CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年04月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
警察に届けました[2018年04月12日(Thu)]
オオガハス180403-3.JPG1780411盗難後下流の池.JPG
オオガハスが盗まれたことを警察に届けました。交番と現場で1時間ほど状況を説明 しましたが、おまわりさんはひどく困惑されていました。というのは、いわゆる「犯 人像」がうまく描けないということです。池の中から1m近い鉢を持ち上げるには一 人ふたりではとても無理です。とても目につきますので人々が歩いている時間帯には 無理です。また、公園から運び出すには軽トラが必要です。さして金銭的値打ちがあ るとも思えないオオガハスのためそれほどのエネルギーを使う人がいるのだろうかと いうことです。さらに、水の中にある青い鉢にオオガハスが植わっていることをどこ で知ったのでしょうか。看板は準備中でしたが、ブログと「緑・せせらぎ通信」では 皆さんにお知らせしましたので、そこで知って盗んだとすればガックリです。また、 私たちの活動に反感をお持ちの人が少数ですがいることは承知しています。今までも それらの人々のせいかは判りませんが、掲示板や案内看板が壊されることは度々あり ました。しかし今回は嫌がらせの域を越えていますのでそうした人々とも考えにくい ということです。 いずれにせよ、公園の景観を良くしようと考え行った私たちの行動を頭から否定する 行為は絶対に許せませんので、犯人に対する処罰感情は極めて大きいことをおまわり さんに申し上げました。
オオガハスが盗まれました![2018年04月11日(Wed)]
オオガハス看板.jpg
4月3日大百池公園下流の池に植えたオオガハスが鉢ごとぬすまれました。直径1m ほどの鉢に土がびっしり入っていますのでかなりの重さです。また長靴では間に合わ ないほどの深さの水の中に置いてありましたので、一人ふたりが思いつきで運べるも のではありません。何人かで計画的に車をつかって持ち去ったと思われます。これほ どの労力を使ってまで持ち去った人物はどんなヤカラなのでしょうか。このことに関 して何か情報をお持ちの方はお知らせ下さい。 皆に楽しんでいただくためにつくった看板が役に立たなくなりました。
ヤマブキとシロヤマブキ[2018年04月10日(Tue)]
ヤマブキ一重180409.JPGヤマブキ八重180409.JPGシロヤマブキ180409.JPG
ヤマブキが泉谷公園や大百池公園で咲いています。ヤマブキには一重と八重がありま すが、ヤマブキといえば太田道灌と反射的に連想する方も多いと思います。道灌の シーンの山吹は八重でなければ成立しない話しと思っていましたが、異論もあるよう です。太田道灌は15世紀の人ですのでその時代に八重咲きのヤマブキがあったとす るとどのようにして生まれたのか知りたいところです。泉谷公園菖蒲田附近にシロヤ マブキが咲いています。これはヤマブキと同種と思いきや、属も違いますので生物学 的には少し離れた種のようです。ヤマブキの花は5弁、シロヤマブキのそれは4弁で すので、今なら簡単に見くらべられます。面倒なことにヤマブキと同種のシロバナヤ マブキというのがあるようですが私は見たことありません。ネットでシロバナヤマブ キと検索してもシロヤマブキの写真がかなり混ざっています。
モクレンとハクモクレン[2018年04月09日(Mon)]
ハクモクレン180319-2.JPGモクレン180405-2.JPG
ハクモクレンより3週間ほど遅れてモクレンが咲いています。花びらが紫色なのでシ モクレン(紫木蓮)ともよばれます。このふたつは同じ種の中の違いと思われていま すが、全く別の種で、よく見るとずいぶん違うようです。いずれも中国原産ですが、 ハクモクレンは20m程の高木になりますが、モクレンは4−5mほどの株だち樹形 になるそうです。花時期も少しずれますのでふたつを並べて見比べることは出来ない のですが、色や花びらの枚数、花びらの形などで違いが容易に見つけられるそうで す。モクレンは朝鮮半島の北の国花だそうです。南の国花はムクゲだそうです。同じ 民族でもなぜ違うのか、知りたいところです。
生きものの生育環境整備の作業を実施しました[2018年04月08日(Sun)]
DSC05788.JPGDSC05793.JPG
4月7日泉谷公園で生きものの生育環境整備のため2つの作業を実施しました。1つ はビオトープでのネット張りです。ニホンアカガエルのオタマジャクシは順調に育っ ており2aほどになっています。これを狙った鳥やちびっ子から守るためネットを張 りました。2つ目は森の中で繁茂しているハナニラやシラーを取り除きました。善意 で植えたのかも知れませんが、園芸植物は家庭や公園の花壇で育てたいものです。こ れらの作業には総員15名が参加しましたが、小学3年生の「昆虫博士」も初参加 し、ネット張りのための竹の切り出しやハナニラの球根掘りに大活躍していただきま した。
水質検査[2018年04月07日(Sat)]
4月7日大百池からホタル生態園排水口までの5箇所で水質検査を行いました。温か くなってきた所為なのか徐々に水質が悪化してきました。詳しくは検査表をご覧下さ い。
緑・せせらぎ通信78号を発行しました[2018年04月06日(Fri)]
せせらぎ通信78号1804.jpg活動案内1804.jpg
せせらぎ通信78号と2018年4月活動案内を発行致しました。モノクロ版は緑図書館、鎌取コミセン、おゆみ野公民館、おゆみ野ふれあい館などに置いてありますので、手にとってご覧下さい。

なお、4月活動案内「5月の予定」欄に誤りがありましたので、下記の通り訂正いたし
ます。
定例美化活動 (誤) 5月12日(第3土曜)
       (正) 5月19日(第3土曜)
ウワミズザクラ[2018年04月05日(Thu)]
ウワミズザクラ180403-1.JPGウワミズザクラ180405-3.JPG
今年はどの花もずいぶん咲き急いでいるようです。サクラがまだ余韻を残しているの ですが、もうウワミズザクラが咲き誇っています。小さな花がブラシ状についていま すので、間違えることはありません。大百池公園でも、泉谷公園でもたくさん植わっ ていますので見つけるのは簡単ですが、見上げないと見つからないところが多いので あまり気がつきません。道南から本州、九州などの山地に自生する落葉高木で、名前 の通り、サクラの近縁種です。
オオガハスを植えました[2018年04月04日(Wed)]
オオガハス180403-1.JPGオオガハス180403t.JPG
おゆみ野さくらを守る会との協働作業でオオガハスの苗を大百池公園下流の池に植え ました。1951年におよそ2千年前の地層から古代ハスの実3粒を掘り出し、それ をそだてた大賀博士の名を取ってそのレンコンを株分けした子孫をオオガハスと呼び 国内外に広く植えられています。千葉市ではオオガハスを千葉市のふるさと資源と位 置づけその普及に力を入れていますので今回レンコンの提供を受けたものです。いつ 花が咲くのか今から楽しみです。
スイレンの鉢を復元しました[2018年04月03日(Tue)]
谷先橋下スイレン1.JPG
谷先橋下の池には3年ほど前にスイレンの鉢を沈め、夏の暑い時期の花を道行く人達 に楽しんでいただいていました。しかしバス釣りの心ない釣り人がかかった魚が逃げ まどいスイレン株にまつわりついたとき、無理に引いたりして鉢を倒し、中の株を浮 かせてしまうことがよくありました。今回もその所為なのか、鉢はひっくり返り、株 は橋の下にまで流れていました。今回これを回収し、3鉢に分け、鉢に植え戻しまし た。
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml