CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
日本財団CANPAN 山田
2009-11-21 (11/23)
凸凹親子 街歩き交流会 [2016年10月20日(Thu)]
目に見えない障壁で 街へ参加できない人たちに
どんな工夫があれば 出かけやすくなるのか
当事者の方達と一緒に 街歩き&意見交換会 開催しました

身体の弱者への配慮ある街づくりは
ユニバーサルデザインの街づくりとして 定着し
どんどん進められていますが
目に見えない障壁を抱える人たちへの配慮とは・・・

今 目に見えない障壁を抱える人たちが 増えています
発達障害 自閉 ひきこもり ニート・・・

この方たちの参加できない「街」って
元気になるわけない
そんな気がして

みんなで歩いてみました

意見交換会での結果は 冊子にまとめて発行しています
(興味のある方は ご連絡ください増刷の予定があります)


まぁ 結論としていは
ハードの整備もそれなりに必要ですが
結局は 人の心によるユニバーサルデザイン

皆が それぞれの特性を理解し
いつでも もしもの時に 出来る事でサポートすること

そのために どんな特性があるのか
皆が知るここ 理解することが
効果的との 結論にまとまりました
14724378_654151694753300_7088990029677568482_n[1].jpg

Posted by まちづかい塾 at 22:24
寒空ピクニックカフェ 体験教室 [2011年02月19日(Sat)]
寒いです
でも お天気は最高 !!
青空が広がり 今日は今年最初の 寒?空喫茶

そして 全労済の主催する団塊世代の地域デビュー

参加者の皆さんでピクニックカフェ



寒い中 12人の参加者が集まりました

まずは イスやテーブルのセッティングの ポイントの説明そして 実際に並べていただきました


そして オープンカフェで
珈琲を飲む楽しみを 体験していただきながら

コミュニティカフェが なぜ今の時代に求められているか
オープンカフェの魅力を お話ししました




レクチャ-の後は 珈琲ソムリエ体験
七輪で沸かしたお湯を使って
珈琲を沸かし ご自分で味わっていただきました




みなさん ドリップで珈琲を沸かしたのは 初めてとのこと
お味の方は いかがでしたか?



気軽にピクニック気分で 
地域コミュニティづくりに役立つ
オープンカフェ講座 いかがでしたでしょうか ♪〜
 

笑い
Posted by まちづかい塾 at 20:03
ささえあいの研究会inかさおか [2011年01月23日(Sun)]
財団法人さわやか福祉財団と財団法人JKAの主催で
ささえあいの研究会が開催されました




河田珪子さんのわかりやすく熱い話に 
多くの参加者が引き込まれるように拝聴しました




気持ちの良いコミュニティが広がれば
地域が変わる

「助けて」が言える信頼関係の構築

河田さんの講演を
今回は客席でしっかり拝聴させていただきました。

Posted by まちづかい塾 at 21:47
河田珪子さん玉野市来訪 [2010年12月05日(Sun)]


いつも笑顔の素敵な河田さんです



玉野市長さんとお会いしました
高齢化の進む玉野市が元気であり続けられるよう
河田さんの想いを育み
助け合う地域の信頼を構築していきたいと
お言葉いただきました
Posted by まちづかい塾 at 12:33
フォーラム'10人間観光の景 [2010年08月29日(Sun)]

今年のフォーラムは トークサロンスタイルにしました。

地域に根差すテーマで開催するには
話してと聴き手の距離が近いほうが効果的ということで

福留先生に 
真庭市でトークサロンをお願いしました

テーマは 「人間観光」
観光都市新庄を目指す村にふさわしい旬のお話しを頂きました







翌日
新庄村へ伺い 村長さんを表敬訪問向 いたしました



お世話くださいました 真庭中間支援センター準備委員会の皆さま
ありがとうございました。
Posted by まちづかい塾 at 23:59
フォーラム'09茶の間の景 [2009年08月02日(Sun)]
フォーラム’09 公共空間・茶の間の景
暖めてみよう 新潟生まれの「地域の茶の間」

新潟から河田珪子氏をお招きして
うわさの 地域の茶の間 そのルーツから
今の常設 「うちの実家」の運営まで
詳しくご指導いただきました



地域の茶の間 
その始まりから 今日までの姿
外からでは分からなかった 心の痛みや声を
しっかりと 受け止めさせていただきました



初めて知った あたらしい地域拠点の仕組み
直接質問できる機会はめったにないので
みんな ドキドキ
河田さんは 丁寧にひつとひとつ答えてくださいました



話でしか知らなかった「地域の茶の間」
そして それを支えてこられた河田さん
さらに河田さんを支え 河田さんに支えられてきた皆さん

支えあいの仕組みを作り上げた業績と
その人柄に 
いまさらながら 河田さんの大きさを知りました



書籍も紹介させていただきました
これをきっかけに
岡山でも 地域の茶の間の仕組みを取り入れ
真に一人心の居場所となる 場作りが進むことを
心から期待します

ありがとうございました
Posted by まちづかい塾 at 19:58
2008-11-21-2 [2008年11月24日(Mon)]
2008-11-21 
岡山県立美術館で開催されたフォーラム08’公共空間・笑顔の景

豪華なメンバーで 200人の参加者と共に
政令指定都市に向かう
岡山の公共空間のあり方について 熱く語りました


基調講演
千葉大学教授 北原理雄氏
「やさしい仕掛けが 人を呼ぶ」
人中心に考えると
かんたんな仕組みで
賑わいは 生まれる




日本都市計画学会
加藤 源 氏
オープンカフェは 日本の心にフィット
人が溜まることが賑わいの始まり


横浜市都市整備局
上席調査役
国吉直行氏
横浜の景観を重視した
市民中心の街づくりの仕組み
日本大通りの紹介


コーデーネーター 
岡山大学教授 安部宏史氏
晴れの国岡山は
移動手段に自転車がビツタリ
道路は車中心ではない
人が歩いて回遊できる仕組みが必要



岡山市企画局審議官                  
高次秀明氏                            
県庁通りの社会実験紹介                     
政令指定都市として                                
街中の空間を有効活用できる                        
仕組みづくりを前向きに考えたい 

岡山市の賑わい作りに
公共空間の活用が定着できる
仕組みづくりに向かい 
ゆっくり ゆっくり
歩 き始めました

          
フォーラムにご協力頂きました皆様 ありがとうございました
Posted by まちづかい塾 at 11:58
フォーラム'08公共空間・笑顔の景 [2008年11月22日(Sat)]
日 時 2008年11月21日(金)
会 場 〒700-0814 岡山市天神町8−48 岡山県立美術館ホール



コーヒーブレイクにコケコツコーさんのアイルランド民謡のライブ


岡山の事例をパネル展示




外ではオープンカフェを他体験していただきました



主 催 まちづかい塾 岡山市南方2-13-1 NPO会館ゆうあいセンター内
協 働 岡山県備前県民局協働推進課
共 催 都市環境デザイン会議中国ブロック、公共の色彩を考える会
後 援 国土交通省中国地方整備局岡山国道事務所、岡山市都市整備局、
    日本都市計画学会中四国支部、岡山県建築士会、
朝日新聞社・山陽新聞社・毎日新聞社・
岡山放送・山陽放送・テレビせとうち・Oniビジョン
協 力 書:国代あつこ、演奏:コケコッコ、設営:田丸瓦、
生花:島村浩美、展示資料作成:SPOxT、カフェ:(N)タブ ララサ、
ICCO-コスタリカ交流協会、展示・案内:街かふぇネット
録音・照明:岡山県立美術館

Posted by まちづかい塾 at 11:12
プロフィール

NPO法人まちづかい塾さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/michi-machi/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/michi-machi/index2_0.xml