CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2018年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
冬季プリンピック2018 [2018年02月24日(Sat)]
冬季オリンピックが盛り上がっている中、
プリズムでも4年に1度の「冬季プリンピック(プリズムオリンピック)」を行っています。

きっと2020年の東京オリンピックには「仙台プリンピック」をするはず。
どうやってするかと言えば、Wii-fit Uのゲームです。

今回は「冬季」なので
「スキージャンプ」「リュージュ」「バランススキー」「雪合戦」の4種目から、
1,2種目を選んで競技に取り組みます。

4年前は、こちらで設定したこともあり「スキージャンプ」と「リュージュ」限定で行ったのですが、今年は4種目を提示したところ・・・・・

雪合戦が大人気!!!!
DSCN9806.JPG

雪合戦はオリンピック競技じゃない!というメンバーもいましたが、
「プリンピックですもの♪雪合戦もいいじゃないさー♪」
と言うと、あっさり納得。

しかし、これもボディイメージがなかなか掴むことのできない子たちは厳しい。

バランスWiiボードの上で、敵が投げてくる雪玉を左右によけながら、
自分も敵にリモコンを向けて照準を合わせて発射する。

雪合戦.JPG

敵に雪玉をあてようとすると、敵から来る雪玉は見えなくなるし、
よけてばかりいると、敵を倒すことができないので得点が入りません。
しかも、Wii-UはMiiという実際の人物に似せて作成しているキャラクターがいるために

「あ、敵にまほろ先生がいる!!」
「わぁ!ゆか先生にやられたぁ!!」
「(敵に)俺が出てきたぁ!!俺がんばれ!!」

と、観客も大盛り上がりでした。

また、リュージュの際に、後藤がモデリングをしていたところ
「わぁ!!無理!!無理だ!!ぼくはむりでーーーす!!」
と言っていた子に、挑戦したくない人は見ているだけでもいいことを告げると

「やります」っと。

必ずしも言っている言葉が全てではないんだなぁ。ということを再確認した瞬間でした。

短いセッション時間の中で、みんなが安心してゲームに取り組むためにある程度ルールを決めて行っているのですが、あまりにもルールから逸脱行為が見られた子に

後藤「残念ですが、失格です。次の方に交代してください」

と伝えた所、

「みんな転べ―。死ねー」

と野次を飛ばし始めたので

後藤「観戦態度ひとつで、選手に復帰できるか検討させていただきます」
と、こそっと伝えた所・・・

「みんながんばれー!!いいぞぉー!!おぉ!うまいうまい!!」っと。

反省させるよりも、次の目標を持って行動するほうが、本人にとっても周りにとってもプラスになります。
それにしても、その素直な姿がまた素敵♪
しっかり選手復帰を果たし、反則無しの素晴らしい得点を出していました。

ちなみに、子供たちにオリンピックを見ているかの話をすると・・・・
「羽生君がすごすぎる!頭から離れない!」と言う子もいた中、半数以上は興味がないので見ていないという答えでした。
それも本音です。

世の中の話題として、
「今季のメダルの個数」
「連覇した羽生君は仙台出身なんだよ♪」
ということだけでも伝えていこうと思います。
まほろ
Posted by サポートネット at 10:09
今年はジュリアと一緒 [2018年02月23日(Fri)]
世界自閉症啓発デー2018のポスターが届きました。
2018啓発デー
2018 autism ポスター.pdf

昨年、セサミストリートのキャラクターに仲間入りした、ジュリアが一緒です。
ジュリアは、自閉症の女の子。
ポスターは、啓発デーのライトアップブルーの写真がたくさん散りばめられて、中心の白いハート型の中にキャラクターが配置されている、すてきなデザインです。

毎年4月2日は、国連の定めた世界自閉症啓発デー。
毎年4月2日〜8日は、発達障害啓発週間です。

公式サイトはこちら↓
http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=13

公式サイトでは、自閉症や発達障害のある方とその家族への応援メッセージも募集しています↓
http://www.autism.or.jp/cgi-bin/keihatuday-m/regist.html

一人でも多くの方に、理解の輪が広がりますように・・・ぴかぴか(新しい)

さて、今日事務局では、会報誌すぽっとを発送しました。
発送作業にご参加の皆さま、ありがとうございましたるんるん
旭ヶ丘に移転するまでのこと、私たちが大切にしていきたいこと等々、今回も盛りだくさんの内容です。
私たちも、私たちにできることを、発信し続けていきたいと思います。


リボン
Posted by サポートネット at 14:37
人生ゲーム [2018年02月17日(Sat)]
移転のお祝いに♪と、人生ゲームをいただきました。
そこで、アイドル君が所属する低学年グループの子供たちと一緒にゲームをすることにしました。
人生ゲームは、人生と言う名前の通り、様々な人生があります。

3人で取り組んだところ、このようになりました。
A君「教師」(人生ゲームの中では給料が安いが堅実的な職業)
B君「医者」(人生ゲームの中では給料が高く、人気の職業)
C君「アイドル」(ルーレットで給料が変わるため、変動が大きい)

自動車保険や生命保険、火災保険についても、
「同じマスに止まると、自動車の追突事故になります。自動車保険に入っていない場合は、自分の所持金から賠償金というお金が1万円とられます。が、3000円で自動車保険に入った場合、代わりに銀行が支払います!!たった3000円で、安心した自動車運転が保証されます」

などなど、それぞれのマスに書いてある文字や、ルールを細かく説明。
それを真剣に聞く子供たち。
納得しながら、次々に保険の契約をしていきます。

株を買う際、意味がわからなくて、とても渋る子供たちでしたが
銀行役の後藤が
後藤「ほら!!このマスを見てください。株が高騰するとこのマスで4万入りますよ♪」
教師「おぉ!!株買います!!」
医者「僕も株買うって決めた!」
アイドル「僕も!!」

しかし中盤になり、株の買値が高くなってくると、
「先生(教師)、今は株を買うことよりも、借金にならないように所持金を大切にすべきだと思います」
「お医者さん、まだ株が買い時かと思いますが、いかがいたしましょう♪」
「トップアイドルは、どんどんお金をつぎ込んでもいいじゃないですか!!株買いましょうよ!!」

職業によって、掛ける言葉が変わってきます。

家を買う際は
教師「先生の給料だと、物件は3万〜4万あたりがおススメです。無理をすると借金を抱える可能性があります。」
医者「この一番高い家はどうでしょう。現在の所持金であれば、充分購入できる価格かと思いますが、いかがいたしましょうか」
アイドル「トップアイドルなので、多少無理をしても、次の給料でたくさん入ります。高額物件いきましょうよ!!」

お医者さんがリオのカーニバルに家族全員で出場してしまい、借金を抱えた時には
「借金を抱えてしまいましたが、次の給料で挽回できます。大丈夫です!!」

しかし、教師が高いお土産物を買おうとした時には
「借金の危険性があります。次の給料で借金が返せるかわからないです。安い土産にしましょう!!」

人生最大の掛けの際、アイドルがやりたいと言うと、
「さすがトップアイドル!!人生は掛けですね!どうぞどうぞ!!1万円になります!」
と言い、他の子たちが渋るのに対しては

「そうです。賭け事はしなくていいと思います。地道にコツコツとお金を貯める方が安心です」

っと。
それぞれの人生を歩んでいました。

かつて、人生ゲームでピカソの絵を買わされて破産になった子が、涙がこぼれないよう天井を向き、迎えに来たお母さんを見たら思いが溢れてきて
「ピ、ピカソのせいで、僕は借金を抱えて・・ピカソなんか、ピカソ・・・・・うぅ、うぅ・・・・ポロポロ(涙)」

と泣き出したこともありました。
ゲームとはいえ、みんな本当の人生かのごとく真剣です。

ちなみに、お医者さんは油田を掘り当て、最終的に大富豪になったところ
「僕!!人生初の人生ゲームで勝った!!」

人生ゲームをプレゼントしてくれた、アイドル君は、
「僕ね、ずっとずっと人生ゲームやりたかったんだ!!やっとできた!嬉しかった!!」

ちなみに、1時間のセッションの中ですべてのマスをすすむことはとても難しく、
途中で半分以上をワープしたのですが、それはそれで良かったようで、

ゴールを決めた時の全員の表情はとても晴々していました。

「またやろうね!!」と話し合う3人。
1時間でできる内容を吟味したうえで、いつかまた取り入れてみようと思いました。
まほろ
Posted by サポートネット at 19:14
ふわりいろいろ [2018年02月14日(Wed)]
先週のおしゃべりサロンふわりの報告です。

参加人数は少なめでしたが、いろんな話題が挙がりました。
今回は、近況や普段気になることから、おしゃべり会を進めました。

怒ってばかりの自分を改善したい、との声から、まずは “怒らない伝え方” について考えてみました。
「〇〇しちゃダメ!」よりも「△△しようね」と伝えた方が、どうしたらいいかが理解しやすい。
たとえば、「走っちゃダメ!」よりも「歩こうね」と。
これは、大人の私たちが頭を使います!
否定形を使わない。あたまのたいそうですね。

また、「自分で考えなさい!」よりも、選択肢を挙げてみる。
子供と一緒に考えるのもOKと思います。
小学校高学年、あるいは中高生になっても、そのときの子供に合わせながら寄り添っていけたらいいなと思います。

大人が怒って、それでも意味が伝わっていればいいのだと思います。
けれど、内容が伝わらず「また怒られた」との思いだけが積み重なってしまっては、うまくありません。
伝えたかったことが、誤解されていることもあります。

繰り返すうちに上手に伝われば、子供をほめることにもつながりそうです。
そんなことを話し合いました。

おしゃべりは他にも、子供の話の聞き方や、学校の先生との面談のことなど、たくさんの話題が挙がりました。

さて、この日のテーマは「お気に入りのあそび場所」るんるん
これは最後の方に、皆さんから挙げてもらいました。

☆体を動かすのが好きなので、外!時には広い公園。
 解き放つと、子供は自由!大人は怒らないで済む(^^)

☆雪あそび!

☆小さい頃、自転車にずっと乗っていた!交通公園もオススメ。

☆うちはインドア派で電車が好きだったから、駅のホームとか。

子供の好きなことを語るお母さん方が、ぱぁっと明るい表情になっていたのが印象的でしたぴかぴか(新しい)
子供の好きなことを応援したい、子供の育ちを応援したい、そんな思いが伝わってくるような、素敵な瞬間でした。

またいろいろおしゃべりしましょう。
ご参加の皆さま、ありがとうございました。


リボン

Posted by サポートネット at 18:34
広いところと狭いところ [2018年02月08日(Thu)]
今週の放課後等デイ虹っ子の設定課題は風船ラリー。
子供同士や、職員やボランティアさんと協力しながら目標回数を目指しています。
小学生高学年ペアは相手がひろいやすい風船トスを意識し、息の合ったプレーを見せてくれました。

設定課題をしていると「虹っ子は広くなったなぁ」としみじみ実感します。
風船を返すことだけに意識が集中してしまい、風船の行方はあちこちへ・・・という光景はよく見られますが、広く障害物も少ない今の課題の部屋だと受け手にも余裕がうまれます。

みんな広い部屋が大好き!かと思いきや、課題後は「あそびの部屋と」に大集合。
レゴブロックをする人、ベイブレードで遊ぶグループ、お絵かきをする人・・・移転前の和室とさほど変わらない広さのこの部屋に子供たちは集まり、職員がマットやタオルケットを使ってそれぞれのスペース割をしています。
もう全員の課題が終わったから課題の部屋を使ってもいいよ、と声をかけても「ここで大丈夫」という言われることがほとんどです。
人が集まっている場所にいたいというお子さんも多いものです。

一人でゆっくり過ごしたいときには課題の部屋の奥へ、場の共有をしながら遊びたいときにはあそびの部屋と気分に応じ居心地のいい場所で過ごしている虹っ子たちです。

DSCN9718.JPG
うさこ

Posted by サポートネット at 20:06
2月のおしゃべりサロン [2018年02月06日(Tue)]
インフルエンザが猛威を振るう中、皆さんいかがお過ごしですか?学級閉鎖だったという学校も多いのではないでしょうか?

2月のおしゃべりサロンのご案内です。

ぴかぴか(新しい)おしゃべりサロン ふわり
主に、幼児期から中高生くらいの保護者が集まっています。

日時:平成30年2月9日(金)
   10:00〜12:00
会場:仙台市シルバーセンター6階 和室
 
2月のテーマは「お気に入りのあそび場所」です。
春休みのお出かけ車(RV)の参考に、皆さんが行ってよかった場所について、情報交換したいと思います。
また、春は環境が変わる季節です。春に向けて心配なことや、今から準備できることなど、お話しできればと思います。
他に、自閉症スペクトラム・発達障害のこと、素朴な疑問もOKです。
たくさんおしゃべりしましょう。


ぴかぴか(新しい)おしゃべりサロン ラルクママ
主に、中高生から成人期の方の保護者が集まっています。
よそではなかなか言い出せないことも、ここなら大丈夫。
同じような悩みを持つ方と出会い、日常のいろんなことをおしゃべりしましょう。

日時:平成30年2月27日(火)
   13:00〜15:00
   会場:仙台市シルバーセンター6階 和室


◇おしゃべりサロンの参加費は、正会員 無料。
 正会員以外の方は1回1,000円です。

◇お問合せ・お申し込みは事務局へどうぞ。
 電話:022−341−0885
 メール:mddsnet@yahoo.co.jp

皆さんの参加をお待ちしておりまするんるん

ピース手(チョキ)
Posted by サポートネット at 09:04