CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
仙台、小牛田、古川、鳴子温泉の旅。陸羽東線で田園の風景を眺める。  [2017年10月06日(Fri)]
IMG_1812.JPG
IMG_1813.JPG

仙台、小牛田、古川、鳴子温泉の旅。陸羽東線で田園の風景を眺める。

鳴子温泉への旅 陸羽東線に乗る
先日、何年かぶりに仙台、小牛田、古川、鳴子温泉に行ってきた。 気楽な一人旅である。

仙台の町は、ますます発展し大きくなっているようであった。特に駅裏と なる新寺小路の方面は昔は、お寺ばかりであったが,大分開発されてビル街に 変貌していた。

裁判所のある片平は昔と変わらずたたずんでいた。片平から北仙台まで 国分町の昼間を歩いて通過し北仙台駅にたどり着いた。

昼間の国分町は あじけない。東北一という歓楽街もひっそりとしていた。
IMG_1823.JPG
北仙台の仙台浅草 という飲み屋街は昔のままの長屋風情を残していた。

ここに“まんさくの花” というお店がありこぎれいなママさんがいて、秋田の銘酒“まんさくの花” を楽しくよく飲んだことを思い出した。

小牛田の町は静かすぎていた。駅前は人通りもなく、店も開店休業の店や、 閉店のお知らせが風に吹かれている店が何軒かあった。

開けている食堂は 1軒だけであった。小牛田は、東北本線、陸羽東線(小牛田駅―新庄駅)、 陸羽西線(小牛田駅―気仙沼駅)を結ぶ交通の要衝で、国鉄時代は国労の 強かった町でもあった。

しかし今は面影もなく、寂れるばかりであるとの ことであった。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:02 | 旅のすすめ | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
http://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml