CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
記事カテゴリー
プロフィール

みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)さんの画像
リンク集
QRコード
「ごみのゆくえを見てみよう!」を開催しました。 [2018年10月17日(Wed)]
DSCF8634_5圧縮.jpg

MELON環境市民講座 環境施設見学会
「ごみのゆくえを見てみよう!」を開催しました。

日時:2018年10月17日(水) 9:50~15:10
参加者:24名

この見学会は、普段家庭やお店などから出ているごみがどのように集められ、その後、処理されているのか実際の施設を見学することにより、分別の意義や、4R(「リデュース」、「リユース」、「リサイクル」、「リフューズ」)の大切さを学ぶことを目的に開催しております。

DSCF8570_0圧縮.jpg

当日の朝はあいにくの雨模様となってしまいましたが、仙台市役所前から「ワケルくんバス」に乗って出発。一日を通して仙台市環境局家庭ごみ減量課の斉藤さんにガイドをしていただきました。

DSCF8578_1圧縮.jpg

午前の見学先は「株式会社泉リサイクルセンター」です。

DSCF8582_2圧縮.jpg

こちらの施設では企業が排出した資源ごみを圧縮する施設です。

運ばれてきた発泡スチロールは、シールなどの不純物を取り除いたあと、破砕処理を行います。
その後、約230度の高温で溶融処理し、「インゴット」を作成します。

DSCF8592_4圧縮.jpg

「インゴット」は買取業者により搬出され、様々な工程を経て私たちが普段利用している定規やプラスチック製品へ再商品化されています。

お昼休憩をはさみ、午後は「新港リサイクル株式会社」です。
こちらの施設では、家庭から集められているプラスチック製容器包装を分別し、再商品化まで行っています。
まず、家庭から集められたプラスチック製容器包装は、手作業によって不適物を取り除きます。

DSCF8634_5圧縮.jpg

不純物として取り除かれたもののなかには「包丁」や「スプレー缶」、「ライター」などもあり大変危険な作業でもあるとおっしゃっていました。

機械にて圧縮された後、再商品化施設へ運ばれ、荷物を運ぶパレットなどのプラスチック製品の材料へとリサイクルされていました。
パレットを製造する作業は高温で行うため、夏はとても厳しい作業になるそうです。

DSCF8650_6圧縮.jpg


今回ごみ処理施設を2ヶ所見学し、ごみのリサイクルには多くの人の手間がかかっているのだと、あらためて実感しました。


参加された方からも

・手作業していることにおどろいた。
・リサイクルセンター内での作業の大変さを知ることができた。
・ごみも資源として分別が必要と解った。

という感想を頂きました。

今回、見学会に参加してくださった方々、本当にありがとうございました。
MELONでは今後も様々な方に「ごみの減量」を意識していただけるように、様々なイベントを企画していきたいと思います。

(インターン 鈴木)
Posted by MELON at 16:21
11月農塾打ち合わせに行ってきました! [2018年10月12日(Fri)]
DSCF8564.JPG




11月7日にある農塾Vol.7第1回「命を支える〜野菜と鶏の循環有機農業」(仮題)のゲスト・和田智子さんと打ち合わせに行ってきました。

本日、和田さんは親子で、勾当台公園の市民広場で開かれている「
朝市夕市ネットワーク合同定期市」に参加されてました。

直接、お客様と交流しながら、自分で生産したものを販売するのが
和田さん流のやり方だとのことです。
 
和田さんは長年、こだわりの循環型の農業を実践しており、
生産者としてストレスフリーでベストの方法であるとおっしゃっていました。

詳しいお話しは、ぜひ農塾でお聞きください。
特に初めての方大歓迎です!お誘いあわせの上お気軽にご参加ください。
お待ちしております!!



