CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
最新記事
記事カテゴリー
プロフィール

みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)さんの画像
リンク集
QRコード
市民環境講座「海洋ごみのゆくえ〜海を汚してるのはだぁれ?」を実施しました。 [2019年02月11日(Mon)]
DSCN4633ブログ1.JPG

日時  :2019年2月10日(日)午後13時30分〜 16時10分
場所  :仙台市エルパーク仙台セミナーホール1,2
来場者 :66名

近年、海洋を漂流する海洋ごみやマイクロプラスチックの汚染が社会的に大きく注目されています。(マイクロプラスチック:海洋ゴミのプラスチックが水中で5mm以下に細分された物)

これは私たちの消費生活の中でプラスチック製品が増加していることも大きな原因です。
このセミナーは、家庭から出てくる海洋ゴミ(マイクロプラスチックを含む)を抑制する意識を高めることを目的に開催しました。

講師は
講話@「水環境を脅かすゴミの問題」 東北工業大学 山田一裕 教授
〇世界や日本の海洋ごみについて情報提供

DSCN4640ブログ2.JPG


講話A「荒浜の再生と海洋ゴミについて」元を願う会 代表 貴田喜一 氏
〇震災後に海洋ごみが荒浜にどのくらい影響を与えているのか事例紹介

DSCN4655ブログ3.JPG

講話B「 広瀬川流域一斉清掃について 」広瀬川 1万人プロジェクト実行委員会 事務局長 菅原正徳 氏
〇長年開催している春と秋の広瀬川一斉清掃での実績紹介

DSCN4665ブログ.JPG

途中寸劇を学生サークルの「海辺のたからもの」
〇アザラシに扮して、海洋ごみがどのように生態系に影響しているか事例紹介

DSCN4697ブログ10.JPG

講話C「消費者ができるごみ排出削減行動とは?」 MELON4R部会が説明しました。
〇2018年度1年間を通した宮城県各地の海洋ごみの調査発表、消費者ができる海洋ごみ削減の取り組みの紹介

海岸ごみのワークショップ 海辺のたからもの
〇海岸ごみを材料にキーホルダーやアクセサリーづくりを実施

DSCN4735ブログ8.JPG

DSCN4736ブログ2.JPG

セミナーの質疑応答では、檀上の講師陣が結束して、荒浜海岸の清掃を実施することを決めました!
4月20日10:00〜荒浜海岸で海岸ごみの清掃を実施します。
当日飛び入りでの参加も歓迎します。
http://www.hirosegawa-sendai.org/2019/03/27/988

宮城県の海岸は、まだまだ海洋ごみがたくさん漂着しています。
ポイ捨てをしないなど海岸ごみを減らすために消費者1人1人ができることがあると思います。
また、海岸清掃などにも参加していただいて海岸の現状を1人でも良いので知ってもらいたいです。

(MELON事務局 菅田)
Posted by MELON at 17:56
この記事のURL
http://blog.canpan.info/melonblog/archive/888