CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年10月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
認定NPO法人 みやぎ発達障害サポートネット
〜発達障害のある人とその家族が、人格の尊厳を保ち、安心して暮らせる社会づくりに貢献することが、私たちの活動目的です。〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
✿ 新活動拠点積立基金にご支援ください ✿

みやぎ発達障害サポートネットは、今年度、新しい活動拠点に移転します。移転を成功させるために、新活動拠点積立基金へのご支援をお願いします。

一口 3,000円から

銀行振込 お振込先(移転資金用)
 七十七銀行(しちじゅうしちぎんこう)
 名掛丁支店(なかけちょうしてん)
 普通口座 9169687
 特定非営利活動法人みやぎ発達障害サポートネット

詳細は、以下URLをご参照ください。
http://mddsnet.jp/donations/

皆様からのご支援を、どうぞよろしくお願いします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ホームページ→ http://mddsnet.jp/
このブログの左下「リンク集」からクリック☆
ホームページにはパンフレットなども掲載しています。フェイスブックへのアクセスも!

<子供支援事業>
 ☆発達支援事業プリズム
 ☆ぬくもりすぺいす虹っ子(児童発達支援・放課後等デイサービス事業)
<保護者等支援事業>
 ☆おしゃべりサロン事業
   ラルクママ→ 10/31(火)13:00〜
    ふわり → 11/17(金)10:00〜
 ☆相談事業
 ☆学び合い事業(研修・セミナーの開催)
 ☆情報発信事業
   会報誌「すぽっと」毎月25日発行
   ブログ虹っ子広場・フェイスブック更新中!

※事業・活動の詳細やご入会については、事務局にお問合せください。
失敗してもなお [2017年09月16日(Sat)]
今週の虹っ子では
「バシッ!」「バシン!」
という音が響きわたっています。

共通の課題は工作。
なぜそんな音がするかというと、作ったものでこんな遊びをしているからです。

DSCN0928.JPG

iPadの手順書を見て、牛乳パックを切って貼り合わせ、飾り付けるとオリジナルの円盤が完成。
まだ手順書を見ることに慣れていない小学校低学年の子たちにも、「見て作る」ことを意識してもらいました。
テープや色紙を使って思い思いの飾り付けをし、できあがったものがこれ。

DSCN0929.JPG
DSCN0930.JPG

今週はこのあとが盛り上がりました。
昔で言うパチンコのイメージで、円盤を輪ゴムにひっかけて飛ばします。
うまく飛ばすには少しコツがいるのですが、
「バシン!」
と新聞紙にあたったときの爽快感がたまらない。
男の子たちは特に楽しかったようで、失敗してもあきらめずに何度も飛ばして遊んでいました。

「失敗はつきもの」とよく言いますが、失敗はイヤなもの。
でも今週は、
「うまくなりたい!上手に飛ばしたい!」
という強い気持ちが、失敗を帳消しにしてくれていたようです。

新聞に穴が開いたり、円盤が刺さったりするほど強く飛ばせた子もいて、
今週は大にぎわいでした。

DSCN0926.JPG

クローバー


Posted by サポートネット at 10:40
9月のおしゃべりサロン「ふわり」 [2017年09月15日(Fri)]
おしゃべりサロン「ふわり」は、小学生のお子さんから高校生までのお母さん3人で、アットホームにゆっくりお話しました。

2か月ぶりの開催になった今回の「ふわり」のテーマは、「約束の仕方」でした。

お出かけ時に、すぐに帰りたくなってしまったり、想定と違ったりすると遊べなくなってしまうという話がでました。
せっかくのお出かけ、家族みんな楽しみにしているので何とか過ごしたいが、子供には遊べない理由があるので、どう対応したらよいか・・・

そこで、お出かけ前に、子供と相談してスケジュールを決めてみるのはどうかというアドバイスがありました。
終わりが分からず、帰りたくなってしまうのかもしれないので、見通しを立てて安心して過ごせるようにしてみては?とのことでした。

かわいい大人の都合だけに合わせるのではなく、子供にも確認し、納得できるスケジュールを作成すること。
かわいい変更があるときは、事前に知らせ、スケジュールに記入すること。
かわいいスケジュールは本人だけでなく、家族も守ること。(途中で勝手に変更したりしない)

などなど、いろいろなアドバイスがありました。
家族でのお出かけは、出発前の約束が、トラブルを最小限にする工夫ですね。

最初から上手くいかないかもしれませんが、繰り返し工夫しながら、その子に合った、家族に合ったスケジュールが作れると、お出かけが楽しめるようになるかもしれません。

また、今日は以前も会報誌「すぽっと」で紹介しました本を持参しました。
「発達障害のある子の父親ストーリー」
  アスペ・エルデの会 編
DSC_0959.jpg

お父さんとの関係に悩むお話が出ることもあり、参考にしていただければと思います。
みやぎ発達障害サポートネットの会員の方は、貸し出しも行っておりますので、スタッフまでお声がけくださいexclamation

また来月お話しできるのを楽しみにしておりまするんるん

ピース手(チョキ)
Posted by サポートネット at 13:01
せっかちさんにはゆっくり対応 [2017年09月12日(Tue)]
先週の虹っ子放課後デイでは、iPadを使って仲間はずれ探しをしました。

まちがいさがし.PNG

アプリを使用して、画面に表示されるイラストの中から1つだけ違うものを見つけてタップします。一見、簡単なように見えるのですが、問題が進むにつれて「ひっかけ問題」が増え、ミスが出やすくなります。

時間制限があるわけでないのですが、
「早く解きたい!」
というせっかちさんはミスが出ます。
「慌てずに落ち着いてやってみよう」
と声をかけ、ゆっくり取り組めばミスしないことを伝えています。

虹っ子ではあそびの時間にiPadを1人20分間使用することができます。
そのときにもせっかちさんは慌ててタップします。少しでも反応が遅いと連続してタップします。いわゆる「読み込み中」が待てないのです。
余計にタップするとおかしな画面が出てしまうこともしばしば。

「せんせー!なんかへんになった〜!!」
とさらに慌てるせっかちさん。

そんなときには、せっかちさんのペースには合わせません。
「何度もタップしてiPadが困っているよ。この画面のときには待ってあげてね」
と声のトーンを落として、あえてゆっくり伝えます。
「うん、わかった」
と少し落ち着きを取り戻したせっかちさん。
まだ慌てることはあるけれど、だいぶ穏やかに取り組めるようになりました。

子供が思い通りにならなくて、わーっとなったときに
大人も慌てて対応すると、子供は
「わーっと騒げば大人は動いてくれる」
と誤学習をしてしまいます。

せっかちさんは、発達のひとつの段階として見られる姿です。
そのときの大人の対応次第で、その後の子供の姿を変えることができます。
「わーっ!」を減らしたければ、大人は冷静に。
もちろんすぐにはうまくいかず、お互い忍耐が必要な練習ですが、少しずつ減らしていけるように、さまざまな生活場面で練習をすると変わっていけると思います。

クローバー

Posted by サポートネット at 12:50
「発達障害児の教育の場における支援と二次障害の予防」 [2017年09月07日(Thu)]
2017年自閉症・発達障害支援セミナー
「本人の自立と歩みよりの地域社会をめざして」
のお知らせです。

「発達障害児の教育の場における支援と二次障害の予防」
日時:10月9日(月・祝) 10:00〜12:00(開場 9:45)
講師:植木田 潤 氏(宮城教育大学 特別支援教育講座 准教授)
定員:100名

本人の自立と歩みよりの地域社会を目指して、今回は教育の視点から学びます。

自閉症スペクトラム・発達障害のある子供たちへの、教育の場における支援や配慮のこと、二次的な障害に陥りやすい原因とその予防策など、この分野で研究を行っている宮城教育大学の植木田先生からお話しいただきます。

ご家族、教育・保育・福祉の場などで子供たちと関わる皆様、自閉症スペクトラム・発達障害について関心のある皆様のご参加をお待ちしています。

植木田先生.JPG

お問い合わせは事務局までお願いします。
TEL:022-265-5581
まほろ

Posted by サポートネット at 08:42
9月のおしゃべりサロン [2017年09月05日(Tue)]
雨続きの夏休みも終わりましたね。最近のお子さんの様子はいかがですか?

ぴかぴか(新しい)おしゃべりサロン ふわり
 主に、幼児期から中高生くらいの保護者が集まっています。

日時:平成29年9月15日(金)
   10:00〜12:00
会場:仙台市シルバーセンター6階 和室 
9月のおしゃべりサロン「ふわり」のテーマは「約束の仕方」です。
約束を事前にできれば、過ごしやすくなったりしますね。
スケジュールなどで予定がわかり、約束で過ごし方がわかり、安心して楽しく過ごせる工夫をお話しできればと思います。
その他、自閉症スペクトラム・発達障害のこと、素朴な疑問もOKです。
たくさんおしゃべりしましょう。


ぴかぴか(新しい)おしゃべりサロン ラルクママ
 主に、中高生から成人期の方の保護者が集まっています。
よそではなかなか言い出せないことも、ここなら大丈夫。
同じような悩みを持つ方と出会い、日常のいろんなことをおしゃべりしましょう。

日時:平成29年9月26日(火)
   13:00〜15:00
   (今年度より、開催時間が2時間になりました。)
会場:仙台市シルバーセンター6階 和室


◇参加費は、正会員 無料。正会員以外の方1回1,000円です。

◇お問合せ・お申し込みは事務局へどうぞ。
電話:022−265−5581
メール:mddsnet@yahoo.co.jp

ご参加をお待ちしていまするんるん
ピース手(チョキ)
Posted by サポートネット at 13:00
GAME CLEAR! [2017年09月01日(Fri)]
今週の放課後等デイ虹っ子の設定課題では久しぶりにラキュー(いろいろなパーツがあるブロック)を取り上げました。
パチンパチンとはめていく感触も楽しく、みんな無心になって取り組んでいました。
見本は現物と図面(イラスト)の2種類をそれぞれ用意しましたが、見やすさ(分かりやすさ)は子供によって違うことに気が付きました。
私個人ですと図面の方が見やすいのですが、立体作品になると図面プラス現物見本があった方が分かりやすいことを知りました。
子供たちにとっても見本は一つと固定せず、色々な角度からとりそろえることで一人ひとりに合わせた対応ができるのかもしれないと改めて思いました。

DSCN0539.JPG


さて、デジタル数字や虹っ子にあるゲームが大好きな小学生のデジくん。
課題が終わった後両手でまるを作って見せてくれました。
「ゼロ?」と聞くと「(アルファベットの)O!」の返事。
そこでアルファベットパズルをデジくんに渡し、どうやって遊ぶのか見ているとアルファベットを使いゲーム画面に出てくる英単語を作り始めました。
GAME、LIFE、GOAL・・・にこにこしながら自分の作った単語を読んでくれます。時には気になるアルファベットを手に取り考え込む姿も見られました。
DSCN0583.JPG

このあそびが一段落し、やはり大好きなくみくみスロープで遊びだすと、いつもの遊び方とは違う展開が始まりました。
それがこちら。デジくんが書きました。
DSCN0584.JPG
ゴールすると「ゲームクリアです」と言いながらこのホワイトボードを丁寧に示してくれました。
文字のデザインの素晴らしさ、そして端に小さくかかれた「です」の文字。
今週の画伯誕生ですぴかぴか(新しい)
うさこ

Posted by サポートネット at 10:55
僕は宇宙を守りたい盾となる [2017年08月24日(Thu)]
暑いなぁ!今日で連続降雨記録が終わるかなぁ!!!
と思っていたら、また雨が降りました。

仙台34日降雨ですね。
ちなみに最長記録は35日だそうで、米どころ宮城としては、田んぼが気になって仕方ありません。

久しぶりに画伯を紹介したいと思います。

戦隊大好きのレンジャー君。

27話 ガルとの兄の再会
28話 風ツルギ 対 ドンアルマゲ



IMG_3955.JPG

と虹っ子の遊び時間に書き始めました。色遣いも素敵です。
『さすがだなぁ。何話なのか、タイトルはなんだったのかを覚えているんだな♪』
と、見ていたのですが、よく見ると8月27日・・・・。ん?

急いでインターネットで調べた所、現在放映されているのは26話まで。
そこから先の自分の想像でタイトルをつけているということがわかりました。

彼の発想力の高さを感じます。

特に

35話「僕は宇宙を守りたい盾となる」10月29日が気になります。

ただ、彼にとってはこの文字もアート。
書いている最中にのぞき込んだり、話を掛けたりすることはNGです。

うろ覚えでも堂々と書いている漢字がたくさんあり、これがまた魅力だと思います。

そして、夏休みに遊園地にも行ったので、自分で想像した遊園地も描きました。
北上ベニーランドです。

FullSizeRender.jpg

これからも、楽しい発想をたくさん見せて欲しいと思います♪

まほろ
Posted by サポートネット at 16:45
夏休みの虹っ子 [2017年08月22日(Tue)]
連続30日以上毎日雨が観測された今年の仙台の夏。
放課後等デイ虹っ子のみんなはそんな中でも毎日元気に虹っ子に来てくれています。
長期休みの虹っ子の活動は毎年特別バージョン。
来所するとまず「今日虹っ子でやりたい活動やあそび」をプログラムの中から自分で選びます。
この方法に慣れてきた虹っ子たちの中には「今はあまりやりたくないけれど、もしかしたら後からやりたくなるかもしれないから三角印をつけておこう」と柔軟に予定を組み立てられるお子さんもいます。

今年の虹っ子の目玉は「科学あそび」!
毎週「自然に動き出すクリップ」や「落ちない10円玉」など職員とちょっと不思議な世界をながめています。
今週は水を使った科学あそび。
水を取り入れたことで「実験」っぽい雰囲気になり、さらにはハラハラドキドキ。
虹っ子たちからは「すごーい」「うわー、残念―!」(必ずしも成功するとは限らないのです・・・)と歓声があがっています。

DSCN9856.JPG

さらにこの夏新しいゲームが虹っ子に登場しました。
みんなで楽しめるあそびやゲームの探求に余念のないJ先生が見つけてきてくれたカードゲームです。
単純な絵合わせなのですが、幾通りものゲームの仕方があること、短時間で決着がつくものもあり勝敗にこだわってしまうお子さんでも悔しがる間もなく次々とゲームが続けられること等色々な要素がありこちらも虹っ子たちに好評です。

DSCN0302.JPG

こちらは虹っ子園芸部から。
今年も沢山のほうせんかが咲きましたかわいい
うさこ

Posted by サポートネット at 09:37
基本的な理解について [2017年08月20日(Sun)]
今日は、今年度第2回目のセミナー「発達障害の基本的な理解 〜医療的視点から〜」を開催しました。
今年度は、ヤマト福祉財団の助成事業により、『2017年 自閉症・発達障害支援セミナー 本人の自立と歩みよりの地域社会を目指して』を大きなタイトルに掲げて研修会を開催しています。

今日は、五十嵐小児科の今先生から、発達障害の基本的な理解についてお話しいただきました。
診断のこと、特徴のとらえ方、具体的な支援の例まで、とても分かりやすく、私自身はなんとなくしか分からなかったようなことも整理される感覚がありました。
そしてたくさんうなずきました。

なぜ、その人に合った支援や関わり方の工夫が必要なのか、診断から将来像までが、しっかりと結び付くような内容だったと思います。
多面的に考えることの大切さ。
いろいろな考え方、感じ方をする人がいるということ。
相手を尊重することの大切さ。
状態像の変化に合わせた支援が必要だということを、丁寧にお話ししてくださいました。

そして今先生の温かさを感じる内容だったと思います。

今月初めに第1回目のセミナーを開催し、その時も定員を超える人数が集まりました。
今日も本当にたくさんの方が参加されて、皆さんの熱意を感じました。

支援者の先生方も、保護者の皆さまも、それぞれ時間やご都合をやりくりして、あるいはご家族とお子さんと予定を事前に組み立てて、参加されていると思います。
「学びたい!」
「理解者を増やしたい」
といった皆さんの気持ちに少しでも応え、子供たち、ご本人たちが少しでも暮らしやすい社会になることを心から願っています。
ご参加の皆さまから、理解の輪がさらに広がりますように!

ご多忙な中、講師をお引き受けくださいました今先生に深く感謝申し上げます。
今先生、本当にありがとうございました。


リボン
Posted by サポートネット at 17:54
仙台に遊びに来てくれて、ありがとうございます [2017年08月18日(Fri)]
また雨かぁ…雨
そんな日々が続いている中、
今年もかつて学生ボランティアをしていた方々が遊びに来てくれました。
雨でも気持ちが明るくなる、嬉しいひとときです。

東京、青森、函館から3名。
みなさん、それぞれ学校や福祉の現場で活躍しています。

仙台に遊びに来てくれることも本当にありがたい。
それぞれ、ボランティアをしていた曜日に顔を出したので、子供たちも大喜び。

恥ずかしくて、なかなか挨拶できない子。
嬉しくて逆立ちし始める子。
「来年の僕にも会いたいでしょ」と来年の予約を取る子。
いろいろな子供たちの反応がありました。
中には、
「子供たちと会う時間までは仙台に滞在できないのですが、職員だけでも会いにきました」
と、いう方もかわいい

来てくれたボランティア卒業生のみなさん。
本当にありがとうございます。

040.JPG

「発達障害に関わる支援者のための情報交換会」の参加者もまだ募集しています。
8月25日(金) 19:00〜20:30(開場18:30)
場所:エルソーラ仙台 研修室(AER28階)
参加費:無料

詳細はこちら
http://blog.canpan.info/mddsnet/archive/3589
まほろ
Posted by サポートネット at 20:15