CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2017年06月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18) リボン
出会い うれしく (02/24) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) aaaddd-miitotaku
出会い うれしく (01/31) ビートル母
ステキなお別れ (03/12) リボン
わかりやすく遊ぼう (02/05) あおママ
わかりやすく遊ぼう (02/05) リボン
1月のサロンとランチ会 (01/12) まほろ
1月のサロンとランチ会 (01/08)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
認定NPO法人 みやぎ発達障害サポートネット
〜発達障害のある人とその家族が、人格の尊厳を保ち、安心して暮らせる社会づくりに貢献することが、私たちの活動目的です。〜

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
✿ 新活動拠点積立基金にご支援ください ✿

みやぎ発達障害サポートネットは、今年度、新しい活動拠点に移転します。移転を成功させるために、新活動拠点積立基金へのご支援をお願いします。

一口 3,000円から

銀行振込 お振込先(移転資金用)
 七十七銀行(しちじゅうしちぎんこう)
 普通口座 9169687
 特定非営利活動法人みやぎ発達障害サポートネット

詳細は、以下URLをご参照ください。
http://mddsnet.jp/donations/

皆様からのご支援を、どうぞよろしくお願いします。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ホームページ→ http://mddsnet.jp/
このブログの左下「リンク集」からクリック☆
ホームページにはパンフレットなども掲載しています。フェイスブックへのアクセスも!

<子供支援事業>
 ☆発達支援事業プリズム
 ☆ぬくもりすぺいす虹っ子(児童発達支援・放課後等デイサービス事業)
<保護者等支援事業>
 ☆おしゃべりサロン事業
    ふわり → 7/7(金)10:00〜
   ラルクママ→ 6/27(火)13:00〜
 ☆相談事業
 ☆学び合い事業(研修・セミナーの開催)
 ☆情報発信事業
   会報誌「すぽっと」毎月25日発行
   ブログ虹っ子広場・フェイスブック更新中!

※事業・活動の詳細やご入会については、事務局にお問合せください。
伝え方、どうする? [2017年06月02日(Fri)]
今日のおしゃべりサロンふわりのテーマは、「周囲への伝え方」でした。

小学生になると、子供会への参加など周りとの関わりも増えてきます。
クラス懇談会などでもそうですが、周りのお母さん方に我が子のこと伝えるときは、診断名というよりも “うちの子はこんな特徴がある” といった、なんとなくの伝え方がオススメ。
そんな話から始まりました。

例えば、
「集中力が短くて、立ち歩くことがあるかもしれません。」
「お友達とうまくいかないこともあるので、何かあったらおしえてください。」
「初めての場所は不安になることもあるので、行事は親も一緒に参加したいです。」
など。

これって、子供が小さいうちは、多くの方にあてはまることではないですか!?
だからきっと、大丈夫。
ちょっと気になることはあるけれど、フォローも他のお子さんよりは多いかもしれないけれど、まずはホワッと伝えることで、親が子供のことを気にかけていることも一緒に伝わるのではないかと思いますぴかぴか(新しい)

サポートブックの話題も挙がりました。
知り合いママのサポートブックを参考にして作ったという、かわいいイラスト付きのものを見せてくださった方も。
特に気になる特徴とその対応が、簡潔にまとめられていました!

サポートブック作りはいろいろな例を参考に、まずは自分がやりやすい形でよいと思います。

サポートブックにしても、文章にしたものでも、
大切なのは、“渡し方” という声も。

園や学校の先生との面談なら、一方的なお願いに偏らず、どんなふうに子供に寄り添っていけばいいのか、どんな手立てが可能なのか、子供を中心にして
“先生と話し合い、見つけていきたい” ということを伝える。

その上で、サポートブックなどの情報がぐっと役立つのだろうと、あらためて感じました。

他の話題では、
学校や相談センターに行くときに、
“聞きたいことや伝えたいことを箇条書きにメモしていく”
という声も。
自分である程度整理しておくことも大切、と先輩母からの声も飛び交います。

伝えることで、お互いが少しでも分かり合えたらいいなと思います揺れるハート

一人で悩みがふくらみそうな時には、早めに相談事業も活用してください☆

ご参加の皆さまありがとうございました!


リボン
Posted by サポートネット at 16:18
きれいなお花が届きました [2017年06月01日(Thu)]
会員さんよりキレイなお花が届きました。

IMG_3287.JPG
本日、6月1日はサポートネットの前理事長、大塚美智子先生の七回忌です。
教材室には、微笑んでいる大塚先生の写真があります。

6年経った今でも、中高生には知っている子もたくさん多く、
今でも時々大塚先生の話題になる事があります。
保護者の方々の話題にも、未だにあがることもあり、
こうやって、想っていただける方々がいることをとても嬉しく思います。
IMG_3288.JPG

先日、大塚先生が小学校で特別支援学級担任(当時は特殊学級)だった頃の保護者達が集まり
「大塚先生を偲ぶ会」
が行われました。

「まほろちゃんも来れるなら…」
と連絡があり、私も出席させていただきました。

保護者の方々にとって、先生の娘である私は30年経った今でも「まほろちゃん」です。
大塚先生の教え子たちは、私と同世代です。
当時、特殊学級が少なく、広範囲から集まってきていたことから、1つの学級にとてもたくさん児童がいた記憶があります。
自閉症、ダウン症、知的障害、プラダー・ウィリー症候群などなど
様々な子が集まってきて、みんな一緒の大きなクラスでした。
毎年行われるキャンプの時には、みんなの兄弟姉妹も参加し、私も一緒に遊んでいました。

特殊学級だったみんなが、運転免許をとった話、自分の稼いだお金でジムに通っている話などを聞きながら、
「立派になったなぁ〜」「素敵な生き方だなぁ」
と、今の近況を一緒に喜ぶことができました。

そして、保護者の方から大塚先生に言われた言葉を拾っていくと

「ひとりひとりに合った学びを積むことの大切さ」
「保護者と一緒に子供たちの育ちを考えていくことの大切さ」など、

サポートネットの理念がそこにあるようでした。

最後に
虹っ子にきている中学生の子が
「大塚先生に会いたいなぁ…」
と言っていたので
「天国に行けば会えるのかなぁ・・・・」
と答えたところ

「もう、生まれ変わっちゃってるよ。いい魂は早く生まれ変わるから」

っと。
そう想ってくれていることが、とても嬉しかったです。
IMG_3286.JPG
まほろ
Posted by サポートネット at 19:58
コツは早歩き [2017年05月31日(Wed)]
今週の放課後等デイ虹っ子の設定課題は、お玉にいろいろなボールをのせて運ぶ「ボール運び」をしています。
課題にぴったりのイラストを「今日の課題はこれです」と見せるだけで、これから何をするのかほとんどの子ども達が理解していました。
余計な言葉がけは不要。
視覚支援の強みを改めて実感しています。
ちょうど運動会シーズン。「虹っ子でも運動会をやるの!?」という声もあがりつつ連日盛り上がっていますかわいい

コースは2種類。
・10個のボールを何分何秒で運べるかな?の10個コース。
・20秒でボールを何個運べるかな?のタイムトライアル。
スーパーボールのタイムトライアルにチャレンジしたポケモンくんは「ちょっと練習してみる」とどうやったら1度に沢山のボールを運べるかあれこれアイディアを出し何度も試していました。
コツは走らず早歩きぐらいがいいみたいです。

振り返りシートを楽しかったという感想が多く書かれていました。
バージョンを変えてまた登場させたい人気課題となりました。

DSCN0360.JPG

DSCN0369.JPG
うさこ

Posted by サポートネット at 16:36
ストップモーション動画 [2017年05月29日(Mon)]
先日、中高生といろいろ作ったストップモーション。
みんなのアイディアがいろいろ詰まっていて面白かった!!!

ミニカーで交差点を表現したもの
プラレールで駅構内アナウンスを入れたもの
自分の描いた絵を使ったもの
ミニマスコットを使ったもの
自分たちを撮ったもの などなど

長い動画は容量が大きくブログで紹介できないので、短いものをアップします。
これは、中学生が作りかたを確認する際にテストで作成したものです。



簡単だけど、ストップモーションだからできる動画というのが見ていても楽しいです。

それぞれイキイキしている姿がとても良かったです。

Facebookでも、動画をアップしたので見て頂けると嬉しいです♪
https://www.facebook.com/MDDsnet/videos/vb.240578179332010/1448850175171465/?type=2&theater
まほろ

Posted by サポートネット at 19:48
総会と保護者会がありました [2017年05月28日(Sun)]
本日は、平成29年度通常総会でした。

ご出席の皆様ありがとうございました。
議事のすべてが、満場一致で可決承認されました。

今回は、新拠点移転の発表もあり、出席予定以上にたくさんの方がいらしてくれたこと、そして皆さんとまた前進できることをとても嬉しく思います。
来て下さった方に感謝をこめて。
新拠点については「すぽっと」にも掲載していきます!

そして、子供支援事業のプリズム保護者会で発表したことがもう一つ
今年も「学び合い」の季節がやってまいりました。

今年初めの学び合いは

平成29年8月5日(土)
講師は、札幌市自閉症者自立支援センター ゆい所長 加藤潔先生です。

詳細は、案内チラシをご覧ください。
七夕前夜祭ですが、みなさん加藤先生に会いに来てください。
お申し込みはお早めにどうぞ。

保護者会では、活動の様子をスライドで見て頂きました。
IMG_0956.PNG

これは、その中の一枚。
2月(バレンタイン)の様子ですね。

今年も、子供たちの目がキラキラするような活動を考えています!!

改めて、総会、保護者会と長い時間のご参加ありがとうございました。

まほろ

Posted by サポートネット at 17:07
箸は苦手でも [2017年05月27日(Sat)]
今週の虹っ子放課後デイでは、「おはしチャレンジ」をしました。
イメージは回転寿司。
某すしチェーン店のような新幹線型のおもちゃをおさがりでいただき、これを箸の練習に置き換えようとスタッフが考えました。

回るのは寿司ではなく、さまざまな細かいもの。トレイに載せて走らせます。
見た瞬間、子供たちは回転寿司のお店に行ったことを思い出し、そのときのエピソードや好きなネタについての話で盛り上がりました。

DSCN0172.JPG

箸は手先を使った微細運動。苦手な子にとっては取り組みたい課題ではなかったかもしれませんが、見た目の楽しさと箸の種類をチョイスできることが、子供たちをチャレンジする気持ちにさせていたようでした。

苦手なことは大人でも取り組みたくないもの。ハードルを下げたり、楽しさを演出したりすることがチャレンジしてみようというモチベーションにつながることを改めて感じました。

クローバー

Posted by サポートネット at 09:00
発達が気になる子のステキを伸ばす「ことばがけ」 [2017年05月26日(Fri)]
明石書店さんから本日、出版になりました。

その名も

発達が気になる子のステキを伸ばす「ことばがけ」
一番伝わりやすいコミュニケーション手段、それがその子の“母国語”です
著者 加藤潔
ことばがけ.JPG

目次をみると第5章あり、

指示や説明のことばがけ、
元気にすることばがけ
マイナスにしないことばがけ
ことばを引き出すことばがけ
支援する立場にある自分へのことばがけ

など、
「まず、原則を整理しましょう」書かれているあたりが読みやすそうに見えます。

どのタイトルを見ても、すぐに使えそうなものばかりなのも素敵です。

後藤は、本を読むときに好きなタイトルから読みます。
(物語ははじめから読みますが・・・)
そして・・・・

「支援する立場にある自分へのことばがけ」

が気になって仕方ありません。

子供たちへの支援についての本は、たくさん読んできましたが、
「支援者へのことば」というのは、あまり見かけたことがなく
その着眼点が目からうろこでした。

20代の頃、発達障害について何から勉強すればいいのか分からなくなり、
様々な研修会に参加しては、自分がどの場でどんな支援ができるのか??
このままでいいのか??どんな支援者を目指せばいいのか??
と分からなくなっているときに、

「自分のできることを続けていればいい。無駄にならないから」

と加藤先生に言われたことがあり、当時、

「あぁ、私は焦らなくていいんだ」

とホッとした気持ちになった記憶があります。
それが、セミナーの中だったのか、直接言われた言葉だったのかは覚えていません。
今だから言えるのは、当時、まだ自分の支援に自信がなかったのだと思います。
あの頃よりは成長していると思いますが、それでもこの本を読んで
「うんうん。それでいいんだ」
と、納得できたらいいな♪と思います。

・・・・と、実はまだ本が手元に届いていません。
注文したところ、お届け予定日が6月12日〜7月5日と・・・。

早くお読みになりたい方は、書店にて購入された方が早いかもしれません本
まほろ
Posted by サポートネット at 14:04
6月のおしゃべりサロン [2017年05月24日(Wed)]
本日のNHK「あさイチ」TVはご覧になりましたか?
NHKの発達障害プロジェクトです。「感覚過敏による偏食」や「片付け」について取り上げられていました。

おしゃべりサロンでもよく話題に上がるテーマですね。
出演された早稲田大学教授の梅永先生の
「楽しく食べることが大切」
「どうしたら食べられるのか工夫することは良い」
というような言葉が印象的でした。

食感が苦手なのか、臭いが苦手なのか、見た目なのかそれとも・・・?
試行錯誤しながら食べられるものを探し、
食べられたねexclamationおいしいねexclamation×2
を経験することの大切さを、再認識しました。

今回のNHKの発達障害プロジェクトが、社会へ広く理解されるきっかけのひとつになってほしいですねるんるん

発達障害プロジェクト.PNG

さて、小学校は運動会の季節ですね。新しい環境に少しづつ慣れてきましたか?

ぴかぴか(新しい)おしゃべりサロン ふわり
 主に、幼児期から中高生くらいの保護者が集まっています。

日時:平成29年6月2日(金)
   10:00〜12:00
会場:仙台市シルバーセンター 和室 

今月のテーマは『周囲への伝え方』です。
通っている園や学校の先生への伝え方や、家族や地域の方への伝え方についてお話ししましょう。子供の特性を正しくわかりやすく伝えられるようになるためのコツを、情報交換できればと思います。
その他、自閉症スペクトラム・発達障害のこと、素朴な疑問もOKです。
たくさんおしゃべりしましょう。


ぴかぴか(新しい)おしゃべりサロン ラルクママ
 主に、中高生から成人期の方の保護者が集まっています。
よそではなかなか言い出せないことも、ここなら大丈夫。
同じような悩みを持つ方と出会い、日常のいろんなことをおしゃべりしましょう。

日時:平成29年6月27日(火)
   13:00〜15:00
   (今年度より、開催時間が2時間になりました。)
会場:仙台市シルバーセンター6階 和室


◇参加費は、正会員 無料。正会員以外の方1回1,000円です。

◇お問合せ・お申し込みは事務局へどうぞ。
電話:022−265−5581
メール:mddsnet@yahoo.co.jp

ご参加をお待ちしています晴れ


ピース手(チョキ)
Posted by サポートネット at 10:01
総会に参加してください [2017年05月22日(Mon)]
暑い日が続いています。5月なのに!?というような気温晴れ

もうすぐ会員総会の日です。

学校行事などと重なることもあり、やむをえずご欠席の方からは、委任状をいただいていますm(_ _)m ご協力ありがとうございます。
委任状の返送は、25日までです郵便局
必要事項の記入と、忘れずに印鑑を押して投函してください!
印鑑がないと無効になってしまいますので、ご確認ください☆

返信用の委任状ハガキは、皆さまから寄せていただいた書き損じ等のハガキを活用しています。
ご協力をいただき、本当にありがとうございますぴかぴか(新しい)

そしてexclamation
やっぱり、総会に参加していただくのが一番ですわーい(嬉しい顔)
NPOの意思決定最高機関は、総会 ですexclamation

サポートネットの運営に大切なのは、会員の皆さまの意思です。
サポートネットは、どうだったらいい??
昨年の事業活動を振り返り、新年度の計画を共有。
総会で顔を合わせ、これからの運営について意見交換ができる年に一度の機会です。

ご都合のつく方は、ぜひぜひ、ご参加くださいわーい(嬉しい顔)

お待ちしています・・・揺れるハート


リボン
Posted by サポートネット at 16:22
やめられなくなる前に [2017年05月20日(Sat)]
今週の虹っ子放課後デイでは、子供たちにiPadの新しいアプリを紹介しました。

その名も『ツクレール』
線路をつくり、好きな電車を走らせることができるアプリです。
電車好きにはたまらない、そして電車好きでなくても虜になるこのアプリ。
たいていの子供たちは、課題は手短に終わらせたいものなのですが、このアプリは一度始めるとやめられなくなるかもしれないという心配がありました。

そこで、どんな提示をするか考えました。
「楽しいものがあるよ」とこちらから見せておいて、無理やりやめさせてイヤな思いをしてほしくないからです。

タイマーを使用する??
いや、夢中になると時間はあっという間に過ぎるもの。イヤな終わりかたを迎えそうです。

そこで原点に戻りました。
今回はあくまで「紹介」なのです。没頭してしまう前に終わりにする方法でやってみることにしました。

「今日は新しいアプリの紹介です。」
あそびかたのデモ画面が付いているので、それで基本の使い方を確認します。
次に実際の画面で、少しだけ実践します。

20170516 (火) (15).JPG

「あとは、遊びの時間にiPadで好きなように線路を作ってみてくださいね。」
と終わりにしました。
「えっ?これで終わり?」
という反応もありましたが、まだすっきりやめられるレベル。

「せんせー、アイパッドかしてくださーい!」
そこからじっくり作り込む遊びが始まっていました。いろいろアレンジができるので、集中して遊んでいる子供たちをよく見かけた1週間でした。

ツクレール.jpg

クローバー

Posted by サポートネット at 13:53