CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2011年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26) リボン
2017年・啓発デー (03/29) ピース
ふわりいろいろ (03/18)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
虹っ子保護者会 [2011年01月30日(Sun)]
今日はシルバーセンターにて、虹っ子保護者会を開催させていただきました。
夕べから今朝にかけて雪も降り、誰も来なかったらどうしよう・・・とスタッフはちょっぴり不安でしたが、足場の悪い中、6名の保護者の方が参加してくださいました。本当にありがとうございました。

今日の保護者会は、
・ 来年度の虹っ子について
・ 療育について
・ 中学生ステージの『ハビリテーションNIZI』について、
・ 保護者の方々との座談会
という内容で進めさせていただきました。
詳細は保護者向けの「虹っ子通信」にてご報告いたします。

今回は、保護者の方のお話もみなさんにお届けしたいと思って、お子さんと素敵なかかわりをされているokoさんにお願いしたところ、快く了承してくださって、スケッチブックに紙芝居仕立てで、ご家庭での実践をお話してくださいました。
会報を見てくださっている方にはおなじみのあの可愛らしいイラストです。
この日のために、oko姫と一緒に丁寧に作ってくださいました。
もっとたくさんの保護者の方に見ていただきたかったな〜と思いました・・・。okoさん、ありがとうございました。

座談会では、保護者の皆様から、ご家庭での様子、学校での様子などをお聞きすることができました。虹っ子に望むことなどご意見もいただきました。
やっぱり、こういう場って大切です。保護者の方と共有したいこと、たくさんありますから・・・。

今日みかんからは、「保護者と支援者の連携」という内容のお話をさせていただきました。
『親は協働療育者』・・・大切な虹っ子の療育の柱です。
難しいことをしてください、というのではありません。信頼関係を結んで、私たちの子供のために、情報を共有して、何がその子にとって必要なことなのかを考えて、共に未来を作っていきたい、というのが切実な思いです。おうちの方との連携無しに、療育を考えることはできません。子供のことを一番よく知っているのはおうちの方ですから・・・。そして中心にいるのは常に子供であってほしい。幸せな生活を送っていけるように。・・・また明日から、一緒に歩いて行きたいです。よろしくお願いします。

今回、託児を予定していたのですが、諸事情により、お受けすることができませんでした。
来年度の保護者会は託児を準備して、より多くの保護者の方に参加していただけるようにしていきたいと思っています。

保護者会が終わり、荷物を持って事業所に戻ると、丁度『ハビNIZI』を終えた中高生と保護者の方々が解散するところでした。
子供たち、みんないい表情をしていましたね。
わかばの子供たちの中には、卒業後、『ハビNIZI』への参加を予定している子もいるので、とても楽しげな雰囲気だったことを、伝えてあげたいなと思いました。

みかん
Posted by サポートネット at 21:53
ポテサラ名人 [2011年01月30日(Sun)]
今日の「ハビリテーショントレーニングジム『NIZI』」は「ポテトサラダ」を作るに挑戦。
これまで何度かやってきた「野菜を切る」「ピーラーを使って皮をむく」スキルも活用して、今日は「マッシャーを使う」「具材を混ぜる」「味付けをする」ことにも挑戦。

きゅうりは全員薄く切れました。にんじんも薄いイチョウに切れました。ハムの千切りもそれぞれの感覚で細く切れました。
自信作をバンズに詰めてお腹の中へ。


一番苦労していたのは「混ぜる」ところ。
手首をクルッと返すことがぎこちない。
今日は敢えてマヨネーズや塩・胡椒の分量も明示せずに、サラダの量に見合った調味を出来るのかもアセスメント。
「目分量」ってやっぱり難しいですね。

まだまだ準備や運営上の抜けているところ配慮に欠けているところがありますが、お母さんたちはみな「美味しい!」と感激される仕上がりをしてくれました。

もちろんポテトサラダを作ることだけではなく、苦手なことはSOSを出せることや、後始末も大事な観点です。
3月からはステージを大町に移します。
環境を言い訳に出来なくなるスタッフとの振り返りは、子どもたちが帰ってから3時間に及びました。
ここに集う子どもたちが社会人になった時に幸せな人生であることを願い、次への準備と覚悟を確認して解散しました。

次回のテーマもクッキング。「ホットケーキ」を作ります。
モータースキルも意識ながら、役に立ち支援を探っていきます。
Posted by サポートネット at 15:34
| 次へ