CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2019年07月10日

【2019第10回】ゲスト講師 ベンチャー支援者・作家 徳本昌大さん

受講生のみなさん

本日ご登壇いただくゲスト講師は、明治大学の先輩で作家であり、数多くのベンチャーを応援している徳本昌大さんです。

IMG_20190710_172453.jpg

徳本さんは、最初のあいさつリーダーに躊躇していた
明大の後輩たちに、強烈なメッセージを発してくださいました。

それは、徳本さんの信条でもある「偶然力」を
味方をつける話です。

 人生には、予測不可能なことのほうが多いし、
 あなたは遭遇する人々や出来事の影響を受け続けるのです。
 結果がわからないときでも、行動を起こして
 新しいチャンスを切り開くこと。
 偶然の出来事を最大限に生かすことが大事なのです。

 J.D.グランボルツ

徳本さんは、毎日、書評ブログを書くことで、
著者である経営者、コンサルタント、編集者と
どんどん友達になっていきました。

IMG_20190710_183130.jpg

ブログを書くということは
誰かを応援する。ギブをするということ。

好きなことを好きな人と
するようになってから
人生がうまくいくようになった。

これがルール。
あとはその人が好きな人かどうか。

IMG_20190710_173816.jpg

様々な会社の社外取締役をするうちに
専門外のスキルも詰めるようになった。

コーチングで人生を変えると決めて
100の夢リストを書いてみる。

IMG_20190710_174528.jpg

お父さんお母さんに未来の相談をしてもダメ。
ブレーキを踏む人とはつきあうのをやめる。

幸せな人、元気な人、ビジョナリストと付き合う。

IMG_20190710_174528.jpg

受講生のみなさんは、徳本さんのメッセージや
10箇条を胸に、最終講義での「夢」発表に
取り組んでください。

そして、徳本さんが驚くようなビジネスプランがあれば
直接提案してみてください。


#ビジネスプロデューサー #徳本昌大 #書評ブログ
https://tokumoto.jp/







この記事へのコメント
私はこの授業で初めて、カレーパーティーに参加しました。理由としては徳本さんとの考え方の共感、また、徳本さんの話を聞き、私も徳本さんのように行動をまず起こし、発信する人間へとなりたいと考えたからです。
私はその日から毎日日記をつけるようになりました。今はテストなどといろいろ重なり発信は出来てませんが、テスト終わり次第すぐにブログを開設し、発信したいと考えています。

貴重な授業をありがとうございました。
Posted by 荏原空 at 2019年07月24日 13:26
講義ありがとうございました。
アイデアを得るためにどうしたらいいかという事を具体的に教えていただき、今後自分がやっていきたいと思う事がいくつもありました。
失敗した中でも実際に得られたお話を聞き、恥ずかしがったり、恐れたりして行動しないより、計画に固執せず柔軟に、積極的に動いて偶然的にアイデアを得ることは非常に大事な事だと思い、今後取り組んでいこうと思います。
Posted by 深尾 駿一 at 2019年07月22日 18:10
徳本さんのお話では「計画的偶発性理論」のお話が印象的だった。

「計画的偶発性理論」とは、スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授が提唱したキャリア理論のことだ。

内容は以下の様なものだ。
・個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される
・その偶発的なことを計画的に導くことでキャリアアップをしていくべき

少し難解な理論なので個人的な解釈を言語化して見ると、
「『キャリアの8割が偶然なら頑張る意味なくない?』と言うことではない。その偶然をただ受け身で待つのではなく、自ら偶然を起こせる様に積極的に行動することで偶然を意図的に生み出し、機会を最大限活用するべきだ」、、ということだと解釈している。

物事に主体的に取り組むのは「7つの習慣」にも共通している。
「主体的である」ことは成功するための普遍の真理なのだろう。

今回の講義で教えていただいた「偶然力」を自分のものにできる様、日頃の行動で高めて行きたい。
徳本さん先日は貴重な講演ありがとうございました!
Posted by 佐藤昭啓 at 2019年07月18日 01:14
徳本さんの意見はどれも鋭く、自分の弱みを気づかされる様なものばかりでした。
中でも最も印象的であったお言葉が「自分にブレーキをかける人に相談せず、自分の夢を応援してくれる人に相談しよう。」というものでした。親などは自分の身を案じたうえで静止してくれる場面というのは多々ありますが、必ずしもそれだけが政界ではないことに気づきました。
お忙しい中、ありがとうございました。
Posted by 河村健太郎 at 2019年07月17日 19:10
今回の講義は作家の徳本さんの講義でした。
受講してみてすぐに動き出す力、偶然を信じる重要性、そして偶然を引き寄せるルールなど、偶然の大切さについて学びました。
人生は偶然の連続であり、時には偶然を信じてやってみることも大切なんだと感じました。
Posted by 山内海世 at 2019年07月16日 12:10
徳本さんの講義では、実際のアクションプランをいくつも挙げていただいて、誰もがそのスタートを切れるのだろうなと思いました。
悪い習慣を良い習慣に変えて行くことで毎日が楽しく充実したものになるというお言葉が大変印象に残りました。
私も早速、休眠状態にあったブログを更新して、自分のプラットフォームを徐々に築き上げていきたいと思います。
Posted by 加藤 雅人 at 2019年07月11日 21:35
徳本さんの講義を聴いて、毎日楽しいと人前で口にできる社会人はどれほどいるだろうかと考えてしまいました。朝4時に起きてブログを書いて本を読む。時間が無いなんて言ってられないなと痛感しました。仰っていた通り、行動には勇気を必要とすることもあります。大丈夫、どうにかなるのマインドを持って、何事にもチャレンジし続けていこうと心に決めました。
Posted by 荒井祐哉 at 2019年07月11日 20:08
多くの人が「行動することの大切さを学びました、行動したいと思います」といった類のことを書くと思います。
しかし、実際に行動する人は100人に1人、継続できる人は1000人に1人です。これはこの半年間、そして今回の授業で痛いほどよくわかりました。
とにかくスピード、勢い、やる気。風通しがいいからベンチャー行きたいなんて生ぬるいことは通用しないと学びました。
感想を書いて終わるにはあまりに勿体無いので、モチベーションが下がる前に行動します。(自分のコンテンツが見つかったので書いてみます)
Posted by 仲 隆之介 at 2019年07月11日 14:27
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック