CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
記事カテゴリー
プロフィール

みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)さんの画像
リンク集
QRコード
今年で7年目!仙台長町紙芝居フェスティバル☆ [2018年09月07日(Fri)]
ブログ@-2DSCN2092.jpg


「仙台長町紙芝居フェスティバル」
日時:2018年9月1日(土)10:30開演〜15:00終了
場所:石田酒店(MELON上演場所)
主催:長町まざらいん、仙台長町紙芝居フェスティバル実行委員会

ブログA.jpg

ブログ@DSCN2096.jpg

「笹谷街道」をご存知ですか?
仙台市と山形市を結ぶ重要な流通路として古くから利用されていた街道です。
その端を発する長町の笹谷街道周辺4箇所で同時に紙芝居を上演するという町興しイベントが開催されました。
紙芝居の活動を行っている団体が協力し合い、もう今年で7年目。
MELONも毎年参加しています。
スタンプラリー形式で、1作品毎にスタンプを押し、2つ集めると駄菓子がもらえるという懐かしさを感じるイベントです。
今年は雨がぱらつきました。

ブログBDSCN2101.jpg

MELONは食部会で作成した「お家のなかのネオニコチノイド?」、市販の環境紙芝居「さかなたちとのおやくそく」と「スイッチ忍者」を上演しました。
長町まざらいんが、普段から紙芝居の読み聞かせの活動をしているため、紙芝居を上演していると子どもたちがすぐに寄ってきてくれます。

ブログCDSCN2074.jpg

ブログCDSCN2081.jpg

同じ場所で劇団仙台小劇場、浪江まち物語伝え隊と交互に上演しました。
浪江まち物語伝え隊の上演する紙芝居は、震災時の体験をもとにした作品のため、大人も含め大勢の方がじっくり味わいながら聞き入っていました。

また今回は劇団仙台小劇場が「型抜き」コーナーを準備してくれたため、小さな子どももお母さんと一緒に楽しんでいました。

最後にたいはっくるで全団体が集まりファイナルステージとして、大きな紙芝居「浦島太郎」を上演!
浦島太郎が開けた玉手箱、仕掛けがあって子どもたちも大喜びでした♪
ブログDDSCN2112.jpg

D-2DSCN2115.jpg


地域イベントとして毎年続けることの大切さを感じます。
来年もまた出演します。ぜひ遊びにきてください。
紙芝居の飛び入り参加も大歓迎です☆

事務局:高橋
Posted by MELON at 15:53
学生がゆく!会員団体訪問記 [2017年11月28日(Tue)]
@DSCF6205.JPG

11月24日(金)大崎市鹿島台にある「有限会社橋建設 2級建築士事務所」に取材活動に行ってきました!
情報センターでは会員企業が行っているさまざまな環境に関する取り組みを取材し、WEBサイトや情報紙で紹介しています。また、社会学習のチャンスとなるよう、学生ボランティアメンバーと一緒に行っています。

今回一緒に活動してくれたのは尚絅学院大学、環境活動サークルFROGS所属の小坂舞さん、大槻隆一朗さん、残間湧也さん。
3名とも建築分野を目指しているとのことでやる気は十分!
取材活動は初めてでやや緊張していましたが、橋建設さんについて調べるなどしっかり事前準備をして臨みました。

A.JPG

インタビューを受けてくれたのは、橋建設3代目の橋信明さん。
バスケのコーチもされているそうで、とっても面倒見のいいお人柄。建築分野を目指している学生達の個人的な疑問・質問にも親身に応えてくださいました。
お邪魔したお部屋はcafeのような作りで、橋さんが増築の設計を手がけたとのこと。室内のテーブルも手作り。
学生にとっては、実際に建築分野で働いている方のお話を直接聞くことができ、楽しみつつ良い勉強の機会になったようです。
取材のみならず、記事作成、写真選びも学生主体で行います。
2018年1月以降にWEBサイトにアップ予定です。どうぞお楽しみに♪

B.JPG

橋建設さんのお宅のすぐ裏には風情のある水路が。。。夏は灯篭流しをするそうです。
この土地柄、風土が橋さんのあたたかいお人柄をつくりあげているのだろうなぁと感じました。

C.JPG

向かって左から、メモをとってこれから記事を書く残間君と、インタビュアーを担当した大槻君。
取材お疲れ様でした!記事作成、よろしくお願いします!!

事務局:高橋
Posted by MELON at 16:58
長町で環境紙芝居を上演してきました♪ [2017年09月21日(Thu)]
報告書DSCF4577.jpg


「仙台長町紙芝居フェスティバル」
■日時:2017年9月2日(土)10:30〜15:00
■場所:あすと長町中央公園(MELON上演場所)
■主催:長町まざらいん、仙台長町紙芝居フェスティバル実行委員会

紙芝居の活動を行っている団体が協力し、長町の笹谷街道周辺6箇所で同時に紙芝居を上演するという町興しイベントに、今年も参加してきました!
スタンプラリー形式で、1作品毎にスタンプを押し、2つ集めると駄菓子の景品がもらえます。
もちろん、子どもたちが優先です(笑)

MELONは参加6回目。食部会で作成した「ネオニコチノイド系農薬ってなぁに?」、市販の環境紙芝居「ありがとうごはんつぶマン」と「スイッチ忍者」を上演しました。

DSCF4585blogA.jpg


開始直後は雨が降ったため、テントを張っての上演です。
同じ場所でNPO法人劇団仙台小劇場と交互に上演しました。
声色を変えて、色々な役を演じ分けているのはさすがでした!

DSCF4593blogB.jpg


最後にたいはっくるで全団体が集まりファイナルステージ♪
団体を越えてメンバーを募り大きな紙芝居「ずんだ餅の好きな鬼」を上演しました。

長町笹谷街道周辺では紙芝居の読み聞かせを公園などで行っているため、近所の子どもたちは紙芝居になじみがあり、楽しんでくれました!

情報センターでは環境紙芝居の上演活動をしています。
子ども好きの方、人と関わるのが好きな方、ぜひ一緒に活動しませんか?

(事務局:高橋)
Posted by MELON at 21:25
「MELONジャーナリスト活動 学生がゆく!」に取材記事をアップしました♪ [2017年02月10日(Fri)]
gakuseigayukubana.jpg

情報センターでは、企業や団体が行っている環境に関する取り組みを取材し、WEBサイト等で情報発信しています。
社会学習のチャンスとなるよう、学生ボランティアと協働で行っています。学生が主役の活動のため、「MELONジャーナリスト活動 学生がゆく!」と、2015年からタイトルを新たにスタートしました。

2016年12月17日(土)、「自然農場 風天」に行ってきました!
取材記事をWEBサイトにアップしましたのでぜひご覧ください♪

情報センターのページより
http://www.melon.or.jp/melon/zyouhousenta.html
   ↓
「MELONジャーナリスト活動 学生がゆく!」をクリック
   ↓
第2弾「無農薬・無化学肥料の固定種野菜を広めたい!」をクリック♪

(事務局:高橋)
Posted by MELON at 17:53
「自然農場 風天」を取材してきました! [2016年12月17日(Sat)]
朝起きると一面雪景色。
あれ?今日の取材は大丈夫かな?
取材先は、村田町で野菜を作っている「自然農場 風天」の中山建さんなのに。
せっかく、尚絅学院大学の鈴木佳人さん、東北工業大学の松本健佑さんと取材に行く予定なのに!どうしよう!?

というのが杞憂に終わるほど雪の影響もなく、逆に雪をまとった山を横目に冬を感じつつ、中山さんを訪ねることができました。

blog001.jpg

自宅近くの畑や自宅敷地内のビニールハウス、野菜などを保管する石蔵を見学しながらお話しを聞きました。
学生二人は、事前にメモしていた質問事項を見ながら、中山さんへ質問をぶつけていました。それに対して真摯に応えてくれる中山さん。オレンジ色がまぶしいですね!

blog002.jpg

今回の取材内容は、学生が記事をまとめて、WEBや情報紙で掲載する流れとなります。
学生がどのような質問をして、中山さんがどのような回答をしているのか、詳細は後日のお楽しみに。

◆情報センターでは、学生と一緒に取材活動を実施しています。
 これまでの活動は、http://www.melon.or.jp/melon/zyouhousenta.htmlをご覧ください!

<MELON事務局 菅原>
Posted by MELON at 16:03
「取材・ライティング講座」を開催しました! [2016年10月03日(Mon)]
日 時:10月1日(土) 13:30〜15:00
会 場:501柏木生協集会室
講 師:遠藤真吾さん、後藤敏道さん(ハリウコミュニケーションズ株式会社)
参加者:10名

DSCF0862ブログ.jpg
(真剣に取り組む学生のみなさん)

講師のお二人はMELON会員企業であるハリウコミュニケーションズ株式会社にお勤めで、毎年取材講座の講師としてご協力下さっています。
遠藤さん.jpg
(遠藤真吾さん)
後藤さん.jpg
(後藤敏道さん)

 学生が実際に取材をして記事をまとめた冊子「WISE」の実例紹介から入り、取材前の準備や進め方、原稿の作り方などをお話ししていただきました。

その後、グループに分かれてワークショップ。準備した資料に載っている農場について、その資料だけを見て「どんな農場か」「訴求したいポイントは」の2点を200文字以内で表現する作業に取り組みました。

15分以内という制限つきでどこまでできるのかな?と心配しながら見ていましたが、時間を配分して作業したり、担当を割り振ったり、皆さん工夫しながら作業を進めていました。

グループごとに発表してもらいましたが、視点やまとめ方、何を伝えたいかがそれぞれ異なり、講義で学んだことをしっかり反映させていたのには感心しました。

発表.jpg
(グループごとに、まとめたものを発表)

情報センターでは、学生と一緒に、企業や団体などの環境に関する取り組みについて取材を実施します。

取材先は検討中ですが、「企画の段階から関わりたい」「取材だけでも行ってみたい」「興味があるから、少し話を聞きたい」などという方は、ぜひお気軽に情報センターまでご連絡下さい!

【MELON事務局 菅原】

<参考>
学生による学生のための地域企業情報発信プロジェクト「WISE」
http://www.wise-sendai.jp/

「WISE」取材&編集参加学生募集情報
http://www.wakatsuku.jp/wise/
Posted by MELON at 12:10
長町、笹谷街道で環境紙芝居を上演してきました! [2016年09月06日(Tue)]
報告書用.jpg

9月3日(土)「仙台長町紙芝居フェスティバル」が開催され、MELONは環境紙芝居を上演してきました。
主催は長町まざらいん、仙台長町紙芝居実行委員会です。

web2.jpg

長町のたいはっくる1階や、笹谷街道沿いの計6か所で、紙芝居の有志団体がそれぞれ同時に上演するというもの。スタンプラリー制で、2つスタンプを集めるとお菓子がもらえます。

熱中症が心配されるくらいのお天気に恵まれ、小学生や親子連れ、ご近所の年配の方がたくさん観に来てくれました。

web3.jpg

MELONは今年で出演5回目。上演場所は石田酒店。
環境紙芝居「ありがとう こばんつぶマン」と「スイッチ忍者」を上演しました!

「ありがとうごはんつぶマン」は、ごはんを残さず食べよう、ものを大切にしようというメッセージが込められている紙芝居。

「スイッチ忍者」は電気のつけっぱなしを消して回る忍者のお話。「電気を大切にするでござる〜」と忍者が呼びかけています。
つけっぱなしの電気のスイッチを忍者が手裏剣で消すシーンでは、折り紙で折った手裏剣を投げました。飛び道具に子どもたちも大喜び♪

総勢5名で上演したため、登場人物を楽しく演じ分けることができました。


web4.jpg

石田酒店では、2チームが交代で上演。劇団仙台小劇場さんはたくさんの紙芝居をかわるがわる上演!子どもも大人も引き込まれるように見入っていました。

web5.jpg

場所を快く提供してくれた石田酒店さん、本当にありがとうございました。

web6.jpg

最後は、全てのチームが長町駅すぐそばのたいはっくるに集まりファイナルステージ!
チームの代表が集まって「ずんだ餅の好きな鬼」を熱演しました。
地元太白山を舞台に、ずんだ餅をのどに詰まらせた鬼を村人たちが助けるお話です。

紙芝居自体が久しぶりという子どもたちもいて、紙芝居というアナログ媒体で情報発信をすることの大切さを感じました。
ご興味のある方、MELONとご一緒に紙芝居の活動をしてみませんか?

事務局:高橋
Posted by MELON at 15:46
MELONジャーナリスト活動「学生がゆく!」 [2016年06月29日(Wed)]
ブログ⓪.jpg

情報センターでは、企業・団体が行っている環境に関する取り組みを取材し、WEBサイト等で情報発信しています。
社会学習のチャンスとなるよう学生ボランティアと協働で行っており、6月18日(土)MELON企業交流部会主催、環境に取り組む「企業・団体・学生の活動発表&交流会」の出展ブースを取材してきました!


■イートス株式会社
ブログ@.jpg

電気量・CO2削減を見える化する「ecoCloud」システムの紹介展示をしていました。電気機器の中でも空調冷凍機器は電気使用量がかかりますが、「ecoCloud」のシステムを導入することで空調冷凍機の室外機を間欠運転制御し、電気量とCO2排出量の削減ができるそうです。
イートスはサポートがメインのシステム会社。子どもを対象に活動しているNPO法人を巻き込んで一緒に環境活動に取り組んでいるそうです。(ライター:柏倉祐揮)


■オリックス自動車株式会社

リースやレンタカーで使用された、程度の良いハイブリッド車をメインに、個人・法人へ中古車販売をしています。環境負荷低減として、法人向けに急ブレーキ・急加速のデータを記録する「テレマティクスサービス」を提供しています。この装置によって社用車の危険運転を管理し、事故リスクを抑えられるそうです。
この未然防止策からエコドライブを心掛けるようになり、CO2削減につながっています。(ライター:柏倉祐揮)


■特定非営利活動法人川崎町の資源をいかす会
ブログB.jpg

展示ブースには、手作りの木製水車のミニ模型が!
川崎町での山林整備や薪の生産活動をしており、震災後に再生可能エネルギーの必要性を感じ、直径2.4mの水車を製作し、街路灯の電気として利用しているとのこと。その6分の1サイズのミニ模型が展示されていました。
※活動発表については以下URLのブログをご覧ください。
http://blog.canpan.info/melonblog/archive/696


■株式会社建築工房零
ブログC.jpgブログC2.jpg
キリン型のストーブが目を引きました。建築工房零では、いろんな種類の薪ストーブ・ペレットストーブを取り扱っているそうです。薪やペレットは大気中のCO2の増減がしないカーボンニュートラル燃料。環境にやさしいエコな燃料を使用しているんですね。(ライター:鈴木佳人)



■株式会社サイコー

ブログD3.jpg

みやぎ生活協同組合やヨークベニマル、県外の企業と連携し、古紙の回収や事業・家庭ごみの運搬・処理などの環境に優しい活動をしています。生協などの店舗に紙ごみを回収に出した際、その量に応じてポイントがもらえる仕組みも行っているそうです。回収に出した人が利用しやすい制度があります。(ライター:鈴木佳人)
ブース展示していた「エコの木」は、ブースに来た方がエコな取り組みを葉っぱに書いてどんどん葉を増やし、情報共有できるもの。自分の知らない素敵なアイディアに出会うことができそうです。


■スモリ工業株式会社

ブログE2.jpg

社長の家づくりへの強い想いから、価格も工法もうそをつかない「正直住宅」を提供することをモットーに環境にも配慮した家づくりをしているそうです。今月には大郷町の廃校を買い取り「おうちづくりの学校」をオープン。これは家づくりの工程やこだわりを目で見て体験してもらえる施設となっており、この日はその一角に設けられている「里山エネルギーセンターみやぎ」というコーナーの展示品から、ソーラークッカーや小型太陽光パネルなどを持ってきてくれました。
家づくり自体にも二重サッシの採用や独自の換気システムなどエネルギー効率を考えた工夫が随所になされているとのことで、人にも地球にもやさしい正直な企業であると感じました。



■東北工業大学 環境サークルたんぽぽ

ブログF.jpg

主な活動は、月1回大学周辺で行われる「まち美化」というごみ拾い活動。最近は企業と活動することに力を入れており、トヨタの「アクアソーシャルフェス」(震災で被害を受けた蒲生地区の砂浜の清掃など)やMELONの取材勉強会など、学外活動に積極的に取り組んでいます。
部員は現左84名所属しており、ボランティアや環境イベントの出展など幅広く活動しています。(ライター:柏倉祐揮)



■株式会社東日本放送

ブログG.jpg

KHBでは「番組」「イベント」「森づくり」を通して、KHBグリーンキャン ペーンを行っています。「七ヶ宿水源文化の森づくり」と題して1992年から植樹活動を行い、2016年までに69,000本の木を植えたそうです。また、県有林のネーミングライツを取得し、利府町に「ぐりりの森」を作りました。一般の方と社員 が一緒になって森の整備活動を行い、子ども達が安全に自然と触れ合える場所を提供しています。
2016年7月2日(土)正午からグリーンキャンペーン特別番組「シナイモツゴを守れ!〜絶滅危惧種をため池で自然再生〜」がKHB東日本放送にて放送されますので、ぜひ視聴して下さい!(ライター:鈴木佳人)



■尚絅学院大学 環境活動サークルFROGS

ブログH.jpg

学内での取り組みとしては、エコキャップの回収やエコステーションの管理を行なっています。
尚志祭では2010年のサークル設立から毎年新しいことを展開していることが特徴です。昨年は飲食出店団体にエコ容器の提案を行なったり、尚志祭運営で排出したCO2約4tの内、1tを登米市市有林間伐促進森林吸収プロジェクトのクレジットを購入してカーボン・オフセットをしました。
学外でもボランティア、環境イベントの出展など幅広く活動しています。(ライター:柏倉祐揮)



■みやぎ生活協同組合

ブログI.jpg

みやぎ生協のこ〜ぷの森での活動をしたり、太陽光発電を設置してCO2を削減したり、店舗の照明にLED電気を導入し、電気の明るさを調節できるようにしています。環境に配慮されているところがとても良いと感じました。(ライター:鈴木佳人)



<取材活動を通しての感想>

●柏倉祐揮(尚絅学院大学4年・環境活動サークルFROGS所属)
初めて取材活動に取り組み、「インタビュアー」と「ライター」の役割を体験させて頂きました。各出展ブースがそれぞれアピールしている環境への取組みについて、声を張って笑顔で話しかけて取材することを目標にして挑みました。時間が限られていたため、全出展ブースを回ることはできなかったのですが、ぎこちない取材にも関わらず各ブースで丁寧に対応して頂き、なんとか終えることができました。記事をまとめる際に端的にまとめることができなかったことなど、今回の体験から手にした反省を今後の活動に活かしていきたいと思います。貴重な体験の機会をありがとうございました。


●鈴木佳人(尚絅学院大学1年・環境活動サークルFROGS所属)
今日初めて取材活動をさせていただき、やったことのない経験で、聞く力・自分からコミュニケーションするやり方を考えることができました。今後に活かせると思います。いろんな企業から環境活動についてのお話しを聞くことができ、自分の家でもLED電気を使用するなど活かせることが良かったです。学んだことをこれからのFROGSの環境活動に活かしていきたいと思います。


取材活動を通して出展者である企業の方と学生さんがしっかり交流できたようです。今回2人とも初チャレンジしてくれました。
取材活動をする前にインタビューやライティングの仕方について勉強する、取材勉強会の開催を秋頃予定しています。たくさんの学生に参加してもらい、一緒に取材活動をしてコミュニケーション力、文章力を磨く体験をしてきたいと思っています。
※出展ブースの記事の順番は五十音順です。

(情報センター:高橋)


Posted by MELON at 16:33
電化製品の行く末…家電リサイクルは人手がかかっています! [2016年02月06日(Sat)]
151029家電リサイクル2.jpg


情報センターでは「ジャーナリスト活動」として、ボランティアさんと一緒に企業や団体の環境に関する取り組みについて取材活動をしています。
今回は家電リサイクル工場見学の写真をご紹介。


「10月29日、栗原市鶯沢町細倉鉱山の近くにある家電リサイクルプラント(東日本リサイクルシステムズ株式会社)を見学してきました。
 何気なく引き取ってもらってしまっている家電ですが、リサイクルするのって簡単じゃないんですね。
今使っている電化製品の行く末を考えるいい機会でした。」

(情報センター長:石垣政裕)


生活に欠かせない家電。機械で分解するものもあるようですが、一つひとつ人の手がかかってリサイクルされています。
大切に使って、リサイクル可能なものはリサイクルしていきたいですね!

(情報センター:高橋)
Posted by MELON at 11:20
取材について学びました! [2015年06月27日(Sat)]
6月20日(土)に、ハリウ コミュニケーションズ株式会社の
後藤敏道さんと遠藤真吾さんを講師としてお招きし、取材勉強会を開催しました。

1.jpg

今回は、学生ボランティアの環境サークルRNECS、環境活動サークルFROGS、
環境サークル たんぽぽに所属する学生7名が参加してくれました!

顔合わせが初めての人も多く、まずはアイスブレイクから。
ペアを作り自己紹介をし、そのあと全員でペアになった人を紹介しました。

2.jpg

場が和んだところで資料を基に取材・ライティングについて講義を受け、
その後10分間学生が講師に取材を行い20分で記事を書くワークを行いました。
今回は、今年12月6日に開通予定の地下東西線の魅力について記事を書きました。

3.jpg


実際取り組んでみると、取材・資料から読み取った内容をまとめようと
考えれば考えるほど手が進まず……。あっという間に時間が過ぎてしまいした。
皆さん苦戦しているなか、記事を書き終えた学生はなんと2名!!
発表し、内容もすばらしく講師の方からお褒めの言葉をいただいておりました!

講義・ワークを通し、記事を書くには多くの情報が必要で、取材をするには
下準備が必要だということを痛感しました。

4.jpg
ワーク終了後、お菓子を囲み手作りケーキを食べながらまどいの時間を過ごしました。

今年の取材勉強会初回はこのような内容で終了し、
これから通年で取材活動をしていきたいと思います。
取材ボランティアをしてくれる学生さんを募集しています!

後藤さん、遠藤さんありがとうございました!

(インターン生 佐藤)
Posted by MELON at 12:36
| 次へ