CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
日本人お断り」のラーメン屋は…日本にある [2019年07月30日(Tue)]


ra-menn1.jpg
夏季シーズンに訪れる日本人観光客を対象としているようだが、地元の日本人も対象となるようだ。地元をふくめすべてというところだ。

採算的にはマイナスであろうが、主人のこだわりと意思の表現であろう。しかし、差別を導くような思考と行動はいかがなものか。

日本にありながら、日本人の入店禁止という差別は、おもしろいとみるかどうか。

データ
ロシア・スクートニク 2019年07月15日 21:51

沖縄県石垣島にあるラーメン屋の店長、有馬昭雄さん(42)は、一部の日本人客のマナーが悪いことから、日本人の来店を禁止した。

このラーメン店「八重山Style」では現在、マナーの良い外国人だけが舌鼓を打つことができる。

石垣島はその美しさで全世界から観光客を引きつける。だがハイシーズンである今年の夏、「八重山Style」は珍しくガランとしている。

最近では1日に2人の外国人しか客が訪れなかったという。美味しいラーメンを楽しもうとしていた日本人客は、店の前に貼られた厳格な張り紙に制止された。


​張り紙には「日本人のお客様へ。日本人の観光客のマナーが年々、悪化の為、9月末まで日本人のお客様はお断りしています。

海外のお客様のみの対応となっておりますので、地元のお客様や毎年、来てくれるお客様には申し訳ありませんがご協力お願いします。

10月から通常営業の予定で考えてます」とある。

isigakijima1.jpg

コメントには、10月からも客は来ないよ。お客はそう甘くはないから、とある。
人生につかれてきたおばさん。より
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 10:45 | 日本人の健康に直結 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
がんとX線撮影の関連が見つかる [2019年07月21日(Sun)]
人生100歳時代と言われるが、がんに対する治療方法が確立されると、それは実現する。しかしその一方,少子化の進展で年金制度が崩壊することになる。

日本だけでなく世界的に高齢者が100歳を迎えると、世界経済の高齢化となり衰退に向かうかもしれない。

データ
ロシア スプートニク日本2019年07月21日 01:35

英研究チームは、がんの発生リスクとX線撮影の関連性を発見した。MedicalXpressが報じた。

研究チームによると、コンピューター断層撮影(CT)3回分に相当する低線量被ばくでも、p53遺伝子の変異が認められる細胞の数が増加する。


研究チームが説明するところ、これらの細胞はがんの発生と進行を促進している。
研究者らはまた、がんに変わる可能性のある細胞はすべての人の体内にあると続けた。

研究チームによると、そうした細胞の数は年齢とともに増加する。しかし、悪性細胞に変わるのはそのうちのほんの一部だ。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 20:06 | 日本人の健康に直結 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
週3個以上の卵や1日当たり300ミリグラムのコレステロールを摂取する人は心疾患や早死にのリスクが高まる可能性があるとの調査結果が明らかになった [2019年03月19日(Tue)]
tamago1.jpg

過ぎたるは及ばざるがごとし・毎日、卵を1個以上3個以内たべたほうがよいという説もありどちらが正しいのであろうか。

白人主義者に投げつけるのが正しい使い方なのであろうか。

データ
アメリカCNN 2019.3.19

(CNN) 1週間に卵を3〜4個食べる人や、食事から1日当たり300ミリグラムのコレステロールを摂取する人は、そうでない人に比べて心疾患や早死にのリスクが高い――。

そんな調査結果がこのほど医学誌JAMAに発表された。

論文を執筆した米ノースウエスタン大学のビクター・ゾン氏によると、卵の黄身は特にコレステロール値が高く、卵1個には大きなもので約186ミリグラムのコレステロールが含まれる。

研究チームは、2万9000人あまりについて平均で17年半にわたって追跡調査した米国内の6研究グループのデータを詳しく調べた。

その結果、心血管系の疾患を発症していたのは計5400人で、うち1302人は脳卒中(死者を含む)、1897人は心不全(同)を発症し、113人はそのほかの心疾患のため死亡していた。

それ以外の原因で死亡した患者は6132人だった。

tamago2.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 15:12 | 日本人の健康に直結 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
日本の2018年の出生数は92万1000人と3年連続で100万人を下回った [2018年12月27日(Thu)]
データ
アメリカCNN 2018年12月27日

(CNN) 日本の厚生労働省が発表した人口動態統計の年間推計は、人口の「自然減」が44万8000人と過去最多の水準となった。

2018年に生まれた子どもの人数は推計で92万1000人だった。

これは統計が始まった1899年以降で最少。前年より2万5000人減少した計算になる。出生数が100万人を下回ったのは3年連続。

2018年の死亡数は戦後最多となる136万9000人。

日本は「超高齢社会」となっており、人口の20%以上が65歳以上だ。今年の人口は1億2400万人だが、2065年までに約8800万人に減少するとの予測もある。

安倍首相は、2060年時点でも人口1億人を維持する考えを示しており、政府は少子化対策を打ち出している。
001.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 16:24 | 日本人の健康に直結 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
半年間のウォーキングで思考力が改善、脳の9歳若返りも 米研究 [2018年12月22日(Sat)]
散歩が体にいいことは知られている。呼吸器官の活性化と酸素の供給により脳が活性化するということは知られているが、なかなか継続が難しい。

スポーツクラブでは必ず歩行用装置と自転車型の走行訓練機が設置されている。健康増進のための装置として広く知られている。

以前、横浜のスポーツクラブに会社からの帰りに立ち寄り、汗を流した。そしてたまに水泳などをして帰りがけに同僚とビールを飲んでいた。

このクラブには若い女性が多く、通勤の帰りがけにこのクラブで汗を流していた。女性は若い時から体形が気になるのでスポーツクラブに通っていたのであろうが、それが健康にもよいということである。

データ
アメリカCNN 12/22(土) 11:42配信 CNN.co.jp

半年間のウォーキングで思考力が改善、脳の9歳若返りも 米研究

ウォーキングなどの運動を週3回続けると、半年間で脳の機能が大幅に改善したという
(CNN) 

高齢者が1週間に3回、ウォーキングをしたり自転車をこぐだけで、加齢に伴う思考力の低下を改善することができるという研究結果が、このほど医学誌に発表された。

同時に食生活も改善すれば、脳の実行機能年齢は9歳も若返ると報告している。

この実験は米デューク大学のジェームズ・ブルーメンソール氏の研究チームが、心血管系疾患の原因となる高血圧などの症状をもつ大人160人を対象に、6カ月にわたって実施した。

被検者はいずれも運動をしたことがなく、意思決定の問題や記憶力や集中力の低下など認知機能に関連した症状が確認されていて、平均年齢は65歳、性別は女性が3分の2を占めていた。

認知症と診断された人や、運動のできない人は除外されている。

IMG_4975 (1).JPG
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 14:04 | 日本人の健康に直結 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
コメを使って、食べられるストローを開発した企業が現れた。今年8月、韓国ではカフェなどでの使い捨てプラスチックカップ使用が原則禁止 [2018年12月06日(Thu)]
今年8月、韓国ではカフェなどでの使い捨てプラスチックカップ使用が原則禁止となり、人々の環境保護に対する意識を向上させているだけでなく、新たなビジネスチャンスももたらしている。

そんな中、アジア各地で盛んに生産されているコメを使って、食べられるストローを開発した企業が現れた。

コメ製のストローの外観は、普通のプラスチックのストローと変わりなく、飲み物を飲むときも吸いやすく、飲み物の味にも影響がない。

食べてみると、パリパリして、コメで作ったお菓子のような食感となっている。

このストローはホットドリンクに2−3時間浸けていても問題なく、冷たい飲み物の場合はその時間がもっと長くなる。

生産は簡単で、同企業は既に自動化し、大量生産している。卸値は1本15ウォン(約1円5銭)。

現在、1ヶ月当たり約3億本生産されており、韓国のカフェ約100店舗のほか、一部の高級ホテルにも納品される計画という。

このストローを開発した 金広nさんによると、ストローの成分は70%がコメで、ほかにタピオカの原料となるキャッサバが30%を占めている。

キャッサバを入れることで、丈夫で、弾力性もあり、表面がより滑らかになるという。

韓国環境省の統計によると、韓国では年間約100億本のストローと257億個の使い捨てコップが消費されている。その中に含まれるプラスチックを分解するには約500年を必要とする

データ
中国 人民網2018・12.6
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 13:55 | 日本人の健康に直結 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
「鳥肌は心身の健康状態を反映する」に科学的根拠あり [2018年10月02日(Tue)]
データ
人民網日本語版 2018年09月30日09:50

鳥肌と聞くと、「もともとは白くツルツルした皮膚だが、その表面にだんだんと小さなブツブツが現れ、そのブツブツはとても密集して、かつ整然と並び、一面に広がっている」といった様子を思い浮かべるに違いない。

そして鳥肌を見たり、触ったりしただけでも、あまり気分の良いものとは言えない。科普中国網が伝えた。

鳥肌が立つのは、我々の古代からのDNAが原因で、この現象は、一般的に、寒い時や危険が迫った時、恐怖を感じた時などに起こる。

そして、これらのきっかけはいずれも、生存にとって有利な状態であるとは言えない。

ところが、人類の進化にともない、大きな感情の波が起こった時にも、自分の意志に関わらず鳥肌が立つようになった。

英オックスフォード大学のRobin Murphy氏と米ハーバード大学のMatthew Sachs氏の共同研究から、鳥肌は、身体的な健康状態を反映するだけではなく、心理的な健康にもプラスに作用し、感情的に高ぶった時に、ポジティブな心理状態を維持するのを可能にすることが判明した。

akagikeiitirou2.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 10:59 | 日本人の健康に直結 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
自然エネルギー革命 米国で進行中 火力・原子力は劣勢 [2018年10月01日(Mon)]
kaze.jpg


自然エネルギー革命 米国で進行中 火力・原子力は劣勢

データ
朝日新聞 聞き手=小森敦司2018年10月1日11時40分

自然エネルギー財団・石田雅也氏


エネルギーを語ろう
 米国ではいま、風力発電と太陽光発電が大きくシェアを伸ばす「エネルギー革命」が起きているといいます。

公益財団法人・自然エネルギー財団(東京)で、ロマン・ジスラー氏とともに米国の電力市場の実態をリポート「自然エネルギー最前線in U.S.」(https://www.renewable-ei.org/activities/reports/20180704.html別ウインドウで開きます)にまとめた石田雅也氏さんにインタビューしました。

solar.png     ◇

 ――リポートをまとめてみての率直な感想をお聞かせください。

 「想定した以上の変化でした。米国のエネルギー市場をめぐっては、(画期的な採掘法で石ガスの埋蔵量が飛躍的に増えた)『シェールガス革命』が記憶に新しいですが、次の『エネルギー革命』が進んでいます。

風力発電と太陽光発電の導入量が2010年ごろから急拡大しているのです。

トランプ政権になって石炭火力や原子力発電に戻るのでは、という見方が日本にはありますが、実際にはそんなことにはなっていません」

 ――リポートに掲載されたデータによると、米国の風力発電の設備容量(累計)は10年の4030万キロワットから、17年には8908万キロワットと倍増しています。なぜこれほど増えているのですか。

 「端的に言えばコストの低下です。風力発電機の価格(1キロワットあたり)は08年に約1600ドルだったのが、16年には800〜1100ドルまで下がりました。

量産効果に加え、大型化が進んだためです。

1基あたりの設備容量は5年ぐらい前まで2千キロワットが標準的だったのが、今や3千〜5千キロワットになり、さらに1万キロワットも実用化されようとしています。

その分、1基当たりの発電量が増えるので、相対的に発電コストが下がるのです」
furyoku3.jpg
 ――太陽光発電も13、14年あたりから急激に伸びています。10年に204万キロワット(累計)だったのが、07年には5104万キロワットにもなりました。

 「はい。これもコストの低下が大きい。太陽光発電の1ワットあたりの発電システムのコストは4.57ドル(10年)から1.03ドル(17年)と4分の1以下になりました。



中国製の太陽光パネルの販売競争と市場拡大で劇的に価格が下がったのです」

fuuryoku1.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 14:02 | 日本人の健康に直結 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
目指すは健康で長生き 露日が技術を合体 [2018年09月30日(Sun)]
rosia2.jpg


サンクトペテルブルグで開催された「ユーラシア女性フォーラム」では、人口動態、健康、いわゆるシルバー世代の活躍をどう維持するかが最重要テーマに挙げられた。

フォーラム初日の討論が「あらゆる世代の女性の健康維持 シルバー世代の黄金期」をスローガンに行われたのにもわけがある。

スプートニク日本2018年09月23日 12:38短縮 URL

ユーラシア女性フォーラムには世界100か国からの参加者が集まり、世界保健機関(WTO)提唱の長寿で健康な生活を送るコンセプトの世界の実践例や、労働市場をあらゆる世代のニーズに適応させること、シルバー世代のボランティアの将来性が話し合われた。

国連人口基金(UNFPA)の発表によれば、2025年までに先進国の人口の20%以上が65歳以上の高齢者になり、世界の高齢者人口は2億1600万人から4億7500万人に達する。

これにくわえて高齢者人口も性別化する。つまり世界人口では女性は半数を占めてはいるものの、高齢者人口においては女性の占める割合は各段に大きくなる。

2025年までには60歳以上の人口の54%が女性になり、80歳以上ともなると女性の割合は63%になると見られている。

mosukuwa.jpg
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 12:22 | 日本人の健康に直結 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
新酒造り 始まる 大崎の「一ノ蔵」 甑起こし /宮城 [2018年09月21日(Fri)]
itinokura1.jpg
宮城県のお酒は一ノ蔵と浦霞が小生の好みのお酒である。どちらもうまい。あとは好みの問題だけだ。一の黒のほうが男性的な切れ味がするといわれるがそれも好みであろう。

データ
 毎日新聞2018年9月21日 地方版

宮城県

 大崎市松山の酒造会社「一ノ蔵」で19日、今季初めて新米を蒸す「甑(こしき)起こし」があり、県内の蔵元で最も早いという新酒造りが始まった。

「一ノ蔵 本醸造しぼりたて生原酒」として11月14日に出荷開始予定。

 同社の契約ほ場で6日に稲刈りした極早稲米「やまのしずく」を18日に精米。この日は、まず麹(こうじ)を作る

itinokura2.png
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 13:38 | 日本人の健康に直結 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
| 次へ
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
http://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml