CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2013年03月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
進級・進学おめでとう [2013年03月28日(Thu)]
明日は、療育調整日のため虹っ子はお休みになりますので、今日は、今年度最後の虹っこになります。
今週の虹っ子では、1年間を振り返って、自分にメダルを作りました。

作り方を手順書で分かりやすく伝えます。
虹っこ写真 117.JPG

食べ物の好き嫌いがなくなったと書く子もいれば、ブロックをがんばったと書く子もいました。
学校へ行くのをがんばったと言う子もいました。
そうだよね、当たり前のようだけど、すごいこと。はっと、気づかされました。
普通に何気なくしていることでも、十分に褒めてあげたいですね。
虹っこ写真 110.JPG
みんな、1年間がんばりました。

さてさて、来年度に向けての準備も着々と進んでいます。
どこに入っていたのかと思う程の教材の数々・・・。
虹っこ写真 116.JPG

4月1日には、ちょっぴり変わって、みなさんをお待ちしています。
来年度もどうぞ、よろしくお願いしますかわいい

                                       いちご
Posted by サポートネット at 14:45
啓発週間講演会 [2013年03月27日(Wed)]
発達支援ひろがりネットでは、発達障害啓発週間の取り組みとして、4月6日(土)に講演会を開催します。
事前申込みは不要です。
当日会場にお越しください。
リボン
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

↓ひろがりネットブログ記事
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/daily/201303/02

↓4月6日チラシ
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/img/130406_c.pdf


−2013年「発達障害啓発週間」(4月2日〜8日)参加企画−
【講演会】障害者の非行・触法行為の手続きと支援

【ご案内】 障害のある人に非行や触法行為があった場合、障害の特性を適切に把握して司法手続きが行われ、本人の更生・社会復帰が進むこと、家族にも適切な支援が行われることが私たちの願いです。
 障害のある人が少年院、刑務所などの矯正施設を退所する際に福祉サービスにつなげるという新たな手続きが導入され、その任に当たる「地域生活定着支援センター」が、宮城県では全国で11番目に2010年に開設されていますが、まだ歴史が浅く、よく知られていません。
 犯罪加害者の家族は不当な攻撃や偏見にさらされることがあります。発達障害のある人が触法行為を犯した場合は、とくに家族の障害特性理解と支援が重要です。
 この講演会は、非行や触法行為があった場合、どのような手続きをたどるのか、本人と家族はどこに相談したらよいか、どんな支援をどこで受けることができるか、関係する情報を普及し学ぶために企画いたしました。  
 昨年7月30日、発達障害のある人の刑事事件に関する大阪地裁判決が大問題になりました。司法の手続きに福祉の考え方と支援をもちこむことは、青年期・成人期の障害のある人の支援に関わる新しい問題です。発達障害に限らず、障害のある人・保護者・支援者、教育・矯正・司法・福祉・行政に関わる方々にご参加いただき、今後の課題をごいっしょに考えていただければさいわいです。

日時:
 4月6日(土)
 13時30分開会(閉会は16時ころを予定)

会場:
 仙台弁護士会館 (入場は無料です)
 仙台市青葉区一番町2丁目9−18

<講 演>
 ◎草場裕之さん(弁護士、前仙台弁護士会刑事事件委員会委員長)
   障害と司法について、7・30大阪地裁判決の問題点
 ◎高橋恵里香さん(宮城県地域生活定着支援センター)
   地域生活定着支援センターができた経過と業務内容について
 ◎阿部恭子さん(特定非営利法人 ワールドオープンハート代表)
   犯罪者の家族の支援はなぜ必要か、どんな活動をしているか

主催:発達支援ひろがりネット


Posted by サポートネット at 11:01
記念プリクラ [2013年03月25日(Mon)]
23日は、虹っ子土曜日最後のセッションでした。
次回からは、虹っ子土曜日改め、プリズムになります。

グループの子どもたちはメンバーも日程も変わりませんが、「お楽しみ会企画」としてプリクラを撮りに行きました。3グループ全てで実施です。
プリクラ!!!
ねらいは
・割り勘でプリクラを撮る。
・大人と一緒じゃなければならない場所という意識を高く持ち、単独行動をとらない。
・「みんなで撮れる」というプリクラの楽しさを味わう。
どのグループの子ども達も、なんかワクワク感があります。
撮ったことがある子もいれば、無い子もいます。むしろ、無い子の方が楽しみにしている様子が見られました。

グループAで子どもが口にしているのは
「ひとりでも撮りたい!!」っと。ほほぉ。
2回撮影する予定だったので、2回目の中で1人プリクラを提案しました。
プリクラに一人で写る。そういえばなかなかそんな経験はないなぁ。と。

グループBでは、中学生女子の手つきの慣れたこと!!
他のメンバーも「書かないだろう」と思いきや、みんなペンを手に取って、いろいろ書きこんでいたのが印象的でした。
終わってから「テンションあげたわぁ。無理やり・・・。」とも話していましたが、撮影中は楽しそうだったのも事実w

