CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2015年01月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
初詣セッション [2015年01月15日(Thu)]
プリズムの2015年は「初詣」からのスタートです。

サポートネットは、仙台駅のすぐ近く「花京院」にあります。
そんなビル街に神社があることをみなさんはご存じでしょうか。
(厳密に言うと、神社の住所は宮町です。)
しかも、マンションの1階。
神社には「都市化社会の神社」と書かれています。

その名も「大國神社・大神神社」です。

実は、去年の時点ではここに神社があることを知りませんでした。
ふと信号待ちで顔をあげると鳥居のマークが見え、
「勇気を出して(戸を開けて)ご参拝下さい。」
との文字。

『まさか参拝できるの??』
と思ったのは私だけではなく、子ども達全員も同じ反応をしてくれました。

「まじで?あそこに入るの??あれが神社なの??神社だから外にあると思ってた!!」

と目を丸くしていました。

私は、さも昔から通っていたかの如く
「だって、都市化社会の神社だもん。都会にある普通の神社です。」
と説明します。(笑)

初詣に行く前に、神社での行動内容を確認。
<参拝方法>
 @鳥居で一揖(ここではドアが鳥居なので、ドアの前で一揖)
 A手水舎の作法(ここの神社には、手水舎はないことも説明)
 B靴を脱いで、靴箱に入れる。(入ったらそこは玄関です。)
 Cお賽銭を入れる。
 D鈴を鳴らす。
 E二礼、四拍手をしてからお願い事をする。(ここでは出雲大社の参拝方法を取り入れていました。)
 F一礼して終了。

<お賽銭の額>
5円=ご縁がありますように
15円=十分ご縁がありますように
25円=二重にご縁がありますように
45円=始終ご縁がありますように
115円=いいご縁がありますように
125円=十二分にご縁がありますように

など、いろいろと語呂合わせがありますが、
「お賽銭は感謝の気持ちなので、自分が神様に捧げたい金額を入れてください。一万円以上を入れる人もいます。」と説明し、

全国平均=約150円

ということもお話しました。

また、お賽銭はあらかじめ用意しておき、神様の前でお財布の中身を見せない
という事も確認。

<おみくじ>
金額:ここの神社では100円。
「普通のおみくじ」と「恋みくじ」がある。
(恋みくじは、理想の相手の年齢、血液型、星座、待ち合わせの場所など、具体的に記載されています。大人の方が大盛り上がりでした。)

引く時に「二礼 四拍手 一礼」(参拝と一緒)をする。

「いい内容だ」と思ったら、お財布などに入れて持ち歩きましょう。
「残念だ」と思ったら、おみくじを結ぶ場所に結んできましょう。

<叶のだいこくさま>
「願い事を唱えながら持ち上げれば叶う。持ち上がらなければ叶わない。」
という、石のだいこくさまがいらっしゃいます。

だいこくさま.JPG
ここでも「二礼 四拍手 一礼」をしてから、チャレンジをすること。

などなど
神社に行く前に、予備知識がたくさん!!

そして、いざ参拝へ。

おそるおそる神社のドアを開けると、宮司さんが笑顔で迎えてくれます。
小学生から高校生まで、たくさんの子ども達と参拝に訪れたのですが、
どの子にも丁寧に参拝方法や「叶のだいこくさま」の説明をしてくださいました。

この「叶のだいこくさま」が子ども達に大ヒット。
みんな願いは心の中で唱えたので、内容はわかりませんが、
持ち上げた子たちの表情はとてもキラキラ!!
「これで願いが叶うね!!」っと。
高学年の子たちは、一人でチャレンジさせたものの、
低学年にはさすがに重すぎます。でもやりたい。

「先生と一緒に持ち上げようね。」
ということになりました。
(それでいいのかよくわかりませんが。)

緊張しすぎて持ち上がらなかった子には、宮司さんから

「落ち着いて。心に本当に願ってもう一回あげてみなさい。」

と言われ、改めてチャレンジした子もいました。

子ども達の感想は様々でしたが、どの子も楽しかったようで、

「初詣にまたいきたいです。」
「いっしょうけんめい、おいのりしました。」
「次は大吉を出したいと思います。」
「たのしかったです!」(多数)

実際、拝殿ではなく、本殿に参拝することなど滅多にないことなので、
多少の緊張感もありました。
ただ、見よう見まねでどれが正しい儀礼なのかわからない参拝ではなく、
順序立てて、参拝の練習を踏まえて行ったこともあり、
どことなく自信に満ち溢れる参拝する姿が素敵でした。

私の一番の願いはもちろん
「今年もみんな元気で虹っ子・プリズムに来てくれますように!!」
です。
まほろ
Posted by サポートネット at 16:24
| 次へ