CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年12月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
記事カテゴリー
プロフィール

みやぎ・環境とくらし・ネットワーク(MELON)さんの画像
リンク集
QRコード
水神碑は何処へ?〜水の神さま調査in栗原〜 [2018年12月13日(Thu)]
勤労感謝の日である11月23日に、栗原市で水の神さま調査を行いました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日程:11月23日(金) 9:10~17:00
調査先:@ 伊豆野堰
    A 杉薬師
    B 志波姫神社
    C 高田山旧配水池水神碑
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まず、一迫輝井地区にある、伊豆野堰に行きました。
伊豆野堰とは、迫川に江戸時代の初期開鑿され、下流の水田地帯を支え続けてきた堰です。
地元の前区長さんにお話を伺い、伊豆野堰や迫川の歴史についてお教えいただきました。

ブログ用伊豆野堰.jpg


次は築館に境内を構える、杉薬師に行きました。
杉薬師は、双林寺の別名で、奈良時代に開創されたと言われている歴史あるお寺です。
国の重要文化財である木造薬師如来坐像や宮城県指定天然記念物である姥杉などが有名です。

ブログ用薬師堂瑠璃殿.jpg


このお寺には、水に関する伝承が残っています。
昔このお寺の周りには七つの池があり、そこにタニシが棲んでいたそうです。ある日、火事が起きてしまい、本堂の薬師如来も危ぶまれたのですが、なんとたくさんのタニシたちが薬師如来を守ったのだそうです。

水に関する伝承が残っている、とても興味深い場所でした。


続いては、志波姫(シワヒメ)神社にいきました。ここは、奈良時代の創建と言われ、木花開耶姫命(コノハナサクヤヒメ)を祀っています。
この神社はもともと別のところにありましたが、一度火災により廃れてしまいました。その後、伊豆野堰開鑿に成功した当時の領主である古内主膳が、下流の村の守護神として現在の場所に遷座し、再興されました。伊豆野堰を訪れた後に行ったので、伊豆野堰ゆかりのこの神社もとても興味深かったです。

ブログ用志波姫神社.jpg


そして、この神社の裏手には、たくさんの石碑がありました。その中には、雷神碑など、水の神さまの石碑もありました。

ブログ用石碑たち.jpg


最後に、高田山旧配水池へいきました。
高田山配水池には、水神碑がありました。しかし、高田山配水池は移転してしまい、水神碑は何処へ行ったのか、水部会メンバーは皆心配していました。
そこで、かつて高田山配水池があった場所へ水神碑を探しに行ったのです。

ブログ用配水所跡.jpg

配水池跡は、このようにフェンスで囲まれた場所に、水道施設と思われる建物が建っていました。
水神碑を探してみると……

ブログ用水神碑.jpg


ありました!
フェンスの中に、ちゃんと残されていました。皆、水神碑の存在を確認し、安堵していました。



今回はたくさんの場所を訪れ、たくさんの水の神さまや水にゆかりのあるものに出合い、とても充実した調査になりました!

(インターン 成澤 朋紀)
Posted by MELON at 16:45
『環境フォーラムせんだい2018』に出展しました  [2018年12月12日(Wed)]
DSCN3755.JPG

◆日時:12月2日(日)10:00〜15:00
◆場所:せんだいメディアテーク(仙台市青葉区春日町2-1)
◆主催:杜の都の市民環境教育・学習推進会議(FEEL Sendai)


今年も、食部会で『環境フォーラムせんだい2018』に参加出展しました。

ステージ発表では、開会宣言の後、紙芝居「ネオニコチノイド系農薬ってなぁに?」をボランティアの方が読み手となり、上演しました。ネオニコチノイドという農薬の現状、影響などをわかりやすく紙芝居にまとめたものです。

全体で20団体が、環境や自然保護などに関するテーマに日頃の研究成果を発表したり、ワークショップを行いました。
MELONのブースでは、ネオニコチノイド系農薬の影響などについてや農薬不使用の田んぼの様子の資料を掲示し、説明しました。


DSCN3746.JPG


ネオニコチノイド系農薬について、まだ知らない人も多く、生態系に及ぼしうる影響などを説明し、また農薬不使用の田んぼで行われている「メダカ米プロジェクト」(メダカを田んぼに放し、生態系を取り戻す)などについて説明しました。

ステージ発表では「川村孫兵衛と四ツ谷用水」のDVD、午後からは「第18回環境甲子園 表彰式」、そして紙芝居第2作目「暮らしの中のネオニコチノイド」を上演しました。

2作目では、農薬以外にも日常生活に使われているネオニコチノイドについての現状や影響をまとめてみました。

ちなみに紙芝居は2作ともHPからダウンロードできます!
みなさん、ぜひご覧いただき、お役立てください。

http://www.melon.or.jp/melon/syokubukai.html


何事も現状をしっかり把握することが問題解決の第一歩ではないでしょうか。プラスの面が大きいほど、マイナスに作用することがよくあります。現状をよく把握し、マイナスの状況が発生したらできるかぎり改善の対応をおこない、みんなが住みよい環境を作っていきたいですね。

(食部会 山形)
Posted by MELON at 17:41
MELONcafe11月 松ぼっくりのサンタ作りを行いました [2018年11月17日(Sat)]
サンタ表紙.jpg

イベント名:クリスマスを楽しく♪松ぼっくりのサンタ作り
日時:11月17日(土)13:30〜14:30
場所:MELON事務所内スペース(仙台市青葉区柏木1-2-45フォレスト仙台5F)

こんにちは。今日はMELONcafeプチ講座11月として、
松ぼっくりのサンタ作りをおこないました。今回は5名の方にご参加いただきました

サンタ作業中.jpg

はじめに、プチ環境講座として、森林保全のお話をしました。
宮城県の森林の木は、広葉樹の割合が一番多く、次に杉、松という順番です。
次に、松ぼっくりをつかってサンタをつくっていきます。

サンタ集合.jpg

個性豊かでかわいいサンタとクリスマスツリーがたくさんできました。


次回のMELONcafeはロウソクをリメイクして、リメイクキャンドルづくりを行います。
日程は12月15日(土)13:30〜15:30 場所は今回と同じくMELON事務局内スペースで行います。
ぜひお越しください。

インターン生 畠山
Posted by MELON at 15:01
仙臺農塾Vol.7が始まりました! [2018年11月12日(Mon)]
DSCN3210ブログ.JPG

仙臺農塾Vol.7 第1回
「こころ満たされる野菜作り〜共生し育てる有機農業」
■日時:2018年11月7日(水)19:00〜21:00
■ゲスト:和田智子さん(色麻町農家)
■会場:みのわ(仙台市青葉区二日町17-12)
■参加人数: 16名


Vol.7第1回農塾が11月7日、二日町にある「みのわ」さんで開かれました。

今回は、11月3日から開催されているオーガニックウィークとタイアップして、
色麻町から有機野菜作りに取り組まれている、ともちゃんの野菜畑 主(ヌシ)
和田智子さんをお招きしました。
野菜や卵作り、その他お仕事に関する貴重なお話を
していただきました。


DSCN3255ブログ.JPG


和田さんは、農薬や化学肥料を使わず、EM菌、米ぬかを使用して鶏糞を発酵させた
肥料などで野菜を育ています。また、その野菜の端材を、雑木林の中で放し飼いに
している鶏に与え、循環型で無駄のない農業を30年ほど行っているとのことです。

あるとき土の大切さに気付いた和田さんは、土作りから始め、トマト、ジャガイモ、
ニンジン、小松菜など、今では80種類の野菜を栽培されています。

和田さんは、とてもお元気で、心から仕事を楽しんでいらっしゃるようでした。

「みのわ」のみなさんと和田さんの娘さんにもお手伝いいただき、一緒に心の
こもったお料理を作っていただき、とってもあったかな農塾第一回となりました。


DSCN3213ブログ.JPG


みなさま、ご協力大変ありがとうございました。

仙臺農塾第二回の2月27日開催「井土の湧き水が育むネギ物語」は、12月下旬に
募集開始となります。またあらためてご案内いたします。
お楽しみに!


(食部会 山形)
Posted by MELON at 17:41
「オーガニックウィーク仙台」開催中!合同定期市に行ってきました♪ [2018年11月09日(Fri)]
全体の様子.jpg

「オーガニックウィーク仙台」とは、一年の中のある一定の期間中、オーガニックに関するイベントやセミナー、セール等を実施して、少しでも多くの人がオーガニックに触れ、意識を高めることを目指したキャンペーンです。今年は11/3〜11/11まで開催中♪

今日は勾当台公園市民広場で開催されている定期市、朝市・夕市ネットワーク合同産直市に行って来ました!
あいにくの雨でしたが、じわりジワリとお客様がきて、お目当の野菜、お米などを購入していました。
オーガニックウィーク仙台ののぼり旗を掲げているのは「田伝むし(でんでんむし)」さん。
農薬・化学肥料不使用のお米、そのお米で作った甘酒などを販売していました。

ともちゃんの野菜畑販売の様子.jpg

オーガニックウィーク仙台のイベントとして、MELONでは11月7日(水)に、
仙臺農塾Vol.7第1回「 こころ満たされる野菜作り〜共生し育てる有機農業」を開催しました。
そのゲストである和田智子さんも出店するため、オーガニックウィーク仙台オリジナルのぼり旗を持って馳せ参じました!

ともちゃんの野菜.jpg

「ともちゃんの野菜畑」の新鮮有機野菜お目当の常連さんは開店時間めがけて来ていたそうです。
先日の農塾初参加者も朝イチで来てくれたとのこと。

和田さんの魅力、そしてお野菜の味、恐るべし!
農塾当日の様子は後日ブログにアップしますのでお楽しみに(^ ^)

MELON食部会にも所属している「遠藤環境農園」の遠藤源一郎さんも出店していました。
メダカも住める、農薬・化学肥料不使用のメダカ米やお野菜を広げていました。
遠藤環境農園.jpg

メダカ米.jpg



ヴィーガンのランチボックス.jpg

その横で、遠藤環境農園の野菜を使用したランチボックスを発見!
身体に優しいお料理・お菓子を提供している「ORGAN」。
「乳製品が身体に合わないんだけど、おいしいごはん・オヤツが食べたい!」という方、検索してみてください。ランチボックスもお菓子もとってもおいしかったです♪食べたら身体が軽くなりました!

ヴィーガン.jpg



そして仙臺農塾の立役者の一人であり、名取のセリ農家といえば、三浦隆弘さん。
セリはあっという間に売れてしまいました(私は古代米を購入♪)
セリ農家三浦さん.jpg



楽しいもの、おいしいものがいっぱいの定期市。
お財布の中身は軽くなりましたが、帰りの荷物は心地よい重さになりました。
オーガニックの食品は身体にも良いけれど、環境にも優しい。

今後もオーガニックを広める活動を応援していきます!


◆「オーガニックウィーク仙台」のオリジナル動画がYouTubeでアップされています☆
ぜひご覧ください!
You tube
https://youtu.be/xOZwHqds08c

◆「オーガニックウィーク仙台」について知りたい方はこちら♪
WEBサイトURL:本サイト上でオーガニック・ウィーク期間中の様々な催しを紹介しています。
https://www.organicweek.jp/

(食部会担当:高橋)
Posted by MELON at 18:26
尚絅学院大学でキコリ体験会を行いました! [2018年11月07日(Wed)]
開催日時:10月27日(土) 10:00〜14:10
場所:尚絅学院大学
参加人数:45人

尚絅学院大学で「秋の森でキコリ体験会」を行いました。
親子で来られた方が多く、45人と沢山の方々にご参加いただきました。

宮城県勝呂さんより森林整備の必要性のお話をいただきました。
午前はあいにくの雨で、屋内でクラフト作りを行いました。

DSC_06321.jpg

竹笛や間伐材のクラフトで動物を作りました。
どう作ろうか悩みながらも、自分なりに工夫してクラフトを作っている姿が印象的でした。

DSC_06422.jpg

薪割体験も親子で楽しく、薪を割りました!
小さな子どもでも、エコ森林さんの指導で上手に割れました。

DSC_06544.jpg

次は、柳の木をチェーンソーで倒しました。
木の中が腐っていたので、ちょうど切り時だったようです。

DSC_06863.jpg
DSC_06764.jpg

子どもも、大人も楽しく木こり体験ができてよかったです。
今後も、森林保全をテーマにイベントを実施していきますので是非参加ください!
(インターン成澤)
Posted by MELON at 17:07
七郷市民センターへリメイクキャンドル出前講座に行ってきました☆ [2018年10月30日(Tue)]
ブログ@DSCF8738.jpg

10/30(火)七郷市民センターにて「ママ友つくって毎日はっぴぃ」3回連続講座の3回目の講師としてお呼ばれしました。
ママさん達が子育てしながら交流できるようにと、企画されたそうです。
リメイクキャンドルは火を使う作業があるので、子ども達は1階の託児室で遊びつつ、ママさん達とリメイクキャンドル作り。

まずは、ごみの分別についてちょこっとお勉強してから始めました。
ブログADSCF8722.jpg

※以下の分別ルールは仙台市のルールです。
★ペットボトルは、ラベルをはがし、フタをはずし、軽くすすいでつぶしてから黄色い回収箱へ。
→リサイクルする際、ラベルとキャップが混ざらない方が純度が上がるため良いそうです。
→ラベルとフタは「プラスチック製容器包装」として分別です。

★マヨネーズなどの容器は水で軽くすすいで、フタをはずして「プラスチック製容器包装」として分別。
→「家庭ごみ」にしていませんか??

★おもちゃやバケツなどの「プラスチック商品」は「プラスチック製容器包装」として分別できないので「家庭ごみ」として捨てる。
→分別できるのは「容器包装」としてのプラスチックです。

などなど。

皆さん、ごみの分別をしっかりしているようでとても頼もしかったです。
子どもたちが大きくなった時、しっかりとごみの分別を教えてくれるママさん達になること間違いなし!

そしてキャンドル作り開始。
セレモニー会場で使用するロウソクは1回使っただけでごみになってしまいます。
そのロウソクをもう一度リメイクしてかわいいキャンドルを作りました。
ブログBDSCF8729.jpg


ブログCDSCF8732.jpg


ブログDDSCF8736.jpg

さすが、ママさん達。
てきぱきと作業をしてくれてあっという間に色とりどりのキャンドルが出来上がりました。
ブログEDSCF8742.jpg


これからクリスマスの季節。
食卓に素敵なキャンドルを灯すといつもと違った楽しさを味わうことができます。
アルミホイルや小皿など燃えない素材でキャンドルホルダーを準備して、気を付けて楽しみましょう♪

11月、12月とMELONcafeプチ講座ではクリスマスの向けのイベントを開催します。
お申込みお待ちしております!!

★11/17(土)「クリスマスを楽しく♪松ぼっくりのサンタ作り」
★12/15(土)「ロウソクをリメイク♪リメイクキャンドル作り」
チラシURL
http://www.melon.or.jp/melon/img/paper/181117-1215cafe.pdf

(事務局:高橋)
Posted by MELON at 16:01
「ごみのゆくえを見てみよう!」を開催しました。 [2018年10月17日(Wed)]
DSCF8634_5圧縮.jpg

MELON環境市民講座 環境施設見学会
「ごみのゆくえを見てみよう!」を開催しました。

日時:2018年10月17日(水) 9:50~15:10
参加者:24名

この見学会は、普段家庭やお店などから出ているごみがどのように集められ、その後、処理されているのか実際の施設を見学することにより、分別の意義や、4R(「リデュース」、「リユース」、「リサイクル」、「リフューズ」)の大切さを学ぶことを目的に開催しております。

DSCF8570_0圧縮.jpg

当日の朝はあいにくの雨模様となってしまいましたが、仙台市役所前から「ワケルくんバス」に乗って出発。一日を通して仙台市環境局家庭ごみ減量課の斉藤さんにガイドをしていただきました。

DSCF8578_1圧縮.jpg

午前の見学先は「株式会社泉リサイクルセンター」です。

DSCF8582_2圧縮.jpg

こちらの施設では企業が排出した資源ごみを圧縮する施設です。

運ばれてきた発泡スチロールは、シールなどの不純物を取り除いたあと、破砕処理を行います。
その後、約230度の高温で溶融処理し、「インゴット」を作成します。

DSCF8592_4圧縮.jpg

「インゴット」は買取業者により搬出され、様々な工程を経て私たちが普段利用している定規やプラスチック製品へ再商品化されています。

お昼休憩をはさみ、午後は「新港リサイクル株式会社」です。
こちらの施設では、家庭から集められているプラスチック製容器包装を分別し、再商品化まで行っています。
まず、家庭から集められたプラスチック製容器包装は、手作業によって不適物を取り除きます。

DSCF8634_5圧縮.jpg

不純物として取り除かれたもののなかには「包丁」や「スプレー缶」、「ライター」などもあり大変危険な作業でもあるとおっしゃっていました。

機械にて圧縮された後、再商品化施設へ運ばれ、荷物を運ぶパレットなどのプラスチック製品の材料へとリサイクルされていました。
パレットを製造する作業は高温で行うため、夏はとても厳しい作業になるそうです。

DSCF8650_6圧縮.jpg


今回ごみ処理施設を2ヶ所見学し、ごみのリサイクルには多くの人の手間がかかっているのだと、あらためて実感しました。


参加された方からも

・手作業していることにおどろいた。
・リサイクルセンター内での作業の大変さを知ることができた。
・ごみも資源として分別が必要と解った。

という感想を頂きました。

今回、見学会に参加してくださった方々、本当にありがとうございました。
MELONでは今後も様々な方に「ごみの減量」を意識していただけるように、様々なイベントを企画していきたいと思います。

(インターン 鈴木)
Posted by MELON at 16:21
11月農塾打ち合わせに行ってきました! [2018年10月12日(Fri)]
DSCF8564.JPG




11月7日にある農塾Vol.7第1回「命を支える〜野菜と鶏の循環有機農業」(仮題)のゲスト・和田智子さんと打ち合わせに行ってきました。

本日、和田さんは親子で、勾当台公園の市民広場で開かれている「
朝市夕市ネットワーク合同定期市」に参加されてました。

直接、お客様と交流しながら、自分で生産したものを販売するのが
和田さん流のやり方だとのことです。
 
和田さんは長年、こだわりの循環型の農業を実践しており、
生産者としてストレスフリーでベストの方法であるとおっしゃっていました。

詳しいお話しは、ぜひ農塾でお聞きください。
特に初めての方大歓迎です!お誘いあわせの上お気軽にご参加ください。
お待ちしております!!



DSCF8562.JPG

<開催概要>
仙臺農塾Vol.7 第1回
「命を支える〜野菜と鶏の循環有機農業」

■日時:2018年11月7日(水)19:00〜21:00

■ゲスト:和田智子さん(色麻町農家)

■会場:みのわ(仙台市青葉区二日町17-12)

■定員: 16名

 ※農塾参加初めての方枠を設けております。初めての方もお一人様も大歓迎です!!
 ※リピーターの方は、食の関心を広げるため、ぜひお友達などお誘い合わせいただければありがたいです♪

■参加費:3,500円(料理代+飲み物1杯含む)※調整中です!
 ※前日正午以降のキャンセルの場合、キャンセル料をご負担いただきます。

■内容:美味しいご飯をいただきながら、ゲストからの話し、ゲストや参加者とのコミュニケーションを楽しむ場とします。

■参加申し込み:Facebookのメッセージか、MELON事務局の連絡先へお問い合わせください。
※メールの際は、【件名】に「仙臺農塾」と入れていただけると助かります。
@氏名 A連絡先(電話番号※携帯電話推奨) Bメールアドレス C何回目の参加か(だいたいでいいです)
をご連絡ください。

フェイスブック 仙台農塾 https://www.facebook.com/sendainoujuku/

●TEL:022−276ー5118
●FAX:022−219−5713
●Mail:melon@miyagi.jpn.org
※ご連絡いただいた後、受付完了のご連絡を致します。
 3日経過しても連絡がない場合は、お手数ですが再度お問い合わせください。


《食部会 山形》
Posted by MELON at 16:26
9月26日に4R推進部会で、海岸ごみの調査活動をしました。 [2018年10月03日(Wed)]
全景.jpg

9月26日に4R推進部会の活動として、仙台市沿岸部の深沼海水浴場へ海岸ごみの調査活動に行ってきました。

ごみ収集中.jpg


定点観察として、前回7月の海岸ごみ調査と同じ場所で、砂浜表面のごみを集めます。

ごみ仕分け.jpg

しかし、見つかったのは、プラスチック片が数個のみでした。
blog (4).JPG
↑が7月に全く同じ場所で集めたごみなのですが、まったく量が違います…

これは、数日前の風雨の影響で、海岸ごみが砂に埋もれてしまったためと考えられます。

海岸ごみの調査後は、週末のMELONフェスタで展示するためのプラスチック粒(レジンペレット等)を収集しました。
レジンペレット収集.jpg

全員で黙々とあつめ、沢山の量を収集できました。
集めたレジンペレット.jpg

こうした、海岸ごみの調査は今後も継続して行っていきます。

インターン生 畠山
Posted by MELON at 17:01
| 次へ