CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2010年03月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
別れと出会い [2010年03月31日(Wed)]
3月31日です。
行政や多くの企業では年度末。
退職や異動の節目の日でもあります。

仙台市の子供未来局長の細井さん。
長く障害を持った子どもとお母さんたちを支えてくださったアーチルの松岡さん。
特別支援教育の視点を大切に学校運営をしてくださった岩切小学校の相馬校長先生。
障害者職業センター所長の島崎さん。
ご退職です。
本当にお世話になりました。
また
障害者支援課の福井係長さん/関根さん。
障害者職業センター主任カウンセラーの佐藤さん。
アーチルのほとんどの係長さんたち。
アーチルでずっと息子を見守ってくださった堀越先生。

その他現場で支えてくださった皆さんがご栄転です。
たくさん励ましていただきました。有難うございました。

寂しいだけではなく、せっかくご縁が出来て、私たちの応援をしてくださっていただいた方々との別れは「もったいない」です。残念です。
でもこれが「行政」の宿命でしょうか…
行政職の方々とはいつかまたご縁が出来たら幸せです。

高等技専でも、事務でお世話になった方。
トレーナーとして導入でお世話になったYさん。
教室整備でお世話になった先生方。
9人の皆様とお別れをしました。

そしてサポートネットでも
学生ボランティアの方々とお別れをしました。
交通費すらお払い出来ませんでしたが、少しは学びのお役に立てたでしょうか。
社会人として、ここでの経験を活かしてください。
そして「発達障害」の人達の味方になってください。

本当に残念ですが、明日からの新年度 
また新たな素敵な方々と出会えることを楽しみにしたいと思います。
応援隊が増えていくために、私たちも新たな出会いを心待ちにしています。

Posted by サポートネット at 19:05
4月2日は目白押し [2010年03月30日(Tue)]
4月2日は、国連が定めた『世界自閉症啓発デー』。
http://www.worldautismawarenessday.jp/htdocs/
各地で様々な企画が予定されています。

この日、テレビNHKおはよう日本(7:00〜7:45)の中では発達障害についての取材放映が予定されています。
同じく4月2日、NHK夕方のローカルニュースの時間帯には、仙台で行なわれる“身近に役立つ支援機器展”が紹介される予定です。


“身近に役立つ支援機器展”は、発達支援ひろがりネットの主催で4月3日(土)10:00〜15:00、仙台市シルバーセンター7階で行なわれます。
http://blog.canpan.info/haxtutatusien/
発達障害に関する書籍やツールの紹介、コミュニケーション支援機器の紹介など、盛りだくさんの内容です。
この機会に、見る・知る・触れるをぜひ体験してくださいキラキラ

リボン



Posted by サポートネット at 18:26
桜です [2010年03月28日(Sun)]
肌寒い東京で、今年初の桜を観ました。

昨夕内山先生たちから情報をいただいて、列車の予定を変更して参加した研究会
の会場、青山学院大学の構内で観かけました。

年齢や知的なレベルではなく(側面的な要因ではあるでしょうが…)自閉症の特性を持つ「その人」としてお手伝いしていくために大切なことを確認出来た二日間でした。
Posted by サポートネット at 16:03
価値観を共有する [2010年03月27日(Sat)]
「よこはま発達クリニック」の特別講座『スティーブ・クルーパー先生と語る』に参加しました。
・日本の中で,TEACCHに関してある程度理解がある人の一層の理解を深め、誤解を減らし、日本の自閉症支援の質を高めること
そして
・TEACCHスタッフと双方向の議論を通じて、文化の違いによる理解の差があるか、あるとすればどういう差なのかを議論する
ことが目的として設定されていました。
今日の定員は20名。とても贅沢な学びの場を与えていただきました。
クルーパー先生から具体的な事例を通して『「物理的」・「心理的」・「社会的」の多角的な視点から捉えるセンス』の必要性を説いていただきました。
これは、例えば
「眼鏡を使い分けるように、目的別に視点を変えることで、どのような方略で自閉症を支援するかを捉えることが重要」だということです。
・眼鏡が役に立つということは、度の合った処方があるから。
・度の合った処方を出すためには個別のアセスメントがあってこそ。
そんな当たり前のことを、自閉症支援の「価値観」を共有できる方々と確認しました。

その後クルーパー先生や内山先生たちと夕食を共にさせていただきました。
メジボブ先生のTEACCH部退任の「真実」みたいな、結構ドキドキするような話題を平気で語り合ったりして…(内輪の人達で会話は全て英語使用でしたし、一般のお客様もほとんどいないお店だったので大丈夫)

心地良い時間を過ごさせていただきました。
「お母さんはこ〜ちゃんと仲良く楽しく暮らしていきたいの。そのために大切なお勉強をしに行きたいの」というメッセージを聞き届けてくれて「お留守番」を受入れてくれた息子に感謝です。



Posted by サポートネット at 21:34
諦められない「挑戦」 [2010年03月26日(Fri)]
・運営面でも財政面でも信頼される団体になりたい
・広く一般の市民に応援される・応援しやすい団体になりたい
こんな願いを叶えたいと、2年近く前から「認定NPO」として認定される団体になる挑戦が始まっていました。
今日はその「最終審査」とも言うべき視察・調査を受けました。
本当に長い一日でした。

「認定NPO」という制度があることを知ってから、設立間もないNPOが挑むために、忍さんが多くの困難と、その都度丁寧に向き合って、一歩一歩前に進めてくださっていました。
そのご苦労に報いたいと、ここ数日慎重に書類の見直しや整理をしてきました。
1月から事務局に出勤する回数がグッと減っている事務局長の穴を埋めながら、スタッフも良くサポートしてくれました。情報処理の達人桂子さんにも助けられました。

10時に調査の方がいらした時はもうドキドキです。
でも、率直にありのままを評価していただくことしかないと、腹をくくっていました。
(でも、どうしても心地良い感触は欲しいと願ってはいました)
活動の説明は必死です。
これまでずっと活動履歴をデータ化してきたことは力強い援護射撃となりました。
一方、設立当初は未熟であった会計処理の方法においては、いくつかのご指導もいただきました。
最終的には「宿題」をいただき、再度評価をいただくことになりました。

もしかしたら…という不安は残っています。
でも、この間一つ一つ規定や労務管理などの仕組みを整え、さらに会計処理の精度を上げて来たこと、組織マネジメントを意識して運営システムを創り上げようとしてきたことは、決して無駄にはなっていないと感じています。
調査の方から「100%ミスがないなんてことはあり得ないことかもしれない。でも、ミスを無くすために仕組みを創っていくのですよ」
「最後まで気を抜かずに宿題をしてくださいね」
と、かけていただいた言葉を大切に、これからも諦めずに挑戦していきたいと思っています。

信頼の証の先に、必ず発達障害のご本人とご家族の未来が創られると信じています。
堂々と胸を張って活動を続けられれば、もっともっと出会いや繋がりが広がり、その先には地域で楽しく・安心した生活を営める家族が増えるかもしれません。
だから…
もうしばらく大変な作業は続きますが頑張れるのです。
私シツコイから諦めません。
こんなワガママな事務局長に付き合ってくれる忍さんやスタッフに、感謝の想いを新たにした一日でした。

Posted by サポートネット at 19:34
「三歳」になってます [2010年03月25日(Thu)]
サポートネットが法人格を取得したのが平成19年の3月19日。
先週お誕生日だったのですが、年度末で皆がバタバタしていたため、今日お誕生会をしました。

この先も出来るだけ長く活動をしていくために、気持ちを新たにしています。

今日発送された会報の巻頭は、そんな三年間を大切に、これからも発足当時の気持ちを変わらずに事業運営をしていくこと。そのための会員の皆さんの応援をお願いしたいことを、スタッフ一同の名前で書かせていただきました。
雪の日でしたが、発送には今回も山形から丹野さんが駆けつけて下さり、有難く思っています。


年度末の諸報告や決算の準備等忙しい毎日が続きますが、改めて
「丁寧に」・「親切に」・「大切に」・「誠実に」
活動していくことを誓う日です。
Posted by サポートネット at 14:10
「不得手」から「得手」へ [2010年03月24日(Wed)]
「一般校を活用した職業能力開発事業」という命題をいただいたカリキュラム構成の中で、特にこだわって設定させていただいた科目に「作業演習」があります。
「オフィスワーク科なんですよ」というご指摘は充分承知の上で、何度も意見交換をしながら最終的には眼をつぶっていただきました。
なぜ?
発達障害の人達は、定型発達の人達がわざわざ教わらなくてもごく自然に身につける様々なスキル獲得に弱さを持っているから。

例えば…
事務職の新人は、書類の三つ折りやラベル貼りをして封入をする仕事を良く仰せつかります。
定型発達の人は、本当にわざわざ教えられなくても(せいぜい作業手順を一度くらい示して貰えば)封筒のサイズに合わせて三つ折りを、それもラインを揃えて折ることが出来るし、宛名ラベルも封筒の適切な位置に、大きく曲がらずに貼ることが出来ます。
さて今回の5人の生徒さんたちはどうだろう…
課題を文字にして(場合によっては図示して)作業手順を示し、初めは黙って彼らの様子を観てみます。

出来ません。

折り目が合わなくなって折り直したり、ラベルがよじれて貼り直したり…

先週は、同じ文章なら何枚折っても同じ大きさに仕上がる極意を伝授。
そして今日は封筒の同じ位置に「きれいに・速く」ラベルを貼れる方法を伝授。
それは…
「不得手」を「得手」にするための工夫を伝えること。
例えばジグを使ったり…

トレーナーの先生と知恵を出し合って、クリアファイルに仕掛けをしてみました。
目印となる升目の用紙は、建築製図科の先生のお手製です。
何も手がかりがない時は、
ラベルを台紙から剥がす

薄いラベルがよじれない様に気を使いながら
“中央はどの辺かな?”

目算で貼ったら曲がって慌てて剥がす

封筒の表面も一緒に剥がれてしまった困った
とか
貼り位置がバランバラン
という状況です。

単に
「曲がってるから貼り直し!」
とか
「仕事は丁寧に!」
なんて指導ではイケテナイと思うのです。
「般化」出来るような工夫が指導者側には求めれらると思っています。

社名の入った封筒は会社の「顔」と同じだよ。
貰ったお手紙に宛名が曲がって貼られていたらどう思う?
大切してもらっているとは思えないよね。
もう二度とその会社とは付き合いたくないと思うお客さまだっているかもよ。

「仕事」をすることの意味を、今の段階で理解しやすいような例を示しながら伝えようとも考えています。

経験がないから不得手なことが多いのです。
ちょっとの工夫を活かすだけで「上手くいく」し、「きれいに・速く」出来ることを経験すると「楽しい」作業にもなるのです。

そして…
こうしたことは、出来れば大人になる前に経験出来ると良いなとも思います。
中・高生のうちに、社会で活きるスキルを積み重ねる機会を創りたいと思っています。
密かに準備は始めていますが、この事業での経験を必ず活かしたいと考えています。

9:30〜15:40まで、生徒さんたちはまだまだ一日が長く感じられるでしょう。
でも、本当に良く頑張っています。
たった1週間で、こんなに良く出来るようになっていたら、この先どこまで進化するのでしょう。
慌てずゆっくりと一人一人のペースに合わせながらも、本当に楽しみな毎日です。
Posted by サポートネット at 19:52
明日は25日 [2010年03月24日(Wed)]
春彼岸も明ける今日ですが、少し寒い一日でした。
市内のほとんどの小・中学校は今日が修了式で、明日からは春休みですねチューリップ

今月も明日25日に発送作業を行います。
場所はいつも通り、事務局で10時からです(*^_^*)

                                              りんご
Posted by サポートネット at 17:51
母たちの支え [2010年03月24日(Wed)]
成人期のお母さんたちが「仲間と出会って・安心して・支え合って」。
そんな集まりが「ラルクママ会」です。

前回は大雪に阻まれて中止になっていましたが、“来月まで待てな〜い”という母たちが、昨日「みんなのカフェ」にお集まりくださいました。
以下「天空の母」さんからの報告です。

『 今月のラルクママ会は10日の予定でしたが、 季節外れ?の大雪の為 お休みにしましたが、 サポートネットの「みんなのカフェ」を利用して 今日 ミニラルクママ会を 5人参加で行いました(^o^)
初参加の方がひとり 。
診断されて間もないけど長い間 頑張って来たママさんです!
多くのラルク世代と共通の 経過をたどり2次障害に苦しんでいるようで もういっぱい いっぱいのご様子!
話す事で 少し元気になれましたか?
話ししながら 同じような様子なので こんなふうにしたら あんなふうにしたらと いつものように みんなで(^O^)〓…!

また 場所がサポートネットなので いろんな資料もあり 欲しい情報もゲットできたのでは
息子も途中参加 。
いつもの参加者に 身体をお借りしマッサージ!
お褒めの言葉に本人ご満悦でした!

初めの頃を思い出す会でした。

来月は 13日「火曜日」1時から シルバーセンター和室です。
今回参加出来なかったけど来月はと 申し込みはだいぶ来てます。天気よろしくお願いいたします♪
天空の母』

今日初参加の方は、宮城県寄りの岩手県の方でした。
近頃ご本人を含めて、また成人期の方からのお問い合わせが多くなっています。
今は成人期の方を直接お手伝いできるステージを持っていないサポートネットですが、忍さんを中心に事務局のスタッフがお話を丁寧に伺い、時には他の機関へとご紹介をさせていただきながら「窓口」ではあり続けたいと願っています。

いろんな家族とそれぞれの事情があります。
一人で頑張らないで欲しいと願います。
親同士の限界も意識しながら、それでも支え合っていきたいと思うのです。
Posted by サポートネット at 05:44
土曜日のグループ最終セッションの様子 [2010年03月22日(Mon)]
土曜日のグループセッションの話を書きたいと思います。
中学年のグループの今年度最終セッションでした。
前回、友達同士で「○○で賞」(例えば「おもしろいで賞」)をつけたのですが、
その表彰式が行なわれました。

まず、表彰式の式次第には
1.修礼
2.表彰式
3.お母さんたちから
4.先生たちから
5.修礼
6.ご歓談(お茶会)
7.さようなら
と書かれていました。それを見て子どもたちが

「なんか長そう・・・お母さん、先生たち全員話すの?」

と言っていたので、
「長いと思ったときには、先生たちからを減らそうかなぁ・・・・。」
と打合せをしていました。
お母さん4人。先生たち4人。確かにコメントが長くなりそうです。

まずは始めようと、賞状を受け取る練習をしてから、いざリビングに移動。
すると、保護者を前に子どもたちの姿勢がピッとしています。

そして、立派に賞状を受け取りました。
一言も姿勢については触れていないのに、待っている姿勢もいいです。
そして、始まった大人たちのコメント!!

飽きる子どもは・・・・あれ?いない?
お母さんたちのコメントもすばらしい!!
自分たちに関係する話。しかも褒められるコメント。
聞いていてつまらないわけがありません。
先生たちのコメントに移る前に、子どもたちに
「まだ続けていい?」と聞くと、誰も答えないものの、
姿勢を正したままだったので、続行とみなしました。

結局、すべての大人からコメントをもらうことができました。

1年間、一緒に過ごした4人。
始めから順風満帆だったわけではありません。
このグループはケンカこそなかったものの、相手を白い目で見たり、
友達に対して「あんた」と言ったりと気になることは多くありました。
「自分と違う意見も一つの意見として受け止める」
「名前を呼ぶ方が、呼ばれて気持ちがいい。
 呼びにくい場合はあだ名(あだ名は本人たちでつけました)でもいい。」
など、気になることがある度にセッションの流れを止めて考えてきました。

始めに行なう『ちょこっとスピーチ』では、みんなで「質問と称賛」をするようにしました。
始めは「発表したくない。」と言っていた子も、自分から
「今日は俺が発表する!」と手をあげるようになりました。
なんでも話せば全員から褒められるので、発表するのも怖くありません。
「今の話、褒めるところなんもない。」と言っていたはずの子も、
今ではどんな内容でも、迷わずに友達をほめることができています。

ただ、これはこの4人だから目指したこと。
あくまでも、全てのグループが同じ目標ではありません。
4月からはメンバーチェンジがありますが、
どんな素敵なグループになるのか、今からとても楽しみです♪
トマト
Posted by サポートネット at 18:38
| 次へ