CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2013年11月20日

【2013講義08】推薦書とセミナー集客のブログ記事とコピー作成

受講生のみなさん

 こんにちは!くめのぶゆきです!

 今日は、みなさんで共通の課題について
 ブログ記事、Twitter&Facebook用書き込みを
 考えていただきます。

 テーマは、

 来る2013年12月11日に、当講義内で行われる

 拙著「ピンで生きなさい」出版記念無料公開講座のご案内と集客です。

016cover.JPG

 みなさんの学内のお友だちはもちろん、明大以外の学生や
 ご兄弟、インターン先の方など、みなさんがネットでつながっている方が
 この講演会に来たくなるような「題名、コピー、記事」を考えてください。

 この本の、まえがきは以下の通りです。


■まえがき

「ピンで生きる人」と聞くと、どんなイメージが浮かぶだろうか?

 ピン芸人、個人事業主、弁護士、会計士、開業医、料理人、アーティスト…そんな特別な専門家を思い浮かべる人が多いかもしれない。

 しかし、この本で勧める「ピンで生きる人」とは、そんな特殊技能を持った個人に限らない。必ずしも、個人で独立して生きている人でなくても良いのだ。もちろん、独立や起業を積極的に勧める本でもない。

 むしろ、組織に属している「普通の人たち」にこそ読んで欲しい。
たとえ。保守的な職場に勤めていても「ピンで生きる」ことはできるからだ。
新規事業とは無縁の管理部門にいても「ピンで生きる」ことはできるはずだ。

「ピンで生きる」とは、心が自由で、とらわれのない生き方である。
「ピンで生きる」とは、人目を気にせずに、わが道を行く生き方である。
「ピンで生きる」とは、派閥に属さずとも、皆から尊重される生き方である。
「ピンで生きる」とは、どんな環境でも順応して、楽しめる生き方である。
「ピンで生きる」とは、逆境をバネに、縁×運×勘を高める生き方である。
「ピンで生きる」とは、仕事の充実も、個人の幸せも追究する生き方である。
「ピンで生きる」とは、内外の人に認められ、仕事を任される生き方である。
「ピンで生きる」とは、心に映るものは、何でも面白く見える生き方である。
「ピンで生きる」とは、年を重ねるほどに、人生が充実する生き方である。

 他にも、この本の中で「ピンで生きる」生き方について詳しく紹介している。読み進めば、「ピン=つらい」「ピン=ひとりぼっち」というマイナスイメージを払拭してもらえるだろう。ピンで生きれば、人生の楽しみが膨らむ。眠っていた才能が開花して、人生が思わぬ展開を見せる。ネットワークが広がって、新しい仲間や生涯の親友も増える。本来の自分に出会う生き方が送れる。
 ありがたいことに、誰でも、毎日の心がけ次第で、「ピンで生きる」力を少しずつ磨き上げることができる。自分の進む道を、自分の力で変えられる。

 ものぐさで怠け者。人類と人生の終わりしか考えられないような、夢の無い子供だった私でさえできたのだ。親から決められた道を歩むと、ぼんやり人生を考えていた私でも、気がつけば「ピンで生きる」道を歩むことができた。

 だから、誰もが「ピンで生きる」力を秘めていると確信している。

 残念ながら、日本の会社も役所も、20世紀を引きずる今までのやり方では、新しい時代の変化についてはいけないだろう。好むと好まざるとに関わらず、組織も個人も変革を迫られることになる。

 これは、個人にとっても、日本にとっても、大きなチャンスである。

 どうせ社会が変わるなら、大波に巻き込まれる前に、自ら動いた方が良い。そう考える人が増えるからだ。これまで「ピンで生きること」を封印してきた人が、自らの殻を破って変身を遂げる日は近い。生き生きと楽しそうに人生をシフトした人を見れば、周りの人も影響されて、ピンで生きようとするはずだ。

 本来は誰もが持っている「ピンで生きる力」を取り戻す人が、全体の1割、さらには2割現れたとしたら、組織も日本も大きく変わる。ただ、景気が良くなり経済が回復するだけではない。多士済々の個性的な人、元気で行動的な人が増えて、社会全体が明るく楽しくなる。誰もが止めたいのに止められなかった、古い弊害や官僚組織も改められて、新しい時代が始まる。ますます日本の魅力が高まって、世界からの注目が集まる。きっと誰もが楽しくなる。

 さあ「ピンで生きる人生」へと一歩踏み出そう。仲間と一緒に舵を切ろう。



■宿題

【明大ブログ起業論受講生&OB必読書>必修課題です
 寺田元さん新著「売らないから売れる」感想記事作成】

経営者会報ブログ「一問百答」と「前期講義」でお世話になった寺田 元さんが、素晴らしい著書を出版されました。必ず、みなさんのお役に立つので、来週まで読んで、感想記事をブログ書くこと。その記事を、11月30日の出版記念講演会の私の講演パートで発表します

https://www.facebook.com/nobukume/posts/10152016146149648



▼今日のレジュメ
13明大後期08.pdf
この記事へのコメント
夜分遅くに申し訳ありません。
明治大学4年の村田宏平です。

前回の授業で紹介させていただいた、ブログHPを改善させていただきました。
前日になってしまい申し訳ありませんでした。
よろしくお願い致します。

また、「ピンで生きなさい」、講座の書き込みを、ブログ、FACEBOOKにて、紹介させていただきました。

ブログ:http://blog.canpan.info/seityou/
FB:https://www.facebook.com/kohei.murata.927?ref=tn_tnmn
Posted by 村田 at 2013年11月30日 00:42
facebookで紹介記事を書かせていただきました!
よろしくお願いします!
https://www.facebook.com/#!/shunsuke.sakurai.77


また、ブログも併せて紹介させていただきます!
最新記事は、映画「チャーリーとチョコレート工場」に出てくるワクワクするチョコレートの紹介です!

ブログ「チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート」
【憧れのWONKAのチョコレート〜ミステリアスな新フレーバー味の真相に迫る〜】
http://blog.canpan.info/chocolate
Posted by 櫻井 at 2013年11月22日 20:07
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/909950
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック