CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年09月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
落葉果樹の剪定実習 [2016年01月14日(Thu)]
農学部植物生産環境科学科1年生による基礎実験・実習U「落葉果樹の剪定」実習を行いました。
この実習で剪定鋏の使い方、不要枝の切り方などを教わります。
40分強ほど果樹の先生より講義を受けた後、いざ圃場へ!!
P1140423.jpg
各班4〜5人で1本に挑みます。今回剪定してもらうのは「平核無」という最もポピュラー(?)な渋柿です。
宮崎県内(?)のスーパーなどでよくみかける「渋抜き柿」と言えば大抵この平核無を見かけます。
さあ、チャレンジ!!
P1140416.jpg
P1140418.jpg
2時間弱くらいの実習では中々仕上げることは出来ませんが、
P1140417.jpg
P1140419.jpg
それなりに形になりました。ただ・・・
P1140421.jpg
P1140422.jpg

えっ、成枝が無い・・・!?
around fiftyの私ですが、今更ながらに伝えることの難しさを痛感する次第でした。(黒木)
Posted by 鎌田 at 16:43
学生実習『果樹の病害虫の耕種的防除』 [2015年12月05日(Sat)]
PC040418.jpg
植物生産環境科学科2年生による農場実習U『果樹の病害虫の耕種的防除』を行いました。
PC040419.jpg
PC040420.jpg
PC040421.jpg
この実習は、まがり鎌を使って柿の粗皮を削り越冬しようとする害虫やその卵の除去、苔やシダ類の除去をおこなっています。
PC040413.jpg
PC040415.jpg
各自先生が準備してくださったゴーグルを着用して粗皮削りにチャレンジ。
この日は西風が強く、体感気温が結構低めでしたが意外に楽しそうに柿の”美白”作業を行っていました。
PC040424.jpg
高圧洗浄機などを使用して簡単に行う方法もありますが、学生にとっては手作業で行い一箇所一箇所目視しながら行ってこその実習だと思うのでこの実習は続けて行ってもらいたいものです。(黒木)


Posted by 鎌田 at 11:06
宮崎大学きっずサマースクール [2015年08月07日(Fri)]
8/7〜8/28日の8〜18時にかけて、本学職員の子ども(児童)を対照に「きっずサマースクール」が開講されています。
私も何かお手伝いできなかいと思い、H25年度よりプログラムの参加を行っていますが、本年度は「KYTをやってみよう」と題して危険予知トレーニングを行ってみました。
P8070428.jpg
業務に何の関係があるのと思うかも知れませんが、そもそものKYTは住友重金属工業がことのおこりだとか、中央労働災害防止協会だとか言われており、職場でのゼロ災運動やヒヤリ・ハット制度の導入など様々な労働災害防止の取組の一つとされています。
で、木花フィールドGAPリーダーを兼ねていると言うことも有り、自分のスキルアップも兼ねて子ども版KYT(全国子ども会連合会参照)をさせていただきました。
P8070419.jpg
P8070426.jpg
シートを使って危険箇所の洗い出しを行っている様子。
今回5,6年生にリーダーをおこなってもらい1班5〜6名のグループワークを行ってもらいましたが、手を上げて発言するのは1,2年生ばかりでした。
このあと最終日までプログラムが目白押しなので、是非怪我すること無く最後まで楽しく参加できるといいなと思ったところでした。(黒木)
Posted by 鎌田 at 16:04
前期最後の実習 [2015年07月29日(Wed)]
本日、前期最後の実習、植物生産環境科学科2年生による農場実習T「カンキツの摘果」をおこないました。
30分ほど教室で講義を受けた後いざ果樹園へ。温度計が37度を示す中、実習開始です。
KIMG0058.jpg
2〜3人に分かれ日向夏(西内小夏)の幼木の摘果を行いました。
本年度は、裏年に当たるのと長雨による大量?の生理落果にみまわれ、摘果実習するほどの量も無かったのですが、この気温の中で実習するのは30分が限界(担当者本人が・・・)と感じ、まぁ程なく終了することが出来ました。
P7290409.jpg
写真を掲載しながら、「キャップを被っていない学生がいたのか・・・」と反省したところでした。
P7290411.jpg
P7290414.jpg
実習終わりに強者(女子学生ですが)による摘果果実の食味試験?を行っていました。
P7290412.jpg
「スッッパッ!!!」といって顔をしかめていました。
担当者は酸っぱいものが苦手(炭酸は別)なので、彼女のことを「勇者」と崇めようと思います。(黒木)
Posted by 鎌田 at 15:09
基礎実験・実習T「カキの摘果」 [2015年07月17日(Fri)]
台風一過、少し吹き返しのあるなか、植物生産環境科学科1年生の基礎実験・実習T「カキの摘果」実習を行いました。
 なぜ摘果をしなければならないのかや、実習時の注意事項を教室で受け、柿園へと向かいます。
今年は、梅雨時の雨量が多かったせいか大半の樹で生理落果が多く摘果実習するのに苦労しましたが何とか実習が出来ました。
1437270129361.jpg
1437270162183.jpg
実習するにあたりこれだけは注意しましょうと言われていたのがこれ↓
KIMG0052.jpg
イラガの幼虫ですね。
何人もの学生がいたるところで発見してました。
長雨続きで薬散が出来ていなかった証拠ですね・・・
まぁ、誰も刺されずに無事に実習が終わって良かったです。(黒木)



Posted by 鎌田 at 00:00
カンキツの接ぎ木実習 [2015年05月27日(Wed)]
カンキツの接ぎ木実習を行いました。
4月に水田係から果樹係に移籍(?)しました。
P5270397.jpg
P5270396.jpg
カラタチの台木に日向夏と西内小夏を1本ずつ次いでもらいました。
みんな上手く接げているといいですね。
P5270398.jpg
↑上の2人は事務所を通す条件で写真に映ってくれました。いったいどこの事務所でしょうね・・・
(黒木)

Posted by 鎌田 at 18:35
最近見かけた変なヤツ [2014年07月30日(Wed)]
果樹園にて
‘スイートスプリング’の地際で見かけました目
二匹確認。
P1020663.jpg

ナメクジの仲間でしょうか??
調べてみます。                 (甲斐)

Posted by 鎌田 at 17:02
梅雨の中休みの日向夏 [2014年07月01日(Tue)]
日向夏の生理落下(二次落下)がほぼ終わったようです。
P1020524.jpg

こちらは一次落下の痕
P1020527.jpg

粗摘果を行いたいところでありますが、
実習までおあずけ・・・        (甲斐)
Posted by 鎌田 at 17:59
日向夏とハチ達と天候 [2014年05月09日(Fri)]
カンキツの花が開花期を迎えており、
花の香りで満たされていますかわいい
直花は早くに満開を迎えていましたが、
有葉花はまだ開花していないものも残っています。

これは日向夏
P1020402.jpg
ハチ達がせっせと蜜を集めています。
甲高い羽音はミツバチ
その中に混じって、低い羽音はクマバチ
さらにマルハナバチも飛び回っています。
P1020394.jpg

柱頭を見ますと、黄色い花粉が付いているのを確認できますひらめき
P1020382.jpg

こちらの柱頭にはまだ花粉が付いていません。
P1020386.jpg

天候が悪いとハチが訪花せず交配に影響しますふらふら
天気予報では明日までは晴れが出ていますが、
来週は雨がついていますたらーっ(汗)

このまま梅雨入りになるのでしょうか。。。 甲斐




Posted by 鎌田 at 17:38
公開講座 果樹編 [2014年04月28日(Mon)]
4月19日(土曜)に公開講座を行いました。
講座名「今でしょ!日向夏の黄と緑を楽しむ」
安易に流行語を使った分けではありませんよ。
収穫を楽しみ、剪定を行うには今なんです☆

座学にて基本を学びます。
P1010241.JPG
圃場にて まずは収穫作業から満月るんるん
もう少し充分な量を確保しておけばよかったです。来年の課題です。
P1010255.JPG
樹を目の前にすると座学どおりとはいきません。
学生さんも卒論の資料にと受講してもらっています。

短い時間でしたが、天気もなんとか持ってくれて、
無事に終えることが出来ました。
来年はさらに充実した内容にしていきますので、
受講をお考え下さい。晴れ甲斐
Posted by 鎌田 at 17:37
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

宮崎大学農学部附属フィールド科学教育研究センターさんの画像
http://blog.canpan.info/mfsc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mfsc/index2_0.xml