CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
トンガ [2018年07月22日(Sun)]
P7190371.jpg
トンガ人留学生修論研究の一部を行うため、トンガに来ている。
トンガ遠かった…。

P7180048.jpg
トンガの家畜防疫はAUS・NZと関係が深く、深刻な伝染病は無いと言われているが、近年の報告はほぼない。今回はブタの寄生虫を調べている。

P7190288.jpg
午前中は農家めぐりと採材。午後は糞便検査。

たまに現地職員に教えたり、ペット診療などを頼まれる。この国には獣医師がいないという(本当か?)。道路の信号機もない。だが、しかし…、悠々たる人々と空気と時間があるのだ。

P7180189.jpg
ブタ回虫卵と、何の線虫卵だろうか…。

現在冬のトンガは毎日涼しいぐらいで超快晴だ。豚糞・寄生虫・青空…、豚糞・寄生虫・青空…。繰り返し眺めて過ごす。

P7190219.jpg
クリアブルースカイだな。

トンガ人は男女とも巨大で強靭な体躯の人が多い。
P7180170.jpg

そして驚くほど食べる。タロ、ヤム、キャッサバ、コメ等主食の他、肉と海産物のトンガおかずがとてもおいしい。
P7180201.jpg
連日のご馳走がフードファイターのトレーニングみたいになっている。東南アジアで毎度壊滅するお腹も、トンガ食とは相性がいいようだ。

P7190383.jpg
ただただ、べらぼうな量にチャレンジしている。

トンガのココナツジュースは、ほぼポカリの味がする。
P7190226.jpg
実からミルクをとり、油をとり、繊維をとり、殻を燃料にする。

P7180134.jpg
そして家畜のえさとなり、保温性の高い敷料となる。


住吉牧場は人手も足りずに忙しい時期だろう。一方、トンガでは屈強かつ善良な若者がぶらぶらしている。

国内人口は約10万人。他に出稼ぎの海外在住トンガ人10万人が、オセアニア・欧米諸国で活躍しているという。日本にも来てくれんかね…。

日曜は家族や友人とゆっくり過ごすため、労働禁止令?により店は全て閉店。空港も閉鎖して飛行機も飛ばない。日本の働き方改革も、トンガ王国に学べば捗るのかもしれない…。
Posted by 鎌田 at 08:26
締め切り間近!! [2018年07月16日(Mon)]
夏休み(8月8日)に行われる、住吉フィールド(牧場)公開講座〜牛にさわって、トラクタに乗って、牧場を体験してみよう〜の申込み締め切りが明日(7月17日)までとなっております!
http://www.miyazaki-u.ac.jp/crcweb/news/9802/
公開講座.png
対象は小学生、参加費無料となっております。
ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひお早めにお申込みください。
応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
(本田)
Posted by 鎌田 at 13:59
梅雨明けです。 [2018年07月15日(Sun)]
九州南部もようやく梅雨が明けたようで、例年通りの尋常でない暑さとなっている。

ウシもブタも、ヒトと同様(ヒト以上かな)暑さに弱い。しかもエアコンのない部屋である。暑熱期の生産性低下をいかに抑えるか、なかなか難しい。

図1.jpg
梅雨の豪雨を利用して汚れを落とした子牛舎の屋根に、遮熱塗料を塗っている(奥の白い部分)。以前、肥育牛舎の遮熱塗装を工学部の先生に測定してもらったところ、屋根裏で30度位の温度差があった(もちろん塗った方が温度低くなります)。

12日は、畜産別科とハサヌディーン大、フィリピン大の学生を連れて、出荷ウシ枝肉の値決めを見に行った。

IMG_1336.jpg
枝肉の吊るされた冷蔵庫(冷凍庫?)の中は、しばらく見てると寒いくらいの温度である。ウシは生きてるうちは真夏の暑さに苦しみ、死んでようやく涼しい場所に吊るされている。生きてる時にも、真夏に涼しく暮らせる環境を作ってあげたい…。


14日は、獣医学科80周年記念で多くの先輩後輩同級生が集まった。それぞれどこかで頑張っているようだ。昔の言動からは想像もつかない、社会規範に則したような内容の話をしている。時が人を変えるのか、あるいは変わったふりなだけなのか…。


今日は福岡に来た。今朝は山笠の追い山だったそうだが、夕方の櫛田神社周辺はゴミ一つなく静かな空間である。

P7150004.jpg
何やらパワーと秩序ある都会の福岡はすごいと思う。
Posted by 鎌田 at 22:10
まだ梅雨です。 [2018年07月08日(Sun)]
明けそうで明けない梅雨空のまま7月となり、住吉牧場では7/3にGLOBALG.A.P.審査が無事終了し、ロシアではワールドカップ日本代表が敗退した。

一番古いW杯の記憶は1994年のナイジェリアvs.イタリアである。居候していたムテンデーレの長屋のTVで、終了間際にバッジオが同点ゴールを決めたとき、「あぁ、ナイジェリアの負けだ…」と同居人がつぶやいた…。

さて、いろいろあった6月も終わり7月第一週。7/2からマカッサルのハサヌディーン大学動物科学部実習(8月まで2名)がスタートした。7/5〜6は宮崎西高附属中の職場体験実習。他に住吉小学校6年生の職場インタビューが2回。7/6は熊本県GAP推進協議会の研修も。

P7061485.jpg
くまもんが…。バスが、いや、描いた画家がすごい。CG?

P7051463.jpg
土砂降りの中、子牛舎屋根塗装の準備をしている。

P7041458.jpg
梅雨の晴間に技術職員と学生はサイロ掃除をしていた。

P7071497.jpg
大雨のなか、繁殖和牛は放牧地へと走っていく。

P7071500.jpg
土砂降りだと乳牛は嫌がって出ていかない。

IMG_1310.jpg
J9(ジャージー)が子牛を産んだが♂だった…。

P7061481.jpg
ブタは元気に走り回っている。

P6281444.jpg
このハチは、異常気象の影響か、今年はかなりの高層建築だ。

第二週は、7/9に農業大学校のGAP研修があり、フィリピン大学ロスバニョス校獣医学部の日本人学生の実習が始まる予定(13日まで)。7/10には乳業メーカーのGAP研修。その後もその他いろいろと。

いろいろしすぎてどれもできていないような気もするが、何もしないよりはちょっとましかもしれない平穏な日々がありがたい。

各地では、梅雨の豪雨で異例の大災害となっている。例年の異常気象の中でも特に激しいようで、今年も全く油断ならない。

地球には、早いこと異常でない昔の気象を取り戻してほしいものだが、果たしてそんな時代があったのか、どうなのだろうか…。
Posted by 鎌田 at 21:16
梅雨です。 [2018年06月07日(Thu)]
梅雨入ってます。
6月なのに5月病か。
P6051353.jpg

IMG_1272.jpg
先の放牧豚は出荷され、次のグループが放牧された。
最初の群は意外と肉質も成長もとてもよかった。
やってみないとわからないことばかりだ。

P6021346.jpg
入口にゆりが一輪咲いていた。

近頃もいろいろ続いている。

5/15〜17の牧場実習Uに続き、
5/19 九州獣医師HACCP研究会 GAP研修
5/22 宮崎銀行畜産現場研修と宮崎NOSAI新任獣医師研修
5/26 再び大学入門セミナー
5/28、5/30、5/31、6/1は宮崎県農業大学校養豚実習
6/2〜3は動物環境管理学実験(24時間行動観察実習)
本日6/7は宮崎県畜産GAP指導者育成研修

5/24は都井岬で会議があった。
IMG_1259.jpg

都井岬では、いつものいい感じの時間が流れていたが…
あたふたと向かって、別用のためせかせか戻ってきた。
こちらはあまりよろしくない時間の過ごし方だ。

そろそろまたバランスをとってやろうと画策中である。
Posted by 鎌田 at 21:55
追肥の効果!! [2018年06月06日(Wed)]
住吉フィールドでは、5月に畜産草地科学科の3年生を対象とした牧場実習Uが行われました。
その実習の1つとして、サイレージ用トウモロコシへの尿素の追肥作業を行いました。
住吉フィールドの畑は、とても広く…
1枚の畑が約6.7haほどありますexclamation
6.7haというと、東京ドーム約1.4個分の広さになります。
その広い広い畑にみんなで1列に並んで、尿素を手播きしてもらいましたたらーっ(汗)
2.jpg

1.jpg
大変な実習でしたが、おかげで今トウモロコシがグングン成長しています。
3.jpg
7月末の刈り取りに向けて、このまま順調に生育してほしいですね。
4.jpg
3年生の皆さん、お疲れ様でした。
本田
Posted by 鎌田 at 19:23
最近の [2018年05月14日(Mon)]
IMG_1179.jpg
比較的平和な4月であった。

IMG_1190.jpg
5月1日に子ブタが生まれ、その後すくすくと。

P5061274.jpg
GWはやりたかったことができた。ゲートの修理。

P5061290.jpg
枝打ち。

P5061294.jpg
有刺鉄線張り。いやー、はかどるはかどる。

P5061278.jpg
放牧豚の体重測定。順調に成長してそろそろ出荷準備だ。

IMG_1141.jpg
5月4日は動物環境管理学のS先生と門川の枇榔島へ。

IMG_1139.jpg
カンムリウミスズメの調査。世界最大の繁殖地である。
森にハヤブサ、ウチヤマセンニュウ?、カラスバト。

P5111318.jpg
5/8〜11までGAP関連で再び別海、ついでに中標津も。
道路からタンチョウ、オジロワシ、エゾシカ、キタキツネ。
そして、現地で頑張る若手の宮大卒業生達と再会した。

IMG_1198.jpg
帰った牧場では、誰かがカラス除けワシ凧を設置していた。
飛翔が本物みたいでいい感じだ。見てるだけで楽しい。

IMG_1172.jpg
5/12は大学入門セミナー。
食味調査までする豚の実習である。

IMG_1209.jpg
子牛の下痢も増えてきた気配…。

しかし毎日・毎週、すぐ終わりますねぇ。
いい季節なので、もっとゆっくり終わってほしい…。
Posted by 鎌田 at 01:05
いい天気 [2018年05月04日(Fri)]
宮崎は、とても清々しい天気のゴールデンウィークになっていますね。
4月、5月は牛たちにとっても、とても過ごしやすそうです。
和牛も
wagyu.jpg
乳牛も
nyugyu.jpg
青々とした放牧地で、「バリッバリッ」と音をたてながら食べています。

そんな、清々しい毎日ですが。
牛舎の横にある排水マスのフタが、ずれそうで危ない!ということで見に行ってみると。
1.JPG
確かに、マスの上にフタが乗っかってるだけで、いつずれてもおかしくないですね。
早速、圃場部メンバーで修繕しましょう。
まずは防錆塗装したL鋼をアンカーボルトで固定してやります。
2.JPG
これで蓋が動く心配がなくなりますね。
このままでもいいんですが。一応、
3.JPG
枠をしてコンクリで固めておきます。
4.JPG
良い感じじゃないでしょうか。
これなら、牛が乗っても大丈夫。

乳牛たちが放牧地から帰ってきました。
nyugyu2.jpg
お腹いっぱい食べたようですね。
本田
Posted by 鎌田 at 16:39
ブタの放牧 [2018年04月01日(Sun)]
構想3年、製作1年半…。
ついにこの日がやってきた。

手狭な部屋から広大な放牧地へ飛び出し、元気に駆け回る姿を想像していたのですが…。

P3301173.jpg
まさかのビビッて出ようとしない豚さん。

P3301211.jpg
ようやく大地に降ろしても、まさかの固まって動かない豚さん。

P3301209.jpg
その場で土を掘り起こしてふがふがもぐもぐするばかりである。

P3301207.jpg
「土はいいけど今日は暑いなぁ。あー、のど渇いた…。」

もちょっと歩けば日陰とか水飲み場とかありますけど…。

自由と不自由は紙一重なのでしょうか…。
あるいは囲われた自由などお断りだなどと…。

IMG_1058.jpg
夕方ようやく散歩できるようになりました。
彼も豚なり、我も豚なり…。

4月からいろいろ変わることも多いですが、心機一転、できたらいいですね。
Posted by 鎌田 at 22:35
さよなら3月 [2018年03月25日(Sun)]
旅立ちの季節です。

今週は、19〜23日まで
大阪府立大学と京都大学(計4名)の実習があり、
19日は岐阜農林高校から研修もあり、
20日は畜産別科の卒業研究発表会もあり、
22日はセンターの地域協議会、プラス、
鹿児島大学の先生と学生による実験兼実習もあり、
23日は卒業式もあり、その他いろいろあり…

送別会があり、
そして、いつもの学生メンバーは見かけなくなりました。


IMG_0982.jpg
場内の大規模工事も最終段階です。

IMG_1019.jpg
突貫工事で夜桜きれい。

IMG_0993.jpg
一夜城のように舗装が完成した。


昨年のナサリーに続き、今年はオルヤがアフガンに帰国します。
P6180374.JPG
スリムな頃の24時間行動観察調査。

雄弁かつ社交的で優しい巨漢。
将来、立派な地域のリーダーになることでしょう。

ものすごく遠い世界に帰ってしまいますが、
お互い何とか、また会える日が来たらいいなと思います。
Posted by 鎌田 at 01:10
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

宮崎大学農学部附属フィールド科学教育研究センターさんの画像
http://blog.canpan.info/mfsc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mfsc/index2_0.xml