CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«気仙沼の空にくじら雲 | Main | 手仕事をどう設計するのか»
<< 2015年10月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
リンク
プロフィール

megumiさんの画像
コメント
ケンケンママ
ケンケンとサンタ (01/01) おかみちゃん
ペレットストーブがさざほざに来た! (12/20) 山本泰
高須幸雄前国連日本大使の被災地訪問 (10/17) 清水恭子
高須幸雄前国連日本大使の被災地訪問 (10/16) 安孫子南美
4つのプロジェクト (10/06) 梶田 良
白いコンテナにオレンジの家 (10/05) 松本 晴子(せいこ)
ショップボランティア【神楽坂:毘沙門せんべい福家】 (09/17) 松本 晴子(せいこ)
まつこさんのバラ (09/17) 由井香奈子
まつこさんのバラ (08/28) kei
女性支援の伝え方 (08/10)
まつこさんのバラ [2011年08月23日(Tue)]

気仙沼市階上(はしかみ)の避難所でバラのアクリルたわしを編むのは、79才のまつこさん。

全て流されて避難所に駆け込んだ3月の底冷えと恐ろしさを思えば今の生活はなんでもない、と言います。


避難所生活を支えてくれた地区の先生や世話人、ボランティア、支援物資を送ってくれた「全部の人にお礼はできないと思って、2ヶ月かけて感謝の心で千羽鶴を折りました。出来上がったとき誰も喜ばないけど一人でバンザイしたの。」


その後、寂しいし何もすることないし体も動かないからと臥せっていましたが、「手仕事して元気になって。」と声をかけられ、バラのアクリルタワシを編みはじめました。「手仕事があるから一日することがあって暮らしていけるの。」まつこさんは数日中には仮設住宅に移りますが、手仕事を続けていくのを楽しみにしています。

一緒に避難所に行ったすずさんは小さなバラを携帯ストラップにしていました。

キッチンやバスルームにこんな素敵なタワシがかかっていると嬉しいかも。
コメントする
コメント
まつこさんは友人のお母様です。さっき、友人との電話でこのWebを知りました。まつこさんのバラを買いたいと思います。どこで買えますか。よろしくお願いいたします。

Posted by: 松本 晴子(せいこ)  at 2011年09月17日(Sat) 22:58

まつ子さんの姿久々に見れて感動。バラのアクリルタワシ素敵ですね。少しだけお手伝いさせてもらった千羽鶴は一杯の思いが込められていて、飾られた時きらきらしてて本当に美しかったこと私もしっかり覚えています。まつ子さん体に気をつけてぼちぼち頑張ってくださいね。
Posted by: 由井香奈子  at 2011年08月28日(Sun) 12:10