blog.canpan.info/miekita/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/miekita/index2_0.xml
QRコード
第76回きらきら基金運営委員会 議事忘備録2018/8/28 [2018年09月24日(Mon)]
第76回きらきら基金運営委員会 議事忘備録
日時:2018年8月28日 開始時間 19:00〜21:00 場所:いなべ市市民活動センター
参加者:木下、近藤、川島、太田、伊藤香、川戸、白尾

議題1:今後の「きらきら基金とみえきた」について
みえきた→県へ報告書を提出完了、次期の認定NPOの承認をを受けるため準備進行中
きらきら基金→第11回助成事業“2019年2月9日(土)くわなメディアライヴ2F:第1会議室及び隣接空間”にて開催決定(時間未定)
助成内容・先は前回に準ずる(新規団体助成:10団体最大、パートナー助成:5団体最大、高校生助成:2団体+当日のくるくる募金、きらきら大賞)
会場展示・配置・設営確認、タイムスケジュール、チェックリスト作成(担当:川戸)
10月初旬発行予定の“かわらばん”で募集・開催内容、日程告知(担当:伊藤香)
議題4に伴う“名簿”の修正・確認作業 9月4日(火)15:00より、いなべ市市民活動センター(参加可能委員で、確認用簡略名簿データ配信:白尾)

議題2:「高校生事業提案型助成」について
本来、「公益財団法人日本フィランソロピー協会」が実施している、「チャリティーチャレンジ・プログラム」のような、子どもたちが解決したい課題を話し合い、寄付・募金活動を通して社会貢献を学ぶ機会や場になることが理想である、また将来、小中高できらきら基金の委員が市民活動・社会貢献活動“総合学習”の講師や授業が担うことも努めたい
下記白尾提案
現状として「きらきら基金の活動」の周知に高校生の潜在的な力を借りたい
・サンタの行進のビデオ撮影(記録)今年度中に ・きらきら基金のPR動画の作成
上記2点は桑名西高または、いなべ総合高各放送部に依頼をしたい
・「萌え起こし」を利用した展開⇒
@ きらきら基金のイメージイラスト(アニメ風)ポスター制作及び掲示
A きらきら基金のイメージキャラクター(マスコット:かえる、ぶた、こぐま)のデザイン及びぬいぐるみ制作
B 桑員地域の地場産業、鋳造技術を使った、メタルで重厚感のあるグッズのデザイン及び制作
上記3点は寄付販売を前提する

議題3:「新規団体」について
いなべ:おさんぽの会ててて(太田)、東員町:新いぶき(近藤)→質問紙回答待ち、おもちゃ図書館(?)、桑名:わんわんパトロール(伊藤香)→連絡つかず、NPO法人みすな(近藤)
候補? 桑名:城南地区の「こども食堂」? いなべ:「文明開化で地域起こし」?(桐林館1日市マルシェ?)
→9/15(土)NPOカフェ参加(川戸・白尾)
活動内容変更のため新規扱い→桑名失語症渡しの会(桑名)、トライアングルハーティ(いなべ)、ちびっこの会(多度:地域交流ネットワーク)

議題4:「登録団体の情報の更新」について
名簿を整理してから、団体の最低限登録ルール(スタートアップ時から):代表者の氏名・顔写真公開、音声メッセージのブログで公開を必須条件を厳守、変更情報だけの確認の是非の検討
議題5:「9月以降予定」について
9/8(土)TOINマルシェ、9/22(土)とういんわくわくフェスタ、10/28(日)商工まつり、12/23(日・祝)サンタの行進:各日ガチャポン出展(くるくる募金)
11/17(土)NPOグランプリ(予選)
    
特別議題:メインテーマ「きらきら基金の話をしましょう!」
きらきら基金も多くの皆さんが携わり、事前準備期間を経て今日の市民活動への助成が事業として継続されています。そこには服部則仁氏の多大な先見性と尽力が礎にあったからと思います、今もう一度この機会に「きらきら基金」とは何か、委員の皆さんとの再確認と共有を図りたいと思いワークをさせていただきました。

サブテーマ「きらきら基金への団体登録基準は?」
・良い人がやっている・地元の人からの推薦があれば良い・営利と自己中心はダメ・仲間に支持されていない人はダメ=「これはきらきら基金の良いこと」←淘汰できる人や基準が現在は無くなってきている←メンターが居なくなった

・きらきら基金の活動は休眠預金活用制度の勉強会などで広がってきている、小笠原さんの存在が大きい「この指とまれ」で集まった人たちがやっている←みえきたの前身(まちのファンクラブ)から、それぞれの人が自分の担当・役割・得意な所を出している、出せば良い

・きらきら基金はお金をもらってくれる人を吟味するメンバー、登録したいという団体も増えている、あてにしている人もいる
今から活動する団体の応援は→手をつなぎたいと思う団体→社会の解決をしたいと思っている団体
感覚的に団体をエコひいきして良い
委員がOKなら良い→広域性→色んな人に理解してもらいたい、100人の1歩が社会を変える、→土台を広げる
・文化団体は難しい←好き勝手に見える、外からは理解されにくい→明確な目的があれば良い、皆のためになれば良い←違和感を持つ団体もある

・寄付をする人、寄付をうける人の顔が見える関係、活動内容を発表できる機会、時間と場所が素敵

・服部則仁氏の意思をついで、変化もあって良い!

次回予定:9月26日(水)19:00より とういん市民活動センター
Posted by 近藤 at 23:51
この記事のURL
http://blog.canpan.info/miekita/archive/367