CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2009年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
進化するコミュニケーションエイド [2009年07月31日(Fri)]
アクセスインターナショナルさんから、夏休みの宿題対策を含めて、最近進化し続けるコミュニケーションエイドに関するお知らせをいただきました。
参考になさってください。

『今月は待望の新製品発表と大人気!!ステッドラー製文具にお得セットが追加されました。
──────────────────────────────
【1】ニンテンドーDS対応コミュニケーションエイド「あのね♪DS」発売
──────────────────────────────
お待たせしました。
いよいよ、ニンテンドーDS/DSi対応のコミュニケーションエイド「あのね♪DS」が発売されます。 

今までこんなに簡単に使えるコミュニケーションエイドがあったでしょうか?
あのね♪DSは音声による会話が困難な方、これからのスケジュール等の見通しが持てない方に便利なソフトウェアです。

文字盤をタッチして、文を作成し、それを読み上げたりスケジュール表を作成したり、フォトアルバムを作成したりできます。
(DSiの場合、カメラ機能で写真を表やアルバムに取り込むことも可能です。)

あのね♪DSは9月1日リリースです。

今回、いち早く皆様にお届けする為、先行予約キャンペーンを開始致します。
先行申し込みされた方から順に8月21日より出荷させて頂きます。

夏休み中に「あのね♪DS」をいち早く、体験して下さい

先行予約キャンペーンサイト
なお、初回入荷数量に限りがございますので、お早めにお申し込み下さい。

初回特典として、支援の達人(あのね♪DS)とのスペシャルコラボシールを同封。

支援の達人(あのね♪DS)
大西 俊介さん(NPO法人ぴーす)
島 治伸さん(徳島文理大学 教授)
ハルヤンネさん(おめめどう代表)

──────────────────────────────
【2】 子どもを冷やせ!!〜熱中症対策販売中
──────────────────────────────
また、暑い夏がやってきました。でも子どもたちは、そんなことお構いなしとばかりに、活発に活動します。熱中症対策の基本は「水分補給」と「塩分補給」ですが、体温上昇を抑えることも忘れてはイケマセン。
手軽に体温上昇を抑える熱中症対策グッズを集めてみました。

なお、季節商品につき数量限定品です!

お試しあれ

──────────────────────────────
【3】 ステッドラー&Qリング「絵日記セット」発売開始
──────────────────────────────
おかげさまで大変ご好評をいただいています、
ステッドラーの文房具とQリング。
今回は夏休み用に特別セットをご用意しました。

ステッドラー&Qリング 絵日記セット 12色
ステッドラー&Qリング 絵日記セット 24色

<セット内容>
・トリプラス色鉛筆12色(または24色) ・・・ 三角普通軸、芯折れ防止加工・トリプラスジャンボ鉛筆2B(1本) ・・・ 三角太軸、ソフト表面加工
・ダブルホール鉛筆削り(さんかく) ・・・ 普通軸、太軸どちらも削れます
・Qリング(1セット3個入り) ・・・ どの色が届くかはお楽しみです

さらにっ!ステッドラーNorisClubオリジナルのぬり絵をセットにして、ステッドラーのペーパーバックに入れてお届けします。
こちらはメールマガジン会員様のみご案内の数量限定セットです。
それぞれ数が少ないのでお早めにご注文ください。
<早い者勝ち!会員限定 絵日記セット>
使いやすい文房具は、書く(描く)ことを楽しく、心地よくしてくれます。
その中できっと新しい表現や発見があるはず!ぜひ、お試し下さい。
<人気のステッドラー筆記用具の通販サイト>

アクセスさんのメルマガから転用させていただきました。
「あのね♪DS」は、サポートネットで実物を見ていただくことも出来ます。
関東地方より夏休みの短い東北地方では、夏休み中の「お試し」はギリギリになってしまいますが、ぜひ手にとって触ってみてください。
なお、アクセスさんの扱い商品はサポートネットでご購入いただけます。
送料分はお買い得。
ご贔屓に願います!



Posted by サポートネット at 20:55
人生の意義 [2009年07月31日(Fri)]
午後からは村松陽子先生のお話。
村松先生はこの3月まで「よこはま発達クリニック」の在籍でしたが、4月から京都市児童福祉センター(門先生もご一緒です)のご勤務。

自己肯定感を育むためには
「自分が意味があると思うこと、自分で理解し、納得して、自分でやりとげられる経験が必要」と語られました。
つまり
「自立して行動することが必要」ということです。
さらに
「大人の指示や社会のルールに従うことだけでは自己肯定感は育たない」
と、キッパリ!
「自立」を可能にする支援の技術として
・構造化
・活動や課題の選択
・自立のための支援方法
・評価(アセスメント)
・自立課題
をあげ、一つ一つ丁寧に解説してくださいました。
(もう一つ「コミュニケーション(困った時に助けを求める力)」がありますが、これは明日のテーマなので今日は触れられませんでした)

「構造化は自閉症の人たちへのマナーです」と、これまでも度々TEACCHの仲間の先生方から教えられてきましたが、村松先生もまったく同じスタイルで講義を進めておられました。
・自己肯定感、自己効力感は人生において大きな意義を持つ
・自己肯定感・自公効力感は「自立」によってもたらされる
・自閉症スペクトラムの人たちにとって意味のある活動を選び、構造化することが、ASDの人の「自立」を実現することにつながる
再確認をした支援のために「大切」なことを、もっともっと深めていくことをスタッフと共有したいと思います。
Posted by サポートネット at 18:11
おいしい笑顔 [2009年07月31日(Fri)]
私用のあと事務局に寄ってみると、『虹っ子』の子どもたちはそれぞれに過ごしていて、ダイニングは静か・・。
今日はおやつ作りの最終回です。
ゼリーとプリンが冷え固まるまでの時間を過ごしていたのでした♪
「できあがり3:00」の予告とお知らせで、皆集まると「いただきます」の準備が始まります。
プリンにカラメルソースをかける人・かけない人。
4個全部を食べる人・少し持ち帰る人。
そして待っていました、「いただきま〜す」・・・笑い
皆とっても満足そうでした!
一生懸命作ったんだものね!!


まほろ先生が書いてくださった手順書です↑↓
和やかで、落ち着いた時間が流れていました。
皆の「いい顔」に出会える瞬間が、また次への「がんばりパワー」になります。

絵理子



Posted by サポートネット at 15:40
自己効力感 [2009年07月31日(Fri)]
午前中、内山先生から「自閉症スペクトラム」の基本的な概念・特性・対応策を丁寧に「おさらい」していただきました。
今日新たに心に響いたのは「自己効力感」を得ることの大切さです。

「自己肯定」をするためには、日々達成可能なことに囲まれていること(達成可能感)。
その先に、自分のやるべきことをやるために必要な行動を組織化して実行出来るという感覚(自己効力感)が育つこと。
スペクトラムの人と家族の生活の質を改善するために、もっとも重要な介入は、周囲の人々の態度を変えることであり、失敗体験を最小限にし、自己効力感を育む支援を行うことで自己肯定感につながる。
とまとめて頂きました。
Posted by サポートネット at 14:02
買っちゃいました [2009年07月31日(Fri)]
秋葉原にいます(朝からちょっとドキドキしながら街探検でした)。
「よこはま発達クリニック」の夏のセミナー参加のためです。
3日間の連続セミナー。
今日のテーマは「自己肯定感を育てる支援」です。

“スペース96”さんが出展されていて、“スタッフが喜んでくれたら良いな”とまた買っちゃいました。
Posted by サポートネット at 09:51
パテシエ見習 [2009年07月30日(Thu)]
拠点が変わって初めての夏休みを迎えています。
いつもの『虹っ子』とは違って大塚先生が「特別企画」を立ててくださいました。
今週は『おやつ作り』です。14時を過ぎると、事務局脇のキッチンと繋がったサロンスペースは大賑わいです。
ゼリーやプリンドキドキ大
こどもたちが大好きで、しかもゼラチンをふやかすために電子レンジを使ったり、泡立てやメジャーカップも使います。測るときには算数の知恵も必要。泡立ては手首を使う練習にも。
東北大川島隆太先生の研究では“親子でホットケーキ作りで脳が活性化”なんて結果も出ているようですが、おやつ作りで獲得するスキルはたくさんあります。
もちろんイラストが得意なスタッフの活躍で、作業工程はバッチリ視覚支援。

男の子の多い『虹っ子』ですが、みんな調理活動に興味津津&大好きです。
手順通りに進んで冷蔵庫が活躍する時間には、課題をすることも。
ワクワクしながら取組む課題は、いつもより集中力があったりして(?)

「写生会」や「科学遊び」も企画されています。
絵日記の素材にもなっているかな?

まだまだ始まったばかりの夏休み。
学校でもお家でもない場所に「楽しみ」や「学び」ががあふれています。
Posted by サポートネット at 19:53
「解体宣言」その後 [2009年07月29日(Wed)]
「ほわっと」出張教室を『宮城県船形コロニー』さんからご依頼をいただき、少々くたびれた体に鞭打って行ってまいりました。
3年前からご縁が出来て、入所者の方へのリラクゼーションプログラムとして、日々アロマを使ったフットケアトリートメントを実践して下さっています。
1年に一度くらいしか伺えませんが、その度に新しく異動してこられた職員の方への研修と、入所者の方と関わらせていただいています。
ご高齢の方が多くなってきた施設ですが、年々穏やかに過ごしておられる方が増えているように感じています。

『船形コロニー』と言えば、浅野前宮城県知事の「施設解体宣言」で大きく揺れた施設です。
現在は220名強の方が入所されており、入所歴30年を超える方もいる古い古い施設です。
あの「解体宣言」は、知事が替わった4年前から既に撤回されているとのことで、昨年は3名の新しい入所者もあったそうです。
障害を持った人も「地域で当たり前に暮らす」ことを目指しての宣言でしたが、その人の暮らし、家族の暮らし…施設入所者の様々な事情や背景から、多くの障壁もあった構想でした。

今日お目にかかった方々は相当の高齢の方もおられました。
元々は知的障害者入所施設として開所されたそうですが、現在は重度高齢者や医療的ケアの人が多数暮らしている棟もあります。
また最近では犯罪事案を繰り返す知的障害の方々の受け容れ先ともなっているそうです。
「安心できる生活支援」の提供を目指しておられ、乗馬療法などの日中活動や、所内診察も1週間の生活には組み込まれています。

一人っ子の我が息子。
いつかは「必要な支援を受けつつ」社会で自立して欲しいと言う願いを持っています。
「施設で暮らす」という選択肢もあるのかもしれません。
どこで、どんな風に生活をするのか、皆目見当も付きませんが、「安心」出来る居場所にいて欲しいなと願います。
施設の中で、穏やかに安心した生活が実現されている人たちもいるという事実に触れることが出来ました。
実践を続け、さらにお声掛けくださった職員の皆様に感謝申し上げます。
Posted by サポートネット at 15:25
みんなでキグレ大サーカス! [2009年07月28日(Tue)]
サーカスに行ってきました。
本日の参加は虹っ子が11名とその家族♪

サーカスにて、子供たちの良い表情がたくさん!!

さて、虹っ子発のまほろ車には子供が4人乗っていました。
早く着きすぎて、どうやって時間をつぶすか悩んだのですが、
保護者付添のない高学年3人はすぐに仲良くなり、
バッタ探しで盛り上がっていました。
すぐに仲良くなるあたり・・・まずすごい。

さて、サーカスですが、本当に音がすごいです。
持ってる方はイヤーマフをおすすめします。
バイクショー、鉄砲の音と言いますが、普通にいるだけでもすごい。

そんな中の子供のワンシーン。

まず、始まる前にイヤーマフを持ってきていたレゴ君。
目の前に座っていた、チョコ君が耳をふさいでいるのを見て、

「僕の貸そうか?」

っと聞きます。びっくりしました。
苦しいのが分かるそうです。ってか、それないとあなたが大変よ!

そんなレゴ君・・・第2部が始まる前に・・・

「ない!ない!イヤーマフない!また落とした!」っと慌ててる。

椅子の下が空洞になっていて、下手に足下に置くと落ちてしまいます。
そして、始まる前に、飲み物とイヤーマフを落としてたという事実あり。

あぁ・・・耳ふさいで頑張るしかないかなぁ・・・っと顔を上げると・・・


バイクショーが始まる・・・・ガーン・・・。

いやぁ。焦りました。
バイクショーのためのイヤーマフなのに・・・

レゴ君が「俺、俺、あぁ・・・・もう出てっていい?これ・・ヤダ・・」

と私に聞いた瞬間、

「レゴ、耳ふさげ!これはヤバイ!」
っと、字からでは伝わりにくいくらい、力強い兄の声!

兄弟愛ですね。ちょっと胸が熱くなりました。

でも、レゴ君よく考えました。どこに置いたのか。
で、イヤーマフが見つかった途端、安心。
安心どころかバイクショーをすごく楽しんでいました。


イヤーマフを持ってる人は、持ってくることを改めておすすめします。

そしてサーカス後のこと。

グランディには大きなすべり台のある公園があります。
高学年の子供3人は「いきたい!いきたい!」とのこと。

配車もうまく行ったところで、公園で30分遊ぶことにしました。
これがとても楽しかった!
レゴはとにかく「友達を作るのが苦手」という意識があるのですが、
初めて会ったレッド君と仲良くすべり台を滑ったり、ドジョウを探したり。

ちなみに、レッド君はうるさい所が苦手なので、
大塚先生は

「いつも最大音量漫才の、レゴ鬼太郎兄弟と一緒の車で大丈夫かな?」

と少し心配していました。
そんなの全然心配なかったようですね♪

レッド君、車の中も楽しかったようで、帰りもみんなでワイワイ。
よかった。よかった。

ここで、もう一回8月のサーカス前に見直していたいこと。

1.音は全体的にかなり大きい

2.バランス系の内容は、子供が飽きてきます。
  が、目次があって「あと何個演技があるか」を伝えると安心します。
  一番辛いのは、椅子の曲芸です。
  (ラストの方の演目が分からなかったため、
    「空中ブランコで終わり」と分かるまでは子供たちが辛そうでした。)

3.椅子の下が空洞なので、物を落としやすい。
  (虹っ子では、飲み物、靴、傘、イヤーマフを落としました)

4.途中で売っている光るヨーヨーはかなり魅力です。が買っても2分で飽きる。笑
  (まほろが買いました。個人教材で使うつもりで虹っ子教材庫にあります。)

5.大人の時間と元気があれば、公園はオススメです。
  (せっかく利府に来たんだし!2時間座ってられて偉かったし!)

ってことで、初めて会うのにものすごく楽しそうに遊ぶ3人の写真をセレクトしました。

まほろ

Posted by サポートネット at 19:39
支援力アップのために [2009年07月28日(Tue)]
10月10日ー11日に日本財団さんの助成をいただいて、素敵な学び合いを企画しました。
このセミナーは、「発達障害」支援を各地で展開する団体が地域で「継続」した活動力を付けるために、参加団体が宿泊研修を通して、共に
1.発達障害に関する正しい知識を習得する。
2.1で習得した正しい知識を元に、障害特性に応じた具体的な支援技術を習得する。
3.「継続した」支援を展開するための組織マネジメント力を習得する。
4.上記1〜3で習得した「知恵」を共有する。
5.上記1〜4の「学び」を共有した団体が、各地でその支援理念を他団体に広げ、間接支援団体として地域に貢献する。
6.行政・教育・福祉等の関係機関と真の「協働」の仕組みを構築する。
7.活動団体同士が交流を通して出会い、ネットワークを創り、本人と家族の「あったらいいな」を実現するために知恵と情報を共有する
ことを目標に交流し、自ら「エンパワメント」されることを狙いにしています。


会場となる宮城県作並温泉「一の坊」は、当地でもおもてなしの心に溢れた温泉としての人気も高く、日頃の活動で疲れた心と体のリフレッシュをしつつ、明日への活動のエネルギーを充伝していただければと思います。

全国各地で「発達障害」の本人と幸せを願い活動をしておられる仲間の皆様と「出会い」・「繋がり」・「広がる」ためにぜひご参加をいただきたくお誘い申し上げます。
Posted by サポートネット at 16:45
素敵な「握手」 [2009年07月27日(Mon)]
夏休みに入る直前からここ数日ご相談やお問い合わせの電話が増えています。
きっとその子その子の「ややこしさ」が、親子共に辛くなって来る時期なのかもしれません。

午前中来て下さったY君とママ。
以前アエルにいた頃に一度お訪ねくださったそうです。
その時は一つの「情報」としてサポートネットを引き出しにしまっておいて下さったそうです。
就学を半年先に向かえ思い出して下さったのでしょうか。それともY君の幼稚園でのザワザワに、お母さんも頑張りきれなくなったのでしょうか。
先週末お電話をいただき、今日おめにかかりました。

利発な感じの男の子です。
一方、初めてのことへの不安も比較的大きいお子さんのようにお見受けしました。
とっても緊張していました。
自分の気持ちをお友達に上手に伝えることが出来ずに困っているようです。
だからつい手が出てしまう。
手が出てしまうことで、お友達から「怖い」と言われる我が子にお母さんも哀しい。
とても丁寧に受け入れて下さる幼稚だともお聞きしました。
それでも、我が子の「ややこしさ」が起こすトラブルのための頻繁に幼稚園から呼び出しも受ける。
素敵なお母さんの目からポロポロと涙がこぼれます。

ちょうどセッションのあった佳江さんとR君・R君のお母様にご了解をいただき、「めばえ」の様子をちょっとだけ見ていただこうと思いました。
「R君少しだけ見せてね」
と声をかけると、「良いよ。キミの名前は?」
Y君は小さな声で
「Yです」。
次の瞬間R君はスッと立ってY君に手を差し伸ばしたのです。
Y君もキュッと握り返しました。
後ろにいたY君のお母さんはこらえきれずに泣いています。
初めて出会ったこども同士が「繋がった」瞬間。
幼稚園ではお友達と上手に関わることが難しいと思われているお子さんが、初めて出会う同年代のお子さんと、お互いに「好意」を持って出会えた瞬間。
素敵でした。
R君の手はきっとあったかかったのでしょう。何だか安心したみたいで、Y君はその後2階の「わかば」のお部屋の探検もしました。

こんなに素敵なY君です。
一人で頑張ってきたお母さんが泣かない日も必ず来るでしょう。
「めばえ」で出来るお手伝いを精一杯考えます。
Posted by サポートネット at 16:05
| 次へ