CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
北朝鮮への軍事ヒステリー高じれば地球規模の大惨事に プーチン大統領 [2017年10月10日(Tue)]
abe5.jpg
プーチン大統領は北朝鮮を経済協力に引き入れる必要があるとし、ロシアはそのための提案を有していることを明らかにした。
スプートニク日本


コピーライトマーク SPUTNIK/ MICHAEL KLIMENTYEV 2017/10/7

北朝鮮への軍事ヒステリー高じれば地球規模の大惨事に プーチン大統領

プーチン大統領は東方経済フォーラムの総会で演説したなかで、「北朝鮮を地域の協力へと 段階的に 引き入れていく必要がある。

ロシアは具体的提案を有しており、このことは万人が知っている。

それはシベリア横断鉄道と北朝鮮を通って韓国の鉄道とを結ぶ合同の鉄道、パイプライン、北朝鮮の港湾開発などだ。我々は提案し、取り組める作業を有している」と述べた。

プーチン大統領は北朝鮮をめぐる軍事的なヒステリーを加熱させても非生産的だと再度強調した。

「今起きていることは言うまでもなく北朝鮮側からの煽動だ。これは火を見るより明らかだ。彼らは状況を煽っている。

だが彼らがそうしているということは、相手はそんなに馬鹿な人間ではない。いいですか。つまり彼らは、パートナーの側から相応の反応が出されるだろうとふんでいる。

そしてそれを手に入れようとしているのだ。」プーチン大統領はこう語った。
以上引用

Kn-map.png

”地球規模の大参事になる”とプーチン大統領は警告している。

アメリカが北朝鮮を先制攻撃すれば、ロシアは北朝鮮を支援する。ロシアと軍事同盟を結んでいる中国も参戦して,世界規模の第三次世界大戦になりますよと警告していると読み取れる。

だから、話し合いしかありませんよと言っているのである。
abe4.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 12:56 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
イチョウの葉茶の作り方 記憶力が落ちてきたと思う方は改善にチャレンジ [2017年10月10日(Tue)]
ityou3.jpg
イチョウの葉茶の作り方

7−8月にイチョウの葉を採取し、水で洗います。水をふき取ったイチョウの葉を 細かくします。日干しにして2−3日ほど乾燥させます。

イチョウの葉を良くもんで、 茶飲み2杯分くらいの熱湯に対し、小さじ1杯のイチョウの葉をいれて出来上がりです。

イチョウの葉にはカフェインは含まれていませんので高齢者の方でも安心してのむ ことができます。
健康を維持するためにいろいろ考え、先達からの知恵を活用しましょう。
記憶力が衰えてきたと感じる方にお勧めします。

ityou1.jpg


市販のものもあります。一例としてイチョウの葉+PSというサプリメントを紹介します。
以下、その紹介文ですのでよく読んでみてください。お値段は高めです。

イチョウ葉+PSは、フラボノイド類を含むイチョウ葉エキスと、注目のホスファチジルセリンを組み合わせて1パックにしたサプリメントです。2つの成分がそれぞれのアプローチで働きます。

イチョウの葉を細かく砕きアルコール抽出したエキスには、10種類以上のフラボノイドが含まれていることで注目されています。

さらに、イチョウ葉の特有成分ギンコライドも含んでいます。イチョウ葉エキスはたっぷり120r配合しました。

ホスファチジルセリンは細胞膜を構成するリン脂質の一種で、特に脳内では全リン脂質の18%を占める重要な成分です。

配合しているホスファチジルセリンは大豆を原料とした植物性です。

人間の体内では生成できない成分であり、食品だけでは十分に摂りにくいホスファチジルセリンを1パックに100mg配合しました。 引用終わり

イチョウの葉の効用に注目された方は、自ら煎じて飲むか、サブリメントを活用するかですが、記憶力が落ちていると思う方は、一度、お医者様に相談されてから服用してください。

ityou2.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:24 | 日本人の健康に直結 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
http://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml