CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2011年10月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
記事カテゴリー
プロフィール

みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)さんの画像
リンク集
QRコード
楽天イーグルス エコ活動 今期最終戦 [2011年10月19日(Wed)]
本日、楽天イーグルス今期最終戦へ参加してきました!


今日もエコステーションは
ボランティアさんの協力で
運営されています。

エコステーションで
ゴミの分別をすることで
リサイクルできるものを
選別しています。

今シーズンは震災の影響で
自宅や地域の復旧のため
通常通りのボランティア活動が
できにくかったと思います。

今シーズン本当にお疲れさまでした!




チアリーダーさんたちも
ゴミの分別を促す横断幕を持って
ゴミのリサイクルを呼び掛けています。


日本製紙クリネックススタジアムに
いらっしゃる方すべてに
クリーンなスポーツ観戦を目指して、
来シーズンもご協力、
よろしくお願いします!
Posted by MELON at 15:46
里山応援団 講座の企画&森林の放射線量?? [2011年10月18日(Tue)]
17日(月)18:00より行ったみやぎ里山応援団の例会。
出席者が少ないことが懸念されましたが、今回も新しい方が2名加わり、活発に意見が飛び交いました。

この秋に開催する秋の森や木材の体験講座が3つ。
■10/29(土)は伝統の技・白炭づくり体験会を川崎町のスキー場そばの炭焼き小屋で行います。まだ参加者が少ないので、参加者大募集中です!

■11/5(土)は親子森林体験講座in川崎町。
こちらは定員に達しました。

■11/13(日)は秋保で薪作りとおいしい活用体験会です。
こちらもまだまだ参加者募集中!
そしてなんと!雨水桶作りでは、みんなで作ったウイスキー樽の雨水桶を参加者の中から抽選でプレゼントしてくれるそうです!!
私も欲しい…

そんな講座を通して森林や樹に関心を持ってもらい、活用を進めていくことを目的に開催します。


また、今回の例会で一番議論になったのが、森林における放射線の影響。
MELONも様々な森林活動団体も、森林をフィールドとして活動しています。
農水省発表の資料などを用いて勉強しあっていますが、さらに解を深めるために、公開勉強会を開こうと企画を始めることにしました。
仙台、宮城では市民団体も企業も森林保全に取り組んでいます。
きっとこれからもつきあっていくことになる放射線。
なるべく正しい知識を得て活動していくことが必要ですよね。


(事務局ヒロシゲ)

Posted by MELON at 13:55
本日エコ芋煮会開催しました! [2011年10月16日(Sun)]
MELONと環境サークルRNECS主催のエコ芋煮会が仙台市青葉区の牛越橋で開催しました。
昨夜からの雨が心配でしたが、気温が25度を超える芋煮会を行うには絶好のお天気になりました。

「エコ芋煮会」は参加者全員がマイ箸、マイカップ、マイおわん持参し、宮城県産の食材のみにこだわり、ゴミを減らして、出たゴミはリサイクルします。

参加者の方々を調理班とごみ拾い班の2班に分けて、それぞれ作業してもらいました。
12時頃には、蔵王産の里芋や仙台麩など具沢山の芋煮が完成し、みんなで宮城の
秋の風物詩を堪能することができました。
もちろん、味もおいしくいただきました。

これからも、宮城の至る所で芋煮会が行われると思いますが、ゴミを減らして、出たゴミ
は所定の場所へ分別し処理することなど、個々がマナーを守って楽しんで欲しいと
切に思います。

(事務局 三浦)



補足で

薪は売っているものではなく、宮城の森の間伐や街路樹などの木を薪ストーブ用の薪として加工している「フォレストサイクル元樹」さんからいただいた薪を使用しました。

サツマイモのご提供や、みかんの差し入れなど、参加者のみなさんからもいろいろいただきました。

ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました!カエル

里芋の皮など生ごみも調理の中で出ましたが、すべて手動式生ごみ処理機で処理。
お酒も一ノ蔵の地酒を用意し、マイコップでいただきました。
残ってしまった汁までおいしくいただくために、うどんも入れましたが、これも宮城県のうどんです。
最後までおいしくいただきました。

ゴミ拾いで拾ったゴミの量は全部で16.7kgもありました!
扇風機や座椅子の金枠が重いためでしたが、台風によって水位が上がったためか、去年よりも多くのごみが落ちていた印象です。

牛越橋の対岸は芋煮客であふれかえっていましたが、
ぜひみなさんも芋煮会にエコを取り入れてみてくださいね。

(事務局 廣重)
Posted by MELON at 16:35
MELONcafeプチ講座 ブローチ作り [2011年10月15日(Sat)]
本日はちょっとエコなことを学ぶMELONcafeプチ講座で
「古着でリメイク★ お花のブローチ作り」を
行いました。

参加した方が
いろいろな生地やボタンを持ってきて
2種類の大きさのブローチが出来上がりました。

いらなくなった洋服や生地で
世界でたった一つのブローチが作れるのって
いいですよね!

また、ゴミの削減にもなりますね!

参加された方々は
できあがったブローチに満足して
帰っていただきました。

次回は11月19日(土)に
「保温調理で かぼちゃのプリンづくり」を行います!

興味がある方は
MELON事務局までお問合せください!
022−276−5118
Posted by MELON at 15:43
エコな料理教室 クリスマス料理編 準備中 [2011年10月14日(Fri)]
4R推進部会では今年、クッキングチームを作り、エコな料理教室を出前講座や自主講座で行います。

第一弾が11がつ9日(水)に小松島小学校で行う出前講座。
その打ち合わせを昨日行いました。

出来上がりのイメージはこんな感じキラキラ


メニューは
 ★味噌だれ
 ★トリプルパワーライス( ピラフ風)
 ★ゆで卵とブロッコリーの味噌グラタン
 ★カレースープ
 ★スティックサラダ
 ★ベラヴェッカ( フルーツケーキ)
です。

チームのメンバーは現在5名。
どんな手順で作るか、役割分担など詳しいところを話し合いました。
メインの講師を担当する方が、メニューをすべて作って持ってきてくださり、分量や味付けなどを確認しながら進めていきました。

料理教室って、こんなに綿密な下準備が必要なんですね!
事務局の私から見ると、本当にこんなに力を注いでいただけることに感謝感激です。

自主講座としては11月12日(土)にガス局キッチンパレットで「親子でエコ・クッキング」を行いますので、興味のある方はぜひご参加くださいびっくり

http://www.melon.or.jp/melon/contents/Section/trash/11/1112.html

料理のエコなポイントは本当にたくさんあります。
私も改めて気づかされることばかり。
一度体験してみてくださいませ〜。

(事務局 廣重)
Posted by MELON at 18:38
MELONcafe企画部の例会がありました! [2011年10月13日(Thu)]
今日は、MELONcafe第7回の企画会議が行われました。

前回の会議の振り返りを行ったあとで
報告として10月10日に石巻の「リメイクキャンドル」の講座の感想を
メンバーに伝えました。
震災後の復興活動にかかわれることができて
本当に良かったです。
また機会がありましたら、エコの視点で復興活動のお手伝いを行いたいと思います。

次に10月15日に行う「古着をリメイク★お花のブローチづくり」の
打ち合わせを行いました。
この講座では2種類の大きさのブローチを古着で作ります。

11月19日の講座では冬の省エネ対策として
「保温調理で省エネ☆シンデレラのかぼちゃプリンづくり」を行います。
本日は試作としてメンバーの福原さんが
かぼちゃのプリンを作ってきてくれました。
メンバー一致でおいしいとの声が!
当日楽しみです!

12月の講座は具体的な内容は決まっていないのですが
クリスマスを意識した
「キャンドルづくり」の講座を行う予定です。

内容については検討をしていますがキャンドル作家の方をお招きして
いつもは作っていない凝ったキャンドルづくりの講座にするか
日程が調整できない場合は
フローティングキャンドル作りを行いたいと思います。

では、次回の例会は11月17日15:30〜です。

次回も楽しくメンバーとMELONcafeの活動を企画していきたいと思います!

(事務局 菅田)
Posted by MELON at 18:37
環境施設見学会「家庭ごみのゆくえを見てみよう!」 [2011年10月11日(Tue)]
4R推進部会が企画の見学会では、今泉の処理場とリサイクルプラザの見学、古紙の回収をしている山傳商店を見学しました。

今泉の処理場では、処理場に運ばれた家庭ごみがどのように処理されるのかをビデオや解説、見学で教えていただきました。

リサイクルプラザでは知ってはいても利用したことのない参加者が多く、さっそく服をいただいたり、抽選の申込みをする方も。

山傳商店では、古紙回収企業としての立場から裏話まで教えていただきました。

後ろに見えている丸い筒は、印刷会社さんから来た紙とのこと。
津波をかぶり、商品にならなくなった紙なのだそう。
はためから見るとまだまだ使えそうなのに…。

紙も必要な分を無駄なく使い、紙ではないものを混ぜないように、各自ができる分別を行い、こまめに回収に出してほしい、とのことでした。

ごみの分別や処理も機械化は進んでいますが、まだまだ人の手が入っているところばかり。
その作業をしている方と話をすると、私たちも自分たちのごみなのだからやらなきゃいけないな、と感じる見学会でした。


ワケル君バスもとっても快適です♪
無料で仙台市の環境施設が見学できますよ。20名以上が条件だそうです。
みなさんもぜひご活用くださいね。

(事務局 廣重)
Posted by MELON at 15:36
川崎町貸し森林 [2011年10月11日(Tue)]


昨日、川崎町の貸し森林で11月5日(土)に開催する「秋の森で遊ぼう!」の下見兼打合せを行いました。

このイベントは「宮城県地球温暖化防止活動推進員」の中で森林グループとして活動されている方々が借りている川崎町の貸し森林で自然に触れて遊んでもらおうというイベントです。

右の写真はみなさんが手作りしているツリーハウスです。見るたびにグレードアップしていきます。

下の写真はツリーハウスの上から見たところです。ながめがいいですよ。



ところで昨日現地に行ったところ、写真にも写っているブロックで作ったかまどに明らかに使った形跡があり、アルミホイルなどのごみが散らばっていました。

森林グループのみなさんによると最近かまどは使っていないし、仲間の中にこんな使い方をする人はいないとのことでした。

みなさんは「無断で使ったことよりきれいにしていかないことが問題。こっそり使うなら元通りにきれいにしておいて欲しい。」とのことでした。


人が借りている場所を無断で使うのもいけないことですが、それ以前に山に入ったらごみを捨てないくらいの最低限のルールは守って欲しいですね。せっかくきれいな場所に行くのですから。
(事務局 小林)
Posted by MELON at 14:18
出張MELONcafe!石巻でキャンドル作りをしました! [2011年10月10日(Mon)]
本日、石巻に在住のMELON会員の三浦エミ子さんの自宅で
「出張MELONcafe キャンドル作り」を行いました!

講師として、菅田とMELONcafe企画部の福田さんと
2名で訪問しました。

三浦さんのご自宅は
今回の東日本大震災で起きた津波で被災されたのですが
そんな大変さを感じさせない
心からの笑顔でお迎えいただきました!
今回の参加者は三浦さんが華道をご指導している
教室の方と地元で復興活動を行っていらっしゃる方です。

作った種類は2種類で
エッグキャンドルとフロートキャンドルです。


今回の材料として使ったろうそくは法事で使用されたものです。
(亡くなられた方々の冥福をお祈りしたいです。)

出来上がったキャンドルをさっそく灯しながら
心のこもった食事とお茶をいただきながら
情報交換を行いました。




三浦さんには今後またMELONが出来る活動で
お役に立てることがあればお声掛けいたきたことをお伝えしました。

三浦さんのような前向きに活動されていらっしゃる姿に
参加した私たちが逆に元気をもらうことができました。

MELONではこのような
物を作ることで復興する活動も続けていければと思っています。

お問い合わせがありましたら
MELON事務局までお声掛けください!

(MELON事務局 菅田)
Posted by MELON at 18:10
薪積みアート体験&軽架線による木材の搬出体験 (川崎町の資源をいかす会講座2日目) [2011年10月09日(Sun)]


2日目は講演会で聞いたお話を実際に体験です。
NPO法人土佐の森救援隊の中嶋建造氏が指導する軽架線による木材の搬出方法です。

間伐などで切った木を、切った場所から作業道やトラックまで運ぶのは人の手では大変ですよね。
運べるくらいに切り分けるか、放置するかになってしまいがち。

ですが、長いまま運べれば、木材として活用する幅が広がります。
それが、数人でもできる方法がこの軽架線を使った搬出です。

仕組みは単純なのですが、木と木の間にロープウェーのように網を張り、それの先に樹をくくりつけるだけ。
ですが、引っ張る動力さえあれば、十分に木材が運び上げられます。

この方法があれば、自分たちで森林を手入れすることができ、木材として販売し、お小遣い程度の収入を得ることができます。

こうして土佐の森救援隊は、地域の人たちが自分たちで森林の手入れができる仕組みを作っていったそうです。



こちらはマキワリストの深澤光氏が指導する薪積みアート。
薪棚にただ積むのではなく、そこに花や絵を絵を描くことで薪暮らしを楽しもうというものです。

今回は丸くアーチを作って、そこにお花をいけるアート。
丸太を入れて薪をアーチ状に積み上げていきます。
しっかりと円になるようにバランスよく積み上げたら、最後にその丸太を抜くと、ぽっかりと丸い穴が現れます。
そこにお花をいければ素敵な薪棚ができあがりです!

15名ほどが参加していましたが、薪を積んだり、細い薪を作るために薪割りをしながら、最後にはみんなで力を合わせて積んでいきました。
丸太を抜くときはみんなドキドキドキドキ大
すっと抜けると歓声と拍手が自然とおこりました。


森(人工林は特に)は人の手が適度に入ることによって保たれます。
さまざまな方法で、人が森に親しみ、樹を活用していくことが必要なんですね。

最後にはみんなでお茶会をしました。



天気も良く、気温もぽかぽかと気持ちのいい時間でした。

MELONでも暮らしの中で森や樹と関われる方法を考えていきたいです。
今後も部会「みやぎ里山応援団」で話し合っていきます。
森や里山の保全に興味のある方は例会に一度参加してみてください、いつでも歓迎です!

(事務局 廣重)
Posted by MELON at 18:51