CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2016年02月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
おにたいじ! [2016年02月04日(Thu)]
昨日、2月3日は節分。
子ども達の話を聞くと、学校や保育園・幼稚園で豆まきをしてから虹っ子に来た人も多かったようです。
今週の放課後等デイ虹っ子でも「鬼退治」をしています。
今年は玉入れ方式で鬼に沢山の玉を投げ入れています。
数多く玉を入れるためにアンダースローでそうっと投げる作戦をたてたお子さん。
やっぱり鬼退治なのだからここは直球勝負でと力いっぱいバシンバシンと投げ入れるお子さんと一人ひとりの作戦や個性が光ります。
身体が前へ前へと出てしまうお子さん用に小さなゴムマットも準備しました。
目印のテープだけだと続けるうちに忘れがちになりますが、足の裏にマットからの刺激があると意識しやすいみたいです。

DSCN9743.JPG

DSCN9756.JPG

今日は立春。
おひさまの出ている時間が長くなったなぁと思います。
虹っ子の前にはまだ雪のかたまりも見えますが、春も間近ですね。

DSCN9744.JPG

こちらは余暇の様子から。
トーマスくんは遊びの時間の大半をこのプラレール作りに費やしました。
頭の中でイメージが出来上がっているようで、線路や駅舎、出発の時の汽笛の代わりに口笛などトーマスの世界観が出ていました。
せっかく作ったのだから壊したくない、まだまだ遊びたい・・・そんな気持ちをトーマスくんは「自分で写真を撮って残す」ということで切り替えていました。

うさこ
Posted by サポートネット at 10:13
わかりやすく遊ぼう [2016年02月03日(Wed)]
未就学児のプリンセスさん。
課題の後、きせかえマグネットで遊ぶのがお気に入りです。
きせかえ1
たーくさんのお洋服、靴、帽子…。
夏バージョン、冬バージョン。
あれやこれやと考えながらパーツを選んで、5人分の女の子のスタイルを作りますぴかぴか(新しい)
とても楽しそうな姿(^o^)

…しかしexclamationこれを時間内におさめるのは至難の業。
余暇の時間は15分程です。

楽しい時間のはずなのに、「そろそろお片付けだよ」なんて言われると面白くない!スタイルがなかなか決まらない…(>_<)

時間の見通しを視覚的に提示してみたり、本人と交渉して選ぶパーツを減らしたり。
それでもなかなか終わりません。
女の子の数を減らすことの提案もしましたが、本人の気持ちは毎回、
「5人全員完成させたい。」

時間が伸びて、お母さんもドキドキです。

観察していると、パーツを決めるときに、箱のイラストを参考にしているようでした。
決めたいのに決められないのかな。
参考になるものがもっとあればいいのかな?
と思い、先週、聞いてみました。
「ねぇ、、見本があったら使う?」と。
すると、
「うん!」との答え。
次回までに作ることを約束しました。

実際、見本を作り始めてみると…
きせかえ2
これが意外とむずかしかったです。
この服だとこの靴じゃおかしいかなぁ…。色にこだわってたしなぁ。と悩んでしまいました(^_^;
自分でやってみないと分からないものです。
なんとか作って、カラーコピーしました。

そして今週。
完成した見本をプリンセスさんに見てもらうと、
「わあーるんるん
と、良い反応。
見本を近くに置いて、いつものプレートの上に作っていました。
見本に忠実に完成。
きせかえ3
見本の上にパーツをのせていくのかな?と思いきや、“近くに置いておく” という私の想定外のスタイルでしたが、とにかく、役には立ったかんじ。

あれこれおしゃべりもしながら、今までよりサクサク進んで、スッキリ終了exclamation
お片付けもして、お母さんにもほめてもらい、気持ちよく「さようなら」できました。

遊びの場面でも、わかりやすく設定することの大切さを、プリンセスさんに教えてもらいました☆
そして、もっと早く気付けばよかったと反省…。

また次回の約束もしていますかわいい


リボン
Posted by サポートネット at 10:00
「モー」と鳴くそうです。 [2016年02月02日(Tue)]
先週の虹っ子放課後等デイは、
『動物の鳴き声クイズ』をしました。

その名の通り、鳴き声を聞き、その動物が何かを当てるものです。

image.jpeg

簡単なように見えますが、動物の姿を見ずに音だけで聞くと、実は結構難しいものなのです。
今回やってみて難しかったところをみなさんに出題。
トラとライオンの鳴き声の違いがわかりますか?
パンダの鳴き声を知っていますか?
ペンギンの鳴き声を知っていますか?

虹っ子から出題された、このクイズにはなかった問題。
キリンの鳴き声は??

大人のほうが詳しいようで、実は子どものほうが知ってることのひとつかもしれません。
パンダもキリンも、一度は生で、鳴き声を聞いてみたいものです。。。

クローバー

Posted by サポートネット at 09:00
作文じゃなく、ブログ。 [2016年02月01日(Mon)]
保護者の方から

「どうしても作文が苦手で・・・・。」

という訴えがありました。

彼は、将来の夢も、学校であったことを聞いても
「えーーーと、えーーーーーと・・・わからない。」
と答えることが多いです。
不確定のことを考えるのが難しいのはもちろんですし、
おしゃべりが止まらないタイプでもなく、
普段から「僕ね・・・」の発信は弱い。
そりゃ作文は難しいだろうと思います。
でも、苦手意識のままではかわいそうなので、セッションで取り上げてみることにしました。

そういうタイプは、ブログのイメージだとプットアウトができることがしばしば。
ということで、ブログっぽく文章書いてみよう!
と誘っても、いまいちな返事。

しかし、
まほろ「いいから。いいから。好きな事を話すがいいさ。
    できれば普段思っていることを書くのがおすすめさー。」
というと、ぽつりぽつりと、話し始めました。
ブロガー「僕の学校には、元気な人がたくさんいて・・・・」

メモするまほろ。

ブロガー「・・・・えーーと、あー。
     ぼくのことをからかったり、いじめたりする人もいます。」
まほろ「おぉ!そういうの!!そういうのいいねぇ!!で、例えばどんな?」
ブロガー「例えばとかいるんですか?」
まほろ「文章だけなので、状況分からないじゃん。」
ブロガー「はぁ・・・・近くにいるだけで怒る人もいます。」
まほろ 「いいねぇ!具体的になってきてるよ!メモメモ」

そして、出来た下書きを基にして作った文章がこれです。

タイトル「学校について」
ぶろぐ.PNG

彼は、iPadを触りながら、絵文字が使えると知ったとたん
『書きたい!!』
と思ったようで、とてもイキイキ文章を書き始めました。

メモを取る人が傍にいなければ、まだ文章を構成するのは難しいかもしれません。
しかし、作文がうまくなるって、そういうことなんですよね。

私も、昔から作文がうまかったわけではなく、
小学校時代は、親からインタビューされ、そのメモをもとに文章を作り、
書いた文章を親に添削してもらい、
根拠もなく絶賛されているうちに、読書感想文、日記文などで評価され、
苦手意識が薄くなっていったのち、
文章を書くことを「めんどくさい」から「楽しい」に変化させた人です。

言語性が高い人は、文章の校正も上手ですが、
知的に問題がなかろうと、言語性が低い子は作文に苦しみます。
自分の使っている言葉をそのまま文章にしてもいいという回路がしっかり構築されてませんものね。
できないわけではありません。
できるようになります。
パターンを覚えるまでは、お手伝いすればいいだけです。

本当に楽しかったようで、
「この絵文字入れていいかなぁ?」
「やっぱ、こっちにしよっと。」
「あぁー、こんなかんじだった。」
と、笑顔で文章を書きいれていました。

親には言えないと書きながら、出来た文章をお母さんに見せるあたり、
「書けた」
という気持ちが表れているのが分かります。
まほろ「ねぇ。これすごくいいからさ。ブログに載せていい?」
と聞くと、
ブロガー「しかたないなぁ。僕ってばれないようにね。」

ブロガー君。本当にありがとう♪
ステキな記事になりました。
まほろ
Posted by サポートネット at 11:44