CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年09月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
「韓国、米国の同盟から離脱の可能性…中国が機会うかがう」 [2019年09月06日(Fri)]
マイケル・グリーン氏は数年前まで、日本の政治の黒幕と言われていた人物で、日本においてアメリカ政府の国益を最大にすることに努力してきた人物である。

トランプ氏の共和党政権ができてからは、その立場から去っている。
基は東大教授であった佐藤誠三郎(中曽根首元首相のブレーン)氏の弟子であった。

そのマイケル・グリーン氏の証言であるが、どう見るかであろう。


中央日報 9/6(金) 15:02配信


マイケル・グリーン米戦略国際問題研究所(CSIS)上級副所長

「韓国は日本とは非常に異なる歴史を持ち、非常に異なる地政学的状況にある。こうした要因から中国は韓国が米国との同盟から離脱する可能性がはるかに大きいと見ている」。

米シンクタンク米戦略国際問題研究所(CSIS)のマイケル・グリーン上級副所長は4日(現地時間)、米議会傘下の米中経済安保検討委員会が主催した「2019年米中関係検討公聴会」に出席し、このように述べた。

韓国は日本など他のアジアの国に比べて米国から脱同盟する可能性がある環境にあり、これを知る中国が機会を眺めているという主張をしたと、米政府系放送のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が5日報じた。

この公聴会は米中関係を研究する専門家らが議会に専門的な助言をする席で、米国が経済・安保分野でどのように中国に対して優位を維持するかに焦点が合わされた。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 15:16 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
米中通商交渉、10月初旬に再開 中国「大きな進展に向け尽力」 [2019年09月06日(Fri)]




米国と中国が土俵に上がった。ここは習主席がどう出るかにかかっている。トランプ氏に少しの花を持たせて決着できるかどうかである。

習主席は終身の主席で地位がゆらぐことはないので、来年任期がきれるトランプ氏に花を持たせることができるであろう。トランプ氏は再選されるかどうかのポイントに立っている。

データ
ロイター  2019.9.5


[ワシントン/北京 5日 ロイター] - 米中両国は5日、閣僚級の通商交渉を10月初旬にワシントンで開催することで合意した。

両国のハイレベルの対面交渉は、物別れに終わった7月下旬の通商協議以来初めて。9月半ばに準備交渉を開始する。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 12:01 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
http://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml