CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2011年07月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
「一貫した視点での支援」を実現するために [2011年07月16日(Sat)]
地域差のない誰でも同じ一貫した視点で自閉症支援を受けることが出来たら…親としての願いです。
そのためには、地域の支援者が同じ視点での学びを通して「共通言語」を持って欲しい。
その機会を提供するのもサポートネットの役割。
こんなことを考えて「発達障害者メンター養成講座」を続けてきました。
これまでの形での締めくくりである今年は、この「誰でも同じ一貫した視点で自閉症支援をはじめ、継続するために」と、「自閉症生活デザイン思考支援計画」を提唱」し、その一つの実践方法として「フレームワーク」を活用した支援を普及しておられる水野敦之先生をお招きしています。
7月30-31日 会場は宮城県建設産業会館
実は…
水野さんをお招きした研修はメンター養成講座とは別枠でも10月と2月にも計画しています。
7月に支援観の根源である「自閉症生活デザイン思考支援計画」で基礎を学び、10月に「フレームワーク」を通して応用を学び、2月にはトレーニングセミナーで実践力を付ける。
こんな構想です。
支援機関の職員さんや支援学校の先生方、幼児期に自閉症のこどもたちと関わってくださる方々には特にご参加いただきたと願っています。
夏休みに入って、先生方も研修がたくさんある時期ではありますが、保護者と地域の機関と教育とが「共通言語」を持って私たちのこどもを長く見守り共に育てていただくために、心を動かしていただけると嬉しいなと願っています。
もちろん保護者の方には、こどもの長い人生をどうデザインし、長い先を見越した「今」大切なこと・必要なことを具体的にイメージしていただくためにぜひ知っていただきたい考え方です。

「自閉症/発達障害は学んでください」
こどもたちの「尊厳の保たれた地域での安心して安定した自立した生活」を、共に叶えていただきたいと願います。

まだ御席は間に合います。
お申し込みをお待ちしています。
Posted by サポートネット at 07:07
| 次へ