CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2014年04月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
興味から広がる世界 [2014年04月28日(Mon)]
ルート君は、特別支援学級に在籍していて、
その学級の中では、割とままっこ的存在です。
(ままっこは、仙台弁でしょうか・・・・通じるのでしょうか・・・・。
 つかまっても鬼にならないけど、仲間に入れて遊んでもらえる存在です。)

先日、「ひとりで」(自立課題)の中で、ローマ字プリントを用意しました。
もう高学年だから、書けて当然ですよね・・・とばかりに。

一応、ローマ表を見てもいいとしているのですが・・・ルート君は見ないで書きます。
すらすらとまではいかないものの、正しいローマ字を書きました。

その後ママに言われたこと・・・
「学校で・・・ローマ字教えてもらってないんですが・・・。
 ルートにはローマ字難しいし・・・勝手にいろいろ検索できるようになってもと担任に言われて。。。」
正直、驚きましたが、ここは習ってないのに独学で覚えたルート君を褒めたいところです。


ルート君・・・すごいんです。
去年、初めて会ったときは、ママの後ろに隠れたり、すぐ泣いたりしていました。
しかし、今は泣く姿を見せません。
まぁ、泣くと私に茶化されてしまうからかもしれませんが。
(本気でショックがあって泣いていた場合はそんなことしません。
 あくまでも、甘え泣きだったり、曲がった言い分を通したりするときは茶化します。)

しかし、そんなことのすごさを言っているのではなく・・・・

まず、パズルゲームがすごい。
ぷよテトができると言っていたので、まぁ「できる」程度かと思っていたのですが、
私は勝てる余地のないほど「ぷよぷよ」も「テトリス」もすごい。
ちなみに、私はテトリスをレベル20から始めるくらいの腕前です。
(わかりづらいですがw)
それでもズタボロに負けました。
「ママが相手にならなくて困る」とは言っていましたが、ママがヘタなのではなく、ルート君がすごい。

自閉症の子が、パズルがすごい、ゲームがすごいなどは、特に驚く話でもないと言われそうですが、そういう事例があるだけで、特別支援クラスの子供にこてんぱんにされた経験はさほど多くありません。
人に驚いてもらえるほどの技量というのは、その子の自信につながるので、そこは応援したいところです。

ルート君は虹っ子に来た際、iPadの時間にゲーム動画を見ながらうまい人の操作手順をひたすら覚えます。一緒にイメージして手を動かしてもいます。
プリズムに来た際には、私にどういう手がうまくいくのか、カードの合成はどのようにするのがいいのか、自分がどんないいカードをゲットしたかなどを、解説します。
同じアーケードゲームが好きな友達と文通もしています。
誤字が多いのですが、文通相手には通じているのがまた素敵です。

 そんなこんなの中で、驚いたこと・・・・。

友達が欲しいと言い出しました。
去年からプリズムが始まり、ロア君と2人でセッションを受けているのですが・・・

「なんでうちのグループに人が増えないの?楽しみにしていたのに。」っと。

私としては、「え??そうだったの?寝耳に水!!」と言った具合です。
そして、ロア君も
「そうだそうだー。増えたら楽しいのに。」っと。

えええええええええええええ。
他の子ならまだしも、この2人に言われると

「そうだったのぉ??」しか言えない私。
虹っ子では、2人とも他の子たちと遊んでいないじゃないか!!
基本的に、ボランティアの学生やスタッフといる方が多いじゃないか!!

そして、聞いていると「Miiverse」もやっているのだとか。
これは、ニンテンドー3DSやWii-Uの掲示板のようなところです。
タブレット端末のゲームでも、チームに入って掲示板でチャット。

冒頭でもいいましたが、
ルート君は、特別支援学級のままっこ的存在です。
ママは「漢字が覚えられません。」と言いますが、
掲示板でのやり取りを見る限り、しっかり読めています。

自分でHPを調べて、いつどんなイベントがあるかもしっかり把握しています。
(まぁ、宮城県じゃないものにも行きたいと言い出すことがありますが。)
ゲームをするのに、タブレットやアーケードは時間で回復するスタミナというのがあり、

「○時にやって、次に□時にスタミナたまるからやって、次は△時。」

と自分でスケジュールも立てます。
そこまでしても、生活バランスは崩れていないのだそうです。

セッション中にゲームの話をすると怒られるのもわかっているので、
その約束も完璧に守ります。

自分本位な部分は多分にあるので、
友達が増えたらゲームの話ができるかもと思っている可能性はありますが、
それでも視野が広がっているなぁ。。。と感じずにはいられません。

学習面でも、以前はプリントに対し、問題を見る前から弱音を吐いていましたが、
今は、問題を読んでから弱音をはくあたりも素敵です。
(はくのか!)
最後までしっかり問題を解きますし、間違えたところも修正するので素敵です。


きっと、高校からは高等支援か支援学校に進むだろうと思われるルート君ですが、
この才能と興味を伸ばし、他の事への意欲にもつなげていけたらいいなぁ。
そして、そこから楽しく話し合える仲間もできたら最高だなぁ。
っと、どんどん夢が広がるのでした。
まほろ
Posted by サポートネット at 11:40
| 次へ