CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2015年02月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
反抗期なんだもん♪ [2015年02月26日(Thu)]
たまには中学生の話題も書きたいと思います。

マッハ君は、いろいろ苦労しているイケメンです。
ADHDではありますが、自閉症スペクトラム診断はありません。
部活も運動部で頑張っていて、友達もたくさんいます。
でも、まぁ…いろいろと悩み事はあります。

先日も、友達と殴り合いのケンカをしたそうです。
結果は本人いわく
「ボコボコにされたけど、なんかスッキリした。」とのこと。
ケンカになった発端は相手にあったけど、先に手を出したのはマッハ君。
ただ、突然の衝動というよりは、「嫌がらせをずっとされていて、積りに積もった」ところがあるので、やり返せて良かった面もあると見ています。

さて、マッハ君の困りごとは、ここではありません。
本人が困っていることと、周りが困っていることに温度差があるということ。
周りから見て「え?」と思う部分は本人が全く困っていません。

先日
「俺、鶴折れるようになった。」

と言って折った鶴がこれ。
DSCN6976.JPG
DSCN6978.JPG

「写真撮っていい??決してうまいとは言わないけど。」
と言って、許可をもらいました。

途中、折り目を付けていればキレイに広げられるのに!!というところも、
まったく人の意見を聞き入れず、最終的に「できた」といった物は鶴の顔がありませんでした。
「顔はつけてよ。顔は。それが無いと鶴に見えないw」
とお願いしました。

これを「ただの下手」と見るか、「下手なりに最後まで頑張った」と見るか。
何しろ、彼は普通学級です。諸手を挙げて褒めるわけにもいきません。
「うん。いいね。折れている。
 でも、折れていると中学生が豪語するには、悩ましい。
 たださ。鶴を最後まであきらめずに折れる根性が付いたことが嬉しい!」
と伝えました。

「無理。嫌。」と思うと、机に突っ伏してしまうマッハ君です。
それを思えば、やっぱり「できるようになった。」ことを一緒に喜びたいと思います。
ただ・・・本音を言えば「うまく折れるコツだけ教えたかった・・・。」
ただ、できる(折れる)と思っていることを否定することになるのでやめました。

もうひとつ。
なぜか彼のバッグから大量の1円玉が・・・・。
DSCN6981.JPG

この他に、お財布にも1円玉が入っていました。

マッハ「ねぇ、両替して!!」
まほろ「嫌ですw」

お金の計算が出来ないわけではないのですが、細かいお金を出すという習慣がない様子。
しかし、なぜバッグの底から・・・・。

まほろ「どういういきさつで、底に1円玉が貯まるの?」
マッハ「さぁ・・・・・。普通貯まらない?」
まほろ「貯まらないから聞いてるんだぁぁー。wwww」

こちらとしては、「あぁ、そういうところ悩ましいなぁ。」と思うのですが、
本人は困っていない様子。
ただ、これも人に迷惑をかけていないので、否定する必要性がないと判断しました。


本人が困っているのは、親にいろいろうるさく言われること。
そういう話を聞くと、
『あぁ、本当に普通の悩みでいいなぁぁ♪うんうん♪」』
と思います。

中学生の普通の悩みですよね。いちいち親がうるさい。

でも、親がうるさいのは当たり前なことですし、それが親の役目なので、
まほろ「あったりまえじゃん!!うるさいってことは、マッハ君が大事だから。見放されると、あなたはすぐ調子に乗っちゃうもん。うるさい母に感謝だ!!愛されてる♪」
っと、
こういう時にマッハ君は素直なのでハニカミます。
その表情がとてもいいんです。

私がいつも言うこと
「普通にしていてカッコいいは才能なんだからね。でもね、不潔だとかっこわるいから。
 頭も毎日洗ってね。清潔にしていることがカッコよさの中心と言っても過言ではない!爪が黒いやつは、どんなにかっこよくても嫌われる。女子ってそういうとこ見てます。」

マッハ「爪なんか黒くならないし・・・・。」
まほろ「なる!運動部で土ほりほりしないやついないし!先生の話聞いてる時、土いじるでしょ!?」
マッハ「え、なんでわかるの?」
まほろ「私もしてたからwww」
マッハ「まじで?あれやっちゃうよねぇ!!グッド(上向き矢印)
まほろ「あれすると黒くなるよねぇ〜。グッド(上向き矢印)
マッハ「なるよねぇ〜。わーい(嬉しい顔)
まほろ「やっぱなってんじゃん!!!www」


彼の生きにくさは、本当に些細な部分で、折り紙にしても、1円玉にしても、
「んー。一応アドバイスはするけど、強く指導しなくてもいいかなぁ・・・。」
という範囲にいます。
もちろん強く指導した経験もありますが、その度に

「次、またこういうことしたくなったらどうするか、一緒に考えよう。」

と乗り越えてきました。

なんてことない話をしながら、少しずつ「そういう時、周りはどう思っているか。」を知識として伝え、「どうしたら嫌われないか。」を一緒に考える。

「俺、反抗期だから、どうしても親に対して反抗したくなっちゃうんだよっ!!!」
という言葉も、素直でめんこいなぁ♪と思う今日この頃です。
まほろ
Posted by サポートネット at 12:18
すぽっと100号 [2015年02月25日(Wed)]
会報誌すぽっとが、第100号の発行になりましたかわいい
発送作業が進んでいます。
100号発行

たくさんの方に支えられ、発行を継続することができましたm(_ _)m
東日本大震災のあった月も、25日に簡易版を発行することができました。受け取った方からあたたかいメッセージをいただいたっけ…。

今後も、自閉症・発達障害に関する情報をお届けできるよう、そして紙面の内容がより充実するように取り組んでいきます。
お手元に届きましたら、ご感想などお聞かせください!
どうぞお楽しみに・・・exclamation


リボン
Posted by サポートネット at 11:51
おひなさまをつくろう [2015年02月25日(Wed)]
虹っ子では季節の行事を積極的に課題に取り入れています。
今週の設定課題ではおひなさまを作っています。桃の節句ももう間もなくですね。
姉妹のいない男の子たちには「お母さんへのプレゼントだね」というとそれぞれに凝った作品を作ってくれます。
このおひなさま、いろいろな形に見える様で「円盤!」「やじろべえ!」という声も聞かれました。
円盤おひなさま、やじろべえおひなさま・・・確かにおもしろい!

DSCN7068.JPG
DSCN7074.JPG

なかには、おひなさまといえば・・・→女の子のお祭り→そういえば可愛がっているネコは女の子だった→おひなさまはこのネコに決定→じゃあお内裏様はジバニャンがぴったり!、という流れで変わり雛を作ったお子さんもいました。

DSCN7078.JPG
DSCN7079.JPG
しっぽとはらまきにご注目!
みんなの想像力にはいつも感心させられます。

うさこ



Posted by サポートネット at 10:55
ラルクママ再会 [2015年02月24日(Tue)]
おしゃべりサロン・ラルクママでは、主に中高生から成人期の方の保護者が集まって、いろいろと情報交換をしています。
今日もたくさんの話題が挙がりました。

・選択肢を “書いてみる” のが効果的。
・親子の信頼関係は、やっぱり大切。
・本人にとって、愛想笑いや社交辞令の理解は難しい。
・一般的な接し方(叱咤激励や否定的な言い回し)では伝わりにくいだけでなく、この子たちにとってはつらい。
・お金の使い方は、丁寧なアプローチが必要。
・診断のこと、本人への告知のこと。
・学校の調理実習に向けて、家で事前に練習を積んでいる!
・学校で与えられた役目に向かってがんばっている!
などなど。

そして今日は、先輩お母さんのHさんが久しぶりに参加されました(^o^)
子供のこと、家族のこと。
関わり方の極意。
これまでのことを振り返りながら、大切なことを伝えてくださいました。
先輩母の言葉は大きい!!

共感したり、確かめ合ったり、それぞれが大切な時間を過ごせたようでした。


リボン

Posted by サポートネット at 17:38
答えるときに大切なこと [2015年02月16日(Mon)]
金曜日のふわりの様子をお伝えします。
この日のテーマは、「上手な答え方」。

取り上げた例を、1つご紹介します。
子どもからこんな質問をされたら何て答える??
Q.どうしてあの人は、赤信号なのに横断歩道を渡っているの?いいの?

参加者からの答え。
A.・ルールを守らない人もいるけど、あなたは守ろうね。
 ・いけないことだけど、そういう人もいるんだよ…。
  (※そういう人もいる、という情報提供。)
 ・自分は守る?守らない?を考えさせる。
などが挙がりました。

そして、
・その子によって、伝え方はいろいろ。成長段階にもよる。
 どこまで伝えるかの内容も、その子の特徴などを考慮して伝えることが必要。
・伝えるときに、うそはつけない(そのままインプットされるから)。
 だから、その場しのぎのことを言わないこと。
といった、大切な視点も挙げられました。

大人が頭の中で整理できてから、子どもに伝えたいものです。
その場しのぎで言ったことを、子どもは想像以上に覚えていることがあり、あとでつじつまが合わなくなることもあります。
裏切るつもりはなくても、結果として裏切ることになってしまう。

やってはいけないことに限らず、世の中のあれこれについて、なぜそうなのか…。事前に他の人と一緒に考えてみるのも、いいと思います。
発達障害のある子どもに対しては特に、物事の伝え方を丁寧に考えたいところです。

他に、いろいろなエピソードが挙がりました。
・小さい頃、映画やドラマをみて、「お母さん、どうしてあの人は笑っているの?泣いているの?」とたくさん聞かれた。感情を読み取るのが苦手だったのかも。
・映画を観ていると、うちの子は他の人と笑うツボが違う(^_^; 見ていることろが違うんだなぁ!と思わされる。

以下、今回の感想です。
・子育てを仲間と振り返ると、なんだか安心する。
・それぞれの個性はいろいろであっても、ここで話すと「うちはこれでいいんだ!」と思える。
・話すと我が子が成長していることが分かる。

ふっと忘れそうになる、大切なこと。
また皆さんとのおしゃべりから、お互いが吸収できたらいいなと思います。
ご参加の皆さん、ありがとうございました☆


リボン


Posted by サポートネット at 10:44
レッツ コスメレッスン! [2015年02月12日(Thu)]
受験シーズンまっただ中。
いろいろなところから、合否の報告が聞こえてきます。

そんな中、専門学校にいち早く進学が決まったティファさん。
プリズムは高校3年生までなので、ティファさんとのセッションも残り数回。
今までとは違う、新しい学生生活を送るために趣味や興味を広げるべく、
似合うファッションを検証しに駅前に出たり、
ティファさんが好きそうなグッズショップに行ってみたり、
餃子やたこ焼きの焼き方を練習したりしています。
(学生生活において、友達と餃子パーティーやタコ焼きパーティーがあるかもしれない!
 その時に、経験があれば参加意欲も湧いてくるかな♪という願いをこめて。)

クリスマスには、かわいいキャラクッキーを焼いてきてくれて、
どんどん女子力が高まっているのを感じています。

そんなティファさんと、メイク練習をしました。
普段、化粧気のない私ですが、これでもかつては花の女子大生。
人前で歌う仕事をしていたこともあり、メイク教室に通ったという過去もありますw

「今日はメイクをしてみよう」と話すと、意外にもティファさんの目がやる気に燃えている!!

「メイク下地とファンデーションは、本当はいろいろな種類があるのだけど、これが楽だし、値段も安定しているよ。」
と、「オールインワン」のクリームをオススメ。
ファンデーションを手の甲に置き、顔に置く場所、伸ばす方向まで説明しました。
「手の甲に出したの全部塗っちゃだめなの。
もういいと思ったら、勇気をもって残りのファンデはティッシュで拭きとりましょう。」
(リキッドファンデを出しすぎてしまい、皮膚呼吸できてないような化粧の仕上がりになる。というのは、誰しもあるあるだと思います。)

アイラインを自分で引くのはかなり難しそうでしたが、
私が試しに片目だけ引いてみたところ、う、美しい!!!
「あぁ、かわいいわぁ。自分で引けるようになるにはかなり鍛錬が必要だけど、練習する価値はあると思う!!」

アイシャドーの色は、本人はグレーを選んでつけてはみたものの、
「大人っぽいから似合うけど、10代から大人っぽさを求めなくていいかも。
 せっかく若いから、もう少し明るい色もいいねぇ。ブラウンとかも人気だよ。」

チーク、マスカラ・・・そしてリップ!!

仕上がったころには、
「おぉぉぉぉぉ。きれいじゃん!女性だぁ!素敵だぁ!!」
ティファさんも納得できたようで、自然と笑顔になりました。

化粧品会社などの講習会に行くと、いろいろ購入してしまうことがあり、
とてもとてもお金がかかります。(体験談)
なので、断ることのできない人にはあまりお勧めできません。

うん。やっぱり女の子はきれいにしているのが素敵。
可愛くなると、人前に出たくなるというのもメイクの利点ですよね。
「面倒くさくても、ファンデーションとアイメイクとリップはするといいね。
最低ラインのメイクってあるからね。」
っと、普段化粧をしない私に言われる彼女w

「ちゃんと、夜は化粧落として寝るんだよ!!
 肌のトラブルは、化粧を落とさない所からはじまるんだから。
 このファンデーションは強くないので、普通の洗顔フォームで落ちるけど、一応2度洗いしてね。あと、マスカラはぬるま湯じゃないと落ちないからね。」
っと、ティファさんに言いながら、自分も

『人に言えるほどスキンケアをしているだろうか・・・・』
と反省するのでした。
キャプチャ.JPG
まほろ

Posted by サポートネット at 14:54
今月のサロン [2015年02月10日(Tue)]
寒い日が続いていますが・・・
2月のサロンもあったかく情報交換しましょう(*^o^*)

喫茶店ふわり
 2月13日(金)10:00〜12:00
 テーマ:上手な答え方
  「どうして○○なの!?」「あれは何?これは何?」という子どもからの質問攻めの時期。
  「他の人と違うのはなぜ?」「僕は私はどうして…??」という自分を意識し始める時期。
  子どもからの予期せぬ質問に、親はとまどうこともしばしば。
  周囲の大人からの質問に答えることもしばしば。
  そんなとき、どう答える?
  もし尋ねられたらどう答える?
  どこまで何を、伝える?
  いろいろな場面を想定して、考えを整理してみましょう。
会場:花京院事務局

喫茶店ラルクママ
 2月24日(火)13:00〜16:00
  主に成人期から中高生くらいの保護者が集まっています。幼児期・学齢期のお子さんの保護者の参加ももちろんOKです。学校のこと、社会に出るまでのこと、家庭のこと。子どもが大きくなってからのこと等、いろいろ情報交換しましょう。
 会場:シルバーセンター和室

おしゃべりサロン参加費は、正会員 無料、
賛助会員・通信会員・一般は1回1000円です。

初めての方も、久しぶりの方も、どうぞ☆
お子さんの年代や特性がいろいろ集まると、情報交換も充実します♪
お待ちしています。

お問合せ・お申込みは事務局へ。
電話 022−265−5581
メール mddsnet@yahoo.co.jp


リボン

Posted by サポートネット at 10:42
雪降る日には スノードーム [2015年02月09日(Mon)]
今日も寒い1日でしたが、虹っ子はホット!
子どもたちの遊ぶ声が外まで響いていました。

さて、今週の虹っ子ではスノードームを作っています。
キラキラ光るいろいろなもの、虹っ子の子どもたちが大好きなものばかりを材質を変えて用意しました。
下準備の段階では「細かい作業がいっぱい・・・どうやったら簡単にできるんだ???」と考え込んでいましたが、ちょっとした一工夫(分量を明確にする、静電気対応の筒を作る等々)で子どもたちの苦手意識をぐっと下げることが出来ました。
「こういうの苦手。絶対こぼしちゃうから。」と初めは敬遠していたお子さんもキラキラの魔力に負けたのか、なんのかんの言いながらもオリジナルスノードームを完成させていました。
どのお子さんも気に入ってくれたようで、お迎えにいらしたおうちの方に見せてしっかり報告していました。
どうぞおうちでもキラキラを楽しんでみてください。

DSCN6859.JPG

DSCN6861.JPG

スノードーム1.JPG

うさこ


Posted by サポートネット at 18:18
心のおにをやっつけよう! [2015年02月04日(Wed)]
今週の設定課題は豆まきをしています。
この課題のポイントは「心の鬼」という抽象的な物を書き表すこと。
内面との対峙とも言えます。
「○○さんを困らせる鬼は何かな?」と聞いてもすぐにイメージがわかないお子さんもいます。
そのような時はスタッフと生活の中にひそんでいそうな鬼をさがし、一人ひとりじっくり考えます。
私の中の鬼はなんだろう・・・と子ども達と話し合う中ふと考えてみました。
毎日元気に過ごしたいので「びょうき鬼」は是非とも退治したいところ。他にも特に休みの日に現れる「なまけ鬼」や「だらだら鬼」にもお引き取りいただきたいし・・・とあっという間に鬼だらけになってしまいました。

DSCN6807.JPG
見えますか?「のどいた鬼」を退治します。

DSCN6809.JPG
鬼退治にはパワーとコントロールが必要!

今日は立春。
虹っ子のみんなに「春よ来い」!
うさこ
Posted by サポートネット at 18:05
啓発デー2015 [2015年02月03日(Tue)]
世界自閉症啓発デー2015のリーフレットが届きました。
今年も、とても素敵なイメージイラストです。
啓発デー2015
毎年4月2日は、国連が定めた世界自閉症啓発デー。
4月2日〜8日は、発達障害啓発週間です。

世界自閉症啓発デー公式サイトはこちら↓
http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=13

世界自閉症啓発デー2015シンポジウムは、4月4日(土)10:00〜、全社協・灘尾ホール(東京都千代田区)にて。「共に支え合う 〜一人ひとりのつながりが大きな輪に〜」をテーマに開催されます(詳細は公式サイトにて後日)。

公式サイト内「知ってもらいたいこと」のページでは、自閉症のこと、自閉症の人を見かけた時の対応等が掲載されています。
ぜひご覧になってくださいぴかぴか(新しい)
http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/index.php?action=pages_view_main&page_id=167


リボン

Posted by サポートネット at 12:50
| 次へ