CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
中国造船所で新大型空母建造 証拠写真をロイターが入手 [2019年10月20日(Sun)]
ミサイル時代には、空母は過去の戦術兵器でしかないのではないか。陸地から空母を攻撃できるミサイルの射程距離が伸びている。400km位あるとするとその射程圏内には空母を派遣できない。

空母は相手国が弾道ミサイルや対艦ミサイルを持っていない場合には効果があるが、対艦ミサイルを持っている相手国のに近接はできない。

かなり遠距離から戦闘機を発信させねばならないが、それも対空ミサイルで撃墜される可能性が高い。

空母による海戦は、第二次世界大戦における日本とアメリカの戦いで終わっている。中国は空母を持てる大国であるというメンツで建造している、

データ
ロシアスプートニク 2019年10月20日 16:17
トピック未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか

ロイター通信は米国のシンクタンク、戦略国際研究所(CSIS)が提供した衛星写真を入手した。その写真の中には、中国が初の大型空母の建造に着手した様子が撮影されたものもあった。

CSISの専門家らは、高解像度の衛星写真から上海の造船所における大型空母建設用インフラを確認した。

また、専門家らによると、船体は12ヶ月以内に建造され、その後、さらなる組立作業用に特別に作られた港に移されるという。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 21:30 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
トランプ氏、トルコ配備の核兵器確認の発言か 米政府で初 [2019年10月18日(Fri)]
露西亜のプーチン氏はこころ穏やかではなかろう。トルコでの核兵器配備は公然の秘密とされていたが、公表されればその衝撃が走る。

また、プーチン氏がトルコにいろいろな恩恵を与え自国の陣営に引き付ける努力をしていたが、それが無になることになるだろう。

トルコは、自国内にクルド人を多数抱えておりその独立運動を押さえつけてきた。クルド人の国家の創立を認めないという意思表示でもある。

クルド人は、イギリスなどの植民地政策で民族を無視したアラブの国境策定で、トルコ、イラク、シリアに民族が分割している。クルド人はクルド人の国家を創設することが悲願なのである。

またしてもアメリカ・トランプ氏によってその悲願は裏切られたということになる。

データ
アメリカCNN 2019.10.17 Thu posted at 18:40

トランプ氏が、トルコでの核兵器配備を認めたともとれる発言を行ったという

ワシントン(CNN) 米国のトランプ大統領は16日、トルコ南東部に位置するインジルリク空軍基地に米国の核兵器が配備されていることを確認したとも受けとめられる発言を示した。

米ホワイトハウスの執務室にイタリア大統領を迎えた際、記者団がトルコ軍のシリア越境作戦に絡みこの核兵器の安全管理を尋ねた際に答えた。

「我々は信頼している。この基地は極めて強力な空軍基地である」などと述べた。

また、トルコが米国も加盟する北大西洋条約機構(NATO)の一員であることにも触れ、加盟国は共に協力し合うことになっているとも語った。

同基地の核兵器はこれまで公然の秘密扱いとなってきたが、米政府当局者がその存在を確認したとすればトランプ氏が初の事例となる。

軍事専門家らは冷戦時代の核兵器B−61が50個あるとも見ている。

この核兵器は米国とトルコが加盟する北大西洋条約機構(NATO)の抑止力戦略の一環。移動などさせる場合はNATOの28加盟国による全員一致の決定が必要。

トルコ軍によるシリア北部での少数派民族クルド人の武装組織に対する軍事作戦はトランプ氏による同地域からの米軍撤収宣言が引き金となった。

米軍撤退の発表は米与野党内でも批判を招き、トランプ氏はその後、トルコの軍事作戦を批判し、同国への経済制裁を発動する姿勢にも転換した。

米国はシリアでの過激派「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の掃討作戦でクルド人武装組織を頼みの綱にもしていた。これら武装組織は米国の裏切りへの反発を募らせてもいる。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 10:45 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
露中  新たな軍事協力の段階へ [2019年10月17日(Thu)]
ミサイル攻撃警告システムの開発をロシアと中国で行うという。既にロシアはそのシステムを作り上げ実戦配備している。現在は米ロだけだがそれに中国が加わることになる。

米ロ中にて警告システムが稼働すれば、3国間のミサイルによる先制攻撃はできなくなるであろう。すでに原潜からの弾道ミサイルシステムを作り上げているが、さらに相互の攻撃が難しくなる。

それより、中ロの団結を世界に示す狙いがあるということであろう。


データ
Sputnik2019年10月16日 21:00

安倍首相は、「日本政府はロシアとの会談を、領土問題の解決と平和条約締結に向けて新たなレベルに引き上げる意向」と第二百回国会の所信表明演説の中で再度述べた。

停滞気味な露日関係とは対照的に、順調な露中関係が目立つ。今度は軍事関係においてだ。

ロシアは中国に対し、ミサイル攻撃警告システムの開発に協力する。

プーチン露大統領は第16回ヴァルダイ会議の討論においてそのように発言し、「これは大変大きなことだ。中国の防衛能力を大幅に、根本的に向上させる。現在このシステムを持っているのはアメリカとロシアだけだ」と述べた。

ミサイル宇宙防衛システムの構築を担当する国家間企業「ヴィンペル」のセルゲイ・ボヨフ社長は、現在、同企業の専門家らが中国のミサイル攻撃警告システムのシミュレーションを行っていると伝えた。

パワーバランス
アジアへの米国のミサイル配備 日本は核対立の中心となるのか

ロシアもアメリカも、ミサイル攻撃警告システムは、赤外線センターでミサイル発射を監視する衛星と、数千qにわたって空中および宇宙空間のいかなる動きも追跡可能なレーダーで構成されている。

3つ目の、おそらく最重要な要素はコンピューターセンターだ。ミサイル攻撃の際に発生する膨大な量の情報を迅速に処理し、文字通り数分でその結果を軍・政治幹部に提示する。

それを受けた幹部は、報復攻撃をするか、ミサイル防衛システムで打ち返すかを判断する。

中国は公式に、無条件の核の先制不使用を宣言している。しかし現在まで中国には完全な形でのミサイル攻撃警告システムはなかった。

そのため中国は首根っこを掴まれ、敵からの一発攻撃で終わる可能性もあった。今後、ミサイル攻撃警告システムを展開することで中国の報復あるいは迎撃能力を大きく向上する。

このような可能性は、ソ米関係において機能していた相互の核抑止の基礎となる。

これで中国と米国の核パワーは互角になり、さらに、極東においては中国・ロシアの軍事能力と、米国・日本の軍事能力がより拮抗しつつあると言える。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:22 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
スパイ日本は世界一のエリート諜報クラブの「第6の目」になるのか [2019年10月15日(Tue)]
露西亜の通信社の報道は、時々面白い記事が載る。各国の機密情報を共有するという試みですでにアメリカなど5か国に日本を加えようというものである。

あえて言うならば,ロシアと中国を加えたらどうか。各国で機密情報を同時に共有すれば、疑心暗鬼になることは少なくともなくなる。

偶発戦争の危機はなくなるであろう。
少し長いが、参考までに引用します。じっくりと読んでみてほしい。

データ
露西亜・スプートニク 2019年10月14日 23:30短縮 URL

今日、米国が直面している中国の力の増大やロシアの台頭、北朝鮮の核プログラム、イランの行動などの課題は、正確で質の高い情報機関の情報を必要としている。

そのため米国、英国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの5カ国の情報機関の完全な情報交換を主目的とした「ファイブ・アイズ」と呼ばれるプロジェクトの拡大が必要とされている。

