CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
ハギが咲いています[2018年09月21日(Fri)]
ヤマハギ180916泉谷 (1).JPGヤマハギ180916泉谷 (2).JPGヤマハギ180916泉谷.JPG
おゆみの道のところどころでハギが咲いています。一番大きな株は泉谷公園四阿下に あります。園路からはあまり目立ちませんが、赤花の後ろには白花の株も植わってい ます。萩は秋の七草の1つですが、草ではなく落葉低木に区分されています。しか し、茎は木質化しますが、そこから芽が出ることはなく、根際から新しい芽が出ます ので草の仲間で良いようにも思われます。ハギには幾つかの種とそれをもとに作出さ れた園芸種も幾つかありますので、種を特定することはなかなか難しそうです。
ヤサガタアシナガグモがいました[2018年09月20日(Thu)]
ヤサガタアシナガグモ180917菖蒲田 (3).JPGヤサガタアシナガグモ180917菖蒲田.JPG
泉谷公園菖蒲田の木道脇に何匹ものヤサガタアシナガグモが網を張っています。小さ なクモであまり目立ちませんが、木道にしゃがめば何とか観察できます。クモの足は 昆虫より2本多い8本で、先頭の2本が長いものも多いのですが、この仲間は目立っ て長いので見分けられます。水辺を好み、水平に円網を張り、獲物を待ちかまえてい るそうです。
わずか3日で![2018年09月19日(Wed)]
180915美化活動.JPG大百池ゴミ180918.JPG
雨が降った15日、大百池公園駐車場への入口付近にある植え込みの切れ間にたくさ んのゴミが捨てられていました。これはかたづけたのですが、今日のぞいてみたら早 速ゴミが捨てられていました。わずか3日です。誰がどんな了見でゴミを捨てるので しょうか。ここをゴミ捨て場だと勘違いする要素は全くありません。全くもって困っ たことです。
ヒガンバナが見頃です[2018年09月18日(Tue)]
ヒガンバナ白花180917泉谷.JPGヒガンバナ180916泉谷a.JPG
泉谷公園の彼岸花が見頃になってきました。赤い花に混じって白い花もみられます。 ヒガンバナは3倍体のため交雑種をつくることは出来ませんが、変種コヒガンバナ (2倍体)をもとにつくられた白い花のものはシロバナマンジュシャゲ(白花曼珠沙 華)というそうです。ヒガンバナは日本全国に分布していますが、有史以前に中国か ら持ち込まれたものと云われています。ヒガンバナは有毒ですが、アゼや墓場で動物 の食害を防ぐ目的や救荒植物として意識的に持ち込まれたとの説を支持する人が多い ようです。
カツラの黄葉がはじまりました[2018年09月17日(Mon)]
カツラ180915.JPGカツラ180916.JPG
暑い夏が過ぎ涼しくなったばかりですが、はやばやとカツラの黄葉がはじまりまし た。カツラの落ち葉が溜まったあたりにはなんとなく甘い香りが漂っています。お菓 子屋さんのにおいと感じる人もいますし綿菓子のにおい、あるいはキャラメルのよう だという人もいます。においの正体は葉のなかにあるマルトールという物質のようで す。これを食品工場では甘みや風味を付けるため添加物として使っているそうです。 この物質はカツラの葉が若い頃は少なく老化すると増えるそうです。特に雨上がりの あとは一番香りが漂うそうです。早速散歩がてら確かめにでかけてみませんか。
スイフヨウが咲いています[2018年09月16日(Sun)]
スイフヨウ180915.JPGスイフヨウ180915a.JPG
大百池公園Mr.MAX側遊歩道の途中でスイフヨウがたくさん花をつけています。ことし は剪定をしませんでしたので、樹高が高くなり仰ぎ見なければなりません。スイフヨ ウはムクゲの仲間でやはり一日花です。花の色が朝のうちは白、午後にピンクにな り、しぼむ頃には紅色に変化するので酔芙容の名が付けられたと云われます。売られ ているものは八重咲きが多いらしいですが、一重のスイフヨウも捨てがたいです。秋 剪定の頃に出くわせば、一枝か二枝をもらい受け、春先まで土の中に保存して、挿し 木してみませんか。簡単に増やせます。
たくさたんのゴミがありました[2018年09月15日(Sat)]
180915美化活動大百池.JPG180915美化活動大百池2.JPG
本日、雨のため美化活動は中止しましたが、集まったメンバー9名でゴミを拾いまし た。全般的にゴミは少ないのですが、一箇所に大量のゴミがありました。発泡スチ ロールの塊からペットボトル、空き缶、たばこの吸い殻、野菜クズなど何でもござれ 状態で、一人ふたりの仕業ではここまでならないだろうと思われる状態でした。ゴミ があるとそこにゴミを捨てても罪の意識が軽くなるような心理が働くようです。困っ たものです。
本日の美化活動中止します[2018年09月15日(Sat)]
本日の美化活動は、7時現在雨が降っていますし9時の予報も雨となっていますので、中止いたします。
マヤランが咲いていました[2018年09月14日(Fri)]
マヤラン180823泉谷.JPGマヤラン180829泉谷.JPG
マヤランが咲いていました。この植物は菌類から栄養を横りしていますので花茎だけ です。花は虫媒花で、種子は風散布だそうです。環境省では絶滅危惧種U類に指定し ています。「千葉県レッドデータブック」によれば通常は6月から7月に咲くのだ が、「花茎が損なわれると(中略)夏の終わりか秋に咲くこともある。」とし、「種 子が根付き開花した個体は数年で消滅する。」とありました。さすればここの個体は 毎年この時期に咲きますので、毎年花茎が損傷しているのかしらとか、数年となれば もう寿命がきつつあるのかしら、とか疑問やら心配が尽きません。
ノシメトンボとシオカラトンボ[2018年09月13日(Thu)]
シオカラトンボ.JPGノシメトンボ.JPG
トンボもそれぞれ好みの場所があるようでして、ノシメトンボ(写真A)は明るい草 はらや広い水面の上を飛んでいるのを見ることはほとんどなく、林縁や森の中を主た る生息域としているようです。簡単につかまりますのでじっくり観察できます。ハネ の先に黒いクマがあればノシメトンボの仲間。一方、森の中や林縁にはほとんど寄り つかないのはシオカラトンボ(写真B)。写真は見慣れたシオカラトンボではありま せんが、これはメス。不振に思いの方は連結しているシオカラをよく見れば納得でき るはずです。
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

おゆみの道・緑とせせらぎの会さんの画像
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/midori-seseragi/index2_0.xml