CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
イギリスは、消費税17・5%であるが福祉政策が充実しているので福祉国家と言える。たとえば、市民の医療費、学費はタダである。無料である。日本を脱出しよう。 [2017年10月29日(Sun)]
artj17.gif
イギリスは、消費税17・5%であるが福祉政策が充実しているので福祉国家と言える。
たとえば、市民の医療費、学費はタダである。無料である。

これは税金を払っていなくても適用される。旅行者が病気になり医療にかかれば これも無料である。

食料品は非課税である。15歳以下の子供の衣服、遊具(一部課税)も非課税である。 また、子供手当てもあるそうだ。

福祉政策の財源は所得税と事業主が負担する医療保険料などが77%負担し、 消費税は12%の負担となっている。社会保障は消費税でまかなわれているわけ ではないのである。

この医療費が無料というのはすばらしい。日本は市民が負担する医療費が 増加しているが、日本に比べると天国である。
hannoki1 (1).jpg

また食料品は消費税が 非課税である。消費税率17・5%は高いが、食料品が除かれているのは、 低所得者にとっては救いとなる。大変暮らしやすいということである。

小生の友人が、イギリスに住んでいた(駐在)が、日本よりイギリスの ほうが住みやすいといっていた。

また、森林というかみどりが多いのも いいと語っていた。だが、階級社会である。

できることなら日本から移民したいほどである。

但し、今まではEUからの 移民が多いため,EU以外からの移民を厳しく制限していたから(年間2万3千人)、 当分、難しいかもしれない。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 10:24 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
http://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml