CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2011年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
主人公は「私」 [2011年01月31日(Mon)]
高等技専の学生がここに来て揺れ始めています。
内定が決まっていたり、就職体験のチャンスが迫ってくると「恐れ」・「不安」がドッと押し寄せてくるようです。

私たちがこの事業と取り組んで一番感じている「矛盾」。
それは
募集時には「知的な遅れがない」という条件を付けながら(つまり「手帳」は持っていない)、いざ就職活動を始めてみると「手帳がある方が絶対有利」という現実です。

自己理解のお手伝いもなく育ってきた人たちです。
「発達障害」として「自分で良いのだ」という自信も安心も築かれていません。
コーチングの先生方と随分受容れつつ、後押しを心がけてきました。
変に高いプライドを捨てきれずにいる人もいますが、大抵は「こわくて・こわくて…」というのが素直な感情のようです。

自分の道を人に誘導されたり、逆にお膳立てをされなければ行動できないという状況は、哀しいです。
「私は」と自分中心で気持ちを伝え、願いをかなえて欲しいと願っています。
「私」が真ん中。自分の気持ちのおもむくままに、気の済むように行動して良いハズなのに、周囲に気を使いすぎています。
「自己理解」が甘いという一言では片付けたくないのです。
誰にでも「主人公」としての人生を歩んで欲しいのです。

そんな時静かに待ち、見守り、グッドタイミングを見極め、背中を支えてくれる…そんな人を彼らは望んでいるのかもしれません。
家族だからこそ上手くいかない関係性を調整しながら、「私」が主人公として自分らしく生きることを支えられる支援者。
いまはまだまだそこまでは辿り着いてはいないけれど、いつか役に立てるようになりたいと願っています。

札幌の加藤先生が「支援者はもがき苦しめ」とおっしゃいます。
体力も精神力も日々弱くなっている自覚と闘いながら「もがき苦しむ」のはとても辛い作業です。
だけど、発達障害のあるご本人たちはもっともがき苦しんでおられるはずなのだから、音を上げることは出来ないと覚悟はしています。

いつかきっと「良いこと」があると信じていきたいのです。
Posted by サポートネット at 20:05
虹っ子保護者会 [2011年01月30日(Sun)]
今日はシルバーセンターにて、虹っ子保護者会を開催させていただきました。
夕べから今朝にかけて雪も降り、誰も来なかったらどうしよう・・・とスタッフはちょっぴり不安でしたが、足場の悪い中、6名の保護者の方が参加してくださいました。本当にありがとうございました。

今日の保護者会は、
・ 来年度の虹っ子について
・ 療育について
・ 中学生ステージの『ハビリテーションNIZI』について、
・ 保護者の方々との座談会
という内容で進めさせていただきました。
詳細は保護者向けの「虹っ子通信」にてご報告いたします。

今回は、保護者の方のお話もみなさんにお届けしたいと思って、お子さんと素敵なかかわりをされているokoさんにお願いしたところ、快く了承してくださって、スケッチブックに紙芝居仕立てで、ご家庭での実践をお話してくださいました。
会報を見てくださっている方にはおなじみのあの可愛らしいイラストです。
この日のために、oko姫と一緒に丁寧に作ってくださいました。
もっとたくさんの保護者の方に見ていただきたかったな〜と思いました・・・。okoさん、ありがとうございました。

座談会では、保護者の皆様から、ご家庭での様子、学校での様子などをお聞きすることができました。虹っ子に望むことなどご意見もいただきました。
やっぱり、こういう場って大切です。保護者の方と共有したいこと、たくさんありますから・・・。

今日みかんからは、「保護者と支援者の連携」という内容のお話をさせていただきました。
『親は協働療育者』・・・大切な虹っ子の療育の柱です。
難しいことをしてください、というのではありません。信頼関係を結んで、私たちの子供のために、情報を共有して、何がその子にとって必要なことなのかを考えて、共に未来を作っていきたい、というのが切実な思いです。おうちの方との連携無しに、療育を考えることはできません。子供のことを一番よく知っているのはおうちの方ですから・・・。そして中心にいるのは常に子供であってほしい。幸せな生活を送っていけるように。・・・また明日から、一緒に歩いて行きたいです。よろしくお願いします。

今回、託児を予定していたのですが、諸事情により、お受けすることができませんでした。
来年度の保護者会は託児を準備して、より多くの保護者の方に参加していただけるようにしていきたいと思っています。

保護者会が終わり、荷物を持って事業所に戻ると、丁度『ハビNIZI』を終えた中高生と保護者の方々が解散するところでした。
子供たち、みんないい表情をしていましたね。
わかばの子供たちの中には、卒業後、『ハビNIZI』への参加を予定している子もいるので、とても楽しげな雰囲気だったことを、伝えてあげたいなと思いました。

みかん
Posted by サポートネット at 21:53
ポテサラ名人 [2011年01月30日(Sun)]
今日の「ハビリテーショントレーニングジム『NIZI』」は「ポテトサラダ」を作るに挑戦。
これまで何度かやってきた「野菜を切る」「ピーラーを使って皮をむく」スキルも活用して、今日は「マッシャーを使う」「具材を混ぜる」「味付けをする」ことにも挑戦。

きゅうりは全員薄く切れました。にんじんも薄いイチョウに切れました。ハムの千切りもそれぞれの感覚で細く切れました。
自信作をバンズに詰めてお腹の中へ。


一番苦労していたのは「混ぜる」ところ。
手首をクルッと返すことがぎこちない。
今日は敢えてマヨネーズや塩・胡椒の分量も明示せずに、サラダの量に見合った調味を出来るのかもアセスメント。
「目分量」ってやっぱり難しいですね。

まだまだ準備や運営上の抜けているところ配慮に欠けているところがありますが、お母さんたちはみな「美味しい!」と感激される仕上がりをしてくれました。

もちろんポテトサラダを作ることだけではなく、苦手なことはSOSを出せることや、後始末も大事な観点です。
3月からはステージを大町に移します。
環境を言い訳に出来なくなるスタッフとの振り返りは、子どもたちが帰ってから3時間に及びました。
ここに集う子どもたちが社会人になった時に幸せな人生であることを願い、次への準備と覚悟を確認して解散しました。

次回のテーマもクッキング。「ホットケーキ」を作ります。
モータースキルも意識ながら、役に立ち支援を探っていきます。
Posted by サポートネット at 15:34
鬼退治! [2011年01月29日(Sat)]
今日は節分の前なので、鬼退治をしました。

まず、鬼の顔の裏に、自分の退治したい鬼の名前を書きます。
・・・私だったら、朝ぐずぐず鬼ですかねぇぇ。
めんどくさい鬼ですかねぇぇ。

次に、その顔を切り取って箱に貼ります。
ここではチップスターの箱を使っています。
箱が軽いとあっさり退治できるので、中にはさみを入れて重りにして。
ペットボトルでもなんでもいいのですが、
透明だと何の鬼を退治したのか裏から見えてしまうので、
不透明のものに貼ることをオススメします。

準備ができたら、みんなで落花生を投げつけるんですが・・・

これがすごく盛り上がる!!!

「おにはーーーそとっ!!ふくはーーーうちっ!!」

不思議とみんな声が大きくなるんですね。
自分の鬼を退治する分、力も入ります。
飛び散る落花生。豆をかき集めてさらに投げる!!
いつも静かな子も、ここぞとばかりに激しく投げつけます。

去年経験している子たちは手際もよかったです。
最後の掃除も自ら進んで行っていました。
初めての子は
「これ・・・おもしれぇぇ・・・・・」
個別の子も、グループの子も一緒になって取り組んでいました。

気づけば私も拾ったピーナツでお腹がふくれているような。。。
しっかり節分もしたことだし、
これで、虹っ子にも春が来ます♪
(ちなみに、平日でも節分はするそうです。)


話は変わりますが、2階で保護者の方と大塚先生が話していたら、
それを見たピーナツ君が
「なんか、この部屋・・・徹子の部屋みたいですね」っと名言を残してくれました。

たしかに!!
ちなみに、徹子役はもちろん大塚先生らしいです。

トマト
Posted by サポートネット at 17:16
帰ってきたカイパパさん [2011年01月29日(Sat)]
“5年の間に活動(事業)の基盤を創り上げたい”
立てた指に止まってくださった6人の父や母たちと活動を始めた時、そう思っていました。
全国にはたくさんの自閉症/発達障害のある人たちと関係する団体があるけど、きちっと思いを形にできているところの多くが「5年」で成し遂げていたから。
それが出来なければ7年経っても10年経っても、変わることが難しいことも現実としてあったから。

そんな「5年」という具体的な目標を意識して出発する決意を後押ししてくださった出会いのお一人がカイパパさんでした。
発達障害者支援法成立が危うくなった時、カイパパさんが「カイパパ通信」(このブログのリンク先からどうぞ)を通して呼びかけをされたら、アットいう間に120件の親御さんの想いが寄せられ、国会に届けることが出来ました。
まさに「うねり」が起きた事実でした。
そしてこの経験からカイパパさんが書かれた「ぼくらの発達障害者支援法」は『未来は自分たちで創り上げるもの』を教えてくれました。
今の活動の起点になっています。

カイパパさんには、県の支援センター「えくぼ」のお手伝いをさせていただいた時に、「えくぼ」主宰のセミナーにお越しいただき、当時立ち上げはじめたサポートネットの会員さん(特にお父さんたちに)とお茶をする時間もいただきました。
背中を押されたご家族が多かった出会いでした。

その後、カイパパさんにはいろんな変化があってブログは休眠状態が続いていましたが、「ただいま」とtwitterで宣言されるところまで帰っていらっしゃいました。
1月26日の記事「あなたはそれでいいんです」と、その後のコメントを通して、休眠の理由の一端がうかがわれます。
それでも「帰ってきた」ことがとても嬉しく、昨夜は泣けて泣けて…

この年度末で法人として活動が始まって丸4年になります。
「めばえ」→「わかば」→「NIZI」→「Schale」と、ステージは整いました。
掲げた時間の目標が、仲間の皆さんと達成できたことを誇りに思います。
そして次は一つ一つの活動基盤に「「いのちを吹き込む」ことだと決めています。
出来れば2年で…

宣言しちゃいましたね。
これからもどうぞ温かく見守り応援していただければ幸いです。
Posted by サポートネット at 07:17
今日の「シャーレ」 [2011年01月28日(Fri)]
今日の河北新報朝刊一面コラム欄「河北春秋」でご紹介いただいたように、3月開設予定の事業所は「Schale Omachi(シャーレおおまち)」という名前になりました。
同じビルの7階に、ソーシャルビジネスの実験基地「フラスコおおまち」が出来ていたので、同じ実験用具つながりで、培養する→芽を出したり、増やしたりする道具「シャーレ」を選びました。
「Schale Omachi」という、発達障害を持つ方々の特性に配慮した環境の中で、どんな強みが育てられ、社会と言う土壌に移すことが出来るかを、ご本人・ご家族・関係機関の皆様と共に挑戦していきたいと思っています。
↓素敵なロゴマークも出来ました。ここにもサポートネットのシンボル『虹』がアシラワレテいます。
Tシャツやエコバック・ノートなど、商品企画へ夢は膨らみます。


↓壁や床の色彩プランも、何度も何度も議論しました。

視点は、ご本人たちに「解りやすい」世界の提供。
目的ごとに5つつに区分されるゾーンの性格を明確にすることや、ワークエリアでの立ち位置を鮮明にすることなど、支援者側と、デザインする側と、知恵を出し合っています。

竣工まであと2週間ちょっと。
予期せぬことは必ず起きることも想定しながら、楽しい作業が続きます。
Posted by サポートネット at 19:37
NPO・市民活動のいろは [2011年01月28日(Fri)]
宮城県から、発達障害のある方の就労支援活動を、チームとして支援することを委託していただきました。
また、間もなく立ち上がる新しい事業もあります。
当然、サポートネットと新しく「ご縁」が出来て、スタッフとして仕事を担って下さる方も増えました。

組織が急激に大きくなろうとしている時だからこそ、関わって下さる方々には、私たちが市民活動として何を大切にしているのかを「共有」していただくことが不可欠です。また、そうした基本的な営みが、組織全体のブレを防ぐことに繋がり、結果的にサポートネットのミッションを遂げる早道なのだと考えています。

そこで、今日は新人の皆さんに「市民活動・NPOのいろは」の研修を設定しました。
講師は「せんだい・みやぎNPOセンター」の真壁シニア活動センター長さん。

受講者の自己紹介の中でも、「なぜサポートネットで働きたいと思ったのか」を確認しながら、モチベーション維持の必要性を説いて下さっています。
三時間弱の学びを通して、意識の変革がどう起きるのかワクワクしています。
Posted by サポートネット at 10:19
順調。 [2011年01月27日(Thu)]
3月開設予定の就労移行支援事業所の改修事業が順調に進んでいます。
⇂「ようこその玄関」からすぐ右手にクkッキングゾーン。その奥が「ハンドワークトレーニング」のゾーン。

⇂「カームダウンエリア」から「ハンドワークトレーニング」ゾーンを眺めると…

併設予定の「コミュニティカフェ(接客スキルトレーニングゾーン)」の眼下には、秋には銀杏並木が広がります。

消防法やクッキングトレーニングを通して行う生産活動のための保健所とのやり取りなど、不測の事態もいくつか起きましたが、設計管理の白鳥さんと高野さん・遠藤さんのご尽力で少しずつ「かたち」が見え始めました。
県から正式に設置許可が降りるまで、利用者さんの募集が開始できませんが、心づもりをして待っていただければ幸いです。
Posted by サポートネット at 16:07
みんながやさしくなる [2011年01月26日(Wed)]
昨日の「東北ニュービジネス大賞」の表彰式に事務局長のお供で参加してまいりました。
表彰式の前には、ISFネットグループの渡邉幸義代表の記念講演を受講できるというご褒美もありました。渡邉氏のお話を伺うのは2回目ですが、今回も感銘を受けて家路につきました。

渡邉氏は就労困難者の方々を積極的に採用され、きちんとした賃金手当てをし、なおかつ業績もあげられておられるという理想の経営者です。

昨日のお話で一番心に残ったことは「仕事の切り出し」です。
障がいを持っている方に対して、特別な仕事を作るのではなく、社員がそれぞれ持っている仕事を切り出しあうというやり方。偏見によって入り口を閉ざさない。

受付で販売されていたご著書を購入し、昨晩から拝読しております。

講演でお話下さった事が具体的に記されており、大変勉強になります。「ハーモニー日記」というブログでは就労の様子が紹介されておりますので、ぜひご覧ください。

帰宅すると丁度昨日入社式を行っておられた「ISFネットハーモニー仙台」の様子がテレビのニュースで紹介されていました。みんなで幸せになり、社会をよくするための新しい風がまたひとつ仙台で吹き始めています。

私たちの起こした小さな風も、少しずつ力を増し、昨日のような賞を頂くこともできました。それぞれの風が、やがてひとつの大きなうねりとなって発達障害をもった人々や家族が尊厳を持って自分の道を歩いていかれるように、今日もまた1歩前に進んでいきたいと思います。 りんご
Posted by サポートネット at 09:26
大きな大きなご褒美 [2011年01月25日(Tue)]
先日第一報をお届けしました「東北ニュービジネス大賞 表彰制度」で奨励賞をいただき、表彰式に参加させていただきました。

ソーシャルアントレプレナーとして、審査委員会全会一致での「奨励」だそうです。

自閉症の子を授かった親たちが、「あったらいいな」を叶えるために、資金力も組織力も未整備な状況の中、“続けてきて良かったな”と改めて感じています。
スッタフみんなの頑張りを讃えていただくと共に、「ますます頑張りなさいよ」との励ましをいただいたのだと感謝しています。
表彰の後求められたコメントで

これまで通り
「丁寧に・親切に・大切に・誠実に」皆で力を合わせて「自閉症/発達障害の人たちが、尊厳の保たれた豊かで自立した人生を過ごす」『未来を創る』ために努力していくことをお誓いしました。

表彰式の後の賀詞交歓会では、地元や東北近県の企業経営者の皆様に、私たちのこどもにチャンスを与えていただけるようにとのお願いも、しっかりと忘れずお伝えさせていただきました。
中には「実は孫が自閉症なんです」と声をかけてくださった方も。

ご推薦下さった関係機関の皆様に感謝申し上げると共に、この大きな大きなご褒美に浮かれることなく、挑戦を続けていきたいと思っています。
Posted by サポートネット at 21:48
| 次へ