CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2011年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
支援の「キモ」 [2011年01月24日(Mon)]
仙台高等技術専門校で受託している国のモデル事業「一般校を活用した職業能力開発事業」の応募状況が芳しくありません。
県の方針として、基本的に今年もハローワークさんに窓口となっていただき公募はしない方針だったのですが、その「つもり」が伝わっていなかったようで、窓口に相談にいらっしゃる方々に、個別にご案内が出来ない状況だと言うことが判明したのが先週。
関係機関にも改めて対象者紹介のお願いをしていますが「その(就職に向かう)段階になっていない人が多い」というご説明をいただくばかりです。
このままでは「ニーズがない」という結論になってしまうようですが、それは本当にそうなのでしょうか…
28日までの申込みになっていますが、期間延長も含めて検討中です。
ご興味があれば下記添付をご覧ください。



もちろん“私たちの支援姿勢はどうだったのか…”も、毎日振り返っています。
尊敬する支援者のお一人である水野敦之さんは、「誠実な自閉症支援」のありかたとして、以下の6つの考え方を丁寧に実践することだと説いておられます。
これは、成人期に至るまでの児童から全てのライフステージに関わる人たちにとって「キモ」となる姿勢なのでしょう。

・自閉症の特性が軸になっている
・個別化している
・アセスメントからはじめている
・科学的で実証された方法を活用している
・自立が目的になっている
・親やチーム間の協働で進めている

でも、大人になってから出会う彼らは、こうした「キモ」の下で支援を受け慣れていないことを痛切に感じています。
保護者の方も同じです。

・まずわが子に「自閉症」の特性があることを知らずに子育てをしてこられている。
・「自立」のために必要なスキルや人との関係性は、「教えられる」チャンスがないと積み重ねられにくい。
・親御さんを協働療育者として、チームの一員として、家族関係を含めて切れ目のない支援受けてこられている方がとても少ない。

そんなことが大きな障壁となっているようにも感じます。

もちろん未熟な支援者たちへの信頼が築かれていないのも事実でしょう。
一年と言う期間で実績を創ることを求められたことは、そう簡単なことではありませんでした。
「移行は3年かかる」と、多くの先輩支援者から教えていただきました。
そうした事実を元にした検証の時期も迫っています。

「発達障害」の人の就労や日常生活の支援システムは、管轄諸官庁直轄ばかりではなく、行政の独自事業として展開されているものも複数動いています。
特に仙台市では、アーチルと「ここねっと」さんとの連携など、さまざまな試みがされています。
その中で敢えて「職業能力開発校」(一般校:障害を持たない人が通学する訓練校)として、訓練生に付与できることにも注目していただければ幸いです。

内定が決まった後に、過去の経験から「不安」が先行してしまう人もいます。
複数の内定をいただき、実際に職場実習を重ね、自分の意思で選択をした後に、精神的な不安から体調を崩してしまった人もいます。履歴書を書くことで現実的になった時期に、立ち止まってしまっている人もいます。

本当に生きることに大変なエネルギーが必要なのだと感じます。
だからこそ「キモ」となる支援感を共有し、幼少期から切れ目のない支援や具体的な療育経験を積み上げていくシステムが「あったらいいな」と願い、無謀にも挑戦するのです。
Posted by サポートネット at 13:43
うさぎちゃんと猫ちゃん [2011年01月23日(Sun)]
うさぎちゃんはプライベートでの悩みがありました。

猫ちゃんに
「フェレットちゃんとはもう遊んじゃだめ!」
と言われたそうです。

保護者の方から、大塚先生が前回そのことを聞き、
なんらかのアドバイスはしたそうなのですが、
うさぎちゃんはもっともっといい解決法を自分で見つけたそうです。

「お母さんわかった。
 私がもっと猫ちゃんを大切にすればいいんだ。
 猫ちゃんにもっと『私は猫ちゃんのこと好き』って伝えればいいんだ。」

と話したそうです。

そして、即実行。

猫ちゃんは、
「フェレットちゃんと遊んじゃだめ!」
を言わなくなったそうです。

グループでは子供たちがセッションしている間に
保護者の方々がいろいろトークをしていて
大塚先生がその輪に参加しているのですが、
これはとても素敵な報告♪


都市部の小学校の女子のかかわりって・・・・本当に大変です。
虹っ子のみならず、どんな子でも友達の悩みはあります。

友達とのかかわりを悩めるというのは、
学校に溶け込めている証拠。
本当にすごいなぁ・・と思います。

うさぎちゃんは自分でよく言うんですが

「私はこのグループではわがままだけど、学校ではうまくやってるよ。
 学校ではいい子にしてるもん。」

1年前、彼女は特定の女の子の名前しか話題に出てきませんでした。
が、今はいろいろな子の名前が出てきます。
相手にどう接したらいいか、自分なりに常に考えているそうです。

何より、友達間のトラブルの狭間の中
相手を褒めることで問題を解決するなんて、
私たち大人だって難しいこと!!

そういえば、うさぎちゃん・・・今年の初めには

「ちょこっとスピーチで、どうしても友達の話を褒めることができない」

と言っていたのに、最近は全てのスピーチに対して賞賛コメントをしています。

相手にプラスの言い方をすると、いい結果が返ってくるというのを
受け止めているんだぁぁ・・・・と感動してしまいました。

そして、「このグループではわがままだけど」・・・という発言の中には
「虹っ子では、のびのび活動してくれている」
という素敵な要素が見えます。

ちなみにうさぎちゃんはわがままなんか言いません(笑)
思ったことをはっきり口にするだけ。
ただ、それを自分で気づいて、学校では抑えてると自覚しているあたり、
やっぱりすばらしいなぁ・・・・。

友達が、自分の意にそぐわない発言をしたとき、
相手にプラスの評価をすることで問題を打破する。

私もこれを再確認しながら自分の生活に活かしたいと思いました。

トマト
Posted by サポートネット at 21:40
黒ひげ危機100発 [2011年01月22日(Sat)]
久しぶりに書かせていただきます。
トマトです。

今日も虹っ子たちは素敵でしたよ!

低学年のグループは、新年会の予定でした。
前回のセッションの際に子供たちから

「新年会したい!お笑い大会したい!漫才する!マジックショーしたい!」

と要望があり、一芸披露、もしくは漫才ができる人はすることに♪
クリスマス会で、私がウクレレ、学生が手話で「赤鼻のトナカイ」をやったのですが、
それを見て、子供たちも一芸披露したい!!やってみたい!!と声が上がりました。

子供たちからイベントの誘いがあったのは、初めてだったので
本人たちに企画をさせてからしようと思ったのですが・・・・

一番やりたいと張り切っていたハムちゃんが休みだったんです。
インフルエンザの猛威をうけているとのこと。

すると・・・子供たちからすぐ
「新年会延期したい。ハムちゃん楽しみにしていたのにかわいそうだよ。」
「僕、ハムちゃんと漫才する約束してたのに、一人じゃできない。」
「ハムちゃんは来たいのにインフルエンザでできないんだもん。楽しみはみんなでしよう!」
「僕も・・・今度の方がいいと思う・・・。」

と、スケジュールを説明する段階で話が決まり・・・・

急遽、ゲーム大会に変更になりました。

一応、新年会用にゲームを用意していたので、まぁ大丈夫。


「僕わかるよ。ゲームといってもDSとかじゃないでしょ。Wiiとかいいよね!」

かわいいお言葉ですが・・・

「ごめんね。Wiiはないよ。」

と、謝ったところで「七並べ」「黒ひげ危機100発」「シューティングゲーム」の3つを選ばせました。
多数決の結果、「黒ひげ危機100発」に決定。

「黒ひげ危機一髪」ではなく100発。
これ、カードが勢いよくたくさん出るということと、
剣を刺すのではなく、ルーレットで出た目のボタンを押すということで、
子供たちから大人気のゲームです。
http://www.takaratomy.co.jp/products/kurohige/100patsu/index.html

しかし・・・リス君は「黒ひげはいつ飛び出るかが怖い」と部屋から逃げ出してしまいました。
ちなみにハムちゃんも苦手なゲーム。
どこに刺していいのか、突然飛び出す黒ひげ・・・と、このゲームが苦手な子供は結構います。

リス君にナオ先生が付き添い、とりあえず1ゲームだけしようということになりしたところ、
カードが出るたびに子供たちから大歓声。
リス君、様子が気になります。
「誰勝ったの?」と隣の部屋から声だけで確認。

ウサギちゃんが「これおもしろいよ!今までの黒ひげとはぜんぜん違う!」
と大興奮ながら、リス君を誘いに行ってくれました。

「これ、怖くないよ!カード出てきておもしろいよ!リス君やらなきゃ損だよ!」

ウサギちゃんナイスフォロー!!
(子供は、大人の誘いよりも子供の誘いのほうがてきめんです。)

・・・しかし2ゲーム目もリス君は見ることもできません。

ところが、終わってすぐに
「見るだけなら・・・」と自分から部屋をのぞきにきてくれました。
見てくれるなら・・・と3ゲーム目をはじめたら

「次まざる!!」とリス君。
ルーレットを回してみたくなったようです。
ボタンを押すのはナオ先生。

カードが空中に舞い上がる姿を見て、リス君も大興奮です。

「今度は僕一人で参加する!ナオ先生も一人で参加していいよ!」

っと言ってくれて、最終的に一人でゲームに参加することができました。

嫌なものだから避ける・・・だけではなく
オブザーバーとしてみてるだけでも経験になると思ったのですが、
まさか、最後に参加したくなるとは、ちょっと感動!!

振り返りのときに、黒ひげ危機100発のイラストを描きながら
「次の誕生日には、これ買ってもらおうかなぁぁ♪」
と話し、セッション終了後にはお母さんのところへいき、
黒ひげの楽しさを、熱くお話していました。

とてもいい笑顔に、本当にうれしくなりました。

低学年グループは、本当にお互いを思いやる心がたっぷりです。
ハムちゃんのことをみんなで思いやり、
リス君に対しても、ポジティブな言い回しで誘ってくれました。

4月はマイナスな発言もあったグループですが、
ここまで友達にプラスで話せるようになっているのがまたうれしい。

今日もほっこりをいただきました。
みんなありがとう♪
そして、もうひとつうさぎちゃんの嬉しい発言があったので、
今日はもうひとつブログを書かせていただきます。
Posted by サポートネット at 21:00
志高き人々 [2011年01月22日(Sat)]
社会イノベータ公志園」の本選大会が本日東京で開催され、東北ブロック代表の「ネットワークオレンジ」の小野寺美厚さんが「審査員特別賞」を受賞されました。

気仙沼で地域に密着した地道な活動を続けてこられた小野寺さん。
一つ一つ階段を昇るように表彰も重なって、評価の高い活動を展開しておられます。

「オレンジ」さんのブログには、いつもイキイキとした表情の子供たちの素顔が堂々と掲載されています。
日々の活動を丁寧に発信し、信頼され、地域の方もご父兄をしっかり「巻き込み」ながら、地域の課題に挑戦しておられることに、多くのファンがいらっしゃる方です。
全国16人の挑戦者から8名の最終審査に勝ち残り、3人の「審査員特別賞」のお一人として選出されました。
本当におめでとうございます。

なおグランプリは、東京都文京区で、在宅医療専門の「祐クリニック」を運営しておられる武藤真祐医師が受賞されました。
審査結果発表で
「この16人に共通するのは大きな夢と信念、私たちが見過ごしてしまうかもしれない社会問題へ立ち向かう、強い勇気、行動力、そして何よりも素晴らしい仲間。リーダーに必要なのは、語ること、多くの共感。」
とのメッセージがあったそうです。

サポートネットで一番の課題は「巻き込む力の弱さ」だと分析していますがどうでしょうか?
17人目の「社会イノベーター」のつもりで、自閉症/発達障害のご本人とご家族の生きやすい社会を創る「うねり」ある活動の巻き起こし方・継続の仕方を宿題として、先輩方の後を付いていきたいと願っています。
Posted by サポートネット at 20:54
ステージ準備始動 [2011年01月21日(Fri)]
いよいよ新しいステージ「Schale Omachi」(シャーレおおまち)の開設のために、日本財団さんの改修助成をいただき工事が始まりました。

来月15日の竣工予定です。
宮城県への事業所申請も、これまで事務手続きを一手に引き受けて下さっている忍さんが、担当の方と何度も何度もやり取りや修正を手掛けてくださって、いよいよ来週中には最終書類をお届けする準備も整います。
県の方には当初本当にご迷惑をおかけしましたが、応援をしていただきました。
面倒な手続きを辛抱強くこなしてくださった忍さんの調整力なくして、ここまでこぎ着けることは出来なかったかもしれません。

そんな事業所全体の応援に応えるべく、シャーレーチームも床の色や配色決め。

相談室の椅子の床面との調和を考えながらのベンチシートの素材や配色決め。

知恵とアイディアを出し合っています。
ウキウキと楽しい時間です。

このステージで、自閉症/発達障害の人たちが、成人期に幸せな人生であるための応援をします。
もちろん経験の少ないことは学び続け、一つ一つ実践を積み重ね…

楽しみにしてください。
そして「未来」を皆さんと共に創り上げたいと願います。
Posted by サポートネット at 19:15
高等部受験事情 [2011年01月20日(Thu)]
大寒の今日。宮城県の特別支援学校高等部の入試が一斉に行われました。
我が家も受験生。志望校決定までは二転・三転。紆余曲折…
仙台市内から受験できるのは高等学園2校。・高等部は県立2校・市立1校。
最近では知的な遅れがあまりないお子さんの支援学級在籍も増えていて、限られた定員の中で納まり所を見極めるのは至難の業でした。

蓋を開けて見れば、これまで受験生が殺到されることを予測されていた県立と市立の高等部が、何と定員割れ。
どうやら高等学園に人気が集中したようです。
もちろん定員割れとは言え、1週間後の合格発表まで確定されていることは何一つありません。
今頃は疲れを癒しつつ、ドキドキしながら、これまでを振り返っておられるご家庭が多いのでしょう。

高等部志願者が増え続ける現象は宮城県に限らず、全国各地から「つぶやき」が飛び交っています。
仙台での選択肢が少ないことに心惑わされもしましたが、「選択肢がない」その上定員以上の志願者という地域もあるとのこと。
通常学級在籍のお子さんの公立高校受験では、宮城県では年末に予備登録の状況も公表され、もちろん願書が締め切られれば各校の志願者数や倍率が当たり前のように公表されます。
一方、高等学園も高等部も決して予備登録なんてないし、試験の終わった後も公表はされないのでしょう。
何人かのこどもたちが第一希望とは縁が作れないことが判明している状況の中、一人でも多くのお子さんが二次募集で行き先が決まることを願います。
もちろん息子にも「桜咲く」お知らせがあることを願っています。

Posted by サポートネット at 16:21
せっぱつまって欲しいのね [2011年01月19日(Wed)]
先週の金曜日、就職先がまだ決まらない学生は、トレーナーの先生方とハローワークへ。
実際に端末を使って求職票を閲覧したり、張り出されていない障害者雇用の情報を担当の方と相談したり…

しつこく確認。これは先週の金曜日のことです。

その後、絞り出したアタック先に履歴書を送った人が一人もいません。
履歴書用の写真がそろっていない人も…。

自分の行動を俯瞰する力の弱い人たちです。
それにしても、行動が遅すぎやしませんか?

公開された求人情報は、未来永劫公開されているわけではないこと。
「随時」と言う募集は、「随時」決まってしまうこと。
一つ一つ教えていかなければピンと来ないということでしょうか…

「一人で出来る」は生活スキルだけではないんだね。
「行動手続き」も一人で出来るような支援が必要だということ。
そして
「せっぱつまる」
という状況判断と、次の行動に移せるスキルも。

卒業まではもう1か月とちょっと。
エンジンかかるのはいつなんでしょうね。
ご本人が「その気」になる導火線に火を入れるギリギリのタイミングです。

Posted by サポートネット at 19:25
働く応援 [2011年01月18日(Tue)]
「職業能力開発」をキーワードに、発達障害のある成人期の方を対象とした国のモデルを、宮城県がスタートさせて下さって、あっという間の一年が間もなく終わります。

この一年指導者側が学んだことは「働くために必要なのは技術スキルだけではない」ことでしょうか。
職業能力には、業務を遂行する実務能力ばかりではなく、職場の人とのやり取りをやりこなす能力、毎日定時に起きて、朝食を摂り、遅刻をしないように家を出て、職場にたどり着く時間管理能力、体の不調を感じて休憩を適切に取る能力、職場に相応しい身繕いをする能力…
定型発達の人たちがいとも簡単にやり過ごすことの多くを、改めて積んでいくことが前提になることを、日を追うごとに思い知らされ、苦しさも感じる日々です。

それでも、この事業を必要とするご本人とご家族がどこかにいらっしゃる限り、私たちは梯子を外すことが出来ないのです。

仙台市には、支援センターで滞留している成人期の方が140名を超えると聞きます。
そのうちの多くの方が、働く準備のために一歩を出すことが難しい状況だとも聞きます。

誰かがボンと背中を押してくれることを待っておられるのでしょうか?
背中を押されても、一歩を出すことに不安があるのでしょうか?

私たちは待っています。
事前相談から、きっかけが開かれることに応えたいと願っています。

お近くのハローワークにお問い合わせ下さい。
Posted by サポートネット at 17:20
うがい・手洗い励行 [2011年01月17日(Mon)]
急激に寒さが厳しくなってきました。
「虹っ子」も急な発熱などの症状で、いつもよりはお休みが多いと感じています。
風邪予防には、とっても単純ですが「手洗い・うがい」の励行しかありません。

以外にスルーしてしまっているのがお母さんたち。
「虹っ子」は『持ち込まない・持ち出さない』が原則。
昨年からは、スタッフも身内にインフルエンザ罹患者が出た場合は、一定期間お休みいただくことにしています。

どうか皆様「大事」に至らないように日々の「手洗い・うがい」の励行をお願いいたします。
Posted by サポートネット at 19:58
「NIZI」たちの自信作 [2011年01月16日(Sun)]
新年初の中高生プログラム「ハビリテーションジム『NIZI』」。
指導側に急病者続出で“どうなるかしら…”と心配しましたが、こどもたちも慣れてきたということもあり、随分自分で見通しを持ちながら行動できるようになっています。

今日は「ミサンガ」創りに挑戦しながら、「紐のあつかい」や「くくる」動作をテーマにプログラムが展開されました。


初めにこの完成品よりも太い紐で練習。
「輪を作って、そこへ紐を通す」ことに不慣れだなという感じ。
結ぶ時の力の加減で、螺旋状に出来上がっていくのですが、バランスを確認しながら丁寧に丁寧に作業をしていた子が多かったです。

出来上がった後、自分の携帯電話に早速通して嬉しそうな笑顔がたくさん見られたことも今日の収穫。
アスペさんたち同士は、お互いの存在がまだまだ気になるようで、口の動きの方が多く手が疎かになったり、今やるべきことに集中しきれないことを教えてくれました。
まだまだ私たちの工夫が足りないのだと感じています。
それでも、ここでの「おしゃべり」も凄く楽しみにしているこどもが多いことも良く解りました。

その子その子の目標や目的・スタッフのチェックポイントもさらに明確にしていきながら、次回の準備を進めたいと考えています。

「NIZI」は3月から新しい事業所に移り、4月以降も継続予定です。
中・高生のお子さんの、働くことを意識したトップダウンの視点で組まれたプログラムに関心を持っていただけましたら、事務局にお問い合わせください。
Posted by サポートネット at 18:02