CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
 北海道十勝管内芽室町にある社会福祉協議会のブログです。
 社会福祉協議会は略称を「社協」といい、地域福祉を推進する民間の団体・組織として、地域の特性を踏まえた独自の事業を展開しています。
 めむろ社協は、第4期地域福祉実践計画のもと、芽室町の第3期芽室町地域福祉計画との連携を図りながら、誰もが安心して地域で暮らすことのできる「福祉のまちづくり」を進めています。

« ひなまつりです | Main | 歩行車 ショッピングターン »

<< 2016年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
カテゴリアーカイブ
最新記事
こわいなぁこわいなぁ[2016年03月07日(Mon)]
おはようございますexclamation
地域福祉係Fですわーい(嬉しい顔)
いつもブログをご覧いただきありがとうございますぴかぴか(新しい)

昨日の夕方以降、道路がツルツルでしたがく〜(落胆した顔)

01476.jpg

「右折しようかな…あれ…まったく曲がらない(操作不能)…そして止まらないもうやだ〜(悲しい顔)

なんてことがありました。(何とか無事)

今年の冬は結構怖い思いをしていますたらーっ(汗)(こわいなぁこわいなぁ)

いたるところで救急車のサイレンが聞こえていました病院

皆さんは大丈夫でしたかexclamation&question

こんな日はなるべく外に出ないことですね(反省)

さて、話は変わりますが…

最近耳にする「地域包括ケア」
医療・介護・福祉などの垣根をこえて、地域で住民の生活を支える仕組みです。(ざっくりな説明です。)

地域福祉にかかわる自身としては、より真剣に考えなければなりません。

そんなことで少し勉強…

study_night_boy.png

岩手県沢内村(現・西和賀町)ですが、地域包括ケアの先駆として有名な地域です。
戦後長く医師もいない、豪雪、貧困に苦しむ地域でした。

その地域を村長、村民の方の努力により優秀な医師の確保、最新式ブルドーザーによる除雪、医療費無料化、乳児死亡率ゼロと「自分たちで生命を守った村」として語り継がれています。

強い信念と熱意、あきらめない気持ち、行動力、対話の重要性を学びました。

一流が一流を育てるという言葉を聞いたことがありますが、本などで日々人格を磨いていけたらなと思いました。(もちろん多くの人に会う事も大切にします)

ではでは手(パー)

今日もいい一日をぴかぴか(新しい)

どうか安全運転で車(セダン)







Posted by 芽室町社会福祉協議会 at 08:50 | この記事のURL | コメント(0)

この記事のURL

http://blog.canpan.info/memuro-syakyo/archive/1199

コメントする
コメント
プロフィール

芽室町社会福祉協議会さんの画像
リンク集
http://blog.canpan.info/memuro-syakyo/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/memuro-syakyo/index2_0.xml