CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
宮崎県は広い。 [2018年10月15日(Mon)]
急に寒くなってきましたね。
PA101785.jpg
皆さん風邪などひかずにお元気でしょうか。

PA111788.jpg
牧場では、台風24号の後片付けがてんこ盛りでした。

PA111793.jpg
そのまま秋の実習・研修シリーズが始まっています。

10/3 獣医学科参加型臨床実習(1班)。
   九州地区NOSAI新任獣医師研修会。
10/4〜5 超音波肉質診断講習会。
10/9〜11 畜産草地科学科の牧場実習U。
10/10 獣医学科参加型臨床実習(2班)。
その他、夏休み実習の補講実習とか…。
そして数多の試験研究…。そして場内工事関係…。

PA151920.jpg
9日に1頭、12日に2頭のブタが分娩しました。
久々のベビーラッシュです。


10/5〜7は、さくらサイエンスで来ていたミャンマーIT系大学グループ(21名)の引率代理?で高千穂に同行し、日本文化体験として農家さんに民泊しました。

同宿はミャンマー国会議員教育委員長さんと、世界数学オリンピックミャンマー代表の学生3名。将来的に何かあったら何かの便宜を図ってもらえそうな強力メンバーだが、その何かは思いつかない…。宿のご夫妻もとても気さくで、大変いい時間を過ごさせて頂きました。

その場所は、こんな感じのところ…。
PA061637.jpg
退廃的な中年ですら感動を覚える美しい景色。
朝は野鳥と鹿の鳴き声で目覚める風の谷です。

PA071739.jpg
ナウシカも飛んでそうだ…。

PA061731.jpg
神社も巡り、夜神楽も見た。高千穂すごいところでした。


10/13〜14は、毎週末の台風で2度延期した、都井岬の馬追い。
PA131874.jpg
待ってましたよ。

PA131845.jpg
逃げまくるウマ。

PA131850.jpg
追いかけまくるヒト。

PA131871.jpg
7割捕まり、3割逃げのびた。駆虫と採血後に放流。
相変わらず、都井岬も安定のすばらしさでした。


高千穂でみた牧水の歌碑。
PA061700.jpg
ふむふむ…。

宮大農学部前身である宮崎高等農林学校校歌も若山牧水の作詞だそうで「わりに楽にできたり…」というその歌詞は「明日の日を待つ明日の為、今日の学びの日を祝へ」で終わっています。

まあ、そういうことなんでしょうね…。
Posted by 鎌田 at 23:37
9月も終わり [2018年10月01日(Mon)]
連日の実習も28日(金)の畜産草地科学基礎実習(約60名)でようやく一段落。

夏休み実習シリーズもようやく終了だ。
あっという間に年末だ。

今回の台風24号ちゃーみーさんは、結構強力だった。
宮崎でのがっつり台風は何年ぶりだろうか。

台風が抜けた9/30午後の牧場。
P9301594.jpg
正門付近。お約束でユーカリの大枝が折れてて危ない。

P9301605.jpg
繁殖和牛の放牧地。クスの大枝が折れてて危ない。

P9301603.jpg
風向きが悪く、いつも以上に肥育舎通路も水浸し。

P9301612.jpg
沼となった放牧地。
何か釣れそうだ…。

P9301616.jpg
台風通過後の空は怪しくきれいだけれど。

かなりの暴風雨だった。
次の台風も来ているようだ。10月なのに。

夕方には天気もすっかり回復し、イオン辺りの街中では人々がいつもの週末同様にうろうろしていた。台風よ、せめて平日に来てくれよ…と思う人も多いのではなかろうか。
Posted by 鎌田 at 00:41
9月も半ばとなりつつ [2018年09月11日(Tue)]
秋空の下、実習が続いている。

宮大のみならず、東海、南九州、九州保健福祉、中村学園、高知県立、東京農工等の各大学から実習に来ていた。海外大学教員の訪問やJICA研修もあった。その他農学部・工学部の先生方による多数の試験・実験も進行中だ。

今週は北大から2名が来ており、そして獣医学科の畜産学実習が始まっているが、実習だから特にどうということもなく、例年通りの9月となっている。

最近、同窓会の原稿を依頼された関係で、牧場の昔の記録を読み散らかしている。

特に、戦前・戦中の記録は読みごたえがあり、当時の関係者が過ごしていた時間を読めるような文章がいくつも残っている。

P9071555.jpg
南米開拓移民養成学校(第三拓殖)と寮はこの辺にあった。

IMG_1481.jpg
トロッコ列車の終点はこの辺か?

IMG_1479.jpg
グラマンに機銃掃射された草地はこのあたりだろうか?

場所は同じでも全く違った世界である。

平成生まれが歳をとる頃には、いろんなことが想像もつかないように違っているだろう。

「平成の昔は自動翻訳がしょぼかったので自分で外国語勉強していました」「昔は自動運転がしょぼかったので自分で運転していました」「昔は人工知能がしょぼかったので人間の先生に教えてもらっていました」「昔は肉培養がしょぼかったので、がち動物の肉を食べていました」とか…。

「まじありえなーい!」みたいなことを叫ぶ未来の若者が見えるような、昔の牧場の記録を読むのが楽しい9月である。記録を残してくれた先人の智慧に感謝したいと思う。
Posted by 鎌田 at 21:59
副賞は鹿大の芋焼酎♪ [2018年09月03日(Mon)]
住吉フィールドでは、夏休みを利用した学生実習が連日行われています。
そんな中で、行ってきました。鹿児島。
DSC_1910.JPG
全国大学附属農場協議会九州地域協議会というのが鹿児島大学であって、出席してきました。
そのなかの一部に技術職員の教育・研究発表会というのがありまして。
九州・沖縄の大学の農学部附属農場や牧場などの技術職員が私を含め、10名発表を行いました。
それぞれのフィールドを活かした研究や地域貢献などの取り組みについて発表するんですが、どの発表もたいへんおもしろそうで。
自分の発表さえなければ、もっとゆっくり聞けたのに…
私の発表は、というと。
happyou.jpg
超緊張してしまい、正直ダメだな〜と思っていたんですが。
な、な、なんと!
最優秀発表賞に選んでいただきました!
授賞式は自分に関係ないものと、最初から飲み過ぎてしまって…
受賞者のスピーチは軽くグダグダになってしまいました(笑)
jushou.jpg
こういう賞をいただけると、今後の励みになりますねグッド(上向き矢印)
本田
Posted by 鎌田 at 17:38
8月も後半 [2018年08月21日(Tue)]
ちょっとは涼しくなってきたような…。

IMG_1440.jpg
それでも乳牛にはまだまだ暑すぎるようで、皆さん顔色が悪い。
送風機の真下でじっと耐えている乳牛の悲哀である。

IMG_1418.jpg
お盆前にはウシより学生の方が多いような牧場実習T。

IMG_1462.jpg
先週は珍しく陰睾手術をしました。

IMG_1460 (2).jpg
お腹を開けると背中の方にこんなものが…。
見つけて嬉しい潜在精巣。

今日は育種・栄養・微生物・草地生態・飼料作物・臨床繁殖と、各研究室の多彩な試験・実験・採材等が行われていた。

IMG_1472.jpg
そして家畜保健所関係の防疫演習も。
暑さの中、お疲れ様でした。



さて、ちょっと前ですがトンガの帰りにボルネオで開催された国際学会(AAAP)に参加してきました。構想30年、画策2年。ついに訪れたボルネオといえばジャングルのイメージでしたが…。

今ではこんなイメージです。
P8021275.jpg
手つかずの天然ジャングルはもうほとんどないって…。

街の魚屋さんでみた魚。
P8011225.jpg
よくわからない天然の魚は、まだいるようですね。

人間は、より快適な暮らしを目指すことで、石油やジャングルを浪費しながら、もうほとんど誰も何もできない状況でしょうか。しょうがないよとつぶやきながら…。
Posted by 鎌田 at 00:29
トンガ [2018年07月22日(Sun)]
P7190371.jpg
トンガ人留学生修論研究の一部を行うため、トンガに来ている。
トンガ遠かった…。

P7180048.jpg
トンガの家畜防疫はAUS・NZと関係が深く、深刻な伝染病は無いと言われているが、近年の報告はほぼない。今回はブタの寄生虫を調べている。

P7190288.jpg
午前中は農家めぐりと採材。午後は糞便検査。

たまに現地職員に教えたり、ペット診療などを頼まれる。この国には獣医師がいないという(本当か?)。道路の信号機もない。だが、しかし…、悠々たる人々と空気と時間があるのだ。

P7180189.jpg
ブタ回虫卵と、何の線虫卵だろうか…。

現在冬のトンガは毎日涼しいぐらいで超快晴だ。豚糞・寄生虫・青空…、豚糞・寄生虫・青空…。繰り返し眺めて過ごす。

P7190219.jpg
クリアブルースカイだな。

トンガ人は男女とも巨大で強靭な体躯の人が多い。
P7180170.jpg

そして驚くほど食べる。タロ、ヤム、キャッサバ、コメ等主食の他、肉と海産物のトンガおかずがとてもおいしい。
P7180201.jpg
連日のご馳走がフードファイターのトレーニングみたいになっている。東南アジアで毎度壊滅するお腹も、トンガ食とは相性がいいようだ。

P7190383.jpg
ただただ、べらぼうな量にチャレンジしている。

トンガのココナツジュースは、ほぼポカリの味がする。
P7190226.jpg
実からミルクをとり、油をとり、繊維をとり、殻を燃料にする。

P7180134.jpg
そして家畜のえさとなり、保温性の高い敷料となる。


住吉牧場は人手も足りずに忙しい時期だろう。一方、トンガでは屈強かつ善良な若者がぶらぶらしている。

国内人口は約10万人。他に出稼ぎの海外在住トンガ人10万人が、オセアニア・欧米諸国で活躍しているという。日本にも来てくれんかね…。

日曜は家族や友人とゆっくり過ごすため、労働禁止令?により店は全て閉店。空港も閉鎖して飛行機も飛ばない。日本の働き方改革も、トンガ王国に学べば捗るのかもしれない…。
Posted by 鎌田 at 08:26
締め切り間近!! [2018年07月16日(Mon)]
夏休み(8月8日)に行われる、住吉フィールド(牧場)公開講座〜牛にさわって、トラクタに乗って、牧場を体験してみよう〜の申込み締め切りが明日(7月17日)までとなっております!
http://www.miyazaki-u.ac.jp/crcweb/news/9802/
公開講座.png
対象は小学生、参加費無料となっております。
ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひお早めにお申込みください。
応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
(本田)
Posted by 鎌田 at 13:59
梅雨明けです。 [2018年07月15日(Sun)]
九州南部もようやく梅雨が明けたようで、例年通りの尋常でない暑さとなっている。

ウシもブタも、ヒトと同様(ヒト以上かな)暑さに弱い。しかもエアコンのない部屋である。暑熱期の生産性低下をいかに抑えるか、なかなか難しい。

図1.jpg
梅雨の豪雨を利用して汚れを落とした子牛舎の屋根に、遮熱塗料を塗っている(奥の白い部分)。以前、肥育牛舎の遮熱塗装を工学部の先生に測定してもらったところ、屋根裏で30度位の温度差があった(もちろん塗った方が温度低くなります)。

12日は、畜産別科とハサヌディーン大、フィリピン大の学生を連れて、出荷ウシ枝肉の値決めを見に行った。

IMG_1336.jpg
枝肉の吊るされた冷蔵庫(冷凍庫?)の中は、しばらく見てると寒いくらいの温度である。ウシは生きてるうちは真夏の暑さに苦しみ、死んでようやく涼しい場所に吊るされている。生きてる時にも、真夏に涼しく暮らせる環境を作ってあげたい…。


14日は、獣医学科80周年記念で多くの先輩後輩同級生が集まった。それぞれどこかで頑張っているようだ。昔の言動からは想像もつかない、社会規範に則したような内容の話をしている。時が人を変えるのか、あるいは変わったふりなだけなのか…。


今日は福岡に来た。今朝は山笠の追い山だったそうだが、夕方の櫛田神社周辺はゴミ一つなく静かな空間である。

P7150004.jpg
何やらパワーと秩序ある都会の福岡はすごいと思う。
Posted by 鎌田 at 22:10
まだ梅雨です。 [2018年07月08日(Sun)]
明けそうで明けない梅雨空のまま7月となり、住吉牧場では7/3にGLOBALG.A.P.審査が無事終了し、ロシアではワールドカップ日本代表が敗退した。

一番古いW杯の記憶は1994年のナイジェリアvs.イタリアである。居候していたムテンデーレの長屋のTVで、終了間際にバッジオが同点ゴールを決めたとき、「あぁ、ナイジェリアの負けだ…」と同居人がつぶやいた…。

さて、いろいろあった6月も終わり7月第一週。7/2からマカッサルのハサヌディーン大学動物科学部実習(8月まで2名)がスタートした。7/5〜6は宮崎西高附属中の職場体験実習。他に住吉小学校6年生の職場インタビューが2回。7/6は熊本県GAP推進協議会の研修も。

P7061485.jpg
くまもんが…。バスが、いや、描いた画家がすごい。CG?

P7051463.jpg
土砂降りの中、子牛舎屋根塗装の準備をしている。

P7041458.jpg
梅雨の晴間に技術職員と学生はサイロ掃除をしていた。

P7071497.jpg
大雨のなか、繁殖和牛は放牧地へと走っていく。

P7071500.jpg
土砂降りだと乳牛は嫌がって出ていかない。

IMG_1310.jpg
J9(ジャージー)が子牛を産んだが♂だった…。

P7061481.jpg
ブタは元気に走り回っている。

P6281444.jpg
このハチは、異常気象の影響か、今年はかなりの高層建築だ。

第二週は、7/9に農業大学校のGAP研修があり、フィリピン大学ロスバニョス校獣医学部の日本人学生の実習が始まる予定(13日まで)。7/10には乳業メーカーのGAP研修。その後もその他いろいろと。

いろいろしすぎてどれもできていないような気もするが、何もしないよりはちょっとましかもしれない平穏な日々がありがたい。

各地では、梅雨の豪雨で異例の大災害となっている。例年の異常気象の中でも特に激しいようで、今年も全く油断ならない。

地球には、早いこと異常でない昔の気象を取り戻してほしいものだが、果たしてそんな時代があったのか、どうなのだろうか…。
Posted by 鎌田 at 21:16
梅雨です。 [2018年06月07日(Thu)]
梅雨入ってます。
6月なのに5月病か。
P6051353.jpg

IMG_1272.jpg
先の放牧豚は出荷され、次のグループが放牧された。
最初の群は意外と肉質も成長もとてもよかった。
やってみないとわからないことばかりだ。

P6021346.jpg
入口にゆりが一輪咲いていた。

近頃もいろいろ続いている。

5/15〜17の牧場実習Uに続き、
5/19 九州獣医師HACCP研究会 GAP研修
5/22 宮崎銀行畜産現場研修と宮崎NOSAI新任獣医師研修
5/26 再び大学入門セミナー
5/28、5/30、5/31、6/1は宮崎県農業大学校養豚実習
6/2〜3は動物環境管理学実験(24時間行動観察実習)
本日6/7は宮崎県畜産GAP指導者育成研修

5/24は都井岬で会議があった。
IMG_1259.jpg

都井岬では、いつものいい感じの時間が流れていたが…
あたふたと向かって、別用のためせかせか戻ってきた。
こちらはあまりよろしくない時間の過ごし方だ。

そろそろまたバランスをとってやろうと画策中である。
Posted by 鎌田 at 21:55
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

宮崎大学農学部附属フィールド科学教育研究センターさんの画像
http://blog.canpan.info/mfsc/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mfsc/index2_0.xml