CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
選挙の当落予想 希望 61   自民287 公明34 で自公の圧勝 [2017年10月04日(Wed)]
kisi2.jpg
ワシは昨日,『安倍自民の圧勝!』を予想した.
しかし,ソレは悪魔wでも「現時点でのシナリオ」でR.

ただし,一応は計量政治学の手法を援用して,一所懸命に計算したので…,当たる確率は高い.当たらない確率も高い(爆)
選挙とはそ〜ゆ〜ものなのだ.

それで,上のグラフの「数字」は…

自民287 公明34 希望61 立憲民12
維新12 共産24 社民1 無所属34

上の数字がワシの予想であるが…
当然ながら,あくまでも「現時点でのシナリオ」である.
なお…

飯山一郎氏のプログから引用
尚,計量政治学と氏はさらりと書いているが、40年も前から政治学者、故高畠通敏教授について,計量政治学を学んだ逸材である。したがって、その予想はあたる確率が高い。

高畠教授の選挙分析は非常に的確で優れたものであったが、それは初期のコンピューターを使いこなして分析していたからである。飯山氏は当時からその助手のような立場にあった。

小生は、野党が団結して自公にあたらなければならないときに、希望は、野党を分裂、拡散してしまった。野党間のつぶしあいになり、自公が圧勝するであろう。

おそらく、希望は61の議席も危ういのではないかと思う。リベラルの護憲勢力、反原発志向、消費税増税反対の票が立憲民主に流れるから予想より伸びる確率が高いであろう。

選挙は水ものである。さて蓋を開けるとどうなるか。
koike1.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 14:43 | 天国と地獄 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
定期的健康診断で早期発見を [2017年10月04日(Wed)]

02-5.jpg

検査でどういう病状が判明するのだろうか。

定期的な検診を受けて健康管理
市役所などが行う、定期検診がありますが、この検診は意味がないとか 無駄だという人もいます。

しかし、現在は健康であると思い込んでいても、 体が知らず知らずのうちに悪化していることもあるのですから、 早期発見のためには必要であろうと思います。

市が実施するだけでなく、 自分自身からも定期的に検査を受けておきましょう。
下記に宮下 明ドクターの“検診でわかること”を記載しますので 参考にされてください。

*腹囲測定でわかること
 脂肪組織からは、動脈硬化を悪化させる物質(アディボサイトカイン) が出ています。

これを減らせば、その分血管が長持ちします。ちなみに 体重1kg減らすと腹囲は1p減ります。動脈硬化が進むとは血管年齢が、 暦の年齢より年取ってしまうことです。

併せて検査する必要があるのが、男性は前立腺癌マーカー、女性は骨量検査、乳癌等
2c0f758523a91b5dc1645e9de392a6af.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 14:28 | 日本人の健康に直結 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
http://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml