CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12) リボン
わかりやすく遊ぼう (02/05) あおママ
わかりやすく遊ぼう (02/05) リボン
1月のサロンとランチ会 (01/12) まほろ
1月のサロンとランチ会 (01/08)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
こいのぼり [2014年04月30日(Wed)]
GW真っ最中ですが、今日も虹っ子は活動中です。
今週の課題は「季節の行事に親しむ」ことも目的の一つとして、こいのぼりを作っています。

「今日はこういうのを作るよ〜」と見本を見せると、ほとんどのお子さんが「かざぐるま」に目がくぎづけになっています。
DSCN4100.JPG

ふぅふぅ吹いてかざぐるまを十分に堪能してから、本題の「こいのぼり制作」がスタート。

DSCN4097.JPG
切って、まるめて、貼って、ねじってと意外に工程の多いこいのぼり作りですが、みんな頑張って作っています。

いろいろな表情のこいのぼりが出来上がりましたexclamation×2
うさこ

Posted by サポートネット at 16:51
興味から広がる世界 [2014年04月28日(Mon)]
ルート君は、特別支援学級に在籍していて、
その学級の中では、割とままっこ的存在です。
(ままっこは、仙台弁でしょうか・・・・通じるのでしょうか・・・・。
 つかまっても鬼にならないけど、仲間に入れて遊んでもらえる存在です。)

先日、「ひとりで」(自立課題)の中で、ローマ字プリントを用意しました。
もう高学年だから、書けて当然ですよね・・・とばかりに。

一応、ローマ表を見てもいいとしているのですが・・・ルート君は見ないで書きます。
すらすらとまではいかないものの、正しいローマ字を書きました。

その後ママに言われたこと・・・
「学校で・・・ローマ字教えてもらってないんですが・・・。
 ルートにはローマ字難しいし・・・勝手にいろいろ検索できるようになってもと担任に言われて。。。」
正直、驚きましたが、ここは習ってないのに独学で覚えたルート君を褒めたいところです。


ルート君・・・すごいんです。
去年、初めて会ったときは、ママの後ろに隠れたり、すぐ泣いたりしていました。
しかし、今は泣く姿を見せません。
まぁ、泣くと私に茶化されてしまうからかもしれませんが。
(本気でショックがあって泣いていた場合はそんなことしません。
 あくまでも、甘え泣きだったり、曲がった言い分を通したりするときは茶化します。)

しかし、そんなことのすごさを言っているのではなく・・・・

まず、パズルゲームがすごい。
ぷよテトができると言っていたので、まぁ「できる」程度かと思っていたのですが、
私は勝てる余地のないほど「ぷよぷよ」も「テトリス」もすごい。
ちなみに、私はテトリスをレベル20から始めるくらいの腕前です。
(わかりづらいですがw)
それでもズタボロに負けました。
「ママが相手にならなくて困る」とは言っていましたが、ママがヘタなのではなく、ルート君がすごい。

自閉症の子が、パズルがすごい、ゲームがすごいなどは、特に驚く話でもないと言われそうですが、そういう事例があるだけで、特別支援クラスの子供にこてんぱんにされた経験はさほど多くありません。
人に驚いてもらえるほどの技量というのは、その子の自信につながるので、そこは応援したいところです。

ルート君は虹っ子に来た際、iPadの時間にゲーム動画を見ながらうまい人の操作手順をひたすら覚えます。一緒にイメージして手を動かしてもいます。
プリズムに来た際には、私にどういう手がうまくいくのか、カードの合成はどのようにするのがいいのか、自分がどんないいカードをゲットしたかなどを、解説します。
同じアーケードゲームが好きな友達と文通もしています。
誤字が多いのですが、文通相手には通じているのがまた素敵です。

 そんなこんなの中で、驚いたこと・・・・。

友達が欲しいと言い出しました。
去年からプリズムが始まり、ロア君と2人でセッションを受けているのですが・・・

「なんでうちのグループに人が増えないの?楽しみにしていたのに。」っと。

私としては、「え??そうだったの?寝耳に水!!」と言った具合です。
そして、ロア君も
「そうだそうだー。増えたら楽しいのに。」っと。

えええええええええええええ。
他の子ならまだしも、この2人に言われると

「そうだったのぉ??」しか言えない私。
虹っ子では、2人とも他の子たちと遊んでいないじゃないか!!
基本的に、ボランティアの学生やスタッフといる方が多いじゃないか!!

そして、聞いていると「Miiverse」もやっているのだとか。
これは、ニンテンドー3DSやWii-Uの掲示板のようなところです。
タブレット端末のゲームでも、チームに入って掲示板でチャット。

冒頭でもいいましたが、
ルート君は、特別支援学級のままっこ的存在です。
ママは「漢字が覚えられません。」と言いますが、
掲示板でのやり取りを見る限り、しっかり読めています。

自分でHPを調べて、いつどんなイベントがあるかもしっかり把握しています。
(まぁ、宮城県じゃないものにも行きたいと言い出すことがありますが。)
ゲームをするのに、タブレットやアーケードは時間で回復するスタミナというのがあり、

「○時にやって、次に□時にスタミナたまるからやって、次は△時。」

と自分でスケジュールも立てます。
そこまでしても、生活バランスは崩れていないのだそうです。

セッション中にゲームの話をすると怒られるのもわかっているので、
その約束も完璧に守ります。

自分本位な部分は多分にあるので、
友達が増えたらゲームの話ができるかもと思っている可能性はありますが、
それでも視野が広がっているなぁ。。。と感じずにはいられません。

学習面でも、以前はプリントに対し、問題を見る前から弱音を吐いていましたが、
今は、問題を読んでから弱音をはくあたりも素敵です。
(はくのか!)
最後までしっかり問題を解きますし、間違えたところも修正するので素敵です。


きっと、高校からは高等支援か支援学校に進むだろうと思われるルート君ですが、
この才能と興味を伸ばし、他の事への意欲にもつなげていけたらいいなぁ。
そして、そこから楽しく話し合える仲間もできたら最高だなぁ。
っと、どんどん夢が広がるのでした。
まほろ
Posted by サポートネット at 11:40
特別支援教育の現状と今後 [2014年04月25日(Fri)]
昨年度、発達支援ひろがりネットで実施をしました、特別支援教育に関するアンケートがまとまり、3月末に宮城県教育委員会に提出をしました。
ひろがりネットブログに公開していますので、ご覧ください↓
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/archive/707
集計結果と、ひろがりネットからの提言を記載しています。

ご協力いただきました皆さまには、本当にありがとうございました。
自由記述の欄には、良かったことや、改善点・要望など、保護者の皆さまの様々な声、切実な想いが寄せられました。
お願いだから、何とかしてほしい。何とかしてあげられたら…と思うことも、あります。
現状は、全国的にも、貴重なデータであるという評価もいただいています。

特別支援教育や、制度の課題は様々ありながら、また一方で、少しずつ進んできたこともあります。
本当に、数年前は本もセミナーも、ネットの情報も、今に比べたらとても少なかった。
放課後デイの事業所だって、かなり少なかった時代。特に、高機能タイプの子どもたちが利用できるようになったのは、この数年のことです。

当事者家族や支援者が、できることの一つは、声を挙げること。
適切に声を挙げ、伝え続けること。でしょうか。

と、いうワケで!?
今月も、すぽっとを発送しました。
90号
すぽっと90号ですexclamation×2
2月には、100号を迎えます。

上手に発信ができるように、これからもがんばりますので、今年度もご協力をお願いいたしますわーい(嬉しい顔)

リボン
Posted by サポートネット at 16:13
LaQ [2014年04月23日(Wed)]
虹っ子にはLaQ(ラキュー)というブロックがあります。
7種類の小さなパーツから成り、つなげると立体作品も作れる不思議なブロックです。
今週の虹っ子では入門編ということで平面作品にチャレンジしていますぴかぴか(新しい)

今回は見本を6種類準備しました。
パチンパチンとはまる感触も心地よいようで、2つ、3つと作品を作ったり、オリジナル作品を作ったり。
いろいろな楽しみ方をしています。

DSCN3988.JPG

せっかくの作品なので完成したら記念写真を撮っています。
虹っ子ギャラリーに掲示してありますので、虹っ子にお寄りの際はどうぞご覧ください。
みんないい表情をしていますよわーい(嬉しい顔)

うさこ

Posted by サポートネット at 17:14
花京院の桜の下で [2014年04月21日(Mon)]

桜が咲いている時期というのは短いですね。
あっという間に、さびしい桜になってしまいました・・・。
d5fe357a-9014-4d05-aab2-b76ff780e0f7.png
それでもがんばるプリズムお花見です。

セッションが始まる数分前。
私は公園で宝となるカードを隠していました。
それを見ていたエア君。(私は気付いていません)
そのカードにプリズムと書いてあるのも確認していたようです。

来所してすぐ、
エア「今日何するの??」
まほ「お花見宝さがしだよ。」
と言った途端

エア「やったー!!行ってきます!!」

と、部屋を飛び出していきました。
ふざけているのかと思いきや、他の保護者の方に
「本当に行っちゃったようですけど・・・・。」っと。

え!!!まさか外に飛び出していくとは・・・(笑)
公園についたくらいで呼び戻されたエア君ですが、
その衝動性たるや、立派なものだなぁ・・・・と感心してしまいました。

なんで行ってしまったのか聞いてみたところ、
怒られると思ったのでしょう。

「来る途中先生隠してたよね。でも、もうそれも忘れたよ!隠し場所忘れた!」
っと必死w

一見、つじつまが合っていない会話ですが、私には

『僕、ここに来る途中、すでにカード見つけていたので、それを取ってきたかったんだ!!』
に聞こえました。

エア君は、超負けず嫌い。
負けると泣いてしまうのですが、最後まであきらめないという長所があります。
投げ出さずに最後までトライできるというのは、素晴らしいですよね。

以前、人生ゲームをしていて、借金まみれになったときも、
こぼれそうになる涙が落ちないよう、天井を見つめながら
「ゴッホのせいだ!ゴッホがなければ!」(ゴッホの絵を買わされたために大借金)
と言っている姿は、こちらも涙が出てきそうになるほど健気でした。
でも、ゲームの途中でふてくされることなく、最後までできるのはすごい!

そんな彼は・・・本番の宝さがしで1枚しか探すことができませんでした。

「私、とってない!!」と泣いていた桜ちゃんの手にはすでに3枚のカード。
それを横目に、1枚しか取っていないエア君。
そして桜ちゃんが4枚目を見つけ・・・・。

1年前だったらエア君泣いていたかもなぁ・・・と思います。
そういえば、桜ちゃんが入って来てから・・・エア君の泣いた姿は見ていません。
女子が入ると、男子は強くなるんだなぁ・・・と感じる瞬間でした。

最後まで、結局1枚だった彼ですが、弱音は吐かず、
こどもビールで乾杯する頃には元気いっぱい。

「俺、酔っちゃうかもぉぉ♪」

といつものひょうきんな姿に戻っていました。
1枚しか見つけることができなかったということは、他のみんなは気付いていません。

なにしろ、それより隠した私が最後の1枚を見つけることができなかったという
大トラブルが起きていたんですもの・・・・。

「先生、最後の1枚のヒントは?」

と言われるのですが・・・・

「先生も、必死で探しています・・・・本当なんです。紛失です。」

そして、あきらめて・・・・なんの言葉が足りなかったか調べようと思い、

「1枚ないけど、全部見つけたことにして、乾杯しようか。」

とひらがなカードを集めたところ・・・「く」がない。
そこで思い出したのが、

まほ「ねぇ、さくらちゃん、さっき本の部屋で「く」がどうとか言ってなかった?」
桜「うん。なんか「く」のカードあったよ。」
まほ「えっ!!ですね。ですよね。あっちにあったのですね。」

14枚隠したと思い込んでいたカードは、13枚しか隠していませんでした。

みんなごめんなさい!!

それでも、子ども達は

「なぁーんだ!」

と笑ってくれたので感謝です。

このグループは、新メンバーが2人も入りました。
仲良くなれるかなぁ・・・という不安はみじんもないほど、みんなテンションが高く、
終ってからの遊び時間に、本読む子もいれば、かくれんぼをする子もいれば、ゲームをしてる子もいて・・・ん?かくれんぼの鬼はだれだったのでしょう・・・・w

学校では、割と静かにいい子にしている子ども達が多いようなので、
たっぷり、はしゃいでもらえるグループにしたいと考えています♪
まほろ
Posted by サポートネット at 11:38
桜満開! [2014年04月17日(Thu)]
先週の土日、どんぐり公園の桜が満開になりました。
プリズム1回目セッションは、できることであれば
自己紹介だったり、できる課題のアセスメントだったり、
グループネームをつけたり、ファイル作りだったり・・・・。
とにかくやりたいことは多いのですが、

・・・桜は今日を逃したら散る。
ゆえに、「お花見セッションをする!!」という結論にいたりました。
(個別初回セッションの子は、流れを覚えて欲しいので、普通の課題をしましたが。)

メンバーによって、お花見の仕方は違います。

大まかには
「宝探し」をした子ども達。
「桜の写真」を撮った子ども達。
ですが、その手順や方法も違ってきます。

宝探しは「ことばカード」を探し、
洗濯バサミで留められたカードを全て見つけたら言葉並べをします。

ことばならべ.JPG

植物の名前を4つ見つけたところでクリア。

見つけたいけど、自信が無い子は先生の後をくっついて回ります。
自分も見つけたい相馬先生。

相馬「あった!!」
と言う度

まほろ「もぉぉぉぉ相馬先生は探さないでください!!子どもたち頼っちゃうから!!
 時間がきたら私がヒントを出すので!!」

と怒られていました。(笑)
しかも何度もw

頼らないと参加できない、自信のない子には、
「あの草むらの中探してきなぁぁ♪」
と私もこっそり促してはいましたが。


ことばならべまで終わると、
「ミッションクリア!!では、ほうびを授けよう!!」
と、こどもビールが出てきます。

去年と同じくだりなのですが、これがまた盛り上がります。
こどもビールはリンゴ味の炭酸ですが、
コップに勢いよく注ぐと大人のビールと同じような泡立ち感があります。

手酌なんかさせません。
「まぁ、まぁ、遠慮しないで。どぞどぞ。」トクトクトク・・・
と注ぐと、みんな大盛り上がりです。

ビール.JPG

単なる炭酸ジュースですが
「よっぱらったぁ!!!」
と口にするのがまためんこい。

もう一つ、今年から実施してみたのが
「こちらお花見写真部!」です。
(セッションタイトルは、子どものテンションがあがるように設定しています。)

iPad、iPod touch、個人携帯などで写真を撮り、
虹っ子のメールアドレスに送るというものです。
桜写真、人物&桜写真の2枚を送ってもらいました。

桜の写真を撮る際に
「一般人は入らないように」
「人物を撮りたい場合、その人(先生)に承諾をとってから写す」

というルールも合わせて提示。
メールに写真を添付するのが初めての子もいました。
ブログを付けている子は
「今日のブログはこれで決まりです。」
とホクホク♪

最後に子ども達の作品をいくつか載せますね♪

まほろ

写真 1.JPG桜まほ.jpegshasinn 2.JPG
桜.jpeg
Posted by サポートネット at 14:04
たからさがし [2014年04月16日(Wed)]
今週の課題は「たからさがし」です。

自分の探す「どうぶつカード」を決めたらルールを確認。
「この先にお宝はありません」の張り紙があったらそこは探さないこと、ヒントを尋ねるのは何回でもいいこと。
中には「もう○年生だからヒントはつかわない!」と宣言するつわものもいました。
学年が一つあがるということが大きな自信につながっているのですね。
DSCN3973.JPG

みんな最後まであきらめずカードを探し、お宝をGETしています。

今日はどこにカードをかくそうかな・・・とこちらも楽しみながら活動をしています。

うさこ

Posted by サポートネット at 17:13
アスペエルデ冊子 [2014年04月16日(Wed)]
アスペ・エルデの会から、“すてきな大人計画!”という冊子が届いています。
大人計画!
人間関係のこと、身だしなみのこと、こころとからだ、お金の使い方など。
生活スキルや、円滑な人間関係構築のためのコツなどが、まとめられています。
事業所にお越しの方は、閲覧できますのでスタッフに声をかけてください。
会員の方と、内容を読み解くような機会も、検討していきたいと思います☆

さて、
春爛漫で、近所の公園の桜も見事です。
2014さくら
虹っ子やプリズムの子どもたちが、お散歩に出かけて、思い思いに過ごしていますよ。
暖かい季節です。


リボン
Posted by サポートネット at 09:59
基本に返る [2014年04月12日(Sat)]
新学期をテーマにした、昨日のふわりを振り返っています。

新しい環境の中でも、幼稚園・保育所から小学校入学というのが、年代的にも特に変化の大きいところかと思います。
子どもの学校生活、お友達関係(正しくは、クラスメイト関係か、同級生関係か?)、学校の先生への伝え方、家族の理解、などなど。

小学生から中高生までの、お母さん方の会話から、ポイントをいくつかご紹介します。長くなりますが、書きとめておきたいと思いますm(_ _)m
学校生活については・・・

◆担任の先生以外にも、話せる先生を見つける。子どものことを気にかけてくれる先生が複数いるといいよ。

◆学校の先生には、「こんなふうに(具体例)してもらうと助かります」「こんなふう(具体例)だと、学校生活がうまくいくと思います」という伝え方を。
「こんなふうに “してもらわないと困る”」では、大変…という印象を与えてしまいがち。
その子がわかりやすい方法は、先生だって必要な情報。クラス運営や適切な学習環境につながることだもの!先生と、上手に情報交換ができるといいよね。

子どもへの関わり方では以下のようなことが挙がりました。

◆否定形を使わない。つまり、“肯定的に伝える”!!
基本ですね。
「ここに置かないで!」よりも「この中に入れようね」とか。
「走らないで!」ではなく「歩きましょう」。
と、言い替える練習を。
それは、“してほしい行動”を伝えることになる。その方が、子どもは“どうすればいいか”がわかりやすい。

◆“書く”。つまり、見える形で伝える。
基本ですね。
100回言うより1回書け、と言われています。
視覚的な情報が入りやすい人が多い、と言われています。
朝の身支度など、やることが書いてある(見える状態になっている)だけでも、違うかも!
子ども本人が見るための、工夫や改善も必要。
学校など、特に初めての環境では、「ここにこの情報が貼ってあるよ」という声がけで、スルーせずにチェックするようになるので有難い。

その子に合った方法の見つけ方や、伝え方のコツは、ぜひ、療育スタッフにも聞いてください。
上手くいかないからといって、諦めないで。
また勉強したり、情報交換しましょう(^o^)

気をつけたいのは、大人の勝手な都合を伝えるための視覚支援ではないということ。何のための・誰のための視覚支援なのか、忘れないでね。

その他、
◆怒ってしまった…というときは、子どもに謝っている。「ママさ、さっきは大きい声を出してごめんね。これこれこういうワケで…。」と、素直にね。

◆この学校を選んで良かった、と思える子どもの言葉を聞いて、胸をなでおろしている。

◆子どもはちゃんと、成長している。会話の中で、「話は変わりますが」とか「ところで」という前置きができるようになった!!
というお話も。グーーーッド!!

新1年生の母から、
「今日参加して、ほんっ・・・とうに良かったです。いろいろお話が聞けて良かった。」という感想がありました。
中高生の母は、
「基本的なことをふり返ることができて、自分自身、本当に良かった。」
「小学校は、数年の間に特別支援の配慮が浸透してきていると感じた。」といった感想が。

子どもが比較的落ち着いて過ごしていると、配慮を忘れてしまいがち。新学期は特に、大切なポイントを思い起こして、安心・安全を守りましょう。
ゆるやかに、子どもも親も、歩んでいます。

リボン
Posted by サポートネット at 10:29
26年度:虹っ子始動!! [2014年04月11日(Fri)]
ご進級・入進学おめでとうございますぴかぴか(新しい)
「こんにちは、○年生になりました!」と元気に挨拶をしながらやってくるお子さんもいて、虹っ子も新年度の活気にあふれています。
先週は、同じ活動日のメンバーへの自己紹介からスタートしました。スタッフはもちろん、その曜日にきてくれているボランティアさんにもまざって和気あいあい。笑いもきこえ、新学期の緊張感も少し和らいだかな・・?

今週の課題は紙ひこうきを飛ばそうです。手順書も用意しました。
みんなが作りやすい用紙をとあれこれ試してみたところ、広告紙がいいみたいです。
この日は風が強かったもののお天気がよかったので、作ったばかりの紙ひこうきを手に近くの公園へ。
DSCN3848.JPG
お花見がてら桜の木の下で遊んできました。
来週は、公園の桜も満開です目

今年度もどうぞよろしくお願いします。 
うさこ






Posted by サポートネット at 09:23
| 次へ