CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
<< 2011年01月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
プロフィール

サポートネットさんの画像
サポートネット
プロフィール
ブログ
最新記事
カテゴリアーカイブ
最新コメント
まほろ
客観視して考える (08/24) かき氷
客観視して考える (08/23) サポートネット
1月のサロンとランチ会 (01/15) 齋藤理香
1月のサロンとランチ会 (01/12) サポートネット
Pepperと遊ぼう♪ (04/20) おおぬま
Pepperと遊ぼう♪ (04/13) サポートネット
BOSAIサイドブック (09/07) まほろ
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/31) 山口 裕之
BOSAIサイドブック (08/28) レンジャー母
僕は宇宙を守りたい盾となる (08/26)
リンク集
日別アーカイブ
月別アーカイブ
http://blog.canpan.info/mddsnet/index1_0.rdf
http://blog.canpan.info/mddsnet/index2_0.xml
「寄り添い」か「甘やかし」か [2011年01月04日(Tue)]
母は今日からお仕事。
休み中はゆっくり寝ている息子が起きてきて、私の
「行ってきます」
の挨拶に、何か言いたそうな様子。

口を開いて言いました。
「お母さん メディアテークの『私たちの作品展』には行かれないんです。」
毎年仙台市では、障害のある子どもたちが学校で取り組んだ創作活動の発表の機会を設定してくださっていて、年明け授業の再開後、作品展が開催されています。
今年も他校の生徒さんのも含めてそれぞれの作品を観て、帰りにはレストランでランチバイキングを楽しむことが計画されていました。
年明けからの時間割が既に渡されていて、息子はとてもその行事に苦痛を感じているのです。

小学校の時も、中学に入ってからも、実はずっとこの行事に「付き合って」いました。
「どうして?レストランでランチもあるんだよ。」と、言ってみても、納得しません。
息子にとっては作成する過程を含めて、興味のない作品展に行っても嬉しいことはないこと。
大勢の学校が会期中に集中してメディアテークに行くので、本来「本を読んだりビデオを観たるする」はずの場所で、小学校時代の先生や他の学校に進んだお友達と、不意に顔を合わせることも、息子にとっては予測外のことであり、全然嬉しい経験や意味の理解出来る行動として積まれていなかったということでしょう。
こんな時、私は担任の先生方には申し訳ないと思いつつ、
「お母さんは良いけど、先生に相談してみようね」と、答えられるようになりました。
学校教育の目標として設定されている行事ではありますが、意味の解りにくい集団が弱い息子の要望を、本当に受け入れていただいた三年間でした。
他のお子さんもご父兄も、「敵前逃亡率」高い息子に
「頑張ろうよ〜」とか
「行くと楽しいよ」
なんて言わずにスルーしてくださっています。
本当に有難いことだと感謝しています。
一方「校外学習」や「修学旅行」は、交流学級で素敵な関係を築いていたおかげで、母の予想を覆して
「行きます」と出かけ、楽しい思い出をたくさん作ったようです。
今の最大の迷いは卒業式の参加の仕方。
儀式+発表会のような卒業式が伝統的に続いている中学のため、卒業式は一人一人証書を授与され、全員での表現もあり、2時間以上もかかります。
ご父兄の皆さんにとっても節目となる大切な場面です。
私自身は早々と
「校長室で卒業証書がいただければそれで良いですから」
とお伝えをしました。
でも、学年の先生方も含めて一生懸命考えてくださっているとのことです。
息子も
「卒業式に出ます」と言っています。
辛くなり始めた時に、あまり目立たぬように抜け出せる方法を考えてくださっているとのこと。
こういう時は、少しの「辛抱」は必要なのかもしれませんが、迷っているのも確かです。
家庭だけではなく、息子と関わってくださる機関の皆様とも「寄り添い」方を共有することは、この先もブレない支援を展開するためには必要でしょうね。

このお正月の帰省や、家族揃っての時間の過ごし方、祖父母と一緒の団らんでのTVチャンネルの優先権などを巡って、Twitterなどでも、「我慢させた」など、それぞれのご家庭の苦労話が飛び交っています。
皆さんはどうされたでしょう?
また学校行事に弱いタイプのお子さんにどんな方針を取っておられるでしょう?
いろんな事例を知りたいなと思っています。

Posted by サポートネット at 19:43
| 次へ