グループCでは、行く前にポージングを考えていきました。ところが、いざ入ってみて、イメージと違っていたのが、何回もポーズを要求されるところ。
「あ、ぼくは1回でやめます。2回は要りません。」とのことだったので、1回のみの撮影にしました。

プリクラは初の試みではありましたが、とても面白くていい経験になりました。
1時間のセッションの中で、ちょうどいい距離と活動というのも利点です。

出来上がって、切り分けた後、中学生男子が言った一言。
「これ、どこに貼ればいいんですか??」
おぉぉ。なるほど。ですよねw
「思い出の写真なので、他の写真となんら変わりはありません。だから「アルバム」かなぁ。好きなとこに貼って構わないけど。まほろ先生は、お仕事のノートに貼ります。」
と伝えました。
・・・にしても、今どきのプリクラは、しわが全く写らないのですね(^^
まほろ
Posted by サポートネット at 17:42
桜の便り [2013年03月25日(Mon)]
静岡のほりーさんより、きれいな桜の写真が送られてきました。
春ですね!
静岡です
ほりーさんには以前、サポートネット事務局でご尽力いただきました。
現在は静岡県で障害者支援のお仕事に携わっておられます。
静岡では、TEACCHのお話を聴く機会がたびたびあるとか。
また、現在お勤めの所で避難訓練を行った際には、ピクトやカラーテープなどで視覚情報を施したご様子もお知らせくださいました。
さすがです!
そんな訳で、サポートネットのホームページにはリンクを貼らせていただいております☆

先日はほりーさんがつないでくださって、静岡でTEACCHプログラムに基づく療育教室を運営されている皆さまが、虹っ子にお越しくださいました。
私たちの方が、本当にたくさん勉強させていただきました。
遠方より足を運んでくださって、スタッフ一同感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、
今月のすぽっとは桜のような、やさしいピンク色(^o^)
3月号
今日の発送作業も無事終了しました!
春色のすぽっとを、どうぞお楽しみに…かわいい


リボン

Posted by サポートネット at 15:18
勝っても負けても [2013年03月22日(Fri)]
虹っ子では、子ども同士集まって、ゲームをする活動もあります。
すごろくだったり、カードゲームだったり、その週によって変わります。できる段階に合わせて、スタッフが事前にグループを決めておきます。

2人のグループもあれば・・・
虹っ子 011.jpg

3〜4人集まって、賑やかなグループの時もあります。
虹っ子 018.jpg

2人だとすぐに順番が回ってくるけど、人数が多いとなかなか自分の番になりませんたらーっ(汗)
「待つ」ことや相手のしていることを「見る」ことも、ゲームをする時の大事なスキル。

「1番になりたい」「勝ちたい」気持ちが強い虹っ子たち。
スタッフは、参加したどの子どもたちも「楽しかった〜!」の気持ちで、ゲームが終われるように、ゲーム進行の補助に入ります。


「またやってもいいな。」と思ってくれてるといいな♪

                                                             いちご

Posted by サポートネット at 13:30
星の国から 上映会 [2013年03月21日(Thu)]
宮城県自閉症協会さんより、世界自閉症啓発デー企画・自主上映会のお知らせです。
たくさんの方にご覧いただきたいとのことですかわいい
リボン
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
星の国から孫ふたり
〜「自閉症」児の贈りもの〜
上映会チラシ

日時:平成25年4月13日(土)

場所:仙台市福祉プラザ2階 ふれあいホール

受付:当日のみ

入場料:
 一般1,000円(同伴中学生以下500円)
 宮城県自閉症協会会員500円(同伴中学生以下無料)
 福祉手帳提示(ご本人)無料

上映時間:
 午前/10:00〜自閉症について  10:30〜12:05 本編上映
 午後/13:30〜自閉症について  14:00〜15:35 本編上映

主催・問合せ
 宮城県自閉症協会
 TEL 080-3328-3802
 メール m_autism@yahoo.co.jp


Posted by サポートネット at 21:12
誕生日 [2013年03月19日(Tue)]
今日は法人の誕生日です(^o^)
みやぎ発達障害サポートネットは6歳になりました。

発達障害者支援法が施行された平成17年、サポートネットの前進団体となった保護者の勉強会が始まりました。
平成18年10月に、当時エルソーラ仙台の中にあった市民活動ブースに事務局を開設。事業が少しずつ始まりました。
そして平成19年3月19日に、NPO法人になったサポートネット。
たくさんの方に支えられ、応援をいただいています。

6歳の年も、一人一人が元気に過ごせますように!



リボン

Posted by サポートネット at 15:01
分かった方がいいの! [2013年03月16日(Sat)]
今日は、土曜日個別セッションも修了式をしました。

「修了式?えーー?ヤダーなに?」

と言ってた子も、

「え?なに?賞状もらえんの?やるやるーw」

っと。ちょっとご機嫌。
1年間の頑張りを、賞状&言葉にしてもらい、子供達の目はキラキラしていました。
多動の子も、小学校で「卒業式の練習」をしているだけあって、完璧でした。
すごいなぁ。1年生の時の様子を、ママと語り合い、成長しましたねぇ。っと♪


今日のエピソード。
マホロが土曜日の個別に顔を出したのは、本当に久々でした。
セッションに入ったのも、それこそ1年ぶりです。
私の顔を見て、「まほろ先生に質問があります!」と言い出したピンちゃん。
なにかを閃いたかのまなざしをこちらに向けています。
その質問内容は、現実的に難しいなぁ。。。という内容の趣味のお話でした。
経済的にも難しい・・・・叶えてあげたいけど・・・・。

しかし、もうピンちゃん10歳超えたし、少し現実を見せようかなぁ。っと、

「それは、ちょっと叶えられないかも。理由は○○○・・・。」

と、はっきり言いました。
その瞬間
「うわーーん。もういやだーーーー!!」
「ママ、なんで私を産んだの??」
「小さくなりたーい。やりなおしたーーーい。」
「絶望!!」
っと、大粒の涙。

今日は久々だから、涙スイッチ押すつもりもなかったのですが、
ママすいません。押しました。

ピンちゃんは、泣きながらも案外冷静に話すことができます。
「泣いていいからね。泣きなね。」
と言いつつ、一通り泣いてスッキリしたかな??というタイミングで

「そっかぁ、ゴメンね。現実的なこと言い過ぎた??」
と聞いたら
「ちがうの!聞いて良かったの。
 現実的なのは分かった方がいいの。うえぇぇーーん。」っと。

きっと、本人は「現実的に難しい」もいろいろと分かっていたと思います。
でも、改めて「無理かも」と分かり、ショック。
でも、分かったことは悪かったことではない。

いろんな気持ちの狭間の中で生きているんだなぁ。。。と改めて実感しました。
そして、やはり「なあなあ」の答えよりも、ズバッと現実的な答えをもらうことは悪くないのだなぁ。とも思いました。
(彼女は自分でも、泣くことは覚悟していたと思います。
 なぜなら、質問後は崩れる可能性があるので、セッション後のおやつを選び終わってからがいいの。とあらかじめ言っていました。)

私は個別指導から1年間離れていましたが、プリズムから復帰!!
個別指導も大好きなので、今からワクワクしています!
まほろ
Posted by サポートネット at 19:40
オレンジさんのアート展 [2013年03月16日(Sat)]
気仙沼のNPO法人ネットワークオレンジさまより、アート展示会のご案内ですぴかぴか(新しい)
「東日本大震災からの RE START〜Orange Canvas〜」というアート活動の展示会が、19日(火)まで開催されています。
会場は、仙台駅前アエルビル29階のニコンプラザ仙台フォトギャラリー。
開場時間9:30〜18:00(19日は15:00まで)
入場無料
※日曜定休日
おしらせ
Orange Canvasは、ネットワークオレンジさんが始めたアート活動。
ネットワークオレンジさんは、障がい者支援、地域活性化事業、社会イノベーター育成事業など、様々な活動を展開されています。
展示会のご成功を心よりお祈り申し上げます!


リボン
Posted by サポートネット at 09:03
体験記募集のおしらせ [2013年03月13日(Wed)]
ミネルヴァ書房さんより、発達障害のある子どものお母さん・お父さんに、子育て体験記募集のお知らせがありました。
募集チラシ
ひらめき応募規定の詳細は、ミネルヴァ書房HPでご確認ください。
http://www.minervashobo.co.jp/news/n5630.html
サポートネット事務局にも募集チラシがありますので、必要な方はお声がけください。
リボン

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『新しい発達と障害を考える本』刊行記念
かわいい発達障害をもつ子どもの子育て体験記募集

発達障害をもつお子さんを育てるなかでの様々な戸惑いや苦労、お子さんの成長から得られる喜びや感動を、あなたの言葉で文章にしてみませんか。日々のお子さんとの生活を通して感じたことや、家族・周囲との絆など、子育てにまつわるエピソードを、ぜひお寄せください。あなたの体験が、全国のお母さん、お父さんへのエールになります。

原稿枚数:400字×5枚〜10枚(2000字〜4000字)
お1人1作品、自作未発表のもの。
応募受付期間:2013年3月4日(月)〜2013年5月31日(金)
選考委員:
内山登紀夫先生(福島大学大学院教授、よこはま発達クリニック)
明石洋子さん(社会福祉法人あおぞら共生会副理事長、川崎市自閉症協会会長)
高山恵子さん(NPO法人えじそんくらぶ代表)


応募・問合せ先
株式会社ミネルヴァ書房 子育て体験記受付事務局

Posted by サポートネット at 10:55
| 次へ