CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2019年10月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
日別アーカイブ
中国、米国産大豆を購入 通商協議控え歩み寄りの兆し鮮明に [2019年09月13日(Fri)]
予想のとおり、中国はトランプ氏に花を持たせ歩み始めた。習主席は深謀遠慮でこの時期はトランプ氏に歩み寄る姿勢を明確にした。

トランプ氏は中国との駆け引きで、少しでも譲歩が引き出せれば、矛を収めるであろう。彼にとっては商取引の材料に関税を利用したに過ぎないのだから。

syuu1.jpg


データ
Reuters 2019/9.13


[北京/ワシントン 12日 ロイター] - 中国は12日、米国産農産物の購入再開に向けた動きを示し、月内に予定する次官級協議、10月初旬の閣僚級協議に向けてさらに歩み寄る姿勢を鮮明にした。

米国は中国の動きを歓迎すると表明しつつも、対中関税を維持する用意があるとけん制した。

トレーダーによると、中国の輸入業者はこの日、合計60万トン以上の米国産大豆を購入。購入量としては少なくとも6月以降で最大という。

これに先立ち、ブルームバーグは関係筋の情報として、中国が8月に停止した大豆や豚肉などの米農産品の輸入再開を認めるか検討していると報じていた。

中国商務省の報道官は、中国企業から米農産物価格について問い合わせが入っていることを明らかにし、「中国は引き続き双方が互いに歩み寄り、協議の良好な環境を醸成するための具体的措置を取ることを望む」と述べた。

中国が輸入する可能性のある米農産物には豚肉や大豆が含まれるという。

前日には、中国が一部の米国製品を追加関税対象から除外。

トランプ米大統領もこれを受け、10月1日に予定していた一部中国製品への関税引き上げを10月15日に延期するなど、両国ともに譲歩を示している。

ムニューシン米財務長官はCNBCとのインタビューで、中国の動きを歓迎しつつも、トランプ大統領には中国製品への関税率を維持したり引き上げる用意があると述べ、今後の通商交渉に向け中国側の動きをけん制した。
Posted by メディカルゆう  ゆう東洋医学研究所 at 10:11 | 戦争と平和 | この記事のURL | コメント(0) | トラックバック(0)
この記事のURL
http://blog.canpan.info/medicalyou/archive/1741
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
 
コメントする
コメント
検索
検索語句
タグクラウド
プロフィール

ゆう東洋医学研究所さんの画像
http://blog.canpan.info/medicalyou/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/medicalyou/index2_0.xml