CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2015年04月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12) リボン
わかりやすく遊ぼう (02/05) あおママ
わかりやすく遊ぼう (02/05) リボン
1月のサロンとランチ会 (01/12) まほろ
1月のサロンとランチ会 (01/08)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
あっちいって!! [2015年04月30日(Thu)]
まほろは基本的にプリズムの先生です。
虹っ子(放課後等デイ)とプリズム(療育事業)を併用している子は
その区別がはっきりついているので、
虹っ子の日に私が和室(プレイルーム)に入っていくと

「ほらほら、あっち行って!!」
「邪魔!仕事に戻りなさい!!」

と口々に言ってくれます。
それが楽しくて、私が教材室から出てくると、

「まほろ先生はあっち!!こっち来なくていいから!!」

と、わざわざ言いに来てくれる子もいます。
みんな楽しそうに私のことを排除してくれるので、

『天邪鬼で好きな人に意地悪しかできないんだなぁぁぁ。』

と言い換えて捉えています。

いつもいるけど、基本的にプリズムの仕事をずっとしているので
虹っ子の時は一緒に遊んでくれない。
まほろ先生以外は、遊びに応えてくれるけど、
まほろ先生は遊んでくれない。
だから、悪口を言って気を引きたい・・・・。

とにかく、ちょっかいを出したい。
そして、出してほしい。

これは信頼関係がとれているからこその遊び方。
子ども達は甘えてふざけているだけだと思っています。

でも、虹っ子しか利用していない子は、
『プリズムというものがあり、この子たちが本当はまほろ先生と仲がいい』
とは知りません。

みんなが遊んでいる場で、スタッフに用事があり声を掛けたところ、
本気な感じで
虹君「あっちいけよ!!」

と言われてしまいました。

まほろ「え?もしかして私に言った??」わたし?.JPG
虹君「そうだよ!自分の仕事しろよ!!」
まほろ「うん。してるよ。大丈夫、邪魔しない(^-^)。」

と言ったものの、プリズム併用っ子たちはとても不穏な空気。
『やばい!まほろ先生を怒らせた!!』
と思ったに違いない。ものすごい緊張感に包まれた空気になってしまいました。

虹君は、
“みんなが言うから、自分も言っていい”
と思ったと思います。

一緒にいる他の2人は、やたらまほろ先生に「あっち行って」と言う。
言われると「は~い♪」と言いながら楽しそうに去っていく。
そんな遊びは、彼に大きな誤解を生ませてしまいました。

虹君、ごめんなさい。それは誤解もしますよね。
本当は、仲がいいのだ。でも、それは日曜日にあるプリズムの話。

その後、その日、プリっ子たちに一度も
「あっち行って」は言われませんでした。
彼らなりに「もう言わない方がいい」と思ったのだと思います。

今度言われたら、「さすがに“あっち行って”は先生傷つくよ・・・。」と言ってみようと思います。
周りの子たちに余計な誤解をさせないように・・・。

まほろ
Posted by サポートネット at 17:30
今日のラルクママ [2015年04月28日(Tue)]
今年度のおしゃべりサロンふわり・ラルクママが始まりました!
おしゃべりサロンは、発達障害のある(またはそのような特徴の見られる)子供を持つ保護者のおしゃべり会です。
ふわりは、主に幼児期から中高生の保護者が。ラルクママには、主に中高生から成人期の方の保護者が集まっています。

先日のふわりでは、「我が子の特性について」をテーマにいろいろとおしゃべりしました。

今日はラルクママを振り返りたいと思います。
高校生から、20代、30代の発達障害のある方のお母さんたち。ずっと長くラルクママに参加している方、時々参加の方、初めての方、いろいろです。
子供が診断を受けた年齢など、これまでの歩みもまた、いろいろです。

でも、共通する大切なことがあります。
発達障害を理解しようとすること。特性をふまえた関わり方の工夫などです。

先輩お母さん方から、今日も大切な言葉がたくさん出ました。
・この子たちは、支援を受けながら、のびやかに育っていくはず。ただし支援は必要。
・支援というと大げさに考えがちだけれど、手助けのようなこと。
・診断後も、選択する道はいろいろある。
・「いつかできるだろう」「そのうちできるだろう」と思っても(特に発達障害を知らない頃)、そのまま放っておいては身に付かない・身に付きにくいことがある。その子に合う伝え方や方法が必要。
・無理をさせないこと。
・恥ずかしくなく、我が子をほめることができるようになった!
・中高生以降は、ほめるより感謝の言葉も有効。「○○やってくれてありがとう」「○○してくれて助かったよ」など。
・「これお願いね」と頼まれることも嬉しい様子。身近な人の役に立っている、と思えることは大切。(注:お願いすることは、親の身勝手な押し付けではなく、その子が無理なく達成できることを。)
他にも、様々な話題が挙がりました。

また、あるお母さんは、
「以前、成人当事者の方が “頭ごなしに否定しないでほしい” と話していた。」と。
発達障害を知らなければ、よりよい関わり方を考えることができません。
発達障害を知り、理解しようと、母たちは情報交換をしています。
うまくいかないよ…。わからなくなっちゃった…。という正直な声があっても、ちゃんと見守り、受けとめてくれる人がいる。
そして、たくさんの方のお話が聞けることで、お互いに役立つことがいろいろあります。
参加してみたいけれど…と考えていらっしゃる方は、ぜひお越しください。久しぶりの方も、以前会員だった方も、もちろんOK。
いつでもお待ちしています。

今年度は、地域創造基金さなぶり/地福寺出開帳 両国回向院 復幸支縁基金助成事業として、12月までのおしゃべりサロンを開催することになりました。
これについては、またあらためてこのブログでもご案内いたします。

またたくさんの出会いがありますように。
次回、ふわりは5月15日(金)、ラルクママは5月26日(火)の開催です。


リボン


Posted by サポートネット at 18:29
KAPLA [2015年04月27日(Mon)]
KAPLAをご存知ですか?
フランス生まれの知育ブロック。
全て同じサイズの木の板でいろいろな遊びを創造します。
シンプルだけど、面白い!!

昔から興味があったものの・・・
そんなブルジョアな玩具は夢のまた夢だと思っていたところ・・・・。

ご寄付を頂きました!!!!
わーいわーいわーいわーいわーい!!

早速、遊び始める私。
DSCN7717.JPG

じゃーーん!!!
全部使ったタワーができたぁ!!

DSCN7722.JPG

どうやって崩そうか・・・・。
よし、ジェンガだ。
これはジェンガで!!

DSCN7736.JPG


あ・・・崩れる時は一瞬。

DSCN7742.JPG

何気に写っているのは産休から復帰の由佳先生です。
おかえりなさい!!ずっとずっと待ってたよ!!!

ゆかさん.JPG
お腹、へっこみました♪
まほろ
Posted by サポートネット at 10:24
こいのぼりの季節です [2015年04月22日(Wed)]
新緑がまぶしいですね。
今週の設定課題ではこいのぼりを作っています。
あるスタッフには「え、もうそんな時期?」と驚かれましたが、ご自宅で長く飾れるよう季節をややさきどりしました。

今回のこいのぼりは折り紙で作ります。
虹っ子に来ている子どもたちの中には角を合わせて折れなかったり、今どこを作っているのかイメージが上手くつかめなかったりで折り紙が苦手というお子さんもいます。
どうやって苦手意識を少なくさせるか、が今回の課題支援のポイントでもあります。
難しい〜、やだ〜というお子さんにはあらかじめ折り目や線が引いてある折り紙を。
スタッフと一緒に作ってみようというお子さんには段階が分かる手順書を。
折る場所が分かるように型紙も用意しました。

一つ目はスタッフと作り、二つ目は「自分で作る!」と頑張るお子さんが何人もいました。

DSCN7673.JPG

こいのぼりの上の付箋には自分の名前を書いてもらっていましたが、なかにはこんな作品も。

DSCN7677.JPG

DSCN7678.JPG

一人ひとりいい味でているこいのぼり、日々作成中です。
うさこ

Posted by サポートネット at 19:25
今季初の楽天観戦は則本選手の今季初勝利!! [2015年04月20日(Mon)]
今年もチャリティーシートにお誘い頂きました!!
18日、19日の2日間。しかもデイゲーム!!

長年、小山選手から頂いていた、ベンチ上のスーパーシート。
今年からそのシートを継承したのは、楽天イーグルスのエースである則本昂大選手!!

18日は、則本選手の登板ということもあり、本当に本当に大盛りあがりでした。
今季初勝利おめでとうございます!!

子供が楽しむには、大人が楽しまなければならない。
そして、そのモデリングから楽しみ方を示し、本人にロールプレイをさせてみた上で楽しみ方を体感……とかなんとか、
難しくねらいと手立てを言うこともできるのですが、
ミイラ取りがミイラになるというのは、まさにこのことで、
サポートネットに就職しまして、引率で連れて行くことがあるという立場になってから、本当の楽天イーグルスファンになりました。
それまでは「普通にスポーツ観戦が好きな人」なだけでした。

うん。
声を出して応援してみることができるようになると、本当に観戦が楽しくなります。

せっかく楽しみ方を覚えたのだから、子供たちにも教えたい!!
そもそもスポーツには全く興味がない!!!という子もたくさんいます。
何度か足を運ぶことで、場所に慣れ、試合展開にも慣れ・・・・。
この子は2度目であるにも関わらず、こんなに楽しんでいます。
image2.JPG

観戦前に、ゴミの分別練習に誘われ、それも練習。
image3.JPG

19日には、コボスタにイングラムも来ていましたよ!!
子どもたちは「ガンダム?」と言ってましたが、機動警察パトレイバーです。
image1.JPG

あと今回、チビ則本と一緒に観戦をしました。
image1 (1).JPG

特に真顔が激似なのですが、カメラを向けられると笑顔になるという生粋の芸人魂は、なかなかモノマネには向かずw
飲食よりもジェット風船にお小遣いを費やし、たくさん膨らませてはピーと音を出しながら
「空気応援。大谷がんばれ!!」
と、チビ則本が相手投手を応援するという、リアルコントが最高でした。

楽天kidsクラブに入会している子とは、お互い自慢のピンバッジを見せ合い、選手タオルを見せ合い、野球の観戦マナーへの熱い思いを語り合いつつ、
「俺は誰に似てる??嶋??」
と聞かれ、
「うーん。野球選手で??うーん。
頼りになるとこが銀次?シュッとしてるから聖澤?」
となかなか難しい質問をされました。
彼とこんなに楽しい会話ができていることがまた至福。

今回初挑戦だったのは、保護者なしの小学校低学年の子たち。
用意した数字パネルを、数字遊びのように
「次は27だ!」「33だ!」
と用意し、
何故か熱い深蒸し緑茶を買ってきたと思ったら、飲んだ瞬間
「苦かったぁ〜〜」
と訴えてきたり、
テンション上がってネット登ろうとしたり、
ジュースを何回もひっくり返したり、
則本選手への手紙に
「ホームランおめでとうございます。」(サンチェスが打ちました)
と書いたり、
とにかくめんこい!!

双子の一糸乱れぬ応援も良かったなぁ。

夕方、肌寒くなり、半袖の子に長袖着るように促すと、
「だって!このTシャツかカッコイイ!テレビ映るかもだし!」

…そこ?そこなの???

でも、ちゃんとそのTシャツでテレビに映りましたよ♪
球場の大画面にも、テレビ放映にも!
イニング間に、タオル振って踊っていた甲斐があります。
IMG_3201.JPG

最後にヒーローインタビュー中に、
「則本選手!今日のこと、一生忘れない!!」
と言った子供の声が、則本選手に届いていますように

まほろ
Posted by サポートネット at 12:33
おたからはどこ? [2015年04月15日(Wed)]
今週はみんなで宝探しをしています。
この広い・・・とは決して言えない虹っ子内に隠されたカードを求め、わいわいと探しています。

DSCN7595.JPG
DSCN7596.JPG

こんな感じでこれ見よがしに貼られているのはダミーですが「こういう風に貼ってあるんだよ」というヒントの意味合いもあります。

DSCN7597.JPG

「この先にお宝はありません」の張り紙です。
今、虹っ子の至る所に貼られています。
ルールが一目で分かるよう活動の枠を示すことはとても大事ですね。

ところで、今日はちょうど子供たちが遊んでいる時間帯に雷発生!
びっくりしてしまった子が何人もいました。
「ここにいれば雷は落ちない?」
「怖いから先生と一緒にいる!」
「あとどのくらいで雷は終わるの?」
建物の中にいれば雷は怖くないことを聞いたり、雷雲の動きを雨雲レーダーで調べ、どのくらいで仙台上空を通り抜けるか予想してみたりしながら、怖さと戦いました。
雷が怖い怖いと言いながら先に帰るスタッフに「雷に気を付けてね!!!」と入口ぎりぎりまで出て行ってお見送りしてくれたお子さんもいました。

みんなかわいいなぁと一人ほくそえむうさこでした。
うさこ




Posted by サポートネット at 19:03
プリズムも新年度がはじまりました!! [2015年04月09日(Thu)]
プリズムも新年度スタートです。

個別もグループも担当替えやメンバー、時間変更などがあり、
慣れている子たちも少し緊張した面持ちで来所してきました。

バットマン君は、3月までまほろの担当でしたが、4月からは小木先生の担当です。
でも、そこはちゃんと特性発揮で真っ先に「まほろ先生〜」と探しに来てくれました。

バット「まほろ先生ここ(本の部屋)にいる?」
まほろ「うん。まほろ先生、今他の子とお勉強中です。バットマン君は4月から小木先生だよ。」
バット「はーい♪」(席に戻る)

・・・・数分後。

バット「まほろ先生〜。」(やってくる)
まほろ「はーい。まほろ先生、今他の子とお勉強中です。バットマン君は4月から小木先生だよ♪」
バット「は〜い♪」(席に戻る)

・・・数分後・

バット「まほろ先生〜♪」(やってくる)
まほろ「はーい。がんばってね♪」
バット「はーい♪」(席に戻る)

こんなやりとりが5回ほどありました。

私の声が聞こえると、やはり気になってしまう。
聴覚過敏もあるので、それはそうですよね。
小木先生もわかっているので、あえて子供を追いかけません。
待っていれば、バットマン君はちゃんと戻って来るし、課題にも取り組みます。

4月から担当が変わることは伝えていましたし、あくまでも確認作業です。
こうやって、彼はゆるやかに変化を受け入れていくんだなぁ。と思いました。


そうかと思えば、相馬先生から私に担当が変わった子もいます。
支援学校に通うスーパーマン君は、課題になかなか取り組むことができず、
かといって逃げ出すわけでもなく、しくしくしくしく。
まほろのひざに顔をうずめてしくしくしくしく・・・・。
あぁ、そういえば、ここに初めて来たときもなかなか課題に取り組めなかったなぁ。
しかし、変化が苦手なのはもともとわかっていること。
無理矢理課題をさせるのも嫌なので、落ち着くのを待ちつつ、
さりげなく自立課題を1つ減らしました。

見た瞬間からできそうなプットイン課題を目の前におき、ママと一緒に少しずつ・・・。

見通しが付けばあとは早い。一人でどんどん進めはじめ、用意されたすべての課題を終わらせました。
あそびの頃にはとびっきりの笑顔を見せてくれましたし、
帰りにタイムカードを押す際には、流れを思い出したようにスムーズでした。


1年お休みして復帰した子もいれば、
グループが変わり、新しい出会いに喜ぶ子もいれば、
去年と同じメンバーで始められることに、歓喜の声をあげる子たちもいる。

あぁぁ。新年度だ!!
新しい出会いにスタッフ一同心が躍ります。
どんぐり公園は、桜が満開ですよ!!
さくら.JPG

まほろ
Posted by サポートネット at 19:40
新年度スタート! [2015年04月08日(Wed)]
仙台市内の小学校は今日が始業式&入学式。
みなさん、進級・入学おめでとうございます。
虹っ子も各曜日に新しいメンバーが入り、わいわいとにぎやかに新年度が始まりました。

さて、今週の設定課題は「自己紹介をしよう!」。
自己紹介シートに記入、発表、お友達の発表を聞く、質問といろいろな要素から成っているこの課題、シートや発表の仕方は一人ひとりに合わせたものになっています。
質問したいのだけれど、質問が思いつかなかったAちゃん、スタッフと一緒に質問を考えました。「何か聞いてみたい」という相手への関心が素敵です。
シートに記入はしたけれど発表はてれくさいBくん、スタッフとシートの交換。好きな食べ物や好きな遊びは二人だけの秘密。それもまたいいですね。

DSCN7429.JPG

気候がなかなか安定しませんね。
みなさん、春の風邪にはどうぞお気を付けください。

うさこ




Posted by サポートネット at 19:20
発達障害者支援法10年 [2015年04月06日(Mon)]
発達障害者支援法の施行から、10年が経ちました。
どんな10年だったでしょうか。
ずっと以前から比べてみると、発達障害児者をとりまく環境は少しずつ変わってきたと思います。しかし、まだまだ課題があるとも感じています。

4月2日の世界自閉症啓発デーや、発達障害啓発週間には、各地で様々なイベントが開催されました。
サポートネットも参加しています、発達支援ひろがりネットでは4日(土)、「入学・進学を迎える発達障害児の保護者のために」を開催し、多くの方にご参加いただきました。
全国的には、ブルーライトアップの拡大や、世界自閉症啓発デーHPでの応援メッセージ投稿など、年々、試みが増えてきているように思います。

報道でも取り上げられました。
Yahooニュース↓
http://bylines.news.yahoo.co.jp/masakiikegami/20150402-00044480/
毎日新聞ニュース↓
http://mainichi.jp/select/news/20150402k0000m040127000c.html

また10年が過ぎる頃には、もっともっと、いろんなことが整備されているといいな。
もっともっと、自閉症や発達障害を理解している人が増えているといいな。
そんなことを抱きつつ、地道に活動を続けていきたいと思います。

写真は啓発デーの仙台スカイキャンドル(仙台放送タワー)です。
IMG_3090.JPG

リボン


Posted by サポートネット at 16:58
10分相談をご活用ください♪ [2015年04月03日(Fri)]
4月から10分相談を導入しました!!

今までも、送迎の合間にお話ししていましたが、子ども達が

「さぁ帰るぞ!!」

と思っているのに、ついつい長くなってしまう立ち話は良くないなぁ・・・・っと。
子ども達にどのくらい待てばいいのかを分かりやすくするためにも、
ここは「大人もタイマーを使ってみたらどうだろう!!」ということになりました。

また、
「ちょっとだけ話したいことがあるけど、相談予約するまでもない。」
「こんな素敵な事があったんです♪」
「念のため、療育スタッフの耳に入れておきたい。」
などなど、気軽に使っていただけると嬉しいです。

それでも、もっと話したい!!という方は、事前予約を取っていただければ、今まで通り
1時間の相談枠をご用意いたします。
また、今すぐ!!10分では足りない!!30分欲しい!!という方も、療育スタッフの時間が取れればもちろんその都度対応は致します。

あくまでも
「立ち話の時間に目安が欲しいなぁ。」
という思いの素に、用意をした10分相談です。ぴかぴか(新しい)


DSCN7426.JPG

まほろ
Posted by サポートネット at 17:21
| 次へ