CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« おしらせ | Main | その他 »
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
水質検査の結果[2017年09月02日(Sat)]
本日実施した水質検査の結果を掲載致します。
キツネカミソリ開花状況調査[2017年08月31日(Thu)]
泉谷公園のキツネノカミソリの花はもう終わりましたが、開花状況の
調査報告をまとめました。キツネノカミソリは昔に比べずいぶん減っ
たとの話を聞きますが、定量的な調査結果はありませんので、どの程
度減ったのかあるいはいまも減り続けているのかも判りません。しば
らく保全活動を行いながら定量的調査も続けたいと考えています。
ヤマユリの調査を行いました[2017年07月15日(Sat)]
泉谷公園にてヤマユリの開花状況を調査しました。花やつぼみが付い
ている個体総数は33本(前年34本)、はな・蕾の数は96個(前
年60個)でした。千葉銀側斜面(A地区)と小谷小入口付近(F地
区)で増加し、森の中は減少しています。原因は今のところよくわか
りません。ヤマユリの生息状況に影響があるのかどうかは判りません
が、遊歩道の近くの花が切り取られる被害が毎年続いていますので、
今年はゼロにしたいものです。
9月には花の結実状況を調査します。その後、その種子を採取・育苗
し、山に戻す活動につなげていきます。この分野に知識をお持ちの方
知識はないが一緒にやりたい方は是非協力して下さい。
水質検査をしました。[2016年10月01日(Sat)]
10月1日定例の水質検査をおこないました。結果は添付検査表の通りです
水質検査をしました。[2016年09月03日(Sat)]
3日の午後、定例の水質検査をおこないました。結果は添付検査表の
通りですが、相変わらず大百池公園の水質が良くない状態が続いてい
ます。
水質検査を実施しました。[2016年08月07日(Sun)]
本会では毎月1回大百池から泉谷公園の菖蒲田脇の水路までの8ケ所
でせせらぎの水を採取し、pH、COD等を検査しています。昨日実施し
た水質検査の結果は別表の通りですが、前月に比べ全体にCODは悪
い数値となっています。
セミの脱け殻調査を実施しました。[2016年08月01日(Mon)]
大百池公園と泉谷公園でセミの脱け殻調査を行いました。調査結果
は別表の通りです。ふたつの公園ともニイニイゼミとアブラゼミで大
半を占めています。しかし大百池公園では構成が年ごとに大きく違っ
ていますが、泉谷公園では昨年とほとんど同じでした。何故、こうな
ったのかは今のところわかりません。
今回調査のトピックスは、今まで声はすれども脱け殻は見つからな
かった(見つけられなかった?)クマゼミの脱け殻を採集できたこと
です。ついに来るものが来たという感じです。
ヤマユリの調査を行いました[2016年07月28日(Thu)]
泉谷公園斜面林のヤマユリの生育状況を調べました。草丈30cm以上を対象にし、蕾・
花が付いているものはその数をも記録しました。泉谷公園に生育しているヤマユリは総数156本で、その約20%34本に花・蕾がついていました。泉谷公園のヤマユリが昔に比べ減ったのか、増えたのか、わたしたちにはわかりません。しかし、着花率は通常4割程度とのことですので、状態はどうも良くないようです。泉谷公園は昔の里山を公園として残したためたくさんの野草が生き残っています。しかしながら、昔の里山は30年程度で伐採し、その繰り返しで明るい雑木林として維持されてきましたが、泉谷公園ではもう4〜50年間のあいだ木が切られていませんので、樹木が大きく育ち、全体として森が暗くなってきています。このことが貴重な野草の生育にマイナス要因となっているのは間違いないようです。
わたしたちは人口5万人近くが住む街の中にあるこの自然を守り伝えたいと考えています。こうしたことに知恵と熱意そして体力をお持ちの方々の応援を是非とのお願い致します。
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml