CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
介護人材不足、35年に79万人 15年の20倍 経産省試算 [2018年05月08日(Tue)]
2014-04-12 14.38.00-8.jpg


 介護に携わる人材の不足が、2035年に15年の約20倍の79万人に達することが7日、分かった。

高齢化の進展に加え、政府が目指す介護離職解消の過程でサービスの需要が急増するため。

人材不足解消に向け、高齢者の社会参加を促して要介護とならないための予防や、介護分野に就労しやすい環境整備が急務となる。

 経済産業省の試算によると、介護関連の従事者数は15年が183万人で人材不足は4万人だった。

しかし、25年には供給が215万人で不足は43万人に拡大。さらに団塊世代が85歳を超える35年には供給が228万人で不足が79万人に膨らむとした。

データ
5/8(火) 7:15配信 SankeiBiz

 要介護者をゼロにできれば、高齢者が教養娯楽費や外出のための交通費、被服費などにお金を使うため、15年の消費を最大1.7兆円喚起できたのも試算した。


付記
2018年度の介護保険の介護報酬の改定で、事業者には厳しい査定であった。

居宅介護支援では主任ケアマネでなければ管理者に就任できないなどという規制が設けられたため、1人ケアマネの事業所などが閉鎖・廃業に追い込まれる。

また、デイサービス、やヘルパ-派遣の訪問介護も介護報酬が厳しくなり、撤退せざるを得なくなる事業所が増加するであろう。

介護職員は現在でも不足しており、これからますます人材不足となっていくことになる。

政府は介護費用削減の方向しか考えていないので、今後、ますます事業者にとっては経営が難しくなる。

要介護者をゼロにできればなどという夢を持つのは勝手であるが、現実は真逆全く反対の方向に行き、増加するスピードが速くなるばかりである。現実から目をそらせてはならない。

2014-04-12 14.39.00-24.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 10:37 | 福祉・介護 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
認知症ケアの基本は「不快な時間を減らす」こと [2018年03月23日(Fri)]

care.gif


 人はこの世に生まれてからこの世を去るまで、“快”な時間と“不快”な時間の波間をずっと漂い続けます。

 “快”な時間とは、うれしい、楽しい、おいしいといったプラスの感覚・感情を持つ時間のこと。

“不快”な時間とは、つらい、悲しい、腹立たしいといったマイナスの感覚・感情を持つ時間のことを言います。

 子どもが大学受験に合格したと聞けばうれしいし、不合格だったと聞けば残念な気持ちになります。

仕事で取引先のお客に感謝してもらえるとやりがいを感じますし、逆にお客を怒らせてしまったら後悔を引きずることもあるでしょう。

 これは「認知症」があってもなくても人に共通すること。“快/不快”の感覚や感情の浮き沈みは人間の自然な反応です。

データ
 
2018年3月23日 ペホス / 認知症ケア・コミュニケーション講師 毎日新聞

付記
認知症の方との対話は、粘り強く相手の方の話を聞くことから始まります。とんでもないことを言っても怒らない、にこやかに話を聞くことです。

とくに不安な心にならないように配慮が必要です。
みんなと同じように接していれば和やかな心から記憶と判断力がよみがえってきます。

06.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 12:34 | 福祉・介護 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
誤嚥性肺炎から高齢者守れ 料理・発声でリスク減 [2018年03月01日(Thu)]
purple-freesia.jpg

誤嚥性肺炎から高齢者守れ

 死亡記事などで高齢者の死因として「肺炎」が目立つ。

風邪をこじらせたと考えがちだが、実は食べ物で気管を詰まらせるなどして起きる「誤嚥(ごえん)性肺炎」が多い。

寝たきりの人などは特に注意が必要だ。

食事や発声の工夫で予防や症状の軽減が可能になる場合もある。

生活の質(QOL)向上のためにも早めに手を打ちたい。

データ
2018/2/26付 日本経済新聞 朝刊

追記
食道の力が衰えてくると、飲み込みにくくなる。

また、気管支などに入り込みむせ返ることを経験している方も多いだろう。

誤嚥性肺炎は怖い。そもそも肺炎自体が治療の余地が少なく、命にかかわることが多いのである。

食事の時には、周囲の者が誤嚥に注意を払っていこう。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 15:22 | 福祉・介護 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
病院ベッド39道県で過剰 不要な入院招く懸念 [2018年02月23日(Fri)]

02-5.jpg


 日本の病院のベッド数が大幅に必要を上回ることがわかった。

2016年のベッド数は25年に必要とされる予測より約5%多い。

都道府県別にみると39道県が必要以上にベッドを抱える。

医療は供給過剰が不要な需要をつくる傾向があり、現状では医療費増に拍車がかかる。

厳しい高齢化に備えて、病院にコスト感覚を徹底させるなどの転換が必要になる。

2018/2/22 23:03日本経済新聞 
付記
本当かしらという印象である。やや軽い病気になり入院しようとしてもベットが空いていないといわれた人も多いのではないだろうか。ベットがいつも過剰になっているという話は聞かない。

また、病院側の入院費用の金額が下がる(収入が減る)3ケ月後には、病院を出されるケースが多く、病院がコスト意識が低いということはないという印象である。

あるとすれば、医師の給与の高さに鈍感であるということではないだろうか。




Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 10:41 | 福祉・介護 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
他事業からの介護事業に参入することが予想される [2017年06月22日(Thu)]
kaigo5.jpg

介護の今後の方向性はどうなのであろうか。
今後とも損保など、他事業からの介護事業に参入することが予想される。 但し、収益力がない業種なので、思ったより少ないのではないかとは思う。

既存の大手の介護事業者も損益悪化は避けられず、その対策が打ち出されて きているが、医療系のように、医療事業を補完する形で介護事業展開して いくことがますます増加していくであろうと思う。

しかしながら、介護事業のすそ野は広く、高齢者の皆さんは、 地域の小さい介護事業所によって 支えられるという基本的な構成にはあまり変化がないであろう。

何故なら、介護事業そのものが、小さな事業所によって支えられている というのがその実態だからである。

大手事業者だけでは到底カバーしきれない。 何故なら、高齢者が今後ますます増加していくのに対応できないから。

また,ツクイのように、特定地区に集中して、エリアごと介護関連の様々な 事業を複合的に展開してエリアに住む高齢者に網をかける方式で効率をあげ、 収益性を高めて生き残る方策をとる介護事業者が増加していくものと思われる。

東京都区内とか収益性で有利なエリアが重点となっていくと予想される。
06.jpg

<参考データ>
ツクイ、介護拠点を集中展開 首都圏中心に80市区町 2015/12/26 0:31日本経済新聞

  介護大手のツクイは2016年度から、特定の地域に集中して介護拠点を設けるドミナント展開に乗り出す。
主力のデイサービス(通所介護)や訪問介護の拠点、高齢者向け居住施設などが同じ市区町内で5カ所以上になるようにする。

介護状況に応じて同じ地域で様々な施設が使える体制にし、利用者を囲い込む。  高齢者人口が多く介護サービスの供給不足が見込まれる80の市区町(政令指定都市の行政区も一部含む)を集中展開の対象とする。

kouen7.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:11 | 福祉・介護 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
介護事業の今後 どこに向かうか 昨年度の倒産・廃業は108件 過去最大 [2017年06月21日(Wed)]
gekeijyu3.jpg
介護事業の今後 どこに向かうのだろうか
2016年度の介護事業者の倒産・廃業は、過去最大となっている。

昨年の介護報酬の減額は、介護事業者、特に零細事業者にとって 厳しい処置であり、淘汰の嵐の中に漕ぎ出さざる得なくなった というのが現実のところであろう。

すでに中堅業者でもボーナスが支給されなくなったという話なども 流れている。介護事業者は、介護報酬により収入の上限が抑えられ ていることもあり、人材を確保するのがますます難しくなってきた。 それがさらに損益を圧迫するという悪循環に陥りつつある。

 また、大手事業者であっても、ワタミの介護事業部門が損保ジャパン に売却されたが、続いて、“メッセージ”という上場企業で準大手が 売却され、損保ジャパンに買収された。

ワタミは企業イメージの悪化から採算が悪くなり撤退に追い込まれたが、 メッセージは入居者の死亡事故により、企業がダメージを受けたためである。

そして、損保ジャパンが介護事業に本格参入するという。保険業界に とっては海外に進出するか、国内で他の事業に参入するかという 選択の結果、損保ジャパンは介護事業を選んだという
ことだ。
06.jpg





介護事業は他業種の大手企業が参入し、収斂、統廃合がすすむという 構図となろう。


mitubati2.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 09:25 | 福祉・介護 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
何故寝たきりになるのでしょうか。 [2017年02月07日(Tue)]
.0011jpg.jpg
何故寝たきりになるのでしょうか。

日本では、住環境や介護環境、地域環境などから、寝ていなくてもよい高齢者が 寝かせきりにされている現実があります。一例としては、高齢者夫婦のどちらかが転んだりして骨折などで入院し、 その後退院しても、 看病するのがまた高齢者であるというケースがかなりあります。

いわゆる"老老介護"ですが、介護の意思があっても十分対応できない、 介護が出来ていないということも多いのではないでしょうか。そして、療養型病床は減少しており、収容できないという現実があります。寝たきり老人という言葉は、福祉先進国である 北欧諸国ではありえないそうです。

ではどうすればよいでしょうか。
高齢者が急増してきており、それに見合った老人医療制度(病院、老人ホーム等) そのものを抜本的に見直さなくてはならないでしょう。
制度の仕組みにどこか、ねじれ、ゆがみがあるのだろうと思います。

この問題の根本的な解決には時間がかかりますので、 現状での解決を図っていかねばならないでしょう。現在、既に寝たきりとなってしまっている高齢者を、動けるようし、 出来るだけ自立させ、難しいレベルの方もいますが、歩行などが可能となり 、できれば再び病院などに通院が可能となるようにしたい。
02-5.jpg
その為には、医師による訪問医療、鍼灸マッサージ師による在宅での機能訓練・ リハビリなどの治療・介護・支援・訓練が必要となります。しかしながら、訪問医療の医師数は全く足りません。 また国家資格を持つ鍼灸マッサージ師も少数です。 そして理学療法士はほとんど病院内にとどまっているのが現実です。

その中で、国家資格を保持する鍼灸マッサージ師による自宅訪問での機能訓練が 高齢者を自立させるためには非常に効果的です。

しかもその治療費が非常に低く抑えられているため、 (鍼灸マッサージ師から見ると、大変残念なことですが) 皮肉なことに、医療費削減にも貢献しています。 自宅訪問して在宅での機能訓練・リハビリを実施する鍼灸マッサージ師は 、病弱な高齢者から大変評価をいただいてきています。

当方は介護支援では介護認定申請、ケア・プランの立案(介護保険適用)と、 在宅でのリハビリ・機能訓練では訪問マッサージ、(医療保険適用)の実施で、 できうる限り自宅にこもっている高齢者の方々を 自立させるための努力を行っています。

 微力ながら、地道に努力して一人でも多くの方々を、自立し動けるように 、少しでも痛みを和らげ、(希望される方には鍼治療も) 楽しく老後を過ごせるように支援していきます。
同時に、更に医療機関の方々と提携・連携・協働を 深めていきたいと考えています。
以上

付記.  厚労省"終末期医療に関する調査"他より
1、住み慣れた自宅で最期を迎えたい"と望む国民は約2割しかいない。
2、6割以上の人が一般の病院或いは老人ホームで最期を希望している。
3、嫁の46.2%が要介護者に憎しみを持つ。

東洋医学の一口メモ
東洋医学の根本思想 医食同源から
緑茶を飲む回数と、成人病予防の可能性を調べたところ、 1日にお茶を10杯以上の飲む人は、コレステロール値が低く、 心筋梗塞などの成人病の予防に効果があるばかりか、 肝機能の状態が良いことも分かってきました。緑茶を飲みましょう。
IMG_2349.JPG
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 09:37 | 福祉・介護 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
認知症を防ぐ努力をしよう [2017年01月29日(Sun)]
認知症を防ぐ努力をしよう

世界に例がないスピードで高齢化が日本では進んでいます。 アルツハイマー病などの認知症の患者は2010年には208万人、 2025年には323万人と言われています。

認知症は誰でもかかる。
認知症は、高齢になると、誰でもがかかる確率が高くなる 厄介な病状です。そして多くの場合、重症になると、 介護者のことも分からなくなる症状が出るなど、 介護が難しくなり、家族の方々に大きな負担をかけること になります。現在、認知症を防ぐ手法の研究が進んできている ようですが、まずは自分で予防する努力を行いましょう。

認知症を防ぐ対策
1、 認知症を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。
身体をよく動かすことです。例えば、散歩・ウオーキング などをすることです。
出来るだけ買い物なども自分の力でやるようにする。
ボランティアなどの活動に積極的に参加する。

2、 散歩などは、効果がありますか。
まだ、はっきりした検証結果が出ていませんが、ウオーキングを習慣付けると 一定の予防効果が期待できそうだ。ということです。  とにかく歩きましょう。出来れば友人と共に歩き 、話をしながら歩くと持続しやすいし、脳が活性化するでしょう。
スポーツは有酸素運動が認知機能低下を防ぎます。

3、 ボランティアなどの活動で何をしたらよいのでしょうか。
同じ目的をもつ、同じ仲間が集まり、目標や計画を立てて、 実行するという習慣も 認知症の予防に役立つ可能性が高いといわれています。

数人でグループを作り、自主的に活動すること、 連絡や記録の確認などを仲間同士で行っていくことが 認知症の予防に役立ちます。

4、 人との交流や、趣味を持つことで認知症は予防できますか。
趣味のない人は、ある人より男性で2.2倍、女性で1.5倍なりやすかった というデータがあります。趣味のサークルや地域活動に参加していない方は、 している人に比べて男性では、2.1倍、女性では1.7倍なりやすかったそうです。

趣味の種類では、男性は園芸や庭いじり、作物栽培をしない人は、 する人に比べて2倍近く認知症になりやすかった。 女性では、散歩・ジョキングなどのスポーツをやってない人は、 やっている人の2倍近く認知症になりやすかったようです。

認知症には社会全体で取り組もう。
認知症の発症予防は、個人の努力だけに任せるのは無理があると思います。 社会全体で取り組んでいくことが重要であるということであろうかと思います。

<参考>日本経済新聞 2011/2/27
4-02.png
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 19:58 | 福祉・介護 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
地域社会が排除型社会へ ケアマネージャーの活躍 [2017年01月14日(Sat)]
地域社会が排除型社会へ

ケアマネージャーの活躍
つい最近のことであるが、居宅介護支援を受けている利用者(患者) の方の話である。老夫婦ともに介護保険の適用を受けている家庭で、 妻が認知症であり、夫は足が悪いがまだ意識がはっきりしているので、 妻を夫が介護していた。

ある日、その夫が玄関先で転倒し、 大腿骨を骨折する重傷となった。たまたまその場に、ヘルパーが 到着して発見し直ぐケアマネージャーに連絡し、 ご本人が自分で救急車を呼び、ケアマネージャーが、 家族の方に緊急連絡をして 入院先などを知らせ、また、 シュートステイなどの予定を全てキャンセルするなどした。

遠方から急行した家族の方は病院に泊まり込みとなった。 家に妻が一人残ることになった。夫の方は重傷でありながら "私はいいから妻を頼む"といっていた。翌日、 ケアマネージャーがその妻を介護施設に一時預けをお願いした。

地域社会の助け合いの喪失。
 問題は、その前後のことである。隣家の主婦の方があちら こちらに電話を入れ、 担当しているケアマネージャーを探し、認知症になっている残された妻を 何とかしろと言ってきたことである。 隣家の人にそのようなことをいう権限があるのだろうか。

また、ケアマネージャーに言うのはお門違いではないだろうか。 どこかへ移せということであるが事故が 起きていることを知りながら、手伝いもせず、応援もせず、 なにもせず隣家の不幸を考慮しない印象である。 親切心からケガをして困っている隣家の方を思いやり関係筋に 手を打つ或いは手を貸すという心使いから出ているとは 感じられないのである。

地域社会の崩壊。
 日本社会は、地域共同社会のきずなというものが なくなってきたのであろうか。 高齢者で怪我をして困っている人々を助けあう風土はなくなって しまったのであろうか。町の自治会による相互扶助とかの風習は 無くなってしまったのであろうか。

 たまたま、その隣家の主婦に、"事故が遭われたところなので隣組として、 同じ町内会として温かいご援助・ご支援をお願いしたいと思います" と申し上げたら、 すごい剣幕で怒り電話を切られたそうである。

日本も排除型社会に突入か。
 これは例外的なことなのかもしれないが、弱者を助けることより 排除することに 心が向かっているからか、自分に災いが来ぬようにすることだけに関心があり、 ”困っている時はお互い様”という心を失っているように感じた。

とても悲しい寂しい風潮であると思う。人々の横の、 人と人との連帯意識がなくなるとこの日本社会は今後どうなって しまうのであろうか。 日本の良さは昔の”村”意識という共同体意識、連帯意識が強く あることではないだろうか。

中産階級から排除型社会になっていくか。
 ジェック・ヤングがいう排除型社会というのが日本に社会現象として 発生してきているのかもしれない。 格差社会の拡大により勝者と敗者間の排除だけでなく、 中産階級間においても弱者排除が出てきて横の連帯が壊れてきている ような感じを受けた。とても悲しい出来事であり,予兆であると思う。

ジェック・ヤング
JOCK YONUNG {1942年〜}
512-2.JPG 専門は犯罪社会学。現在ケント大学の社会学教授
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 16:33 | 福祉・介護 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
介護を受けたい場所 自宅での介護は大変である 介護にあたった嫁の46.2%が 要介護者を憎む [2017年01月07日(Sat)]
介護を受けたい場所

介護を受けたい場所として、"自分の家"と考える人は減少している。 2010年の調査によれば38%に下がっている。 2001年度の調査では、43%であったから、5%も下がっている。
 反面増加しているのは、"公的な介護老人福祉施設など"が 2010年度は31%、"民間の老人ホーム"が、同、8%となっている。  男女間にも差があり、"自分の家"を希望した男性は44%、 女性は33%である。
女性が介護を受けたい場所で、最も多いのが "公的な介護老人福祉施設"で、34%であるが、 一方、男性は28%にとどまっている。

注、<データ>生命保険文化センターの"生活保障に関する調査"

介護を実際体験した女性は大変さを知る
。  やはり、自分の家で高齢者の介護を実際的に行っていた女性が、 自分の家よりも公的な介護老人福祉施設を希望しているのは、 介護の大変さを身にしみているから自分の娘や嫁に迷惑を かけたくないという気持ちが強いからではないか。
 別の厚労省のデータでも、迷惑をかけたくないから 自宅よりも施設を希望するという人が6割だったように思う。 内心は自宅と思っているのかもしれないが、 介護の大変さを感じ取った人は、自宅を希望しないだろう。 また、別の調査だが、介護にあたった嫁の46.2%が 要介護者を憎むという数字があるが、 実態は倍の80%位に上るのではないかと思う。

自宅での介護は大変である。
 実際、自宅での高齢者の介護は大変である。 1日や1週間というのではなく、1年以上何年間も 介護せねばならねばならなく、しかも年々重くなっていくのである。 病院ならば良くなれば退院ということもあるが、 在宅介護は要介護者が亡くなるまで続くのである。 また認知症が進めば、本人は介護されていることも 分からなくなり、娘、や嫁の顔も判らなくなってくる。

介護をする家族にケアを
 あまり知られてないが、介護する人がノイローゼとか うつ病にかかるケースが増加してきている。 自宅で介護する人の心のケアをするシステムを 早急に創り上げることが必要だ。 このうつ病などから、虐待の疑いや介護放棄の疑い の事例が発生するケースもあるが、 この問題の原因は、自宅での介護という無理が 引き起こしているのではないかと思う。

公的な介護施設の充実を
 やはり、公的な介護老人福祉施設と、 病院での介護病棟が必要となるのではないだろうか。 介護度の重い高齢者は病気を持っているケースが高く、 医師のいない福祉施設では対応できないこと、 病状急変で都度、救急車を呼ぶのも消防署などの 公的機関を使い、経費をかけていることになり 多大な無駄をしているからだ。
早急に、医師の常駐する公的な介護老人福祉施設の拡充を最優先で 取り組む必要がある。また、以前廃止が決まり その廃止が先送りされた、病院における介護病棟 につき内容を再検討し、廃止ではなくその機能を拡充していかねば ならないのではないか。 福祉介護の分野から、医療機関の分野から もっとこのことを強く主張しなければならないと思う。

<データ>日本経済新聞2011年2月27日 知りたいそのデータ
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 09:46 | 福祉・介護 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
http://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml