CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年08月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
3度目の青海 [2017年08月16日(Wed)]
10日の深夜、ようやく西寧空港に到着した。
西寧は、西蔵(チベット)高原入口となる青海省の省都である。
P8120482.jpg
標高2,200m以上あるので、夜は10℃位になり涼しい。
街角もトイレも、昔と比べてどんどんきれいになっていた。

P8110206.jpg
地図上では小さな街だが、人口200万以上の大都市。
建築ラッシュは最近ようやく穏やかになってきたと言うが…。

11日は、青海省で育種したヤクの種畜場を訪問した。
P8110253.jpg

P8120458.jpg
56,000haで2万頭のヤクを管理している。
大阪府の3分の1の広さらしいが、よくイメージできない。

P8110272.jpg
防疫にもかなり真剣に取り組んでいる。
P8110314.jpg
ガラス張りの見学は、日本でもいいかもしれない。

P8110312.jpg
奥が貴重な野生ヤク。崑崙型と祁連型に分けられるそうだ。
手前はここで改良した家畜種の種雄ヤク。成績が良いらしい。

チベットでも問題となるエキノコックスはキツネで拡がる。
12日は、同行した麻布大学の先生の専門であるキツネの生態調査現場を訪問した。
P8120415.jpg
高速飛ばして3時間弱。標高3,200m程度だがすでに空気薄い。その他いろいろ、国際共同研究の難易度は推して知るべし。

IMGP3319.jpg
草原は無数のナキウサギのパラダイスだ。

P8120437.jpg
広大な高原とヤクとヒツジ。

時間もなく、12日の夜中まで盛大な歓送迎会をしてもらい、13日の早朝に空港へ。帰国便も途中で想定外のトラップが仕組まれており、危なく帰れなくなるところだった…。油断禁物。

23時頃、福岡到着。防疫のため、ほぼ新品の靴と服、その他物品を空港のゴミ箱に投げ捨てた。毎度の怪しい行動だが、こんな贅沢も、格安の中国製品と日本のスーパーのおかげだ。

P7160491.jpg
持ち帰る物品はすぐに消毒薬で厳重に洗う。牧場には1週間以上立ち入らないルールである。その他、様々なリスク回避を。

IMGP0876.jpg
今回は無理な日程に捻じ込んだ強行スケジュールだったが、いつか、チベット奥地にゆっくり行ってみたい。

こばやし
Posted by 鎌田 at 08:55
2度目の上海 [2017年08月15日(Tue)]
8〜9日は約60名の牧場実習T。
P8080138.jpg
9日の実習を丸投げして、中国を訪問しました。

かなり前から獣医学科寄生虫病研究室と共同でエキノコックスの調査・研究を行っている、青海大学畜牧獣医科学院の招待です。

福岡 13:55 → 14:55 上海 19:30 → 22:55 西寧(青海省)の予定でしたが…。
P8090005.jpg
中国東方航空の予定通りか…。
あるいは日頃の行いが反映されたか、大幅な遅延。

チェックインカウンターの係員曰く、「上海発着が全面的に遅延しているので、経験的には上海→西寧便に間に合うかも。荷物は預けない方がいいですよ、よく行方不明になります…。」

P8090013.jpg
20時過ぎ、大きな荷物を抱えて上海に降り立つも、西寧行きはすでになぜか欠航でした。

P8090014.jpg
ロビーは似たような境遇の人々であふれており、よくわからない列に夜中まで並び、明日の19:30発に乗れるだろうとの不確定情報を入手した。詳しくは明朝カウンターで聞けとのこと…。
P8100018.jpg
空港のベンチで寝るのは久しぶりだ。

P8100023.jpg
朝6時過ぎからまた並び、9時頃にようやく座席番号入りのチケットをゲットした。時に怒号が飛び交う結構な混乱ぶりだ。

さて、夕方の飛行機まで時間があるので上海の街へ。はるか昔、大阪発のフェリー鑑真号で貧乏旅行に来て以来2度目である。

P8100040.jpg
最高時速430kmのリニアモーターカーで街に向かう。

P8100030.jpg
鳥でも当たったのか、フロントガラスにヒビが…。
些細なことは気にしない大らかさが素晴らしい。

P8140003.jpg
25年前の上海はこんな感じだった。

そして今はこんな感じ。地上100階からの眺め。
P8100130.jpg

世界中、特にアジアの経済発展はすごい勢いだ。
過去の栄光と挫折に生きる日本は、どんどん追い越される。

しかし、なかなか目的地に到着できない。
過程を楽しむ強いメンタルが…欲しい。

つづく。
Posted by 鎌田 at 15:54
情報源 [2017年08月06日(Sun)]
禍々しい台風5号ノルーが接近中。
この接近により、暑さも和らぎましたが…。

土曜はいろいろ台風対策しました。
IMG_0510.jpg
空を見上げるジャージー牛。
あとから見て、無駄な対策であればいいです。

さて、最近、「住吉牧場はグローバルギャップの審査料が払えずに辞めたと聞いたのですが本当ですか?」とよく聞かれます。

ホントっぽいですが、先月継続審査したばかりなのでガセです。
もっともらしいまた聞き情報は信じない訓練が必要です。

ヒトの話は半分ぐらい、特にブログ情報なぞはハナシ10%ぐらいでちょうどいいかも…。

IMG_0513.jpg
下痢で治療される子牛を心配する母牛?

しかし、迷走するゆっくり台風は性質が悪いですな…。
ノルーとはノロジカのことらしいです。
命名者はセンスありますね。

こばやし
Posted by 鎌田 at 01:42
暑すぎです。 [2017年07月28日(Fri)]
むっちゃ暑いです。猛暑にひんだれる種雄豚。
buta.jpg
「あー、マジやる気しねー」


最近、諸事情により人手不足感が著しい。
一方、来場者は今週だけで数十組数百名か?

ダブル・トリプル・オーバーブッキング当たり前。
有能な牧場スタッフがいろいろフル稼働中です。

サイロ詰めは、刈る人、運ぶ人、詰める人の少数精鋭。
P7260533.jpg
このところ、毎日朝から晩まで大変だ。

IMG_0478.jpg
重要な講習会の講師は、優秀な教務補佐員に全てお任せ。

P7260522.jpg
ハンガリーから来た学生は、勤勉なアフガン留学生の指導で肥育牛全頭採血のOJT実習。ふたりぼっちでこなします。

P7260507.jpg
公開講座の講師は乳牛です。
手入れもできず汚れたままで非常に申し訳ない。



今朝は朝から難産で子牛が死んでしまいました。
早速、起立不能の母牛から初乳を搾るOJT実習の開始です。

そこへ、昨日深刻な声で「研究の相談がある」と電話してきた他研究室の留学生が登場。なぜか小学生の娘さんも連れてます。

「うちの子の夏休み自由研究を牧場でしたい」との相談でした。もう連れてきちゃってるし…。早速、起立不能牛の自由研究の開始です。

そこに、モバイルセンサーで心拍モニターを研究する工学部学生が登場。早速、心拍がヤバそうな起立不能牛のモニターをお勧めしました。



別件で移動中に、「牛が立ったけど、何か出てきました!」と緊急連絡がありました。
IMG_0487.jpg
反転した子宮に胎盤がぶら下がる、教科書的な子宮脱です。
久しぶりに見て懐かしいとか言っている場合ではありません。
早速、子宮脱整復OJT実習の開始です。

お父さん留学生は「珍しいのが見れてラッキー」と大喜びです。
娘さんは夏休み自由研究用の写真を撮りまくりです。
工学部学生も心拍上げながら整復手伝ってくれました。

それぞれはかどっているようでなによりです。
どうにか牛もとりあえず治りました。



午後は1本目のトウモロコシサイレージを仕上げました。
テスト期間中の学生も応援に来てくれました。
P7270559.jpg
ビニールを水面と勘違いしたトンボが懸命に産卵してます。
そのチャレンジ精神はすごいですが…。
暑くて訳わかんないのでしょう。

こばやし
Posted by 鎌田 at 01:35
梅雨始まる [2017年06月22日(Thu)]
夏至の前日にようやく梅雨らしい雨が降った。

雨期の始まりといえば…
P6210018.jpg

どこへ行ってもこの生き物がいるような。

大量発生する地域では、朝になると大量の羽が、
精霊流し翌朝の爆竹カス並みに落ちてたり。

場所によってはかなり巨大で、
ビールのつまみに美味しかったりする。

昨夜は住吉牧場でも大量に窓から飛びこんできて、
ひらひらせかせか飛んだり這ったり忙しそうだ。

人間社会と重ね合わせ、しばし現実逃避。

P6210016.jpg

羽は確かに親戚のゴキブリっぽいシロアリ。

ウシと同じく腸内に虫(微生物群)を飼って消化させるようだ。
ウサギのように糞食もするという。
反芻しないと思いますが、する虫っているのだろうか?

シロアリなしでは地球は大変なことになるという説もあります。近くに住まれても大変なことになるので、いずれにしろ大変な生き物ですね。

こばやし
Posted by 鎌田 at 01:05
夏休み公開講座 [2017年06月12日(Mon)]
フィールドセンターでは、技術職員がいろいろな公開講座を企画、開講しています。
その中でも「夏休み講座」として、小学生などを対象にした講座が只今受付中になっています。
http://www.miyazaki-u.ac.jp/crcweb/area_cooperation/guide/
まずは、木花フィールドで開講される「国産ポップコーン作り体験教室」。
以前、フィールドセンターのフェイスブックページでも紹介しましたが、8/20(日)開講分がまだ募集中です。
対象は小学生以下の子供とその保護者となっており、受講料は無料です!!
pop.png
次に住吉フィールドで行われる「牛とふれあう牧場体験」と「トラクタに乗って牧場体験してみよう」。
「牛とふれあう…」が7/26(水)と8/23(水)に。
「トラクタ…」が8/7(月)に開講されます。
こちらは小学生対象で、やはり受講料は無料!!となっております。
usi.png

トラクタ.png
例年、大変ご好評いただいておりますので、興味のある方は、ぜひお早めにお申し込みください。
(技術部)
Posted by 鎌田 at 18:47
Facebook記事のその後・・・ [2017年05月11日(Thu)]
5/11にFacebook https://www.facebook.com/MiyadaiFieldCenter に子豚とシジュウカラの雛たちの記事をUPしました。
5/9に乳牛を放牧場に誘導している際、鉄パイプの上で虫を咥えたシジュウカラがうろちょろしているのを見つけました。
20170509_115656.jpg
↑このパイプです。
中をのぞき込んでみると・・・
20170509_115442.jpg
20170509_115520.jpg
こんなところに巣作りして雛を育てているとは!!と野生の逞しさを痛感させられました。

とお伝えしたばかりでしたが・・・
たった二日でこの通り
20170511_110916.jpg
↑たぶんアオダイショウ

・・・本当、野生の逞しさを痛感させられました(黒木)


Posted by 鎌田 at 11:57
24時間戦えます!! [2017年04月23日(Sun)]
春らしい、清々しい天気が続いています。
DSC_0713.JPG
住吉フィールドでは、4月12日に播種したトウモロコシが出芽して、連日カラスと格闘中ですパンチ
出芽、といえば。
出芽と発芽の違いってご存知ですか?
まず、土の中で種子から芽が出ます=この状態が発芽です。
そしてその後、発芽した芽は地上に顔を出します=これが出芽です。
言われてみれば、確かにそうなんですが。
ついついゴッチャに使ってますよね。
DSC_0710.JPG
それはさておき。
このように、約20pごとに出た芽を、カラスたちは見事に穿って、地中の種子を食べていきます。
DSC_0706.JPG

最初は私たちが居ようと居まいとおかまい無しで種子を狙っていたんですが。
執拗にカラスを追い回すため、私たちが畑で追播作業などをしている間は近寄って来なくなりました。
が、夕方帰った後や早朝にやって来ては、あちこちつついていますちっ(怒った顔)
そこでこの週末、登場したのが彼です。
DSC_0707.JPG
見えますか?
DSC_0708.JPG
ベタなところで、案山子のY君です。
もちろん不眠不休で休むことなく、カラスの番をしてくれています。

日曜日の朝、そぉっと畑を見に行くと…
なんと、効果ありでした!1羽も来ていない!!

今年は、テグスに爆音器、ロケット花火に案山子のセットでどうにかカラスを乗り切れそうです♪
本田
Posted by 鎌田 at 20:30
保留中 [2017年04月11日(Tue)]
近頃、豚舎に行くことが多いです。
ブタはやはり興味深い。

P3310828.jpg
「なにすんの?」

P3310831.jpg
ゆるんだネジ(ナット)締めるだけですよ。

P3310841.jpg
「ネジだってよ…」

P3310839.jpg
「ネジ見せて…」

P3310832.jpg
「ネジーーッ!」


あたまのネジも締めてあげたい…。




先日は産業動物伝染病防疫学研究室でサンプル採取してました。
なぜか懐かしのメロディーも聞こえるような…。
IMG_0113.jpg

ばばんば ばんばんばん…

IMG_0097.jpg
「はぁー、ビバビバ…」

IMG_0098.jpg
「はーびばのんのん…」(平成生まれは知らないか)

重い関節炎の療養中で、お湯に浸かるの大好きとのこと。
湯の温度にはうるさいそうです。

でも治らないかな。
治らないとあの世いき(安楽殺?)なのですが…。

IMG_0100.jpg
「宿題やれよ…」

あまり気が進まない…。

IMG_0106.jpg
「また来週…」

どうしようかなと…。

こばやし
Posted by 鎌田 at 23:54
まさおが来たぞぉ!! [2017年04月06日(Thu)]
住吉フィールドに新たな草刈機が導入されました。
その名も「草刈機MASAO(Hey まさお)」です。
あの有名な(?)草刈機まさおの現行機となります。
DSC_0680.JPG
う〜ん!男前ですグッド(上向き矢印)
これからは初号機バロネス、弐号機まさおとして住吉フィールド内の整備に活躍してくれることでしょう♪
DSC_0683.JPG
本田

Posted by 鎌田 at 16:59
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

宮崎大学農学部附属フィールド科学教育研究センターさんの画像
http://blog.canpan.info/mfsc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mfsc/index2_0.xml