CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«「ホンキでテレビがCSRフォーラム2010」PDFちらしダウンロード | Main | ホンキでテレビがCSRフォーラム2010 開催レポート»
カテゴリアーカイブ
最新記事
プロフィール

さんの画像
メディアCSR
プロフィール
ブログ
世界を視るフォトジャーナリズム誌DAYS JAPAN 環境とCSRと志のビジネス情報誌オルタナ
リンク集
http://blog.canpan.info/meia_csr/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/meia_csr/index2_0.xml
ニュースツイート!みんなの報道番組 [2010年07月22日(Thu)]

世界には多くの社会問題・環境問題が存在しています。

私たちが、これら問題を知り、考え、行動するためにはまず「情報」が必要不可欠です。

長年に渡り、青年による環境問題解決に取り組んできた国際青年環境 NGO A SEED JAPAN は、この構造に着目し、メディア CSR プロジェクトを立ち上げました。

メディア CSR プロジェクトは、「送り手であるマスメディアは企業としての社会的責任 (CSR) を果たし、受け手である市民は、主体的に情報を得る手段 ( メディア ) を選択する社会を創造すること」を目的としています。

マスメディアが、視聴者である市民が「知りたい」「伝えたい」「提案したい」ことは何であるかを把握し、それを発信することに努め、市民が CSR を果たしているメディアを選択する社会になれば、世界に存在する社会問題・環境問題の解決に近づくことができると考えられます。


 現在テレビは視聴率が基準になって番組制作が行われています。

これは、バラエティ等の番組だけでなく、私たちの重要な情報収集の機会である報道番組でも同様です。

この視聴率が伝えているのは、本当に私たち視聴者の声でしょうか。

より具体的で番組制作に反映できる声は、私たちが実際に番組を観て感じたこと、考えたことが言葉になったものではないでしょうか。


これまで、このような市民の声は、メールやファックスといった第3者に見えづらい手段で、ばらばらに発信されていました。しかし、ツイッターの登場によって、第3者に見える形で、まとめてテレビ局に発信することが可能になりました。

そこで、メディア CSR プロジェクトでは、地上波放送が地上デジタル放送に完全移行する 2011 年 7 月 24 日までに、新たな放送の象徴である東京スカイツリーの高さ 634m に掛けて、6,340,000 の報道番組に対する視聴者のツイートを集めることを目指します。


テレビの報道番組に変わってほしいと考える全ての人は、是非ニュースツイートに参加しましょう!テレビを変えるのはあなたです!

1)メディアCSRプロジェクトが呼びかける「大手民間テレビ企業の報道番組について一緒につぶやこう」というアクションです。まずは毎週月曜、News23クロス@TBS、ワールドビジネスサテライト@テレビ東京など、ASJの公開アンケートで「NPOとの協働に関心がある」とご返答頂いた局から。参加者がふえるにつれて、自然発生的に他局の報道番組、月曜日以外の日にも拡散していきます。


2)ハッシュタグは「 #TVcsr 」です。報道番組について評価する基準として「知る・伝える・提言する権利を守る責任を果たしているかどうか」を推奨しています。基本はタグも基準も個人の自由。タイムライン(タグ検索)はこちら(http://bit.ly/tvcsr_news)(参考:ツイログhttp://twilog.org/TVcsr

3)つぶやく場としては、「日本のお茶の間・ピーチク」(予備として「ツイテレ※」)を利用させていただきます。自動的に各民放のTwitter IDへの「@」と、番組への「#」が設定されます。 (@tbsと#tbs、@tvtokyoと#tvtokyoなど) 不具合が生じた場合は、手動でタグをつければOK。その場合、「Hootsuite(フートスイート)」というウェブサービスを使うと、複数のタイムラインやアカウントを管理出来てとっても便利です。
 ※ピーチク(ptic.jp)、ツイテレ(twtv.jp)はTwitterユーザーがテレビを見ながらつぶやくサイト。

4)メディアCSRプロジェクトのウェブサイト上で、一定期間ごとにつぶやきの集約と分析を公開します。鋭く報道番組を評価しているツイートを表彰します。その結果を、各大手民間テレビ企業にリリースする事で、視聴者の声を届けるまでが、「ニュースツイート」のだいご味です。

★ニュースツイートのための「ホンキでテレビがCSR」推奨基準★

 【知る権利を守る責任】ジャーナリズム度(知る度・世論喚起度)
 ・その日に扱うニュースとしての選別や扱い方、掘り下げ具合やわかりやすさを主観・直観で評価

 【伝える権利を守る責任】コミュニケーション度(伝え度・世論醸成度)
 ・より多様・多彩な関係者からの声を反映しているか(記者クラブの発表、御用学者によるニュースだけでなく)、世論形成に良い影響を与えているかを主観・直観で評価
 
 【提言する権利を守る責任】アドボカシー度(提言度・権力監視度)
 ・政府や企業を監視する要素、問題の原因と解決策にまで突っ込んで報道しているかを主観・直観で評価

 【その他】
  ・被害者の視点を持ち政策提言しているNGO(特に民放テレビ初登場の)との協働は高く評価。


★ニュースツイート参加の注意事項★

▶ツイッターを知る 
 ニュースツイートに参加する人はまずは、ツイッターを始めなくてはいけません。ツイッターのアカウントをアカウントを持っていない人は、3頁の「ツイッター基本編」を読んでアカウントを取得しましょう。既にツイッターのアカウントを持っている人は、「ツイッター応用編」でツイッター上のコミュニケーションの作法を知ってから、ニュースツイートに臨むとより楽しむことができると考えられます。

▶ニュースツイートのマナーを知る
 ニュースツイート参加者は、ツイートにハッシュタグ #tvcsr をつけて、報道番組を観ながら自由にツイートします。メディア CSR プロジェクトは、この際にマナーとして参加者に気をつけて欲しい点を 4 つ挙げています。( 下左図 )まず、1 つ 1 つのツイートは自分のツイートであることを自覚し、自己責任でツイートしてもらいたいという点です。

【5】問合せ・フォローのお願い
Email:mediacsr@gmail.com
@mediacsr(プロジェクト汎用アカウント) @tvCSR(News Tweet専用アカウント)

【ニュースツイート・みんなの報道番組マニュアル(ダウンロード)】

【参考】Twitterを活用したNGOアクション参考情報
●MDGs2015「世界の『貧しい』を半分に!」http://www.janic.org/more/mdgs/special/
トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
http://blog.canpan.info/tb/560863

コメントする
コメント