CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
まだ梅雨です。 [2018年07月08日(Sun)]
明けそうで明けない梅雨空のまま7月となり、住吉牧場では7/3にGLOBALG.A.P.審査が無事終了し、ロシアではワールドカップ日本代表が敗退した。

一番古いW杯の記憶は1994年のナイジェリアvs.イタリアである。居候していたムテンデーレの長屋のTVで、終了間際にバッジオが同点ゴールを決めたとき、「あぁ、ナイジェリアの負けだ…」と同居人がつぶやいた…。

さて、いろいろあった6月も終わり7月第一週。7/2からマカッサルのハサヌディーン大学動物科学部実習(8月まで2名)がスタートした。7/5〜6は宮崎西高附属中の職場体験実習。他に住吉小学校6年生の職場インタビューが2回。7/6は熊本県GAP推進協議会の研修も。

P7061485.jpg
くまもんが…。バスが、いや、描いた画家がすごい。CG?

P7051463.jpg
土砂降りの中、子牛舎屋根塗装の準備をしている。

P7041458.jpg
梅雨の晴間に技術職員と学生はサイロ掃除をしていた。

P7071497.jpg
大雨のなか、繁殖和牛は放牧地へと走っていく。

P7071500.jpg
土砂降りだと乳牛は嫌がって出ていかない。

IMG_1310.jpg
J9(ジャージー)が子牛を産んだが♂だった…。

P7061481.jpg
ブタは元気に走り回っている。

P6281444.jpg
このハチは、異常気象の影響か、今年はかなりの高層建築だ。

第二週は、7/9に農業大学校のGAP研修があり、フィリピン大学ロスバニョス校獣医学部の日本人学生の実習が始まる予定(13日まで)。7/10には乳業メーカーのGAP研修。その後もその他いろいろと。

いろいろしすぎてどれもできていないような気もするが、何もしないよりはちょっとましかもしれない平穏な日々がありがたい。

各地では、梅雨の豪雨で異例の大災害となっている。例年の異常気象の中でも特に激しいようで、今年も全く油断ならない。

地球には、早いこと異常でない昔の気象を取り戻してほしいものだが、果たしてそんな時代があったのか、どうなのだろうか…。
Posted by 鎌田 at 21:16
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

宮崎大学農学部附属フィールド科学教育研究センターさんの画像
http://blog.canpan.info/mfsc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mfsc/index2_0.xml