「ファイブ・アイズ」の加盟国候補の一つはイスラエルかもしれない。イスラエルの伝説的な情報機関「モサド」は、中東各国の広範な情報を所有しているからだ。

また、当然、日本もその候補に上がっている。イスラエルが中東情報をカバーするのと同様に、日本は北東アジアで非常に有用な存在となる。

これに関する元米国海軍将官で現在は政治アナリストの記事が、ブルームバーグのサイトに掲載された。

カナダの政治評論家でサイバーセキュリティのサイトの創設者であるルドヴィック・レンバート氏は、日本はすでに「ファイブ・アイズ」へ加わったと考えている。

レンバート氏は「現在ファイブ・アイズは、世界一のエリート諜報クラブに日本を6番目の正式なメンバーとして迎えるか検討している。

日本が中国大陸や南シナ海、北朝鮮に関する情報収集で多大な貢献を果たしたこと、また、この数年来、『5カ国』全ての情報機関が活発に日本と協力したことから、大多数の専門家たちは、日本の加盟はすでに既成事実となっていると考えている。

私たちに一番最初に『ようこそ!シックス・アイズ』へと言わせてほしい」と自身の記事の中で述べている。

米国、冷戦時代の鳥スパイに関する情報を公開

またロイター通信は、「ファイブ・アイズ」は、中国と、そしておそらくロシアの対外活動に立脚した脅威に対抗するために、日本とドイツを引き入れる意向だと報じている。

ソ連対外情報庁の元職員で現在は独立系アナリストのユーリー・スベトフ氏は、スプートニクのインタビューに対し、北大西洋条約機構(NATO)の全加盟国29カ国とその同盟国は、もちろん情報機関の情報を交換しているが、しかし、さらに高い信頼レベルがあるのは「ファイブ・アイズ」だけだと語り、次のように続けたー

「西側の同盟国には世界を注視するためにさらに多くの目が必要だ。

5カ国のインテリジェンス・コミュニティー間で緊密な協力が始まったのは第2次世界大戦が終結してから約10年後で、その目的はソ連とワルシャワ条約機構の加盟国を監視することだった。

今日、日米安保条約、また、アジア太平洋地域への米国の高まる関心、日本から決して米軍基地を撤退させないという声明を考慮した場合、この2カ国のインテリジェンス・コミュニティーはずいぶん前から緊密に協力していると推測するのが論理的だ。

『パーマネント・レコード(永久記録)』

あの時、空港でスノーデン氏は… ロシア保安庁からの協力提案を拒否

日本は「ファイブ・アイズ」にとって、まずは中国、ついでに北朝鮮とロシアに関連した機密情報源として関心を持たれている。

この観点から考えた場合、優れたインテリジェンス能力と充実した技術装備、また、これらの国々との地理的近さを持つ日本は、極めて価値のあるプレイヤーとなる。

安全保障とステータスの向上という観点からみると、日本にとってもこれは魅力的だろう。

しかし、大きなマイナス面もある。それは日本はその隣国に関する情報機関の情報を交換する義務が発生するということだ。

これは日本にとって重要な、たとえば中国とロシアとの2国間関係を損なうおそれがある」。

「ファイブ・アイズ」が日本とより緊密な協力を目指している間接的な兆候は、2018年10月に日本がはじめて多国間机上演習「シュリーバー・ウォーゲーム」へ招待されたことだ。

2001年にはじまったこの「ウォーゲーム」は、主に「ファイブ・アイズ」の加盟国間で開催されている。

日本の参加者らの課題は、米国の宇宙通信機器が攻撃された場合に、日本の衛星システムがどのようにして米国を援助できるかをモデル化することだった。

日本は2019年の「防衛白書」で優先課題として宇宙技術やサイバーセキュリティ、電磁波技術の分野での自国の防衛能力の強化をあげている。

これは「ファイブ・アイズ」の優先領域ともほぼ一致している。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 10:31 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
サウジ沖でイランのタンカーが爆発・炎上、ミサイル攻撃の可能性も [2019年10月11日(Fri)]
祝 200万アクセスを突破しました。この私の記事を見ている方々に感謝します。

イランを挑発する勢力があるようだ。イランを攻撃したい勢力の策謀であろう。

データ
AFPBB News 2019/10/11 15:38




【AFP=時事】(更新)イランの国営テレビは11日、サウジアラビア西部の港湾都市ジッダ(Jeddah)の沖合でイラン船籍の石油タンカーが爆発・炎上し、紅海(Red Sea)に原油が流出していると報じた。

ミサイル攻撃があったとの情報がある。

 タンカーを所有するイラン国営タンカー会社(NITC)の発表によると、「Sabiti号」はサウジ沖100キロ付近を航行中、2回にわたって爆発に見舞われた。

「ミサイル攻撃を受けた可能性がある」という。

 NITCはまた、「乗組員は全員無事で、船体は安定している」と述べ、報道されたような火災は起きていないとしている。

 準国営のイラン学生通信(ISNA)は専門家の見解として、「テロ攻撃」の可能性は否定できないと伝えている。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 16:00 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
露潜水艦、巡航ミサイルの発射訓練を実施 [2019年10月11日(Fri)]
祝 200万アクセスを超えました。まことにありがとうございます。

露西亜がこの時期になぜ潜水艦からの巡航ミサイル」の発射をしたのか。その目的はなぜか。ロシアが原潜に巡航ミサイルを積んでアメリアの近海で遊弋させていることは知られている。

それが、米ロの核戦争を抑止している。アメリカもロシア近海に原潜を張り付けている。黒海で巡航ミサイルを発射する意義は何なのであろうか。



データ
ロシア
Sputnik 2019年10月10日 21:16

ロシア黒海艦隊の潜水艦「コルピノ」は、黒海での軍事訓練で巡航ミサイル「カリブル」を発射した。9日、ロシア国防省が報じた。

国防省のプレスリリースでは「乗組員は(中略)黒海水域の軍事演習場で沿岸及び海上目標に向けて巡航ミサイル『カリブル』の発射を実施した。

ミサイルの発射は水中の位置から行われた。ミサイルはオプク演習場付近の沿岸と海上射爆場に設置された目標に命中した」と述べられている。

rosia5.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 14:20 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
米軍のシリア撤退、共和党重鎮が批判 トランプ氏に撤回求める [2019年10月08日(Tue)]
データ
アメリカ/CNN 2019.10.08 Tue posted at 13:01 JST



マコネル上院院内総務(左)がトランプ大統領によるシリア撤収の判断を批判した

(CNN) 米共和党のマコネル上院院内総務は7日、シリア北部から米軍を撤退させるとのトランプ大統領の判断を批判し、方針の転換を迫った。

シリア撤兵をめぐっては他の共和党議員からも反対の声が上がり、党派を超えた批判が巻き起こる異例の事態となっている。

ホワイトハウスは6日夜、声明でシリア北部からの米軍の撤退を発表した。

これに対しマコネル氏は「突然のシリアからの撤兵は、ロシアやイラン、シリアのアサド政権を利するだけだ」と批判。

米国が主導権を発揮して多くの国からなる連合軍の結束を維持し、過激派組織「イラク・シリア・ イスラム国(ISIS)」との戦いに臨むべきだと主張した。

そのうえで、シリア北部では、米国が支援してきたクルド人武装組織と北大西洋条約機構(NATO)加盟国のトルコとの間で激しい対立が起こるリスクがあると指摘。

トランプ大統領に対し、新たな紛争の発生を防ぐよう強く求めた。

下院共和党のリズ・チェイニー議員も、シリア北部からの撤兵は、ISIS掃討作戦で重要な働きをしたクルド人武装組織を見捨てることに他ならないと批判した。

そのうえで「こうした動きはイランを増長させ、トルコのエルドアン政権に不当な恩恵をもたらす。現状、トルコはロシアへの歩み寄りを強める一方だ」との認識を示した。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 14:01 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
米は愚かで終りのない戦争から抜け出す時だ=トランプ大統領 [2019年10月08日(Tue)]
中東から手を引くというメッセージであろうか。アメリカが手を引けばロシアの勢力圏に入る。

しかし、中東は難しい地域であるから、ロシアにとってプラスになるかどうか。
トランプ氏は、選挙を控えアメリカ軍兵士にシグナルを送り支持の取り付けを狙ったのか。

データ
ロシア・スプートニク2019年10月08日 00:01

アメリカのトランプ大統領は、シリア情勢について、「アメリカはそろそろ、この愚かで、終わりのない戦争から抜け出す時期だ」「アメリカ軍を家に帰さなければ」とコメントした。

トランプ大統領は自身のツイッターに、「アメリカは、当初の予定では、シリアの滞在期間は30日のはずだった。

アメリカ軍は滞留し、深く深く、目的が見えない戦いに入り込んでしまった。しかし、この愚かで、終わりのない戦争から抜け出し、兵士を家に帰す時が来た」と投稿した。


​「トルコ、欧州、シリア、イラン、イラク、ロシア、そしてクルド人はこれから、これらの状況に対処しなければならない」と大統領は付け加えた。

『私たちが戦うのは、アメリカにとって有利な場所でのみ、そして勝利の終結まで戦う』

関連ニュース

トランプ大統領は、 弾劾の可能性が自身の経歴に悪影響を及ぼすことを危惧している= マスコミ

Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:22 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「どこに石油が流れ、どこに武器を売るか」 米国にとって中東の乱気流は有利 = ラブロフ外相 [2019年10月06日(Sun)]
コピーライトマーク Sputnik
2019年10月06日 00:04短縮 URL291

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、ヴァルダイ国際討論クラブ第14回年次会合において、「中東は無謀な政治実験の場となり、すでに悲劇的な結果をまねいている」と述べた。

ラブロフ外相によると、中東地域の乱気流はアメリカにとって有利だという。

ラブロフ外相によると、すべてのアメリカによる介入活動は、当事国がワシントンに都合のよい動きをするように仕向けられている、という。

ラブロフ外相



ロシアのラブロフ外相 ポロシェンコ前ウクライナ大統領の「反ロシア的決定」の撤回を期待

ラブロフ外相は、「一方、ワシントンが都合よく有利と考えるのは、このように絶えず乱気流の状態だ。

アメリカは遠いが、中東には基地がある。アメリカは常にどちらを支援するのが有利か、どこに石油が流れるか、どこからガスを採るか、どこで武器を売るか、などを見ることができる」と語った。

その関連で、ロシアはシリアにおける軍事的プレゼンスに維持には関心があるが、圧力をかけるために軍隊を使うつもりはない、とラブロフ外相は述べた。

Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 18:42 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本は対話プロセスから追いやられている」来たるべきトランプ大統領と金委員長の会談について専門家らがコメント [2019年10月05日(Sat)]
ロシアの通信社の報道は注意して見ておくことである。

データ
ロシア・スプートニク 2019年10月04日 22:45

北朝鮮は弾道ミサイルの発射を継続している。それにもかかわらず、5日、米朝協議が予定されており、非常に高い確率でこれは実施されるだろう。

なぜ米国側から強硬な声明が出ていないのか、かつて国際的な「外れ者」だった北朝鮮のトップが、どのようにして世界の首脳らと対話するようになったのか、スプートニクは専門家らの声を聞いた。

ごく最近に発射された北朝鮮のミサイルは、日本にも韓国にも、発射場所や発射数について疑念を呼び起こした。

これらの場所や数の問題は、北朝鮮の核ミサイル分野における技術的な可能性を測るのに非常に重要である。

韓国の軍事当局は、発射されたのは一発だとし、日本の専門家らも、ミサイルは単に分離したと考えている。

そのために当初は正確な発射数について疑いがもたれていた。発射場所も分析の対象になった。

後に聯合ニュースが米中央軍報道官のパトリック・ライダー氏の発言を引用し、北朝鮮はミサイルを潜水艦からではなく、海をベースにしたプラットフォームから発射したのだろうと伝えている。

韓国・慶南大学極東問題研究所の教授で軍事専門家である金東葉氏は、北朝鮮が発射したミサイルは2000キロの射程をもっており、水中戦略弾道弾「北極星(プッキクソン)」の発展形であると述べている。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 11:33 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
http://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml