CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年06月 | Main | 2017年08月 »
<< 2017年07月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ザリガニ駆除作戦第10戦[2017年07月31日(Mon)]
ザリガニ170731-1.JPGザリガニ170731-3.JPG
ビオトープのザリガニ駆除作戦第10戦を31日の午前、午後の2回
おとりワナを使って実施しました。今回の成果はわずか16匹でした
が、中型以上のものを捕獲することが出来ました。しかし、まだ赤い
個体が認められますので、1週毎にでも行います。
今回で捕獲累計は399匹です。
セミの脱け殻調べを行いました。[2017年07月30日(Sun)]
7月29日にセミの脱け殻調べを行いました。午前中は泉谷公園で、
午後は大百池公園にて行いました。泉谷公園ではおゆみ野で鳴き声が
聞こえる6種全てのセミの脱け殻が採集出来ましたが、大百池公園で
はミンミンゼミ、ツクツクボーシ、クマゼミは見つけることが出来ま
せんでした。鳴き声は聞こえているのですから、少し残念な結果でし
た。
セミの脱け殻しらべ[2017年07月29日(Sat)]
本日、セミの脱け殻調べを泉谷公園と大百池公園にて行います。
 9:30   泉谷公園駐車場下 集合
 13:30  大百池公園観賞の池付近 集合
参加できない方はレジメだけでもご覧下さい。
ミズヒキ[2017年07月28日(Fri)]
ミズヒキ1707-1.JPGミズヒキ1707-2.JPG
泉谷公園の森の中でミズヒキが咲き始めました。花を水引に見立てて
この名が付いたとのことです。これに似たシンミズヒキという草もあ
るようです。「シン」と付くので外来種か園芸種と思いきやさにあら
ずで、双方とも在来種です。千葉県ではミズヒキが多く観察でき、シ
ンミズヒキは少ないとされています。双方とも在来種で全国に広く分
布している草になぜこのような名前になったのでしょうか。学名を見
るとミズヒキはAntenoron filiforme、シンミズヒキはAntenoron 
filiforme var..neofiliformeとAntenoron .neofiliformeの2種
記載されています。シンミズヒキはミズヒキの亜種という考えと別種
という考えが併存しているようです。しかし和名で「シン」という名
前を付けられ理由は依然判りません。どなたかご教示願います。
ザリガニ[2017年07月27日(Thu)]
ザリガニ170728.JPG
梅雨のあいだは雨がなくて、終わってからまとまった雨が26日に降
りました。次の日も霧雨が断続的にありましたので、ビオトープを眺
めに行きました。すると2匹のアメリカザリガニが悠然と散歩してい
ました。大きくて立派なほうは人影に素早く反応して消えてしまいま
したが、もう一方は撮影することができました。この日は捕獲道具を
もたずいきましたで捕まえることはできませんでした。この2匹を捕
獲するまで駆除作戦を続けます。
アブラゼミ[2017年07月26日(Wed)]
アブラゼミ170724-1.JPGアブラゼミ170724-2.JPG
アブラゼミが本格的に鳴き始めました。夏のはじめ頃はニイニイゼミ
の声が目立ちましたが、徐々にヒグラシやミンミンゼミの声が聞こえ
るようになり、アブラゼミの声が目立つようになると本格的な夏の到
来です。アブラゼミや当地では新参者のクマゼミは乾燥した環境に強
く都市型のセミと言われ都市化の進行とともにその生息域を拡大して
いるようです。それに対しニイニイゼミ、ツクツクボウシ、ミンミン
ゼミは湿った環境を好み森林型のセミと呼ばれているそうです。泉谷
公園や大百池公園ではまだこのグループのセミも数多く観察できまし
た(去年までは)。さて今年はどうでしょう。写真はセミの脱け殻と
何らかの事情で飛べなくなったセミ。
今週土曜日の29日にセミの脱け殻調べを行います。
 9:30 泉谷公園 駐車場下集合
13:30 大百池公園 観賞の池前集合
ザリガニ駆除作戦第9戦[2017年07月25日(Tue)]
ザリガニ170724.JPG
ビオトープのザリガニ駆除作戦第9戦を24日実施しました。前回が
18日に行いましたから6日目です。少なくなったとはいえ赤い個体
や中クラスの個体も捕獲できました。このビオトープの水はホタル生
態園から来ていますが、上流からのザリガニの侵入はあまり多くない
と思いますので、こちらの池に潜んでいるものを徹底的に駆除しよう
と思います。
本日の戦果は総数41匹(6月以降累計383匹)でした。
サルスベリの葉の付き方に注目[2017年07月24日(Mon)]
コクサギ葉序.JPGサルスベリ170722-4.JPG
泉谷小学校斜面のサルスベリが咲き始めました。幹の肌を見ればサルスベリ(猿滑
り)という命名も納得いきます。また百日紅とも書くようでして花期が長いことに由
来しているようです。この花は小さな花がかたまって咲いていますが、1つ1つは筒
状で花びらが縮緬状に縮れています。この木のもう一つの注目ポイントは葉の付き方
です。必ずしも全てがそうなっているわけではありませんが、葉が右、右、左、左と
2枚ずつ交互についています。こうした葉の付き方をコクサギ葉序というそうです。
カツラのかおり[2017年07月23日(Sun)]
カツラ170722-1.JPGカツラ170722-2.JPG
しばらく雨が降っていません。千葉気象台のデーターによれば7月4
日に21ミリ、5日に3.5ミリの雨があったあと16日に0.5ミ
リが記録されていますが、感覚的にはカラカラ天気が続いています。
その所為なのでしょうか、公園のカツラ(桂)が落葉し始め、風向き
によっては甘い香りが漂っています。においの正体はマルトールとい
い甘い匂いをもつ物質でキャラメルの中にも含まれているそうです。
したがってキャラメルのようなにおいではなく、キャラメルのにおい
そのものだと書かれていました。
クマゼミ[2017年07月22日(Sat)]
クマゼミ170721-2.JPGクマゼミ標本.JPG
クマゼミがしきりに鳴いています。暑い盛りの夏のセミといえば関東
地方の人はアブラゼミがあたまに浮かぶそうですが、関西以西の出身
者は「シャワシャワシャワ・・・」となくクマゼミが思い浮かぶそう
です。クマゼミは南方系のセミで本州に住むセミでは最大です。関東
地方には1990年以降このセミの進出が目立つようになったとのこ
とです。おゆみ野地域でも5,6年前からこのセミの鳴き声が聞こえ
るようになり、昨年泉谷公園で脱け殻が見つかりましたので、この地
で繁殖していることがはっきりしました。今年はもう4個体の脱け殻
が見つかりました。確実にその生息域を広げているようです。クマゼ
ミの分布域拡大の原因は温暖化説、樹木の移植説などが報告させてい
ます。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml