CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
日本財団CANPAN 山田
2009-11-21 (11/23)
シンポジューム 8050問題を考える 開催 [2018年10月30日(Tue)]
P7080108.JPG


自分の趣味や関心事、コンビニやスーパーなど用のある場所 仲間がいたり、居心地の良い場所、そんな処へは出かけるが 社会参加をしていない人、今どうすれば良いか解らない人が 「ひきこもり」と呼ばれる人達の 68%を占めている、と聞く。 岡山市は潜伏している当事者や家族数の把握は出来ていない。

高度成長期には少なかった「ひきこもり」人口は、現在増加の一途。 国は、ニート対策の支援年齢上限を 40 歳から 42 歳へ引き上げたが 年齢制限に達したら、ニートを卒業するわけではなく、未解決放置だ。 定年制が廃止された今、生きがいある人生の支援に、年齢制限はない。 当事者の高齢化と共に、扶養している両親も確実に高齢化している。

扶養してきた親に介護が必要になり、扶養を続けられなくなった時 生活設計が立てられない、人に相談する事の出来ないわが子は・・ 高齢化したひきこもりには、就労支援だけが適切な支援と言えない。 大きな社会問題として、受け皿が必要であることは確か、と考える。

今まで国が放置していた課題として「8050 問題」が、 表面化した。 縦割り行政の枠組みの中だけでは、対応が行き届かない現実が有り 単に税金を投与すれば解決する問題でもなく、税金には限界が有る。

対象は「人」

環境、特性、アイデンテティ、全てにおいて多様性を持つ「人」を 画一的な仕組みで支援することは、むつかしい。 人が人として尊厳を持ち、人として生きる為に 専門の知識や「人・モノ・金・時間」を持ち寄り、連携することで 「誰ひとり取り残さない社会」を目指すことが 持続可能な社会への一歩では、ないだろうか。

誰もが安心して暮らせる、笑顔の溢れるわが町「岡山」であるために まずは先進事例の報告を産学官民医福、そして当事者や一般で共有し 今、岡山で私達に何ができるのか? 何が必要なのか? 一緒に考え、手をつなぎませんか

P7020064.JPG

Posted by まちづかい塾 at 23:14
「怒り」の勉強会 アンガ―マネジメント [2017年10月12日(Thu)]
s2-P9160967.jpg


お誘い♫〜
日々 なにかとイライラが多くて 嫌になっている方へ
人間関係を もっと まーーるくしたい方へ

アンガ―マネジメント&茶話会 開催のお知らせ

テレビで時々拝見する恵美さんが
ご自身のイライラ話を含めて
イライラを 人にぶつけないコツを 教えます

毎日の絵顔が 増えますよ〜〜に ハート

対 象 子育て・介護 などで 日々イライラしている方
    ひきこもり・ニート・不登校の家族、支援者    
日 時 11月27日 13時開場 13時半スタート
会 場 瀬戸公民館 2階会議室
講 師 妹尾恵美 アンガ―マネジメント協会公認講師
参加費 200円 資料代含む
申し込み・問い合わせ 090-3177-2223 事務局 藤本
     または 086-277-7677 絵本の納屋
定員になり次第 締め切ります

■タイムテーブル
13時   開場
13時半  スタート
15時   休憩・茶話会(PMカフェ)
      自由解散
16時半  閉場
Posted by まちづかい塾 at 06:32
座カフェ ★山本昌知先生をお招きしての茶話会★ [2017年10月12日(Thu)]
s2-P8270851.jpg


s2-P8270859.jpg


10/29 13時半から
映画「精神」のモデルとなった
コラール診療所の山本昌知先生を招いて トークサロン 

「高齢なので 何があるかわからないから
 先々の確約は難しい
 急用が入らない限り 
 皆さんとお話しを楽しみに 行きますよ」 
と  お返事いただいています

認知症が出てこられた奥様に寄り添いたいとの思いもあって
長年 続けてこられた「コラール診療所」を
若い方たちへ引き継がれ
今は いつも奥様同伴で講座を開かれています。

山本先生と お話ししてみたい方
気軽に立ち寄りください
日 時 2017年10月29日 13時〜15時
参加費 200円
会 場 しんせきんち 岡山市中区藤崎25番地
続きを読む...
Posted by まちづかい塾 at 05:41
遊カフェ そして 「怒り」の勉強会 始めました♫〜 [2017年10月01日(Sun)]
子育て応援 生きにくい子供たちの家族をサポートする居場所事業
 
新しい居場所定着に向けての模索
前半が終わりましたハート

2017年4月 
引きこもりやニートの方達の家族を応援する居場所づくりに向けて
運営委員会を作りました

今年は いろんなスタイルを試し
どんな居場所なら 集いやすいかを 模索しています

まずは 疲れた家族が自由におしゃべりできる居場所
ダイヤPMカフェ 「喋る」をテーマに
 これはすでに家族会などがありますが
 そこへ参加しにくい方達に向けてと・・・
 でも 単におしゃべりしましょうでは 出かけるだけの魅力にはならない
 
 「怒り」の勉強会 アンガーマネジメントという講座を附属することに
 日頃のイライラを低減する方法は
 家族皆さんの課題だったようで
 今 参加者が増えています
  
スペード座カフェ  「聴く」をテーマに
 当事者や支援者の体験談を聞き 直接質疑できる居場所
 コラール診療所山本昌知先生を座長に招いてます
 山本先生が 来られない時は 当事者の方の体験談

ハート絵本セラピー 「想う」をテーマに
 心がホッコリする絵本をツールに
 気分転換に効果が大きく
 リピーターが定着しています

ダイヤドラムサークル  「忘れる」をテーマに
 ジャンベや民族楽器を想いっきり叩いて合奏
 ストレス解消にもなり
 これは 障害の重い人と家族 
 高齢者のひきこもりがちな方には人気でしたが
 なかなか 集いにくい (><)
よって この夏で終了

★遊カフェ
 親子で参加できるため 
 引きこもりがちで 
 コミュニケーションが取れなくなった家族に人気♫〜
 時間帯も 18時以降にしたので
 お勤めのあるお父さんの参加も見込まれます
 お父さんやお母さんの得意技披露など 
 コミュニケーション復活に 喜ばれています

来年は 人気の「居場所」を選んで
定着を目指しますね

皆に笑顔が 広がりますよーーに ♫♫♫〜

s2-P7110722.jpg


s2-P7110723.jpg

 

 
 
  
Posted by まちづかい塾 at 06:53
絵本セラピー 星に願いを ☆〜 [2017年07月07日(Fri)]
浴衣姿のママたちにまじって
今回はパパの参加も ♪♪〜

七夕なんだから と
パパさんが 庭からカヤを取ってきて
急遽 七夕飾りを

子供たちが小さかった頃
いっしょに見上げた星空を思い出して
またひとつ
元気になりましたハート

 ハート(トランプ)

結構 男性の方が 繊細な心なのかも 笑

s-P7070866.jpg


s-P7070879.jpg
Posted by まちづかい塾 at 23:38
ドラムサークル [2017年07月02日(Sun)]
絵本セラピーとは代わって
ドラムサークルは
男性の参加しやすい企画のようです

どこの居場所も 
ママたちが多く
パパの参加は難しい・・
と言う声を聴きます

パパの理解と協力には
とても 力づけられます 

より多くのパパの参加
お待ちしていますね

s-P7020820.jpg


s-P7020822.jpg
Posted by まちづかい塾 at 09:38
PMカフェ (papa&mama-cafe) [2017年07月01日(Sat)]
ひきこもり・ニート・不登校など
心配を抱える家族の集い

子供たちも ついてきました ハート

子供たちも一緒でなければ
出かけられない親たちの居場所も必要だわーー

家族会はいろいろあるけれど
同じような心配を抱えた人たちだけで集まっても
安心はするけれど
解決にはつながらないよねーー

そんな声も出て
次回からは
この居場所へは
当事者家族だけでなく
多用な立場の方達にも 参加していただけるように
呼びかけることになりました ハート


s-P7010787.jpg

Posted by まちづかい塾 at 23:52
座カフェ [2017年06月26日(Mon)]
山本知昌先生をお招きして
お話を聞きました

65年間 精神科医師として病院勤務の傍ら 
精神の障壁を持つ方たちの居場所ゴラールを開かれ
多くの方達に寄り添ってこられた方の言葉は 
とてもやさしく
暖かで
解りやすい一言一言でした

s-P4250488.jpg
Posted by まちづかい塾 at 20:20
絵本セラピー あかりを灯して [2017年06月21日(Wed)]
アースディにちなんで
ろうそくの明かりの中で 集いました

心に ホッと灯る
小さな明かり

手に負えない子供たちですが
寝顔には
生まれたころの 面影が・・・

生んでよかった
そう思えるひと時が
日々を 支えてくれます

s-P6210686.jpg


s-P6210687.jpg

Posted by まちづかい塾 at 23:13
ドラムサークル ぱかぽこ♪〜 [2017年06月10日(Sat)]
日頃のコミュニケーションが取りにくい親子がいます
子供の笑顔が見たい
それは どの親も同じ

ドラムサークルという音楽療法で
居場所を作ってみました

ドラムサークル・・・
ドラムといっても 
いろんな国のパーカッション系楽器を使います

高齢者でも
障害があっても
コミュニケーションがうまくできなくても

いっしょに演奏して
いっしょに笑って

最初は硬くなっていた人たちも
だんだん笑顔になってくる

親子で遊ぶ機会の少ない方たちも
これなら いっしょに楽しめた〜 と

まだまだ認知度の低い 集いですが
いっしょに遊ぶ機会のない方親たちから
親子のコミュニケーションがとれて
楽しかった と感想をいただきました

s-P6100697.jpg


Posted by まちづかい塾 at 23:35
| 次へ
プロフィール

NPO法人まちづかい塾さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/michi-machi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/michi-machi/index2_0.xml