CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
来訪 [2016年02月25日(Thu)]
春一番とともに留学生4名がやって来ました。

「二ホンは寒いデスネ…」とカタコトの日本語に対して、
「ワタシも寒いデス…」と、なぜかこちらもカタコトに。

P2250447.jpg
本日は、うららかな日差しの中、消防訓練がありました。

P2250428.jpg
「ちゃんと火を狙え!」

P2250430.jpg
「無理で〜す!(ホースの先とれた)」みたいな。

P2250438.jpg
留学生も「初めての消火器」だそうです。

消火器は英語でファイヤー・エクスティングイッシャー、インドネシア語ではプマダン・クバカランと言うことを教えてもらいました。ついでに焼肉(牛)はサピ・バカールと言うことも。

昨年から3グループ目となるガジャマダ大学実習。今では牧場の学生・職員一同、正々堂々と怪しい英語を操るようになり、格段の上達が窺えます。あと一ヶ月でさらに上達するつもり。


昨日、木花キャンパスでのんびり会議中に、「牧場の豚舎にキツネが出没!どうしましょうか?」的な緊急メールがありました。

自称野生動物研究者(誰も知りませんが)として「そんな街中に真昼間から出没するホンドギツネはいない。九州にキタキツネもいない。つまりキツネ似のイヌだ」と思いましたが…。






P2250424.jpg
ずいぶん似てますな…。

P2250421.jpg
なぜか左前肢にトラバサミぶら下げてるし…。

どう見てもキツネ。トラバサミは違法のはずですが、どんな因果でどこから迷い込んだのか?

それにしても貴重な写真を手に入れました。
(豚舎担当M美さん撮影の携帯画面をデジカメで撮影)

実は野生のホンドギツネを実際に見たことがありません。

今日は現れず、子豚の数も減ってなかったとのことです。
よかったような、残念なような…。

こばやし
Posted by 鎌田 at 23:32
機械整備 [2016年02月02日(Tue)]
住吉フィールドの圃場部では冬の間はトラクタや作業機のメンテナンスや修理を主にやっています。
先日は学生達にオイル交換などのメンテナンスを指導しながら一緒に作業しました。

今日は、スキッドステアローダという機械のフォークという部分が抜けたとのことで、修理していたところ。
14544006019980.jpg
長年の使用により、台座のところも錆びてボロボロになってきていましたがく〜(落胆した顔)
14544009964003.jpg
せっかくなので、ついでに補修しようとしたのですが…
錆がひどくて、使えそうなところがほとんどありませんバッド(下向き矢印)
頑丈な枠の部分を活かして、残りは全面張りすることになりました。
すると
14544007208881.jpg
見違えるようにるんるん
これで、もうしばらく使えそうです。
本田
Posted by 鎌田 at 17:18
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

宮崎大学農学部附属フィールド科学教育研究センターさんの画像
http://blog.canpan.info/mfsc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mfsc/index2_0.xml