CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
どうしたのかな?[2018年02月21日(Wed)]
180220切符.JPG
水車小屋近くに落ちていました。横浜駅発券の140円切符です。切
符の発券時刻は22:06になっていますので、鎌取についたのは日
付が変わるころと思われます。ホントお疲れ様でした。それにしても
140円の切符を手許に残して、改札を通過することが出来たのです
ね。乗り越しで精算すれば切符は回収されますし、鎌取までの定期券
で出場しようとすれば入場データがないので止められるはずです。色
々考えたのですが、答えにたどり着きません。たかがゴミですが、な
ぜを考えればなかなか深いものがあります。
レンジャク類[2018年02月20日(Tue)]
ヒレンジャク180219-1.JPGヒレンジャク180219-3.JPG
大百池近くのヤドリギにたくさんのカメラマンを引きつけているのは
北からの渡り鳥でレンジャクの仲間です。スズメよりやや大きい美し
い鳥で、20−30羽程度の群になって餌となる樹木などを移動して
いるようです。関東地方にやってくるものはしっぽの先が赤いヒレン
ジャク(緋連雀)がほとんどで、たまにキレンジャク(黄連雀)が混
じっているようです。細かい部分では違いがありますが、素人的には
しっぽの先でしか判別できません。美しく写真映えがしますし、気ま
ぐれなのか、この地区には3年ぶりの出現ですので、遠くのカメラマ
ンをも引きつけているようです。この鳥を見つける目印はカメラマン
です。カメラの狙っている先にこの鳥がいるはずです。(掲載写真の
できばえが悪くてごめんなさい。カメラが安物なので・・)
追記
20日朝8時現在、カメラマンの数、大百池21名、台地上1名でし
た。朝早くからご苦労様。
ハンノキ[2018年02月19日(Mon)]
ハンノキ180218-2.JPGハンノキ180218E.JPG
大百池公園京成線沿いにハンノキが何本かあります。また池近くのエ
ノキの大木近くにも大きなハンノキがあります。たくさんのカンザシ
様の花序が目につきますのですぐ判ります。ハンノキは湿地性の植物
で各地の低地・湿地に自生する落葉樹です。開発前の植生図によりま
すと大百池周辺は湿地性植物群落となっていますので、開発前のたく
さんのハンノキが自生していたと思われますが、今植わっている樹木
がその当時のものかどうかは判りません。
カンザシのように見えるのがたくさんの雄花をつけている雄花序で、
その根元近くにある紅紫色の小さい芽が雌花序です。スギ花粉が本格
的に飛びはじめ花粉症患者にとっては嫌なシーズンになりましたが、
ハンノキの花粉も原因となるそうです。
なにごと?[2018年02月18日(Sun)]
180218大百池.JPG180218南生実2.JPG
18日の午前、大百池の半島の先端に30人ほどの人だかりが発生し
散歩の人々を驚かせました。良く見ると皆大きなカメラをかまえてい
ますので何かを狙っていることが判ります。狙っている対象はレンジ
ャク類の野鳥で北からの渡り鳥です。レンジャク類はヤドリギの実を
好んで食べますが、この実は粘着性がありますので、口をゆすぐため
水場におりてくるといわれています。それを狙いのようです。池から
近くの鉄塔のわきにエノキの大木がありたくさんのヤドリギついてい
ます。ここでもたくさんのカメラマンが狙っていました。人通りが頻
繁な場所ではありませんが道をふさぎ、一部のカメラマンは農地にも
立ち入っていました。このような行為は野鳥愛好家の評判を下げるだ
けなので、慎むべきですが、あとをたちません。残念なことです。
美化活動その2[2018年02月17日(Sat)]
美化活動その後1.JPG美化活動その後2.JPG
皆で掃除をした4時間後の姿です。ゴミを捨てることになんの抵抗もない人が何人も
居るということなんでしょうか。この街には。あ―――――あ。
美化活動[2018年02月17日(Sat)]
180217美化活動1.JPG180217美化活動2.JPG180217美化活動3.JPG180217美化活動4.JPG
17日、有吉公園にて美化活動を行いました。総員31名が参加し、
水路や語らいの池に落ちている枝の除去、お祭り広場の側溝に堆積し
ている落ち葉の除去、視界を遮るオカメザサの刈り込み、園路にはみ
出している樹木の選定そして一般ゴミの収集などを行いました。体力
を使うヘビーな作業から軽い作業まで色々ありますので、参加者はそ
れぞれの体調に合った作業に参加し、1時間半ほど快い汗をかきまし
た。
ウメの花[2018年02月16日(Fri)]
DSC05514.JPGウメ180215-1.JPG
水車小屋附近の梅が見頃になってきました。とは言っても、花盛りな
のは1本の木だけですが。泉谷公園の梅林もそうですが、いろいろな
品種を植えてあるのか、一斉に花開きません。また寒い時期ですので
紅梅が多いと華やぐのですが、なぜか白梅が多いように見られます。
色々難癖をつけましたが、品種が多いということは多様な花を長く楽
しめますので、お天気の良い日はお出かけ下さい。
スギ伐採[2018年02月15日(Thu)]
スギ伐採180215-3.JPGスギ伐採180215-4.JPG
泉谷公園でスギの伐採が行われていました。スギは花粉症の原因にも
なりますので最近ではあまり人気がある樹木ではありませんが、建築
用材として広く利用されています。戦後住宅用建材の需要増に対応す
るため拡大造林政策がとられ、千葉県でも雑木林を伐採しスギの植林
が大規模に行われました。しかしその時使用した苗木の多くは溝腐れ
病の原因菌に汚染されていたそうです。この病気によって枯れること
はありませんが、表面に溝状の枯死部分ができ、成長とともに大きな
溝になったり木が捻れたりします。泉谷公園のスギだけでなく、昭和
の森や泉自然公園のスギもほとんど外形状の異常が見られます。これ
らのスギは中心部が腐っていることが多く用材としては利用できませ
んし、強風等により倒壊のおそれがあります。このため、道路沿いを
優先して順次伐採する考えのようです。森も明るくなりますので、賛
成です。
不法投棄物[2018年02月14日(Wed)]
泉谷ゴミ180213-1.JPG泉谷ゴミ180213-2.JPG
泉谷公園の小谷小学校側道路脇の写真です。鍋やら食器、ハンガーな
どが段ボール一箱とカゴの中に納まっていました。近くの単身者が引
越をするため不要物を捨てたのでしょうか、あるいはわざわざ遠くか
ら泉谷公園目指して運んできたのでしょうか。いずれにせよ迷惑な行
為です。困ったものです。
モズ[2018年02月13日(Tue)]
モズ180125-1.JPG
泉谷公園の森の中でモズを見かけました。モズはハヤニエと高鳴きが
有名で留鳥といわれています。おゆみ野では秋から冬にかけて観察で
きることが多いようです。ほかの鳥の物まねが得意ということで「百
舌」あるいは「百舌鳥」と漢字で書くそうです。いずれも当て字です
が、百舌はともかく百舌鳥は漢字3文字で2音しかないのは何とも不
思議です。日本最大の古墳である大山古墳(伝仁徳天皇陵)が含まれ
る古墳群は百舌鳥古墳群と表記されますので、3文字の方が早かった
のかなと勝手に推測しています。モズは鉤型のクチバシをしており、
昆虫や爬虫類などを餌とし、時に小鳥を襲うともいわれていますが、
猛禽類の仲間ではなくスズメ目モズ科に分類されています。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml