CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ヤマユリを調査しました[2018年07月09日(Mon)]
ヤマユリ着花状況調査180707.jpg
7月7日水質検査とビオトープの管理作業のあと、2班に分かれヤマユリの開花状況 を調査しました。花や蕾をつけている個体数は37本、花や蕾の数は93個でした。 昨年は38本、111個でしたので、花数がずいぶん減りました。昨年の調査に漏れ ていた地区の7本、26個を除けば今年の成績は先行きが心配される数字です。減少 している原因はよくわかりませんが、森が全体に暗くなっていることも考えられま す。私たちはヤマユリの減少に歯止めをかけるため、タネからの育苗などに取り組ん でいますが、さらに一段進んだ対策が必要と思われます。
明日の給水作業取りやめます[2018年07月08日(Sun)]
7月9日に予定していました泉谷公園花壇への給水作業は中止致します。
水質検査[2018年07月08日(Sun)]
昨日実施した水質検査の結果を掲載致します。
ニイニイゼミの脱け殻[2018年07月07日(Sat)]
ニイニイゼミ180703泉谷a.JPGニイニイゼミ180703泉谷b.JPG
6月の末あたりから、ニイニイゼミの鳴き声が聞こえるようになってきました。最近 では木の幹にその脱け殻が目立つようになってきました。このあたりでは鳴き始める 蝉がニイニイゼミです。このセミの脱け殻は小さくて泥で汚れていますので識別は容 易です。このセミの鳴き声を聞くと、本格的な夏がはじまったなあ、やれやれ、とい つも思います。
人怖じしないカワウ[2018年07月06日(Fri)]
カワウ180705b.JPGカワウ180705d.JPG
このところおゆみの道のところどころでカワウを見かけます。どうも同じ個体のよう で人怖じしなくてかなり近づいても平然と羽を広げて乾かしています。昨日の午後は 谷先橋下の池の端にいましたがその2時間後には水車小屋に移動して翼を広げていま した。カモなどでは水に潜ったあと翼を広げて乾かしている動作を見ることはありま せんが、カワウの仲間は翼の油分が少ないので、あのような動作が必要とのことで す。人怖じしないのはじっくり観察できてありがたいのですが、人と野生動物の距離 が近すぎるのもやや問題ですし、ノラネコや犬に襲撃されないかが心配です。
アカヤマドリ[2018年07月05日(Thu)]
アカヤマドリ180703有吉.JPGアカヤマドリ180705有吉.JPG
有吉公園四阿近くで大きなキノコが2本そろって生えています。傘の上部がひび割れ ており、傘の内側はスポンジ状で、アカヤマドリという名前のようです。写真のキノ コの直径は15センチほどと思われますが、資料に拠れば30センチを越えるものも あるそうです。おいしく食べられるという話しを聞きました。
ヤマユリが咲いています[2018年07月05日(Thu)]
ヤマユリ180703a.JPGヤマユリ180703b.JPG
泉谷公園でヤマユリが咲き始めました。今年はどこも1週間ほど早いようです。泉谷 公園のヤマユリは何カ所かに分散して咲いていますが、園路より遠いところに咲いて いるものがほとんどです。近づいて眺めるにはビオトープがお勧めです。泉谷公園の ヤマユリは毎年盗難被害にあっています。今年こそ被害をゼロにして皆で楽しめるよ うしたいものです。
キジバトの休息[2018年07月04日(Wed)]
キジバト180629a.JPG
扇田小学校脇水路の上でキジバトが2羽くつろいでいました。水浴びをしたあとなの でしょうか、羽を広げて静止状態でした。子育てが終わってやれやれといったご夫婦 がくつろいでいるのかな、と勝手に想像しました。キジバトは別名山鳩とも呼ばれる ように里山にすんでいました。都市化の進行ととも多くの生きものはそこで暮らせな くなってしまいましたが、キジバトはうまく適応し街路樹にも巣を作ることがあるよ うです。そうはいっても、やはりドバトの生命力にはかなわなくておゆみ野ではその 声を聞くことも少なくなったように思います。
ハンゲショウ[2018年07月03日(Tue)]
ハンゲショウ180630b.JPGハンゲショウ180630あ.JPG
泉谷公園の3箇所でハンゲショウが花盛りです。遠目には白いきれいな花のようです が、近づいてみれば目立っているのは葉っぱだということが判ります。房状に小さな 花をたくさんつけているものが花序ですが、あまり目立たないのでこの時期だけ昆虫 を呼ぶため葉が白くなると考えられています。花の時期が終わると葉は元通り緑色に 戻ります。考えてみれば花びらなどに無駄な栄養を使わないで、この時期だけ葉に代 用させ、終わればまた光合成に励むという合理的な生き方だと思います。
第3回ザリガニ駆除作戦[2018年07月02日(Mon)]
ザリガニ180630.JPGザリガニ180630a.JPG
花壇の整理の後、ビオトープでザリガニ駆除作戦を行いました。この日は親子3人組 の応援をいただき、仕掛け、釣り糸、タモの3種の道具を駆使し捕獲作戦を行いまし た。戦果は過去最大規模の大物3匹を含め46匹でした。これで本年累計196匹と なりました。バケツに1匹いる写真は親子3人組が格闘の上つり上げた大物です。
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml