CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年09月 | Main | 2017年11月 »
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
観賞の池池浚い[2017年10月31日(Tue)]
大百池公園にある観賞の池の池浚いを行います。
11月25日(土)には池の水を抜いて生きものを探す観察会を行い
ます。このあと一週間ほど干して12月2日(土)には堆積した落ち
葉や土砂を取り除く作業を行います。この作業を定期的の行うことに
より、いつまでもきれい池を楽しむことができます。沢山の方の参加
をお待ちしています。
掲示した文書は公園緑地事務所が中央自治会にあてた協力要請です。
緑・せせらぎ通信70号を発行します[2017年10月30日(Mon)]
本日、せせらぎ通信70号発行致します。モノクロ版は緑図書館、鎌
取コミセン、おゆみ野公民館、おゆみ野ふれあい館などに置きますの
で、手にとってご覧下さい。
花壇にハボタンなどを植えました[2017年10月29日(Sun)]
171028花壇3.JPG
泉谷公園第1花壇にハボタン40株、パンジー40株を植えました。
このほか先日の整理作業でほりあげたチューリップとシラーの球根を
植え戻しました。14人もの参加がありましたのでほんとうにあっと
いうまに終わってしまい、参加者には物足りなさがありましたが、こ
れからの育っていく花壇を眺めるのが楽しみなるにはずです。
駐車場近くの第2花壇もコスモスなどを整理、腐葉土や肥料を入れ、
グラジオラス、ダリアの球根を植え戻しベニバナの種をまきました。
ザリガニ駆除第18戦[2017年10月28日(Sat)]
ザリガニ171026.JPG
長雨が続いたりしましたので、しばらく出来なかったザリガニ駆除を
26日実施しました。戦果はミドルクラス3匹総数16匹(累計48
8匹)でした。なかなか根絶には至らないようです。散歩に来た方に
この池だけで500匹近く取ったとお話ししたら、ビックリなさって
いました。まだまだ続ける必要がありそうです。
余談ですが、脇の水路で網を洗うついでに掬ってみたら、ギンヤンマ
のヤゴがかかりました。来年もあの雄姿が見られるはずです。
台風被害の修復[2017年10月27日(Fri)]
台風被害171022-1.JPG上の池171026.JPG
先日の台風21号の被害を受けた泉谷公園上の池の生け垣を公園事務
所が修復しました。応急的に立ち入り禁止テープで仕切ってありまし
たが、簡単に池に立ち入れる状態でしたので心配していました。間髪
を入れず修復して頂いたので、お役所にしてはみごと!拍手喝采!と
素直に喜びました。しかし近づいて眺めてみると残念ながら「少々難
あり」のできばえです。どこに難ありかはご覧いただくと判るはずで
す。私のモノサシが格段厳しいわけではないと思います。
写真は修復前と修復後です。
花壇の整理をしました[2017年10月26日(Thu)]
DSC05111.JPG
25日、泉谷公園第1花壇の整理を行いました。28日に新しい花苗
や球根を植えつけるためいままで植わっていたコスモスやケイトウを
かたづけました。本当は先週土曜日に行うつもりでしたが雨のためこ
の日にしました。午前中曇り予報がはずれ、朝から雨が降り出しまし
たが、もう日延べできませんので降りしきる中を7人で作業をしまし
た。つい先日まではコスモスがたくさん花を付けていたのですが、台
風に吹き飛ばされてしまいましたので片づけるのは気分的には楽でし
たが、雨の中の作業はやっぱり大変でした。
28日は10時30分よりハボタンやパンジーの苗を植えつけます。ど
なたでも参加できますので気軽においで下さい。軍手やシャベルなど
は本会が準備しますので手ぶらで参加頂けます。
ヨウシュヤマゴボウ[2017年10月25日(Wed)]
ヨウシュヤマゴボウ171025.JPG
泉谷公園すずかけ街沿いの斜面でヨウシュヤマゴボウが黒い実をつけ
ていました。洋種山牛蒡の名の通り北米原産の帰化植物で明治期に渡
ってきて全国に広がったようです。秋に黒く熟したこの実をつぶすと
赤紫色の液がでます。子どもの頃インキ遊びで服を汚し叱られた記憶
をお持ちの方も居るのではないでしょうか。ヨウシュヤマゴボウはヤ
マゴボウ(中国原産で江戸時代に伝来したとされている。)と同じヤ
マゴボウ科であり、何れも全体に有毒成分を含み通常は食べません。
山菜の土産物として売られている「山ごぼう」は分類上のヤマゴボウ
ではなくアザミの仲間や若いゴボウの根を漬けたものだそうです。ア
ザミもゴボウもキク科です。なぜこんな紛らわしいことをするのでし
ょうか。
ムラサキシキブ[2017年10月24日(Tue)]
ムラサキシキブ171022-1.JPG
泉谷公園菖蒲田脇の林縁でムラサキシキブが紫色の実を輝かせていま
す。手許の図鑑ではクマツヅラ科と記載されていますが最近ではシソ
科に分類されているようです。この学名もジャポニカがはいっていま
すので、日本特産と思いきや東アジアに広く分布しているようです。
これとは違った種ですがほとんど同じような花や実をつけるため、一
般には「ムラサキシキブ」として庭に植えられるコムラサキがありま
す。細かく観察すれば花序の付き方や葉が異なっているようです。
「ムラサキシキブ」はおゆみの道や大百池公園にもありますので、散
歩の折りにでもどこがどう違うのか探してみて下さい。
台風一過[2017年10月23日(Mon)]
泉谷台風被害2.JPG泉谷台風被害3.JPG台風被害171022-1.JPG
台風21号が関東地方を直撃しました。気象庁HPによれば投票日の
昨日の千葉では116.5ミリの雨が降り最大瞬間風速は17.1m
となっています。最大瞬間風速は今日未明の3時頃32.4mを記録
しています。この風の所為で泉谷公園では遊歩道沿いのクヌギの大木
が倒されました。また上の池のピラカンサの生垣も倒されています。
遊歩道では至るところ落枝と落葉が道を覆っています。散歩の折りに
は足下に充分注意しながら上にも注意を払って下さい。枯れ枝が引っ
かかっていることがたまにはありますので。
イヌの落とし物[2017年10月22日(Sun)]
イヌの糞171022.JPG
写真は有吉公園野球場付近のおゆみの道です。おおよその察しはつく
と思いますがビニール袋の中味はイヌの糞です。人目を気にしてかビ
ニール袋に取ったのですが、自宅に持ち帰らないで誰もいないところ
でポイと捨てたのでしょうか。イヌの糞やオシッコの後かたづけをし
ない飼い主もまだまだ多くて困っていますが、この常識人を装った偽
善者もひとりふたりでは無さそうです。おゆみ野の悲しい現実です。
彼らの行動を悔い改めさせる有効な手段はありませんか。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml