CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
認定NPO法人 みやぎ発達障害サポートネット
〜発達障害のある人とその家族が、人格の尊厳を保ち、安心して暮らせる社会づくりに貢献することが、私たちの活動目的です。〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
✿ 新活動拠点積立基金にご支援ください ✿

みやぎ発達障害サポートネットは、今年度、新しい活動拠点に移転します。移転を成功させるために、新活動拠点積立基金へのご支援をお願いします。

一口 3,000円から

銀行振込 お振込先(移転資金用)
 七十七銀行(しちじゅうしちぎんこう)
 名掛丁支店(なかけちょうしてん)
 普通口座 9169687
 特定非営利活動法人みやぎ発達障害サポートネット

詳細は、以下URLをご参照ください。
http://mddsnet.jp/donations/
どうぞよろしくお願いします!
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ホームページ→ http://mddsnet.jp/

<子供支援事業>
 ☆発達支援事業プリズム
 ☆ぬくもりすぺいす虹っ子(児童発達支援・放課後等デイサービス事業)
<保護者等支援事業>
 ☆おしゃべりサロン事業
   ラルクママ→ 12/26(火)13:00〜
    ふわり → 12/15(金)10:00〜
 ☆相談事業
 ☆学び合い事業(研修・セミナーの開催)
 ☆情報発信事業
   会報誌「すぽっと」毎月25日発行
   ブログ虹っ子広場・フェイスブック更新中!

※事業・活動の詳細やご入会については、事務局にお問合せください。
個別だから話せることがある [2017年11月04日(Sat)]
中高生と話をしていると、なるほどなぁ・・・と思うことが多くあります。

進路変更についての会話の中で
「一度決めた道を変えるのは、負けた気がする」

学校であった話の中で
「グランドマジョリティー(多数派)の考え方、まじ疲れる」

友達に言われた言葉でムカついたという話の中で
「言葉で会話して欲しいよね。“さっする”“さっしろ”何それってかんじ」

なるほどなぁ・・・。
友達とのトラブルが無い子ほど、冷静に人のことを観察していて、このような愚痴がでてきます。

グル―プに所属している子は、こうやって、個別に話している時の方がよくしゃべります。
その子が話したい内容、興味のある内容に特化して1対1で話すことができるからだと思います。
個別療育の子よりも、グループに入っている子の方が「しゃべりたかったんだなぁ」と思うことが多いです。
個別の子は「いつでも話せると思っている」ため、この日に話す!と決めてきていないという実態もあると思います。
(もちろん、何を話すか必ず決めてきている子もいます)


そして、中高生になればなるほど
「個別も結構大事なんだよなぁ。でもグループ休みたくないんだよなぁ・・・・」

と嬉しいことを言ってくれます。
ちなみにグループを休んだ時に、振替セッションとして個別セッションになることがあります。

ここ最近では、小学生でも
「個別の時にはゆっくり話を聞いて欲しい」
という子もいて、中高生と同じようなプリズムの使い方ができていると感じています。

何気ない会話の方が、深刻になる前に気付く事が多く、

個別の時にそれに気付いて良かったね。ということもあります。

例えば、

中学生男子
「女性を触るのは絶対ダメだから、じっと見つめるだけにしている。」

「じーっと見つめられるのも嫌だよぉぉ。それは嫌がられる可能性が大きいので、チラ見でお願いします」(そして、一緒にチラ見の練習)

中学生女子
「私だけ彼氏がいない!」

まほろ「ふーん。学校にどのくらいカップルいるの?」
中学生「5,6組」
まほろ「学年に120人いたとして、それって1割の人だよね。彼氏いない方が多数派じゃない?」
中学生「あ。そうか!たしかに、付き合っている人の方が少数派だ」


表だって、「悩みです」「困ってます」という内容ではないのですが、気づきが無ければ行動の改善もなければ、「彼氏彼女がいない」思いは、時として社会からの孤立の気分になることもあるようで、こういう些細な思いを出せる場が、子供たちには必要なんだと感じています。

かつて
「困っていることがあったら、なんでも言ってと大人は言うけど、子供同士のトラブルに部外者が入って来ることが嫌なんだよね。そもそも大人信じてないし。」
と言われたことがありますが、きっとトラブル解決をするときに納得がいかない経験をしたことがあるんだろうなぁ・・・・と思います。

この場所(この人たち)だったら、話してみようかな。という存在になりたいですし、これからも、「人に言ってよかった」と思える経験を積んで欲しいと思います。

IMG_20170604_0002.jpg
挿絵はデコモジ君のイラストです

まほろ
Posted by サポートネット at 12:14
11月のおしゃべりサロン [2017年11月01日(Wed)]
幼稚園・保育所は運動会が終わり、ほっとひと息つくころでしょうか?小学生の中には、学芸会の練習をしているというお子さんも。

 ぴかぴか(新しい)おしゃべりサロン ふわり
 主に、幼児期から中高生くらいの保護者が集まっています。

日時:平成29年11月17日(金)
   10:00〜12:00
会場:仙台市シルバーセンター6階 和室
 
 11月のおしゃべりサロン「ふわり」のテーマは「気持ちの整理いろいろ」です。
子供も大人も感情の表現方法は、人それぞれ。
負の感情をどのように整理するかも人によって違います。

「話す」ことで整理する人
「怒り」で気持ちを表現して整理する人
「悲しみ」や「涙」で気持ちを整理する人

日々の生活で気持ちの整理をどうしているのか、情報交換しましょう。
気持ち・感情は目には見えない、わかりにくいものです。わかりにくいものを理解するヒントが見つけられるかもしれません。
 
 その他、自閉症スペクトラム・発達障害のこと、素朴な疑問もOKです。
たくさんおしゃべりしましょう。


ぴかぴか(新しい)おしゃべりサロン ラルクママ
 主に、中高生から成人期の方の保護者が集まっています。
よそではなかなか言い出せないことも、ここなら大丈夫。
同じような悩みを持つ方と出会い、日常のいろんなことをおしゃべりしましょう。

日時:平成29年11月28日(火)
   13:00〜15:00
   (今年度より、開催時間が2時間になりました。)
会場:仙台市シルバーセンター6階 和室


◇参加費は、正会員 無料。正会員以外の方1回1,000円です。

◇お問合せ・お申し込みは事務局へどうぞ。
電話:022−265−5581
メール:mddsnet@yahoo.co.jp

ご参加をお待ちしていまするんるん
ピース手(チョキ)
Posted by サポートネット at 09:00
ハロウィン焼きそば [2017年10月28日(Sat)]
今年のハロウィンセッションのことを前回書いたのですが、
「ハロウィン焼きそば」なるものも作っています。

何が、ハロウィンかと言えば・・・・色でしょうか。

子供たちからも
「あ!知ってる!!紫キャベツ使うやつでしょ!やったことある!」
という声があがり、なかなかの盛り上がりでした。

作り方は、

@紫キャベツを切る
A紫キャベツを炒める
B麺を入れて・・・
C150CCの水を入れて麺をほぐす(色素を出すために多めの水を入れています)
D水がなくなったら、お皿に盛りつけます。

・・・とまずはここまで。

Eスライスチーズを好きな形の型抜きで抜く

Fレモンをかけて、色が変わる実験を堪能したら・・・・

やきそば.jpg

G麺の上にチーズを置いて、できあがり!

パンプキン.jpg
・・・粉ソースをからめながら、いただきます。


グル―プによって
調理に重点をおくグループ
科学反応を楽しむグループ
レモン汁をたくさんかけて、すっぱさ我慢大会を楽しむグループ

子供たちによって、興味をかき立てるポイントは異なっていました。

化学反応に興味がありそうだと思った中学生たちに
アントシアニン
アルカリ性:青
中性:紫
酸性:赤

とホワイトボードに書き、
「これ、試験に出るよ!酸性であるレモンを掛けたら赤くなったで覚えたね」

と伝えたら・・・・

「中学はBTB溶液だから、テストに出ません。小学生に言ってください」

と言われました。
。。。。あ、そうかそうか。

また、
「色、まずそうだぁ・・・・絶対まずいよなぁ・・・これ、喰えんの?」

と言っていた男子たちに

「今までみんな、美味しい!って食べてたよ♪」

と伝えた所、

「俺たち、絶対食べたらまずいって言おうな!そうしような!」

と言っていたのに、一口食べて

「うまい!」
と言ってしまうあたりも、素直で素敵。

「俺!帰りにレモン焼きそば買って帰るわ!これ、うまいわぁ!」

と言っていたけど、レモン焼きそばって!?と笑いが起こりました。

カボチャの被り物をさりげなく被る子がいたり、
DSCN1738.JPG

自分で持ってきた仮装を楽しむ子がいたり(この日は楽天の試合がありました)
Image-1.jpg

今年もたくさんハロウィンを満喫しました。
まほろ
Posted by サポートネット at 09:56
就労支援の仕組みについて [2017年10月27日(Fri)]
発達支援ひろがりネットでは、11月3日(金・祝)13:30〜、第11回支援情報交換会を開催します。

今年度は、就労支援の仕組みについて学びます。
就労継続支援A型・B型や、就労移行支援の制度などなど。まずは知ることから始めてみませんか。
どうぞご参加ください。
(下記URL参照)
リボン
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ぴかぴか(新しい)発達支援ひろがりネット 第11回支援情報交換会

生きづらさを抱える人の就労支援の仕組みについて
〜みんなで学び・考える〜

日 時:平成29年11月3日(金)
    開場12時30分
    開会13時30分〜閉会16時(質疑を含む)

会 場:仙台市福祉プラザ 11階 第一研修室

http://blog.canpan.info/haxtutatusien/daily/201709/13

ひろがりネット第11回支援情報交換会.pdf



Posted by サポートネット at 11:14
おじいちゃんへのプレゼント [2017年10月26日(Thu)]
放課後等デイ虹っ子からは毎日いい香りがただよっています。
今週の設定課題ではかんたんクッキーを作っています。
いろいろなレシピを試してみましたが、前回作ったレシピの味が職員の間では好評で同じもので作ることになりました。

「今日はクッキー作るの?やったー!」と喜んでいたのはポニーちゃん。
「今日はおじいちゃんの誕生日なんだ。これをプレゼントにしたらおじいちゃんも喜ぶと思う!」
そんなポニーちゃんは前回作ったクッキーが気に入り、自宅で何度も作っているとのこと。
他のお子さんと一緒にクッキーを作りながら、これまでの成果を話してくれました。
「砂糖はね、いくらすりきりをしても固まりがあると焦げちゃうんだよ。」
なるほど、ここがポイントなんですねと教えてもらう私。
「家でハート型も作ってみたんだけど、そうしたら焦げちゃった。薄すぎてもだめみたい。」
ふむふむ、ある程度の厚みは必要なんですね。
「丸める時にはきれいにまんまるにしないと、焼いた時にひびわれちゃうんだよね〜。」
そうそう、私も試作品で何個のひび割れクッキーを作ったことか。
ポニーちゃんが丸めたクッキー生地は白玉団子のように表面がつるつるで大きさもそろっていました。

ポニーちゃんが今回教えてくれたことは、全部経験から学んだことばかり。
何度も失敗しながらもチャレンジし続けコツをつかんだポニーちゃんは素晴らしいと思います。
「(調理は)好きなことだから・・・」とお母さんは謙遜しておっしゃっていましたが、好きなことがありそれを極めることは素敵なこと。
ポニーちゃんに教えてもらったクッキー作りのポイントを「虹っ子のお料理が好きな人が教えてくれたんだけどね・・・」と毎日子供たちに伝えています。

DSCN1791.JPG
うさこ


Posted by サポートネット at 18:04
プリズムでもハロウィン! [2017年10月22日(Sun)]
ハロウィンの季節です。

ある年代以上の方としゃべると
「昔はこんなにハロウィン盛んじゃなかったよね??」
となるのですが、今の子供たちは

「楽しみな行事」

で、定着したなぁ♪と思っています。

さて。
この時期、後藤が変な帽子をかぶったり、めがねをかけたり、マスクをしたり…。
ハロウィンの雰囲気を一生懸命演出しているつもりです。

今年は、昨年末に購入した、クッキーを好むモンスターをかぶっています。
クッキーm.JPG

こども「なにそれ」
まほろ「クッキー(好きな)モンスター」
こども「なにそれ」
まほろ「かわいいでしょぉぉ。嘘でもいいからかわいいって言ってほしい」
こども「・・・・(苦笑)」

これが中学生以上の子たちの一番多い反応です。

ところが、
「うん。かわいいね」
「いいんじゃないかな」

という返答をくれる子もいて、なんだか心のゆとりを感じます。
かわいいと返答してくれたことよりも、無視せずこちらに合わせて答えてくれたことに心が温まります。

さて、今年も様々なハロウィンを企画しているプリズム。
小学生の定番は、仮装してお母さんや先生たちにクイズを出すというセッションです。

人に話を掛けるというのは、なかなか難易度が高いはずなのですが、
どうすれば声を掛けることへの難しさを考えなくてすむだろうか・・・と考えた時、

声を掛けるセリフを手に持っている
誰に声を掛ければいいのかが分かりやすくなっている
自分の考えたクイズを出してもいい
声を掛けたらトークンシールがもらえる⇒全部たまったらおかしがもらえる

というゲーム性重視にしたところ、恥ずかしがる子がいなくなりました。

そして、今年の1,2年生はハロウィンのお話の朗読をお母さんたちの前で行う!
という課題も盛り込みました。

というのも、セッションの様子を保護者の方に見て頂く機会は少ないですし、
ある程度学年があがると、褒められることに拒否感が出てしまう子もいて、
披露する機会を逃してしまうからです。

学芸会のように、1行ずつ変わりばんこに物語を朗読。
最後のセリフは、嘘つき男のジャックが、

「天国と地獄を行ったり来たり・・・」

というセリフなのですが、とても感情がこもっている!!!

子供たちに感想を聞いたところ、
「お母さんたちに拍手をもらえたのが嬉しかった」
「難しいとおもったけど、やったらできた」
と、やりきったいい表情をしていました。


さて、終って休み時間に女子が書いてくれた絵。
動きがあって、とてもいい作品だと思いました♪
ハロウィン2017.png
まほろ
Posted by サポートネット at 17:56
あそびのかたち いろいろ [2017年10月19日(Thu)]
今年もハロウィンの季節がやってきました。
今週の放課後等デイ虹っ子では「ハロウィン工作」としてカード作りをしています。
いつものことながら創作活動では子供たちのアイディアが光ります。
「ペンをかしてください」と言っておばけに表情をつけたり、ジャック・オーランタンの顔に星をつけたり。
中にはひもを通すためにパンチでバランスよく穴をあけるお子さんもいました。
用意したパーツは同じでも出来上がりにはその子らしさが垣間見え、毎日素敵な作品が出来上がっています。

DSCN1639.JPG


さて、こちらはあそびの場面のひとコマ。
子供たちはビー玉をころころ転がす遊びが大好き。気分はEテレの人気番組ピタゴラスイッチです。(実際にテーマ曲を口ずさみながら作るお子さんも多数います。)

ビー玉転がし装置を作り始めたポケモンくん。すぐにパンダちゃんとベイくんが「私もやる!」「ぼくも!!!」とやってきました。
虹っ子で初めて装置を作るポケモンくん。
いつもにこにこ、みんなのお姉さんのパンダちゃん。
「僕、家にもこのおもちゃあります。何度も作ったことがある!」とやる気まんまんのベイくん。
三人でどういう遊びかたが繰り広げられるのか、特に口出しはせずその様子を眺めていると、自然と各自で部分を作って最終的に合体させて大きな装置にしよう!という流れになりました。
子供たちだけで作った力作がこちらぴかぴか(新しい)

DSCN1591.JPG

DSCN1598.JPG

虹っ子では大人が仲介役となって小グループでのあそびの場を作ったり個別に対応をしたりすることもありますが、子供だけで遊べそうな時には見守りに徹することもあります。
異年齢集団の中で子供たちには様々な形での“楽しかった”という思いを体験してほしいと思っています。
うさこ


Posted by サポートネット at 18:44
おしゃべりサロン ふわり [2017年10月17日(Tue)]
10月13日に開催しましたおしゃべりサロン「ふわり」は、先月に引き続き、少人数でしたがゆっくり、じっくりとおしゃべりしました。

「参加者が少なくて良かったかも・・・」との声をいただき、毎月継続して開催することの大切さを改めて感じましたぴかぴか(新しい)

今回の「ふわり」のテーマは、「子供のいいところさがし」

かわいい参加者のお話から・・・
「いいところは真面目なところ。宿題を1日○ページと決めて約束したら、必ず守る。決まり以上はしないし、まとめてやる事もしないけれど、約束を守ってコツコツやる真面目なところは、いいところです」

約束を守れることは、社会生活の上で大切なことです。家庭での約束を積み重ねることで、一人で出来ることが増えてきているというお話も出ました。

なかなか、いいところが探せないときは、親の求めることが多すぎたり、レベルが高すぎたりしていることも。
「今できていることを認めること」も大切だという言葉も。

いいところが探せない時は、ほめることも難しいですよね。
子供によっては、ほめられることを嫌がる場合もあります。
そんな時は、「ほめる」から「認める」こと。

「認めることならできるかもしれない」という声もありました。

先日の植木田先生のセミナーで、心に残った言葉について紹介して下さった方もいらっしゃいました。

日々、悩みは尽きません。つい抱え込んでしまう時もあります。
そんな時、おしゃべりサロンがあるなぁと、ふと思い出してもらい、顔を出してもらえたら嬉しいです。



また来月お話しできるのを楽しみにしておりまするんるん

ピース手(チョキ)
Posted by サポートネット at 09:48
スポーツの秋 2017 [2017年10月13日(Fri)]
子どもたちの中には「スポーツ嫌い」も結構いるのですが・・・・

「スポーツの秋」は人気があります。

なぜなら、Wii-fit Uを使用するので、ゲームをしている気持ちになります。
Wii-U使ったらゲームでしょ!!と思われるかもしれませんが、
次の日、後藤が全身筋肉痛になったことからも、やっぱりスポーツだな・・・と思います。

中でも、今回取り上げたいのはジョギングです。
Wii-Uを持っている中学生から
「ジョギングは2人ずつできるしおススメだよぉぉ♪」
と聞いていたので試してみた所、その場で足踏みしているだけなのに、息切れするほどの運動量がありました。

何が面白いって、急ぎ過ぎるとMiiが転びます。
転倒がしたくて子どもたちが必死に走る姿がありました。
転倒する度に全員から笑いが起こるので、とても盛り上がります。

ジョギングの中にもいろいろ種類があり、「探してMii」というゲームが大人気でした。
内容はゲームパッドに写る写真を手掛かりに、町中を駆け巡りながらMiiを探します。
任天堂さんのHPによれば、「脂肪を燃焼させるとともに、推理力や記憶力を養います」というゲームです。
探して御.JPG

探しているMiiを見つけた時の嬉しさも伝えたいですが…
このゲームで子供たちに人気のあるシーンが

「海に落ちる」です。

どの子も初めは失敗して海に落ちるのですが、落ちることのできる事実を知ると
自分の順番が回ってきた時に、わざわざ海に落ちに行きます。
これもとても楽しい様子。
どのくらい楽しいかと言うと、

今まで4グル―プの小・中学生たちが「探してMii」に挑戦していますが、
4グル―プとも「海に落ちる」を経験し、みんなの笑いを取っています。

4グル―プ目の子が

「ねぇ!海に落ちてみたい!!」

と言いだした時は、『待ってました!』という気持ちにすらなっていました。

よく、感覚統合でWii-Fit使用の話を耳にしますが、本当にいいなぁ♪と思います。

ボルダリングは、右手、左手、足の連携が取れていないと上ることができません。
始めは片手を放すともう片方も放してしまい、すぐ落ちてしまっていた子も、指示を聞きながら

「右手伸ばして緑つかんで! 足動かして! 左手伸ばして青つかんで!・・・」

と体を動かしているうちに、自分でも要領を得て
最終的に、ひとりで頂上までたどり着いた顔は、達成感に満ち溢れていました。

ボルダリング.JPG

また、Wiiボードがあると、ついつい画面に近づきたくなる子たちも定位置でできる。

任天堂Switchが出てきてから、子どもたちには
「もうWii-Uの時代は終わった」と言われるのですが、療育ではまだまだ使えるなぁ♪と思っています。

そして、毎回思うことなのですが・・・
これを毎日やったら痩せるんだろうなぁ・・・・・。

まほろ
Posted by サポートネット at 11:35
10月のおしゃべりサロン [2017年10月06日(Fri)]
 朝夕は冷える日が続いていますが、皆さん体調など崩してはいないでしょうか?仙台市内の小学生は、今日が1学期の終業式でした。明日から秋休みですね。

 みやぎ発達障害サポートネットでは、毎月おしゃべりサロンを開催しています。
「参加してみようかな・・・」
「話を聞きたい、聞いてほしい」
という保護者の方に参加していただけるように、毎月定例で開催しています。開催日は毎月発行しております「すぽっと」やブログにてご案内しております。
 初めての方も、会員の方でまだ参加していない方も、児童発達支援・放課後等デイサービス「虹っ子」や発達支援事業「プリズム」をご利用の保護者の方も、ぜひ気軽にお越しくださいるんるん


ぴかぴか(新しい)おしゃべりサロン ふわり
 主に、幼児期から中高生くらいの保護者が集まっています。

日時:平成29年10月13日(金)
   10:00〜12:00
会場:仙台市シルバーセンター6階 和室
 
 10月のおしゃべりサロン「ふわり」のテーマは「子供のいいところさがし」です。
 子供のできないことや、なおしてほしいところは、探さなくてもスラスラと出てくる保護者は多いでのはないでしょうか?子供のいいところをさがすをテーマに、いつもとは違った視点でおしゃべりしましょう。気づかなかった子供のいいところを発見できるかもしれません。
 いいところを見つけて、褒めるチャンスが増えたら素敵ですねexclamation
 その他、自閉症スペクトラム・発達障害のこと、素朴な疑問もOKです。
たくさんおしゃべりしましょう。


ぴかぴか(新しい)おしゃべりサロン ラルクママ
 主に、中高生から成人期の方の保護者が集まっています。
よそではなかなか言い出せないことも、ここなら大丈夫。
同じような悩みを持つ方と出会い、日常のいろんなことをおしゃべりしましょう。

日時:平成29年10月31日(火)
   13:00〜15:00
   (今年度より、開催時間が2時間になりました。)
会場:仙台市シルバーセンター6階 和室


◇参加費は、正会員 無料。正会員以外の方1回1,000円です。

◇お問合せ・お申し込みは事務局へどうぞ。
電話:022−265−5581
メール:mddsnet@yahoo.co.jp

ご参加をお待ちしていまするんるん
ピース手(チョキ)
Posted by サポートネット at 19:36