CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
記事カテゴリー
プロフィール

みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)さんの画像
リンク集
QRコード
第4回薪ストーブ・ペレットストーブのフェスタを実施しました。 [2019年02月09日(Sat)]
DSCF9540ブログ3.JPG

冬の寒さが厳しい東北では、暖房器具が欠かせません。
間伐材の有効活用を推進するため、薪ストーブ、ペレットストーブの暖かさを
体験してもらうフェスタを開催しています。

2月2日、勾当台公園市民広場で
第4回薪ストーブ・ペレットストーブのフェスタを行いました!
来場者:約600名

県内外から多くの薪ストーブ・ペレットストーブに関連する販売店、森林保全団体など
木質ペレットで焼いたピザ・焼き芋屋さんが出店し、「薪・ペレット」を知ってもらう
良いきっかけとなりました。

当日は、むすび丸とパタ崎さんが遊びにきて、薪ストーブを満喫してもらいました!

DSCF9478ブログ.JPG


DSCF953ブログ.JPG

DSCF9481ブログ4.JPG

DSCF9529ブログ.JPG

DSCF9545ブログ.JPG

DSCF9471ブログ1.JPG

DSCF9481ブログ4.JPG


DSCF9551ブログ.JPG

DSCF9555ブログ3.JPG


薪やペレットで心も体もあたたまったイベントとなりました!
少しでも薪ストーブやペレットストーブが普及し、間伐材が活用されるといいですね。

(MELON事務局 菅田)



Posted by MELON at 17:37
尚絅学院大学でキコリ体験会を行いました! [2018年11月07日(Wed)]
開催日時:10月27日(土) 10:00〜14:10
場所:尚絅学院大学
参加人数:45人

尚絅学院大学で「秋の森でキコリ体験会」を行いました。
親子で来られた方が多く、45人と沢山の方々にご参加いただきました。

宮城県勝呂さんより森林整備の必要性のお話をいただきました。
午前はあいにくの雨で、屋内でクラフト作りを行いました。

DSC_06321.jpg

竹笛や間伐材のクラフトで動物を作りました。
どう作ろうか悩みながらも、自分なりに工夫してクラフトを作っている姿が印象的でした。

DSC_06422.jpg

薪割体験も親子で楽しく、薪を割りました!
小さな子どもでも、エコ森林さんの指導で上手に割れました。

DSC_06544.jpg

次は、柳の木をチェーンソーで倒しました。
木の中が腐っていたので、ちょうど切り時だったようです。

DSC_06863.jpg
DSC_06764.jpg

子どもも、大人も楽しく木こり体験ができてよかったです。
今後も、森林保全をテーマにイベントを実施していきますので是非参加ください!
(インターン成澤)
Posted by MELON at 17:07
「環境マルシェ」に出展しました! [2018年06月26日(Tue)]
DSCF78932ブログ.jpg


6月24日(日)にサンモール一番町で「環境マルシェ」があり
MELONも出展してきました!
主催は尚絅学院大学さんです。

この日は天気が晴天で、お買い物しながらブースによっていただける方が多かった様です。

ストップ温暖化センターは「うちエコ診断」、
みやぎ里山応援団は「間伐材のつみ木・木の実遊び」を行いました。

うちエコ診断は、家の省エネについて専用のソフトを使って診断します。
もちろん、改善した時の二酸化炭素の削減量も専門の診断士が教えてくれます。

DSCF79364.jpg


間伐材のつみき遊びは、9か月の赤ちゃんから遊んでいただきました。
この「つみ木」は栗原市で間伐した無垢の杉を使っています。
木の実はヒマラヤスギの実です。
バラの形みたいでかわいいですね。
DSCF78953.jpg


つみ木は高く積み上げたり、見たことがない形にしたりとびっくりです!

DSCF78911ブログ.jpg


DSCF79325.jpg


たくさん木や実で遊んでもらい、植物に少しでも興味を持ってもらって良かったです♪
(MELON事務局 菅田)
Posted by MELON at 17:57
七北田公園で新緑祭に出展しました! [2018年04月24日(Tue)]
DSCN03802.jpg

4月22日に七北田公園で行われた「新緑祭」にみやぎ里山応援団が
ブース出展してきました。

天気は29度と暑いくらいの日でしたが
ブースには約200名とたくさん寄っていただきました!

ブースでは、NPO法人フォレストサイクル元樹さんの木工の展示、
間伐材や木の実のクラフトづくり、積み木あそび、樹木当てクイズと
小さな子どもを中心にたくさん植物にふれあってもらいました。

DSCN03886.jpg

DSCN04294.jpg

DSCN04273.jpg

樹木当てクイズは、初めてお披露目です。
木の皮や木目、文字でのヒントで当てるのは、けっこう苦戦しているようでした。

DSCN03904.jpg



午後からは部会長の今野勇さんが講師になって
七北田公園内の植物のガイドツアーを行いました。
親子連れなども参加いただき、普段何気なく通り過ぎている植物について
丁寧に説明しました。
これから、街路樹を見かけた時に友達に教えてくれそうですね。

DSCN04422.jpg
(MELON事務局 菅田)


Posted by MELON at 10:50
3/3向山こども園で「森遊びイベント」を行いました。 [2018年03月06日(Tue)]
DSCF72077.jpg

「さらに森に行きたくなる!親子の森遊びin向山こども園」が開催されました。

親子合わせて32名の方に参加いただきました。3歳から中学年の子どもたちが多く参加してくれました。

園の教室では、宮城県自然保護課の伊達さんより生物多様性クイズを出してくれました。
生き物に詳しい子どもが2秒で回答して、周りの大人がびっくり!!

DSCF70762.jpg

向山こども園の木村副園長先生には、薪ストーブと園児との生活をクイズ形式に
説明していただきました。こちらも正解率が高かったです!

DSC_04212.jpg

ちょっと早いのですが、お昼の準備です。
メニューはサバイバル飯で「カレーと白飯」を参加者みんなで作ります。
詳しくは下記のURLを参考に。
http://blog.canpan.info/melonblog/archive/817

DSCF71696.jpg

お昼までは遊びの時間!
薪割りを体験したり、クラフト作りで竹笛を作ったりしました。
薪割りは大行列で順番を待つほどでした。

DSCF71443.jpg

DSCF71204.jpg

お昼のサバイバル飯のカレーをみんなと一緒に食べました!
おいしいかな??

DSCF71817.jpg

午後は野遊びコンシェルジュの半澤さんと園の裏の森へ探検へ!

DSCF71938.jpg

DSCF72077.jpg

モミの小さな芽がたくさん出ていました。
同じ年のモミの木は見つけることはできたかな?

森の中には小川が流れていて、バシャバシャ川に入ったり、
笹船を器用に作って遊ぶ子もいました。

天気も暖かく、みんな思いっ切り遊ぶことができたとおもいます!
また、森林の保全や生物多様性について遊びを通して知ってもらう良いきっかけと
なりました!
(MELON事務局 菅田)
Posted by MELON at 12:22
野外調理におすすめ!薪で焚く「サバイバルめし」レシピ [2018年02月01日(Thu)]
DSCF5627ブログ1.jpg

3月3日に「さらに森に行きたくなる森遊び in向山こども園」が開催されます。
※定員を大幅に超えたので、受付を締め切っています。

そのイベントのお昼に野外調理として「サバイバルめし」を作ります。

もし、野外や災害で調理する機会があった時に参考にして作ってみてください!

<基本のごはん>1人分
材料:あいラップ、米1カップ、水1カップ

作り方:
1、アイラップに材料を入れ、空気を抜きながら袋の上をきつく結びます。
※空気は出来るだけしっかり抜きましょう。

保温調理 ブログ 5.jpg

2、薪を使って、大きめの鍋にお湯を沸騰させます。
※カセットコンロやご家庭にあるコンロでも作れます。
1で作った袋を入れ、40分焚きだします。

DSCF5628ブログ2.jpg

DSCF5629ブログ3.jpg

3、時間になったら箸で袋をとり、熱いうちに袋を開け
ほぐしましょう。

<カレー>1人分
材料:アイラップ、じゃがいも1個、ニンジン少々、玉ねぎ1/2個、豚小間肉少々、カレールー1ブロック、水100cc

作り方:
1、ジャガイモ、ニンジン、玉ねぎは皮をむいて小さめに切ります。
肉はコマ切れにします。

2、アイラップにすべての材料を入れ、空気を抜き袋の上できつく結びます。

3、薪を使って、大きめの鍋にお湯を沸騰させます。
※カセットコンロやご家庭にあるコンロでも作れます。
2で作った袋を入れ、20分焚きだします。

3、時間になったら箸で袋をとり、カレールーが溶けずに残っていたら袋の上から混ざます。

4、カレールーが溶けたら、熱いうちに袋を開けます。

災害などで、電気コンロやガスコンロなどがない時に有効な調理方法です。

間伐材で伐採した薪を燃料で使うことで森林の整備が進みますね。
また、薪は成長過程に二酸化炭素を吸収しするので二酸化炭素の排出が0になります。
森林で実施する際には、十分に火の始末だけは気をつけて下さい!

(MELON事務局 菅田)
Posted by MELON at 11:49
森の恵みでクリスマスリースを作りました! [2017年12月18日(Mon)]
リース.jpg


日時:2017年12月17日(日)
場所:カメイアリーナ仙台
主催:宮城県
共催:仙台89ERS
運営団体:公益財団法人みやぎ・環境とくらし・ネットワーク

カメイアリーナ仙台で行われたプロバスケットチームの仙台89ERSのホームゲームにて、
エコスクール「森の恵みで作ろう!クリスマスリースつくり」を開催しました。
当イベントは、ストップ温暖化センターが受託した事業で
宮城県が家庭における二酸化炭素削減の取り組みを推進するために開催されました。


89.jpg


最初、仙台89ERSの嵯峨さんから、ゴミの分別など、試合のときに会場で行っている環境の取り組みについてお話をいただきました。
ホームゲーム開催時には、毎回エコステーションでごみの分別を呼びかけています。
その場所で回収された割りばしは、岩沼にある日本製紙岩沼工場で紙の材料になります。


今野さん.jpg


その後、みやぎ里山応援団の部会長の今野さんからエコ講座ということで、地球温暖化に関するお話をしていただきました。
最初に、地球温暖化の影響による異常気象についての映像を見ました。
日本でも、大雨による川の氾濫や森林の土砂災害が増えました。
みなさん真剣に聞いてました。

そしていよいよクリスマスリースづくり!
実際に森で拾ってきたさまざまな種類の木の実や、葉っぱを思う存分用いて、自分だけのオリジナルのリースを作りました。


木の実.jpg


木の実選んでる.jpg


木の実は、松ぼっくりや、モミジバフウ、メタセコイヤなどたくさんの種類を用意しました。
初めて見る木の実もたくさんあったのではないでしょうか。


リースつくってる.jpg


リースつくり2.jpg


リボンや飾り付けなど、かわいく盛り付け、素敵なリースが完成しました!


リース2.jpg


親子での参加が多く、大人から子どもまで楽しんでいただけたようです。


このことをきっかけに、地球温暖化による気候の変化、森林保全の大切さに気づくことはもちろん、
木の実や、葉っぱを、普段ふれあっている自然にもっと興味を持ってもらえたら嬉しいです。
身の回りに落ちている木の実や葉っぱを用いて、自分だけのオリジナルリースを作ってみてはいかがでしょうか?
たくさんの発見があると思います。


(インターン 鈴木)
Posted by MELON at 10:15
大崎市のあ・ら・伊達な道の駅で「薪ストーブ・ペレットストーブ」を開催しました。 [2017年12月02日(Sat)]
RIMG83741.jpg

日時:11月18日(土)10:00〜15:00
場所:あ・ら・伊達な道の駅
来場者:約600名

冬の寒さが厳しい東北では、暖房器具が欠かせません。
間伐材の有効活用を推進するため、薪ストーブ、ペレットストーブの暖かさを
体験してもらうフェスタを開催しています。
今回の会場は大崎市岩出山のあ・ら・伊達な道の駅。東北6県で薪の使用を
推進してきた「みちのく薪びと祭り」と共催です。

各ストーブの展示はもちろん、大崎市が取り組んでいる蕪栗沼の葦を使った
「ヨシペレット」の展示、ペレットボイラーで沸かす足湯、薪窯のピザの提供
間伐材で箸作り、飛び入りで「薪の歌」の提供など、道の駅にちょっと立ち寄った
観光客にも「薪・ペレット」を知ってもらう良いきっかけとなりました。

RIMG83443.jpg

RIMG83452.jpg

RIMG83324.jpg

RIMG83295.jpg

道の駅を観光しつつ、薪やペレットで心も体もあたたまったイベントとなりました!
少しでも薪ストーブやペレットストーブが普及し、間伐材が活用されるといいですね。

(MELON事務局 菅田)
Posted by MELON at 16:23
「さらに森に行きたくなる!親子の森遊び」を開催しました! [2017年10月30日(Mon)]


「さらに森に行きたくなる!親子の森遊び〜川崎町貸森林で自然観察&山の遊び体験会〜」が開催されました。


集合写真.jpg



親子合わせて16名の方に参加いただきました。小学校中学年の子どもたちが多く参加してくれました。


体操.jpg


まず最初、森に入る前に準備運動。みんなで元気よくラジオ体操をしました。
体操を終えたら、いよいよ森の中へと出発です。


登山.jpg


物知りな森の博士と一緒に植物を観察しながら目的地へと向かいました。よーく見てみると、森には不思議がいっぱい。わくわくしながら話を聞いて、植物に触ったり、臭いをかいだりしながら、頂上を目指しました。


全体の様子.jpg


会場にはツリーハウスやブランコ、ターザンロープなどドキドキするものがたくさん!
また、エコ・森林の方々が準備万全で私たちを待っていました。


ブランコ.jpg


薪割り.jpg


クラフト.jpg


お昼までは森遊びの時間!ブランコなどの遊具で遊んだり、薪割りを体験したり、クラフト作りで竹笛を作ったり、森の中で遊んでもらいました。


サバ飯.jpg


サバ飯 鍋に入れる.jpg

その後、皆で昼食作り。「サバイバル飯」を作りました。これは震災時など、電気が使えない時でも炊飯器を使わずにごはんを作れるようにと開発されたものです。今回は、まぜごはんを作りました。
作り方はとても簡単で、みやぎ生協で販売しているアイラップという袋に、お米とそれと同量の味付け水、ニンジンなどの具材をいれ、空気が入らないように袋を閉じ、熱湯に40分ほど入れるだけです!子どもたちも楽しそうに一生懸命作っていました。


芋煮.jpg


40分ほどでサバイバル飯は完成!エコ・森林の方々が作ってくれた芋煮と一緒にいただきます!サバイバル飯もおいしくできたみたいで、皆さんにこにこと楽しく召し上がっていました。やはり森の中で食べるごはんは格別ですね!



観察会様子.jpg


午後は講師の野遊びコンシェルジュの半澤夏実さんプロデュースの「森の絵日記」。森で拾ったもので、絵日記を作成し、展覧会を開こうというものでした。まず木の実や葉っぱ集め。子どもたちはお気に入りの木の実をそれぞれ集めていました。「これは何?これは?」と子どもたちは半澤さんにひっつき虫。森に興味をもってもらえたかなあと思う瞬間でした。


絵日記作成中.jpg


最後に自分で拾った木の実や葉っぱを画用紙に張り付けて、今日印象に残った事や、感想を表現。これがなかなか難しいと思うところですが、子どもたちは一生懸命作って発表してくれました。


発表の様子.jpg


おいしかった混ぜご飯を表現したり、森で遊んでいる様子を表現したり、とても面白い発想がたくさんありました。


今回はとても盛り沢山なイベントで親子共々、楽しまれている姿が印象的でした。森の中ということもあり、イキイキとした子どもたちの姿に私たちも元気をもらいました。今回のイベントを通して、森にふれ合うことの楽しさや、森の大切さを伝えられていたら幸いです。ご協力頂きました半澤先生をはじめ、エコ・森林の皆さま本当にありがとうございました。

(インターン 鈴木)
Posted by MELON at 14:46
『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2017』に出展しました。 [2017年07月16日(Sun)]
会場全体 .jpg

開催日時:7月16日(日) 9時〜16時
場所:東北大学川内北キャンパス 講義棟(C棟)
主催:特定非営利活動法人 natural science

『学都「仙台・宮城」サイエンス・デイ2017』に、参加しました。
MELONからは、みやぎ里山応援団とストップ温暖化センターみやぎの二つの部会がブースを出展しました。

サイエンス・デイとは、現代社会で実感する機会の少ない科学や技術の"プロセス"を子どもから大人まで五感で感じられる場づくりを目指し、2007年から毎年開催している体験型・対話型の科学イベントです。高校生の科学部から、大学のサークル、企業まで様々なブースが出展しました。MELONではここ数年毎年の出展しています。

みやぎ里山応援団は、全部で4つのブースを展開しました。
@丸太当てクイズ 
Aクロモジの楊枝作り
B昔遊びコーナー(どんぐりこま、イタドリの笛遊び、つみき遊びなど)
Cクロモジ茶の提供でした。

丸太あそび ブログ.jpg


 丸太当てクイズにて、ワークシートに答えを書き込んでいる様子


@丸太当てクイズとは、7種類の丸太を並べ、木を触ったり見たりしながら、木の種類をクイズ形式で当てるものでした。「知らなかった木があった」、「おもしろい」という声が多かったです。身近にある木に興味を持ってもらえる良いきっかけになったのではないかと思います。

1ブログ.jpg

 クロモジの楊枝を作っている様子


Aクロモジの楊枝作りでは、クロモジという木を用いて、和菓子などで使われる楊枝を作りました。木をナイフで削り、それを紙やすりでつるつるに磨いて完成です。
親子での参加が多かったです。

どんぐりこま ブログ.jpg


 昔遊びコーナーにて、どんぐりこまで遊んでいる様子

イタドリ.jpg

 昔遊びコーナーにて、イタドリの笛を吹いている様子


B昔遊びコーナーでは、どんぐりコマが小さい子どもたちに大人気でした。
イタドリの笛遊びは、イタドリという、中が空洞の木を用いました。ビンを吹いて音を出すような形で、縦に木を持って息を真下に吹きかけると、「ほお〜」と深い音が出ます。良い音を出すためには、コツが必要で苦戦している子が多かったように感じました。

お茶.jpg

 クロモジ茶を提供し、説明している様子


Cクロモジという木を煮出して作ったクロモジ茶は、ハーブティーのような香りで、すっきりとした味わいのお茶でした。大人の方に人気で、売って欲しい!との声もありました。

サイエンス・デイには、計10,580人がご来場しました。
当部会ブースを体験していただいた皆様、ありがとうございました。
今回のイベントを通し、少しでも身近な木や自然、環境に興味を持ち、自然のためにできることを考えるきっかけとなっていれば幸いです。

最後になりますが、ブース出展するのに協力いただいた方、関係者の皆様に厚く御礼申し上げます。

(インターン生 鈴木)
Posted by MELON at 16:35
| 次へ