DSCF8562.JPG

<開催概要>
仙臺農塾Vol.7 第1回
「命を支える〜野菜と鶏の循環有機農業」

■日時:2018年11月7日(水)19:00〜21:00

■ゲスト:和田智子さん(色麻町農家)

■会場:みのわ(仙台市青葉区二日町17-12)

■定員: 16名

 ※農塾参加初めての方枠を設けております。初めての方もお一人様も大歓迎です!!
 ※リピーターの方は、食の関心を広げるため、ぜひお友達などお誘い合わせいただければありがたいです♪

■参加費:3,500円(料理代+飲み物1杯含む)※調整中です!
 ※前日正午以降のキャンセルの場合、キャンセル料をご負担いただきます。

■内容:美味しいご飯をいただきながら、ゲストからの話し、ゲストや参加者とのコミュニケーションを楽しむ場とします。

■参加申し込み:Facebookのメッセージか、MELON事務局の連絡先へお問い合わせください。
※メールの際は、【件名】に「仙臺農塾」と入れていただけると助かります。
@氏名 A連絡先(電話番号※携帯電話推奨) Bメールアドレス C何回目の参加か(だいたいでいいです)
をご連絡ください。

フェイスブック 仙台農塾 https://www.facebook.com/sendainoujuku/

●TEL:022−276ー5118
●FAX:022−219−5713
●Mail:melon@miyagi.jpn.org
※ご連絡いただいた後、受付完了のご連絡を致します。
 3日経過しても連絡がない場合は、お手数ですが再度お問い合わせください。


《食部会 山形》
Posted by MELON at 16:26
9月26日に4R推進部会で、海岸ごみの調査活動をしました。 [2018年10月03日(Wed)]
全景.jpg

9月26日に4R推進部会の活動として、仙台市沿岸部の深沼海水浴場へ海岸ごみの調査活動に行ってきました。

ごみ収集中.jpg


定点観察として、前回7月の海岸ごみ調査と同じ場所で、砂浜表面のごみを集めます。

ごみ仕分け.jpg

しかし、見つかったのは、プラスチック片が数個のみでした。
blog (4).JPG
↑が7月に全く同じ場所で集めたごみなのですが、まったく量が違います…

これは、数日前の風雨の影響で、海岸ごみが砂に埋もれてしまったためと考えられます。

海岸ごみの調査後は、週末のMELONフェスタで展示するためのプラスチック粒(レジンペレット等)を収集しました。
レジンペレット収集.jpg

全員で黙々とあつめ、沢山の量を収集できました。
集めたレジンペレット.jpg

こうした、海岸ごみの調査は今後も継続して行っていきます。

インターン生 畠山
Posted by MELON at 17:01
MELONフェスタを開催しました! [2018年10月02日(Tue)]
ブログ用全体像.jpg
9月30日(土)に仙台市シルバーセンター7階にて「MELONフェスタ」を開催しました!


今回はなんと、二人組ポップスユニットのTae-chuさんに来ていただきました!
Tae-chuさんは、宮城県丸森町を拠点として活動されており、どことなく懐かしさを感じさせるような曲調の歌が魅力のユニットです。
Tae-chu2.JPG


ミニコンサートでは、宮城県民共済のCMソングに起用された「オモイデ日記」をはじめ、Tae-chuさんの優しく温かい歌に、会場は大盛り上がりでした。


ミニコンサートの次は、学生PRタイム!各学生サークルが、それぞれの活動をPRしました。


会場にアザラシ乱入!?

ブログ用アザラシ乱入.jpg

学生PRタイムのインターン生の時間を利用して、海洋ゴミの問題を訴えるために、わざわざ海からやってきたのだそうです。


ブログ用ひとめぼれ.jpg

こちらは東北大学の「東北大にひとめぼれプロジェクト」。今回初参加の団体です。


ブログ用FLOGS優良賞.jpg

尚絅学院大学の「環境活動サークル FROGS(フロッグス)」。低炭素杯2017で優良賞を獲得したそうです。


ブログ用たんぽぽ.jpg

東北工業大学の「環境サークル たんぽぽ」は、映像を使って紹介していました!


ブログ用紙芝居.jpg

学生PRタイムの後には、食部会が紙芝居を披露しました。



紙芝居の後は、ブースエリアを楽しむフリータイム!
部会や会員企業、学生団体がブースを出展し、日頃の活動を紹介していました。

ブログ用ブース全体.jpg
ブログ用サイコー.jpg
ブログ用インターン生ブース.jpg
ブログ用水部会.jpg


最後は表彰式!
MELONの会員企業ブースと部会・プロジェクトブース、学生ブースの3部門ごとに来場者が良いと思ったブースを投票してもらいました。
そして、それぞれトップの票を得たブース、計3団体を表彰しました。

ブログ用表彰.jpg
左から
株式会社 サイコー (会員企業ブース受賞)
食部会 (部会・プロジェクトブース受賞)
インターン生 (学生サークルブース受賞) 
みやぎ生活協同組合 (賞品提供企業) 
株式会社 サイコー (賞品提供企業)
特定非営利活動法人 フォレストサイクル元樹 (賞品提供企業)


そして、第5回MELON理事長賞は、キリバス環境出前講話など、地球温暖化防止活動を行っているケンタロ・オノさんが選ばれました!

ブログ用理事長賞.jpg
ケンタロ・オノさん:一般社団法人日本キリバス協会 代表理事


普段顔を合わせる機会のない他部会のメンバー同士も、互いの活動を知ったり、親睦を深めたりすることができ、良い交流の場となりました!環境について語り合う姿が多く見られ、参加者の方々の、環境に対する熱い思いを感じとることができました。
アザラシも、熱心な人間たちの姿に満足して、海へ帰って行ったそうです。

ご来場下さった皆様、ご出演して下さった皆様、ボランティアとして手伝ってくれた皆様、ブース出展等ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。
今後ともMELONをよろしくお願いいたします。

<ブース出展にご協力下さった皆様> ※五十音順
 −会員企業−
■株式会社 サイコー
■株式会社 サングラフィックス
■特定非営利活動法人 フォレストサイクル元樹
■みやぎ生活協同組合

 −学生サークル−
■環境サークル たんぽぽ(東北工業大学)
■環境活動サークル FROGS(尚絅学院大学)
■東北大にひとめぼれプロジェクト(東北大学)
■MELONインターン生

(インターン生 成澤)Tae-chu2.JPG
Posted by MELON at 14:49
2018アフリカセミナーにブース出展しました! [2018年09月18日(Tue)]
ブログ用全体.jpg

開催日時:9月16日(日) 10〜16時
場所:日立システムズホール 交流ホール


今年初めて、アフリカセミナーにブース出展しました。

今年のアフリカセミナーのテーマは「持続可能な開発目標(SDGs)における日本とアフリカパートナーの成果」です。

MELONのブースでは、「森林保全の必要性の周知」と、「海洋ゴミの情報提供」に関する展示を行いました。

ブログ用ブース.jpg


こちらは、「海洋ゴミの情報提供」に関する展示です。7月27日の若林区荒浜の調査で採取したレジンペレットやカキ養殖用まめ管、発泡スチロールなど様々な種類の海洋ゴミを展示しました。
世界の海に存在する海洋ゴミは1億5000万トン以上と言われ、海洋の生態系への影響などが懸念されています。海岸での清掃活動を行うとともに、我々の生活の中でのプラスチックの使用を減らすことも重要です。

ブログ用海洋ゴミ.jpg


「森林保全の必要性の周知」に関する展示では、鳥や虫などの鳴き声を聞けるキットが大人気でした。

ブログ用鳴き声.jpg


お昼になると、アフリカ料理のランチボックスが出てきました!ジョロフライス・チキンという料理だそうです。スパイシーでおいしかったです。

ブログ用昼食.jpg


イベントの後半では、アフリカの歌や踊り、ファッションショー、アフリカの太鼓を叩く体験などを楽しみながら、アフリカの文化を体感することができました!

ブログ用たいこ.jpg


今回は、アフリカの人々と様々な交流ができ、貴重な体験となりました。環境問題は世界的な問題であり、国際的な協力が不可欠です。そのためには、それぞれの国がお互いを理解し、手を取り合っていくことが大切です。このイベントを通して、互いの国のことについて知り、より関心を抱くことにつながったのではないかと思いました。

(インターン生 成澤)
Posted by MELON at 15:19
青春18きっぷで旅してきました。 [2018年09月13日(Thu)]
41467013_1710069399122039_4522572782839529472_n[1].jpg

9月に入り、なかなか出かけられなかった青春18きっぷの旅に
出かけました。
今回は、石巻〜女川、山形上山、会津に行ってきました。

石巻では、サンファンバウティスタ号を見学。船内はまだ修繕中の状態でした。
上山では、斎藤茂吉記念館を見学。芥川龍之介もとても尊敬していたということです。
雰囲気のある、とても景色の良い記念館でした。

会津は久しぶりに訪れましたが、とても歴史のある、見所満載のまちだなと
あらためて感じました。
また、ぜひゆっくりと訪れてみたいと思います。

毎回、あわただしい青春18きっぷの旅。
人生は旅そのものですね!


《事務局 山形》
Posted by MELON at 15:04
「第6回はやぶさまつり」で工作のワークショップと展示を行いました [2018年09月12日(Wed)]
はやぶさ祭り飾りつけ風船.JPG
手前が工作ブース、奥が「エネルギーのカバン」ブース


「第6回はやぶさまつり」
日時:2018年9月9日(日) 10:00〜15:30
場所:角田市スペースタワーコスモハウス
イベント主催:国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 角田宇宙センター


 角田市で行われた、第6回はやぶさまつりにブース出展させていただきました。

夜の地球儀.jpg
ゆっくり回してじっくり確認していた小学生

 ブースでは、「夜の地球」というテーマで、夜に世界のどこの国や地域が明るい=電気を多くつかっているか分かりやすい地球儀を展示しました。

エネルギーのかばん.jpg
子どもだけでなく、多くの大人も挑戦しました


 「エネルギーのかばん」では、私たちが普段つかっているエネルギーの量をかばんの重さとして体験してもらいました。


 『「くるくるレインボー宇宙」をつくろう!』というテーマで工作も行いました。竹の筆で削ると七色模様が出てくる紙に、ロケットや地球など思い思いに子ども達が描いていました。両面に絵を描いたら、紐を通しくるくる回すときれいな宇宙の風景が浮かび上がりました。

レインボーペーパーシート.jpg
夢中になって絵を描いている子ども達

 こうした工作や体験ブースを通じて、環境について子ども達が実際に体験して学べる良い機会になりました。

インターン生 畠山
Posted by MELON at 17:08
今年で7年目!仙台長町紙芝居フェスティバル☆ [2018年09月07日(Fri)]
ブログ@-2DSCN2092.jpg


「仙台長町紙芝居フェスティバル」
日時:2018年9月1日(土)10:30開演〜15:00終了
場所:石田酒店(MELON上演場所)
主催:長町まざらいん、仙台長町紙芝居フェスティバル実行委員会

ブログA.jpg

ブログ@DSCN2096.jpg

「笹谷街道」をご存知ですか?
仙台市と山形市を結ぶ重要な流通路として古くから利用されていた街道です。
その端を発する長町の笹谷街道周辺4箇所で同時に紙芝居を上演するという町興しイベントが開催されました。
紙芝居の活動を行っている団体が協力し合い、もう今年で7年目。
MELONも毎年参加しています。
スタンプラリー形式で、1作品毎にスタンプを押し、2つ集めると駄菓子がもらえるという懐かしさを感じるイベントです。
今年は雨がぱらつきました。

ブログBDSCN2101.jpg

MELONは食部会で作成した「お家のなかのネオニコチノイド?」、市販の環境紙芝居「さかなたちとのおやくそく」と「スイッチ忍者」を上演しました。
長町まざらいんが、普段から紙芝居の読み聞かせの活動をしているため、紙芝居を上演していると子どもたちがすぐに寄ってきてくれます。

ブログCDSCN2074.jpg

ブログCDSCN2081.jpg

同じ場所で劇団仙台小劇場、浪江まち物語伝え隊と交互に上演しました。
浪江まち物語伝え隊の上演する紙芝居は、震災時の体験をもとにした作品のため、大人も含め大勢の方がじっくり味わいながら聞き入っていました。

また今回は劇団仙台小劇場が「型抜き」コーナーを準備してくれたため、小さな子どももお母さんと一緒に楽しんでいました。

最後にたいはっくるで全団体が集まりファイナルステージとして、大きな紙芝居「浦島太郎」を上演!
浦島太郎が開けた玉手箱、仕掛けがあって子どもたちも大喜びでした♪
ブログDDSCN2112.jpg

D-2DSCN2115.jpg


地域イベントとして毎年続けることの大切さを感じます。
来年もまた出演します。ぜひ遊びにきてください。
紙芝居の飛び入り参加も大歓迎です☆

事務局:高橋
Posted by MELON at 15:53
田んぼの見学会にいってきました [2018年09月05日(Wed)]
DSCN2021左が無農薬、右が農薬使用.JPG

8月30日(木)に食部会で宮城野区岡田にある田んぼを見学してきました。
これは食部会にも参加されている遠藤源一郎さんの田んぼで、農薬や化学肥料を
使わず米作りを行っている田んぼです。
向かって左が農薬・化学肥料不使用の田んぼ、右が農薬等を使用している田んぼです。

 半世紀前には、仙台市の沿岸部にはメダカなどのたくさんの生きものが生息し、
子どもたちのあそび場となっていました。東日本大震災によりメダカ達の水路は
大きな被害を受け、メダカの姿はみられなくなってしまいました。
 震災の前年に、研究のためメダカを採集していた宮城教育大学は、八木山動物公園
・地元有志の里親と協力して「メダカ」を増やし、元の場所へ復活させようと保全事業
に取り組まれてます。
現在「仙台メダカ米」プロジェクトとして、遠藤環境農園さんで、田んぼにメダカを
放流し、多様な生き物と共生する米づくり、農薬を使用しない、人にも自然環境にも
やさしい米づくりを推進しています。


 
DSCN1987みんなの家.JPG



当日は、早朝に激しい雨が降りましたが、集合時間には晴れ渡り、
岡田にある「みんなの家」で周辺のお話を伺い、周辺や農園を見学しました。
農園では、あまり見たことがないほどのたくさんのトンボたちが歓迎してくれました。
コナギ、ミズアオイ(オオナギ)なども自生し、こちらも元気になりました。


DSCN2010トンボたくさん.JPG


お昼は地元の有機野菜レストランで美味しいメダカ米や野菜を味わいました。
午後は、近隣のビオトープ、園芸施設「みちさき」を見学。
その後、若林区井土地区の「井土農業生産組合」のネギ畑、冒険あそび場、
そして荒浜の慰霊塔、八大龍王碑、荒浜小学校などを訪問しました。


DSCN2046井土ネギ.JPG


DSCN2065八大龍王碑.JPG



農薬を使わない元気で環境にやさしい田んぼと生きものたちを見て、
元気をもらい、普段なかなか見られない復興の現場をみることができて、
中身の濃い見学会でした。メダカ米を作る苦労のお話も聞き、
生きものとの共生など、いろいろと考えさせられました。

今回の視察をもとに、次回は、ぜひ市民の皆さんと気軽に見学で
きるような企画を検討中です。よろしくお願いいたします。

遠藤環境農園ブログ
https://blogs.yahoo.co.jp/endoh_g/MYBLOG/yblog.html

(食部会:山形)
Posted by MELON at 14:33
「学都『仙台・宮城』サイエンスデイ2018」に参加しました! [2018年08月28日(Tue)]
ブログ用全体像(里山).jpg

開催日時:7月15日(日)9〜15時
場所:東北大学川内北キャンパス A203教室


7月15日、東北大学で開かれた「学都『仙台・宮城』サイエンスデイ2018」に参加しました。
夏休みということもあり、親子連れをはじめたくさんの方に来場していただきました。


みやぎ里山応援団から、「『生物多様性』ってなあ〜に?〜身近な自然を学ぼう!〜」と題し、間伐材つみ木や、樹種当てクイズなど、様々な展示を出しました。

ブログ用全体像2(里山).jpg

まずは間伐材のつみ木遊び。こんなに高く積み上げていました!

ブログ用つみき.jpg

次に、樹種当てクイズ。皆、真剣です。

ブログ用樹種当てクイズ.jpg

クロモジ茶でほっと一息。

ブログ用クロモジ茶.jpg

日本の里山には魅力がいっぱいあります。このブースを通して、少しでも里山に興味を持ってもらえたらうれしいです。

(インターン生 成澤)



Posted by MELON at 17:14
| 次へ