CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年04月 | Main | 2017年06月 »
<< 2017年05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
6−7月の行事予定[2017年05月31日(Wed)]
6−7月の行事予定を掲載します。諸事情により中止あるいは行事内
容を変更する場合があります、最新のブログでご確認下さい。
クサガメ哀れ[2017年05月30日(Tue)]
クサガメ(死体)170529.JPG
写真はクサガメの死体です。泉谷公園下の池の縁にあるのをザリガニ
釣りの子ども達が教えてくれました。頭部の半分が欠損していました
ので何かにおそわれたのかも知れません。近くに桜の種を一杯含んだ
ほ乳類らしきものの糞がありましたが、関係あるのかどうかは判りま
せん。ミシシッピアカミミガメ天下の下ノ池でがんばっていたのです
が、残念な出来事です。
ところでクサガメは日本の在来種と考えられていたのですが、研究が
進み江戸時代に中国から持ち込まれ各地に広がったらしいということ
になりました。人間の都合で扱いが格下げのようになってなんだかか
わいそうです。
ハナショウブが咲きはじめました[2017年05月30日(Tue)]
菖蒲田170529-1.JPG菖蒲田170529-3.JPG
泉谷公園菖蒲田のハナショウブが咲き始めました。29日現在まだ4
−5輪ですので、見頃になるにはしばらくかかるのかも知れません。
キンランの盗掘[2017年05月29日(Mon)]
DSCN1700.JPG
写真をご覧下さい。あまり上手く写っていませんが、キンランの株を
盗掘したあとと思われます。泉谷公園内での野草の盗掘はあとを絶ち
ません。花が終わってから盗んでいくのですから計画的で悪質です。
おゆみ野の住人なのでしょうか。残念です。日本に自生するランの仲
間の多くは菌との共生関係を保つことにより生育・繁殖し世代をつな
いでいます。自分の庭に持ち帰っても上手く育たず数年も絶たないう
ちに消えてしまうようです。
お詫び[2017年05月28日(Sun)]
昨日、実施した樹名板の取り付けですが、一部の木の名前に誤りを指
摘されました。「セイヨウイボタノキ」は「イボタノキ」であると。
早速樹名板を取り替えました。申し訳ありませんでした。
それにしても、泉谷小の斜面に生えているこの木はおゆみの道造成時
の植栽図(平9.12)には記載されていません。誰かがゲリラ的に植え
たのでしょうか。はたまた鳥が種子を運んだのでしょうか。
菖蒲田の成り立ち[2017年05月28日(Sun)]
菖蒲田1705.JPG
泉谷公園の菖蒲田にカワヂシャやミズニラなど希少植物が生き残って
いるのは不思議だという報告をしました。この疑問を解くため、公団
の技術者としておゆみ野の造成にかかわった森角さんに菖蒲田はどの
ように造成したのかを伺いました。回答は次の通りでした。
-------------------------------------------------------------
水だし滝の近辺の盛土厚は少ないと思いますが、菖蒲田は盛土です。
この部分は自然風の湿地にして野生のあやめ等と考えていたが、当時
I造園と議論の末管理が大変であるとして、菖蒲田に落ち着いた経緯
があります。
なお、その後の貴重種は菖蒲植栽の段階で混ざったのか、シードバン
クとして盛土や水路を施工した時に以前の田の土が混ざり、その中に
種があったのか?解りません。
とにかく貴重種は保護の対策が必要ですね。
--------------------------------------------------------------
新しい樹名板をとりつけました[2017年05月27日(Sat)]
樹名板170527-1.JPG樹名板170527-2.JPG
すでに報告していましたが、5年前につけた樹名板が相当傷んでいま
したので、新しい樹名板をとりつける作業を行いました。17日晴れ
上がった有吉公園に17名があつまりました。主催者の説明のあと、
一人5枚ほどの樹名板を受け取り泉谷公園までのコースを皆でお喋り
しながら歩き、61本の樹木に新しい樹名板を装着しました。新しい
樹名板は種名、科名のほか写真や原産地などの情報もありますので楽
しんで頂けると思います。今日の作業中にも散歩途中の方から励まし
の言葉をいただきました。

有吉公園から大百池公園までは下記の日程にて行いますので興味のあ
る方は是非参加して下さい。
 日時 6月24日(土) 9:30
 場所 大百池公園観賞の池
オランダガラシ[2017年05月26日(Fri)]
オランダガラシ1.JPGオランダガラシ2.JPG
泉谷公園の水路に生えているオランダガラシが花盛りで、たくさんの
蝶々が集まっています。オランダガラシというよりクレソンといえば
判る人が多いようです。明治の頃、国内に入ったようですが、旺盛な
繁殖力で、またたくまに全国の水路に広がったようです。おゆみの道
の水路でも至る所で見つけられます。特に泉谷公園菖蒲田脇の水路で
は水面が見えないほど広がっていることもあります。ほんの僅かな切
れ端でも水中で発根するようです。このため在来の水棲植物を駆逐す
るおそれがあるため「要外来生物」に指定されています。
菖蒲田の不思議その2 ミズニラ[2017年05月25日(Thu)]
ミズニラ1705-1.JPGミズニラ1705-2.JPG
菖蒲田に希少植物カワヂシャが雑草に混じって生えていることを報告
しました。このほかにも菖蒲田の中で雑草扱いされながらもたくまし
く生き残っているのがミズニラです。ミズニラといってもニラの仲間
ではなくシダ植物です。
千葉市レッドデータブックでは「最重要生物」に指定されています。
このミズニラ何年か前にある指導者から教えて頂いたのですが、気の
せいか少しずつ増えているように思います。あまり熱心でない今の管
理のほうが希少生物が生き残る余地をつくっているのかも知れません。
ウグイス?の雛[2017年05月23日(Tue)]
ウグイス雛1705.JPGウグイス雛か.JPG
おゆみの道でまだ充分飛べない野鳥の雛に出会いました。近くの藪からウグイスの地
鳴きの様な警戒音が聞こえましたのでこの雛はウグイスかもしれません。今年はウグ
イスのさえずりが近い距離で聞こえていますから、おゆみの道の何処かで繁殖したの
でしょうか。こうした雛を見つけてもかわいそうだとして保護してはいけないそうで
す。近くで親がはらはらしながら眺めているそうです。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml