CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
3月半ば [2019年03月20日(Wed)]
すでに3月が終わろうかとしている。
今年も修論、卒論、出張と年度末書類で消耗する。

IMG_0515.jpg
2月の豚舎カレンダー。
ブタさんだけでもいろんな用事があるものだ。

IMG_0430.jpg
ガジャマダ4人衆の送別会もだいぶ前の話となった。
本日、あちらで無事に発表終了とのライン連絡があった。

P2240098.jpg
終了後の心は出張先でみた雪原のように平穏だろうか?

P3170252.jpg
あるいは夜の放牧地に向かう乳牛のように自由だろうか?

IMG_0472.jpg
いろんな実験も続いている。

P3130216.jpg
先週は久しぶりの実習(大阪府立と東京農工大学)。
今週は高知県立大学から1名。楽しんでいる。

P3130224.jpg
先週、クスの葉が一斉に落下した。
その後の強風で落葉は勝手に片付き、新芽が出てきてる。

P3140234.jpg
草の少ない放牧地のウシたちはあっという間に脱柵した。
ヒトも同じですね。

P3140228.jpg
牧場の桜は一部散り、一部はこれからです。
これまたヒトも同じかな。
Posted by 鎌田 at 00:33
コーンハーベスター718!! [2019年02月21日(Thu)]
この作業機はコーンハーベスターという機械で、33年もの間、住吉フィールドで活躍してきました。
DSC_3730.JPG
この赤い部分の機械です。
独特な「ヴィーーーン!!」という音を鳴らしながら、トウモロコシの刈り取り・細断をしていきます。
DSC_1741.JPG
私がまだ新米のころ、先輩の職員の方から初めてこのコーンハーベスターの使い方を教えてもらった時に「本田くん、この音をしっかり覚えておきなさい。この音がしている時はうまく調整できているからね。」と教えていただきました(宮崎弁で)。
あれから十数年、今でもその教えをしっかり守りつつ作業しています。
確かにトラクターの速度が合っていなかったり、どこかに草が詰まったりなど異常がある時にはすぐに違う音がします。
そんなコーンハーベスターですが、昨年の11月に最後の刈り取り作業を無事に終え、ついに更新となりました。
少しさびしいような、それ以上にホッとしたような…
次の機種はどんな音を響かせながらトウモロコシを刈り取っていくのか。今年の夏が楽しみです。
DSC_3734.JPG
本田
Posted by 鎌田 at 16:40
今年は…。 [2019年01月18日(Fri)]
PC270297.jpg
年末のフウの木

PC300302.jpg
正月のセンダン

P1180368.jpg
本日のウメ

PC300301.jpg
近頃、空き時間には、あやしく楽しく枝を切ったりしている。

IMG_0313.jpg
正月明けの園外保育。

IMG_0321.jpg
その横で臨床繁殖学研究室の試験用に去勢。

さらにその横では、正月に帰国したハサヌディーン大学2名にかわり、同じくインドネシアから新たに研修に来ている新ガジャマダ4人衆が見学していた。

P1180342.jpg
本日は獣医学科の繁殖学・乳房炎実習と...

P1180379.jpg
社会人向けに削蹄講習会。大変勉強になります。

P1180355.jpg
豚舎では各種試験を盛んに(激しく?)実施中。

P1180350.jpg
試験を免れたブタの放牧も始まっている。
見てるといくらでも時間が過ぎてしまう。

今日読んでた畜産実用書に「経験を積むことは大切ですが、経験が邪魔して基本に戻ることが難しくなる場合もあります。大切なのは基本を忠実に守ることだと忘れないでほしいと思います。」といった記載がありました。いいこと書いてあるなぁ…。

利用者の方々から、いろんな手紙が届きます。
IMG_0333.jpg
今年はがんばってみようかな…。
Posted by 鎌田 at 23:49
いよいよ年末…。 [2018年12月26日(Wed)]
今年は寒さがゆるいような…。
12月も多くの利用者とたくさんの出来事がありました。

IMG_0280.jpg

PC200079.jpg

PC120070.jpg

PC260135.jpg
実習・講習会・取材・試験研究…。
毎日、いろんなことがいっぱいあるので飽きない。

昨日は、初めて野生のホンドギツネを見た。牧場内の道路で。
一瞬固まり、ピカピカ毛皮とでっかい尻尾を翻して消えた。

PC260139.jpg
今日は大掃除。ワックス塗りで机を寄せてた。昭和の文化かな。
人間は膨大なごみを作るために日々頑張っているのかも…。

この時期は、放牧地の樹木抜根と牧柵つくりにいい季節です。
鍬で地面を掘ると、鉄と遠心力の威力にただただすごいと思う。
穴掘器なんかは、どこまでも掘れそうな発明品だ…。

ヒトは何十万年も地面を掘り続けてきたいきものでしょう。
その遺伝子を感じながら、ひたすら掘る年末です。
まぁ難儀ですが、それ以上の何かがあると思いたい…。
Posted by 鎌田 at 22:00
いよいよ12月…。 [2018年12月10日(Mon)]
牧場開放行事も無事終了した。
寒い日でしたが楽しく過ごせましたでしょうか?

PC090031.jpg
開放日の夕方、予定より3週間早く生まれた子牛がいた。
体重は17キロちょっとしかない(平均体重の半分くらい)。
吸う力も弱かったが、学生が時間をかけて初乳をあげてくれた。

PC100043.jpg
おかげで翌日から元気に飲むようになりました。
隣の子牛と比べるとものすごく小さいですね。

今日はいろいろ重なり(開放片付・免許講習・肥育牛出荷等)、畜舎に職員がほぼいない状態でした。畜産別科生は大型特殊免許の練習でおらず、研究室の学生は授業かバイトかゲームか不明だが見かけない…。

一方、そんな時でも安定の海外勢。
子牛舎はインドネシアから研修に来ている2人組。
肥育舎はザンビアから、豚舎はトンガからの留学生。

PC090040.jpg
ちょっと寒いかね…。

PC010010.jpg
寝言で牙を研ぐ種雄豚(デュロック種)。

PC100061.jpg
毎日、草を食べている。

夕方になり、研究室の学生が一人やってきた。
今からモッツァレラチーズをつくるという。
PC100050.jpg
インドネシア組と夜まで頑張り、初乳豆腐的な物体ができた。
モッツァレラ、今回はいまいちうまくいかなかったようだ。
彼に倣い、いつかチーズ作りの実習もしてみたい…。
Posted by 鎌田 at 23:09
フィールドセンター開放 ロールお絵かき トラクター体験 [2018年12月07日(Fri)]
いよいよ明日、12月8日に住吉フィールドで開催されるフィールドセンター開放の準備も大詰めとなっております。
会場中央では「お絵かきロール」を行っています。
牛のエサとなる牧草を梱包したロールベールをキャンバスにして、自由に描いてみてください。
写真はこれまでの開放での様子です。
ロール.jpg

ロール1.jpg
小さな画伯たちが思い思いに絵を描いてくれています。
油性マジックを用いますので、ぜひ汚れてもいい格好でお越しください。
ロール2.jpg
また、会場奥ではトラクター体験も行っています。
トラクタ.jpg
今回の開放では、115馬力、86馬力、85馬力の3台のトラクターを準備しております。
さらに乗用草刈り機の「Heyまさお」の乗用体験も予定しております。
トラクターも草刈り機もスタッフが付いておりますので、小さなお子様だけでも乗車できます。
トラクタ2.jpg
どちらも無料で体験できますので、ぜひ遊びにお越し下さい。
※お絵かきロールとトラクターなどの乗用体験は雨天の場合は中止させていただきます。
(住吉フィールド)
Posted by 鎌田 at 17:30
フィールドセンター開放 木花ブース [2018年12月07日(Fri)]
12月8日の住吉フィールドで開催されるフィールドセンター開放ですが、木花フィールドブースでは野菜・カンキツの販売を行います。
品目はダイコン・ニンジン・カブ・ハクサイ・ブロッコリー・じゃがいも・スィートスプリング・レモンです。
※米の販売は行いませんので、予めご了承ください。
47432194_1181958688645403_7168991936823427072_n.jpg
また体験系のプログラムとして以下のような園芸講座を予定しています。
「小さな野菜の種まき講座」
内容:子どもを対象に家庭で簡単に行える栽培講座を行います。
サラダ用にレタス・クレソンなどがミックスされた種子を使い、ある程度大きくなったら収穫して食べれる栽培方法です。
P1050625.JPG
講座内ではポットへの土詰め・種まき等を行い、その後はご家庭に持ち帰ってもらって発芽から収穫までを楽しんでもらえればと思います。
P1050621.JPG
11:00から随時対応して行います。
料金は無料です。
100セット以上は準備していますが、材料が無くなり次第終了となりますのでご了承ください。
※申し訳ありませんが、雨天時は中止させて頂きます。
(木花フィールド)
Posted by 鎌田 at 17:24
フィールドセンター開放 バター作り体験 [2018年12月06日(Thu)]
12月8日(土)に住吉フィールドで開催するフィールドセンター開放に向けて、バター作り体験の準備も進めています。
例年、整理券がすぐになくなる人気のイベントです。
昨日、住吉フィールド産の生乳からクリームを抽出しました。
生乳1リットルからクリーム100グラムもできないので、今イベント定員の60人分を準備するのにたくさんの生乳(バケツ4個分で約80キログラム!)を使います。
P_20181205_103804_vHDR_On.jpg
クリームセパレーターで生乳からクリームを抽出し、しっかりと加熱殺菌して冷却、冷蔵庫で保管しました。
P_20181205_113031_vHDR_On.jpg
そして今日、冷えたクリームを殺菌したペットボトルに詰めていきます。
手作業で約100グラムずつ入れて準備完了。
あとは当日を待つだけです。
P_20181206_114324_vHDR_On.jpg
今回のフィールドセンター開放では、当日できあがったバターで、木花フィールド産のジャガイモを食べてもらう計画をしています。
楽しみにしてください。
(住吉フィールド)
Posted by 鎌田 at 21:35
フィールドセンター開放 延岡ブース [2018年12月06日(Thu)]
12月8日(土)に住吉フィールドで開催するフィールドセンター開放で、延岡フィールドでは海を身近に感じられる企画として、恒例の魚類水槽展示やタッチプール展示のほか、お部屋のインテリアに最適なジェルキャンドル作成体験も準備しています。
ジェルキャンドルとはガラス容器に作った小さな水槽を透明のロウ(ジェルワックス)で固めたものです。
もちろん生きた魚などは入れられませんが、サンゴや貝殻など海の生き物由来の品々で、あなただけの海をガラス容器の中に創りあげてください。
FB_IMG_1726.jpg
同じく海の生き物を加工して封じ込めた透明骨格標本も展示・販売いたします。
本来は見ることができない生きていた時の姿そのままの骨格を、鮮やかな色に染め上げた透明骨格標本は、インテリアとしてだけでなく教材としての価値も非常に高いものです。
この他恒例の金魚の販売や、金魚の水槽で地味に働くイシマキガイとミナミヌマエビの販売も行ないますので、延岡フィールドのブースにぜひお立ち寄りください。
なお生体のお買い求めは帰宅される直前にしていただくようお願いいたします。
(延岡フィールド)
Posted by 鎌田 at 19:12
フィールドセンター開放 田野ブース [2018年12月06日(Thu)]
ここ数日の雨と高い気温に影響されて、田野フィールドのシイタケ達も沢山、成長してくれました。
PC041341.JPG
今週、収穫したシイタケは乾燥シイタケになります。
美味しいダシがとれますよ〜。
PC041344.JPG
商品は真空パックなので日持ちがします。
お正月用など年末にお買い求めのお客様にご好評を頂いております。
PC051344(1).jpg
乾燥シイタケは
★100gのたっぷりサイズ ¥700
★50gの使いやすいサイズ ¥400
★訳ありB品の70g:¥400(カサが欠けたりしたものなどですが、品質に影響はありません。大変お買い得です!)

の3種類を販売しております。
PC041353(1).jpg
今週末の住吉開放でも販売致しますので、ぜひお越しください。

(田野フィールド)
Posted by 鎌田 at 18:58
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

宮崎大学農学部附属フィールド科学教育研究センターさんの画像
http://blog.canpan.info/mfsc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mfsc/index2_0.xml