CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2011年06月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
就労に向けてマナーチェック [2011年06月20日(Mon)]
Schaleでは、メンバーさんは毎日「マナーチェック表&体調チェック表」を記入しています。

写真では内容が読みにくいと思いますが、具体的でよくできていると思います。
いちご さんの作成ですまる

なかなか自分から気づく事が難しい特性を抱えているからこそ、こういう支援は本当に大切だと思います。

この表をもらってから、私もわが身を振り返り、気づく事がたくさんありました。

ランチの時間はカフェのスタッフとして動く事が多いのですが、爪の伸び具合を気にするようになりました。爪は1ミリメートル足らずでも、切ると切らないとでは随分印象が違います。湯船に浸かりながら爪の長さをチェックし、大丈夫な長さであると気分がよく、明日も頑張ろうと思う自分を発見したりもしました。

それから、カフェのマダムのショコラさんの髪型が、5年位前に初めて会った時からいつもきれいに切り揃えた短めのスタイルであることも、飲食業に携わっておられたからのことと想像できました。

社会人としての身だしなみをもっと身につけて、メンバーさんやスタッフと共有し、わが子たちにも伝えていきたいと思います。                 りんご
Posted by サポートネット at 03:12
感謝の元のスタート [2011年06月19日(Sun)]
今日はサポートネットの平成23年度会員総会でした。
これまでになく多くの皆様に見届けていただき、昨年度の活動/決算と今年度の活動/予算のご承認をいただきました。

事業所も増え、活動内容の幅も広がり“さぁ5年目だぞ!”
と言う時の突発事態の連続。
心のザワツキが納まっているわけではありませんが、それぞれが担った役割を全うしていくだけです。
どんなに大きな予算規模になったとしても、会費をいただき、支えてくださる会員の皆様があってのサポートネット。
今期もまたよろしくご指導ください。
Posted by サポートネット at 20:01
Schale美味しいものクラブ [2011年06月18日(Sat)]
そろそろ仙台も梅雨入りです。
Schaleでは真心絶品商品からのお中元商品のご紹介も始めました。

お中元チームを結成し、メンバーさんと商品セレクトをしました。

食べてみたいラブと意見が一致したもののひとつがこちらの商品。



「美味しそうだね。」の声に、
「すんごく美味しいよ。うちのおばあちゃんも大好きなの。」と親分。

詳しいのです。おいしい物に。

これは知らないだろうと地方のものが手に入った時におすそ分けしたりしても、
「うわ〜久しぶり。これ美味しいんだよね。」と全国網羅。

ワタクシも早速購入し、実家へのお土産にしました。
本当に美味しかったですキラキラ
クグロフは写真で見るよりも大きく、しっかりとした重量があり、本当に美味。
生姜がフレッシュに利いている感じです。
そして美味しいものって少量でも満足感がありますよね。

クッキーもかりっとした仕上がりで、程よくスパイスが効いていて美味しかったです。
わが家のおばあちゃんも大変気に入り、友人への手土産にしたいと注文をもらってきましたまる

贈り物に、ご自分へのごほうびにおすすめの逸品です。
ご用命はSchaleおおまちへ。
黒電話022−263−1402

BON NANAN
ジンジャー焼き菓子セット
・黒糖とジンジャーのクグロフ
・スパイスクッキー(2枚×3袋)
・ジンジャークッキー(5本×3袋)
1箱2000円です。
                                     りんご

Posted by サポートネット at 08:19
初めての支援会議 [2011年06月17日(Fri)]
縁あって支援学校高等部に進学した息子の支援会議を開いていただきました。
義務教育を支援学級で過ごした母と子は、少々刺激的な支援学校の風土になかなか馴染むことが出来ずにいました。
それでも3年間お世話になる学校です。
出来れば同じ方向を向いて社会へ送り出せればと願っていました。
“初めが肝心”
という訳でもないのですが、支援センターさんの仲立ちもあって、学校と支援センターと中学の時の担任の先生と親とで同じテーブルを囲むことが叶いました。

コーディネーターの先生の巧みな進行とまとめもあり、7歳の頃からの息子を知っていてくださっている支援センターの心理士さんや中学の先生の知恵を、担任の先生と作業班の先生に引き継ぐことが出来たと感じました。
高等部の先生方も、丁寧に聴き届けてくださったように感じました。
まだ出会って3か月余りの息子のことを、今の学校での様子と絡めながら、これからの関わり方を考えようとしてくださっているように感じました。
気持ちが折れそうなこともあったけど、もう少し信頼を申し上げなければとも反省しています。

選択肢の少ない知的障害を合併する自閉症の子の進路先として大きな位置を占める支援学校高等部と言うステージ。
この先もいろんなことがあるでしょう。
“何かが変わって欲しい”と言う気持ちが消えた訳ではありません。
でも
“やれて良かった”
と思っています。
『虹っ子』や『ハビNIZI』のこどもたちもお世話になるステージです。
息子には間に合わないこともたくさんあるかもしれませんが、これからも支援機関の先生方にも力を貸していただきながら、先に続くこどもたちと保護者の方の道標になれたらと願っています。

Posted by サポートネット at 20:58
感謝の気持ちで「前」へ [2011年06月16日(Thu)]
今夕「ぬくもりすぺいす『虹っ子』」の保護者会を開催させていただきました。
急なお呼びかけの上、遅い時間での設定となりましたが、25名の保護者の方々にご参加をいただきました。
有難うございました。感謝申し上げます。

児童デイの開設以来3年半あまり。
ご家族より長い時間を大塚先生と過ごさせていただいた療育スタッフはまだまだ多くの苦しさを抱えています。
それでも少しずつ事業所を開けられるようになってきています。
多大なご迷惑をおかけしているにも関わらず、今日もスタッフを気遣い、励まして下さるお言葉をたくさんいただきました。
共に涙を流させてもいただきました。
本当に深く感謝申し上げます。

待っていてくださるこどもたちと保護者の方のためにも、きっとスタッフは自分の足で立って行けるはずです。
来週からは送迎のないこどもたちもお迎えする決心も出来ています。
どうかこれまで通り、「共同療育者」として保護者の皆様のお力も貸していただきたくお願い申し上げます。

今日の保護者会を一つの節目として動き出したスタッフを、大塚先生もどこかで必ず観てくださっているはずです。
少し安心もしてくださっているでしょう。

これからもどうぞ支えていただきたくお願い申し上げます。
Posted by サポートネット at 21:49
メッセージを受け取りました [2011年06月15日(Wed)]
先週この「虹っ子広場」で、「すぽっと」に掲載する大塚先生との思い出、メッセージを呼びかけさせていただきました。

たくさんのメッセージを、たしかに受け取りました。
お寄せくださった皆様ありがとうございます。

大切に掲載させていただき、皆様にお届けできるよう編集させていただいております。

リボン
Posted by サポートネット at 11:23
お母さんは忙しいですか? [2011年06月14日(Tue)]
「お母さんは忙しいですか?」
近頃息子がこう聞くことが多くなってきました。
「ウン。暇じゃないね。どうして?」
と答えると
「○○へ行きたいんです」
という返事。
ここ2週間。初めての支援学校で「現場実習」続き。
木工や畑の仕事など、暑さの続く中かなり頑張っています。
帰りには「気晴らし」がしたいんでしょうね。

でも今はなかなか私自身の周囲も落着かず、今日の事業を安全に運営し、明日も事業所が開けられるようにと考えるのが精いっぱい。
「ゴメンね」
と言い嘘ではない程度に願いの叶う日を告げ、その日その時間の調整をしながら凌いでいます。

すご〜くガッカリするのは手に取るように解るけど、こちらも安定が保てていない時は
「お母さんだって一緒にお出かけしたいよ。でも今日は出来ません。」
と、そこで止めておけば良いのに
「お母さんがお休みもなくお仕事しているのは誰のため?」
なんて余計なことも言ってしまったり…
理不尽なことを言って責めないようにと、思いながらも…
“ゴメン”。

「忙しい」という字は「心を亡くす」と教わったことがあります。
ここらで小休止したくなってる自分がいて、今はそれが出来ない自分がいて…
“もう少し待ってて。”
「お母さんは忙しいですか?」
なんて気遣いをさせないお母さんになってみるから。


Posted by サポートネット at 19:21
「あそびのひろば」のご案内 [2011年06月13日(Mon)]
震災から3カ月が過ぎていますが、被害の大きかった沿岸部を中心に、こどもたちや保護者の方の「日常」はまだまだ戻っていないと感じています。

「いえやこうえんでおもいっきりあそべない」
「あそびにいくところがない」
そんなこどもたちやお母さんたちのお困りに応えようと、石巻市の「かもめ学園」さんとJDD−NETが協働で「あそびのひろば」を計画してくださいました。
併せてゴールデンウィーク期間中に活動した共同チーム「SAVE THE AUTISM FAMILY」のメンバーが、お母さんたちとのおしゃべりや、今お困りのことを具体的に共に考え知恵の提供をさせていただきます。

会場は石巻市の「かもめ学園」さん(石巻市向陽町3丁目10番7号)
です。
石巻の皆さん・少し遠いかもしれませんが東松島や気仙沼などの近隣の皆さん
お顔を見せてくださると嬉しいです。
詳細や申し込みは添付ファイルから「かもめ学園」さんに直接どうぞ。

なお7月21日(木)は杉山登志郎先生の講演会が石巻で予定されています(詳細未定)。
Posted by サポートネット at 12:10
「砂と水と空気」と時の流れ [2011年06月12日(Sun)]
昨夜南雲明彦さんからいただいたプレゼント。

素敵でしょう?
(ホテルの壁に立て掛けただけなので実物はもっと不思議な雰囲気で素敵です。
Schale に観にいらしてください。)

オーストラリアのクラウス・ベッシュという方の作品で、密閉された二枚のガラス板の間に存在する水と空気と五種類の比重の違う砂が創る不思議な世界。
フレームを回転させるたびに砂が落ちて、二度と同じ絵が見られないんですって。
いただいたのは「レインボー」というタイトル。
横長に配置するとまた違う表情に。

ゆっくりと砂時計のように落ちてくる砂を、何も考えることなく眺めながら、気にかけて下さった南雲さんの優しさに感謝しています。
Posted by サポートネット at 07:38
伝えるということ [2011年06月11日(Sat)]
昨日のおしゃべりサロンは初めてのSchaleでの開催で、7人でのおしゃべりとなりました。
暑い日でしたので、ジャスミンティーやアイスティーが人気メニューでした。

テーマは「周囲への伝え方」

来年度の就学にあたり学校選びに悩んでいる方。今年中学に進学して小学校の時とは環境もがらりと変わり、精一杯頑張っているお子さんを見守っておられる方。ずっと、学校とご家庭との連携をお願いし、少しずつ前へ進み出した方など、それぞれの思いを少しずつおしゃべりして、あっという間の2時間でした。

いずれにしても、ポイントは具体的に伝えること。

こんな時はこうしていただけると助かりますというような、相手がすぐにアクションを起こせるような伝え方だと、ご本人への具体的な支援につながると感じました。    

具体的な伝え方は、ご本人が自己理解を進める上でも大切な視点だとあらためて感じます。                                    りんご
Posted by サポートネット at 18:26