CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
富裕層が香港から海外に脱出 人気の移住先は米国以外 日本は入っていない。 [2019年10月10日(Thu)]
米国が第1希望と回答したのはわずか2.9%だった。

データ
ロシアスプートニク 2019年10月10日 08:16

香港で抗議デモが激化する中、富裕層の間では海外移住を検討する傾向が顕著となっているが、米国は人気の移住先とは見なされていない。関係者による証言をもとにブルームバーグが報じた。


香港で警官がまた発砲 14歳少年被弾 世界で情勢が悪化すると、米国は特に富裕層にとって安全と安心を提供する避難先としての役割を果たしてきた。

米国に移住した香港市民の数は既に中国本土を除けば最多に達している。また、最近のデータによれば、香港からの移住を検討する富裕層は益々増加する傾向にある。

ただし、米国では移民に対する反感をあおる政治的発言や銃撃事件が多発していることなどを受け、香港の海外移住希望者は、オーストラリアやカナダ、シンガポール、台湾など、他の選択肢を検討している。

香港中文大学が2018年年12月に行った調査によると、香港市民の3分の1が海外移住を検討していると回答した。

最も人気のある目的地はカナダとオーストラリアで、回答者の割合はそれぞれ18%に達した。その次が台湾の11%、シンガポールの5%。米国が第1希望と回答したのはわずか2.9%だった。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 16:09 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「並程度の景気後退」が深刻不況につながる現状 世界の中銀にはもはや政策余地がない [2019年10月10日(Thu)]

データ
The New York Times 2019/08/07 15:00


避けられそうにない世界的な景気後退。だが、世界の中央銀行にできることは限られている (ロイター)
中央銀行の関係者が好んで使う表現にこんなものがある。日が照っている内に屋根の穴をふさげ――。

だがリーマンショック後の世界経済を救うために米連邦準備制度理事会(FRB)と欧州中央銀行(ECB)、日本銀行が足並みをそろえた政策を採って10年、各中銀に次の景気減速を食い止める手段はあまり残されていない。

2008年より状況は芳しくない

世界経済の先行きに黄信号が灯る中、世界各国の中央銀行が来るべき景気減速に備えているかどうかは単なる仮定の話ではなくなっている。

アメリカの製造業が元気をなくし、貿易面でも先行き不透明な状態が続く中、アメリカが来年までに景気後退局面に突入する可能性は高まっている。

ドイツでは失業率が上昇する気配を見せ、工業生産は鈍化している。日本では工業生産も輸出も弱含んでいて景気後退の危険性が高まっている。

景気後退は避けられない。それも前回と同じくらい深刻で痛みを伴うものになるだろう。だが今回、2008年に厳しい景気後退を阻止した断固たる対策と同じような対応を取ることは難しい。

当時、中央銀行は金利を引き下げ、国債を買い入れ、銀行に金を貸し、場合によっては銀行に対する救済措置が裏目に出ないよう政府機関と協調した。

過去に例のない実験の時代であり、崩壊に向けて傾きつつあった経済はそれによって救われた。

だが今日、日本とヨーロッパではマイナス金利が続いている。アメリカでも歴史的に見て非常に低い水準にあり、景気減速を食い止める政策余地は小さい。

多くの中銀が前回、景気を下支えするために買い取った大量の国債などの証券を今も保有しており、これ以上の大量買いは難しいばかりか同じ効果は望めなくなっている。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 10:54 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
http://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml